旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/08/02(土)
明日(8/3)は、『大長野酒祭り in 四谷』。ぜひ、このお店にも、立ち寄っていただきたい。
看板 「宵のま」
今年(平成26年)5月26日に開店したばかりの、新しいお店。

そして、坪数:7坪だけの小さなお店。
店内
左手にカウンター6席、右手に2人用テーブルと4人用テーブルの 計12席
ですが、着物美人が一人で切り盛りしているため、10人でも手一杯だとか。

肴は、「本日のおまかせ(4,500円)」 か 「アラカルト(550円~)」 から。

「おまかせ」は、結構自由がききます。
メニューにないもの頼んだり、まぜごはんて書いてあるのに、〆はお茶漬けに変えてもらったり。 そんな、わがままも聞いてもらえます。← 親爺ではございません。(便乗はしましたけど。
                   ↓ クリックすると 拡大します ↓
メニュー お酒メニュー
お酒は、店主の好みで、濃い~めのものが多いとか。
確かに、この裏側のメニューには、変態酒(?)とも言えそうな熟成酒もありました。

ご紹介が遅れました。 こちらが、店主=女将=着物美人の 高久ちぐさ さんです。店主1
ファンなもので、キラキラ付けてみました。
女優さんをやられてましたが、お住まいの近くの「純米酒と熟成酒BAR オリゼイ」で日本酒の美味しさに開眼。

通ううちに自然と、自分も日本酒のお店をやってみたいと思うようになり、
修行も兼ねて、何軒かの日本酒BAR?や 銘酒居酒屋? で働くこと数年。
そして今年、自分のお店を出しました。

 親爺 「どんなお店で働いてたのですか?」
 店主 「喧嘩別れしたようなお店もあるので。。 だいたい、中央線沿線ですね。」

綺麗な顔でも、意外と武闘派? の一面もあるようです。

料理は女性らしく、一品一品が丁寧です。
料理1 料理2
ガラスの器の向きが分からなかったので、聞いてみたら、
 
 店主 「どっち向きでも、いいですよぉー。」

意外とアバウトな返事が返ってきましたよ。(笑)

親爺は、料理だけでなく、お酒もおまかせです。
 店主 「にごりが続いたら、いやですか?」
お酒1 お酒2 酒3
 親爺 「なんでもいいです。」 ← 鼻の下を伸ばして、言いなりなのである。
ニゴリストになりかけたところへ、越前岬。初めて呑んだけど、旨いお酒ですね。

そして、水蛸(ミズダコ)、旨かったなぁ。
お造り
ついでに言うと、この日は5本呑んだのですが、お酒の写真はもう、ない。
早々と、酔って候なのである。

 店主 「もう、お仕舞いにしますか?でも、これ揚げたので、ぜひ食べて下さい。」
料理3
 親爺 「はい、食べますよぉ。」 ← やはり、言いなりなのである。(笑)

宵のまの由来は、良い&酔い&宵 の部屋。
1暖簾 名刺
「宵の間」にすると硬い感じになるので、「宵のま」にしたとか。 ↑ しっかりと、ゲット。

明日の「大長野酒祭り」に備えて、一人で600人前(?) の肴を作らねばならないので、
店主2 バスケやってたみたい
今日は営業をお休みして、仕込みに専念するとか。 健気ですね。
ぜひ、立ち寄ってあげて下さい。


【宵のま(荒木町)】
・最寄駅:東京メトロ 丸ノ内線 四谷三丁目駅(4番出口から徒歩3分くらい)
      4番出口を出て、新宿通りを四谷駅方面へ。2つめの角(杉大門通り)を左折。
      右手の大きな鮨屋(八千代鮨)の先の、小さな路地を右に入って、
      中ほどの建物の2F。⇒ 宵のまの地図
・所在地:東京都新宿区荒木町7-1 野崎ビル2階、TEL:03-6457-8047
・営業時間:18:00~  ちなみに予約可。
・定休日:日曜

== 「宵のま」が載ってる本 ==
・まだ無いと思う。


お詫び
 下書き保存するつもりが、何度も公開保存したり、
 挙句の果てに、アップしたネタを誤って削除。(2年のブランクは大きい。)
 いただいたコメントも、消えてしまいました。
 サントスさん、YAMOTOさん、ごめんなさい。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
スポンサーサイト
2012/08/07(火)
星矢馬鹿酒さんが東京にやって来た。 皆で遊んでもらう。

<1軒目>上野の「肉の大山」で昼飯(代わり)。
肉の大山(ステーキ)
ステーキ150g(525円)で、(ご飯を食べずに)生ビール & ホッピー。

ここは、揚げ物が(特に)安いのさ。
上)コブシ大の大きさ、やみつきメンチ(1個105円)。
肉の大山(コロッケ&メンチ)
下)手のひらよりデカイ、コロッケ(1個52円)。 つまり、これ1皿、全部で524円。

肉の大山(メニュー) 驚愕の大山価格。
たくみメンチ(400円)は、肉が上等になりサイズも少し大きくなります。
贅沢にも(?)食べ比べしましたが、親爺はCPで、やみつきメンチ(105円)に軍配です。
肉の大山(大山盛り合わせ) 串焼き 大山盛りセット(15本1,575円)。
教訓:串焼きは面倒臭がらずに、食べたいものを個別に頼みましょう。

肉も串も食べたので、魚メニューもある <2軒目>お向かいの「居酒屋 一力 上野店」へ。
一力(ゴーヤチャンプルー)
魚を食べよう!と言いつつ、なぜか炒め物、ゴーヤチャンプルー

なぜか揚げ物、ハムエッグフライ。なぜか生肉、ミミ刺し。 結局、みんな好きなモノ頼む。
一力(ハムエッグフライ)
ハムカツではありません、ハムエッグフライ。違い(断面写真)は誰かが撮ってたハズ。

申し訳程度に、鰹のたたき。これが、期待値よりも旨かった。
一力(鰹のたたき)
ここで、namesan56さんが戦線離脱。
馬鹿酒さんは上野にその足跡をしっかり残し、一行はバスにて押上に向かう。

<3軒目>生肉を食べに、押上「もつ焼きまるい」。
もつ焼きまるい1 土曜日は16時開店
のハズですが、行った時はすでに1階は満席。 でも、予約してあったのでお2階へ。
もつ焼きまるい2 昭和の下町民家
そのままです。6畳?二間に、テーブル3卓(6人+6人+8人)20人詰め込みます。
1階はカウンター8席に6人卓×1つ。外にまでテーブルを出すというから、満席34人+α。

それを親子?3人だけで切り盛りするというのですから、大変です。
待望の生肉。馬刺しタン刺しガツ刺し子袋刺し冷やしトマト野菜サラダねぎ焼きレバー焼き・・・、あと何たのんだ? まぁ、とりあえず。

生肉を食べさせたら、東京最強!との噂もある「まるい」です。
もつ焼きまるい(馬刺し)
馬刺しもタン刺しも、さすがのクオリティ。
もつ焼きまるい(タン刺し)
でも、最初にオーダーしたお肉たちは、2時間半たっても未だ全部出ない。
いくら何でもの、150分待ち。挙句に「これからまだ時間かかりますけど、どうします?」で、オーダーキャンセル。後で頼もうと思ってた「仔牛サンドイッチ」も頼めませんでした。

教訓①:1階席に座るべし。(1階席はそこそこ回転してたので、2階席の注文は後回しにされるみたい)
教訓②:食べたいものは「全部、一度に、最初に」注文しよう。

〆の仔牛サンドイッチが食べられなかったので、気を取り直して、
<4軒目>押上「中国厨房 味菜」。
味菜(ワンタン)
中国人ママさんおススメの手作りワンタン小籠包で、
味菜(小籠包)
紹興酒を呑み、
味菜(チャーハン)
〆に、チャーハン
味菜(上海やきそば)
上海やきそばを食べました。
ソース焼きそばでもなく、塩焼きそばでもない、鶏がらスープ味?の美味い焼きそば。

ここで、OIRAnさんとsmap004さんが戦線離脱。
・・・と、漂亮(ピャオリャン)のママさんが追いかけて来て、デジカメを届けてくれました。
危うく、押上に痛い足跡を残すところだった馬鹿酒さん。そういう時は、謝謝と言うのだよ。

などと言いながら、〆たはずなのに、<5軒目>押上「酔香」。
酔香
土曜の夜に予約ナシじゃ、たぶん入れないね・・と呟きながら、店に行くと、
4人全員(馬鹿酒さん、高さん、粋豚さん、親爺)すんなり着席。なんという強運。
酔香2
さんざん食べてきたので、
軽めに、いぶりがっこ入りポテサラ&卵焼きのとんぶり大根おろし乗せ
と言う傍らで、「俺、どうしても食べたい!」と、鯨刺し(赤身&本皮)を頼む馬鹿酒さん。

ホント、刺しが好きだなぁ。 今日は満喫してくれただろうか。
酔香3
最後はこんなお酒でまったりと。。

こうしてスカイツリーを後にして、馬喰町の宿に戻った(ハズの)馬鹿酒さん。
スカイツリー
この後、不思議なことに、秋葉原 錦糸町と人形町にも足跡を残してた。(笑

また、呑もう。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/07/03(火)
この日は、ちょうど『おんな酒場放浪記』で放映されたそうで。
大統領グラス
1軒目、「上野 大統領 支店(新店)」。

大統領には(ガード下)の本店と支店がありまして。
支店は、昨年(2011年)3月、こちらに移転。「肉の大山」「カドクラ」「一力」のある通り。

年三さんOIRAnさんnamesan56さん・親爺 の4人で繰り出し、昼飯代わりに、もつ焼きを腹いっぱい喰おう!という企画です。
煮込みもつ1
串が焼けるまでのつなぎに、煮込み 420円。大統領の煮込みは、馬モツです。
もつ2もつ3
あとは、メニューにある「もつ焼き」を片っぱしから頼む。
もつ4もつ5
タン、ハツ、フエ、シロ、レバー、子袋、カシラ、ナンコツ、ガツ。9種類×4本ずつ。
どれも、1串90円。 やや小ぶりではあるが、90円なら十分すぎるCPでしょう。

Last レバ刺し・・の、この日。 一応、レバ刺しあるか?聞いてみるが、ありません。
代わりに、桜ユッケ(馬刺しのユッケ)。
桜ユッケ
ついでに、ミミ刺しも食べて。          最後に串だけが、残ります。
ミミ刺し串
生ビー×各自1杯 & 焼酎がダブルのホッピー やら **サワー やらを3杯ずつ呑んで。
いい気なもんです。
大統領
昼の12:30から、4人で突入。一時間ちょっと喰いまくって呑んで、一人2,500円。



2軒めは新宿に移動。「日本酒スタンド もと」。
もともと2
予約で一杯です・・・と断られながらも、粘る幹事のおかげ(?)で、無理やり4名ご入店。
黒を基調としたシックな地下空間。
もと店内 可愛い丸文字のメニュー。
中は、舟形というか馬蹄型というかU字型というか・・のカウンター。定員12名?
もと舟形カウンター ギチギチで14~15名?
こういう綺麗な方に注いでもらえば、お酒もより旨くなる。(ご本人に写真OKの許可を貰ってます。)
もと麻里絵さん
お酒は、こんな木グラスに約半合(約90cc)で供され、
もと木グラス だいたい、1杯450~500円。
お通し。            とうもろこしのかき揚げ(450円)。 ポテサラ(500円)
もとお通しもとコーンかき揚げもとポテサラ
ポテサラは温かく、阿佐ヶ谷の「可わら」に似た感じ。2皿に分けて出してくれる親切さ。

津島屋、陸奥八仙、宝剣、萩の鶴、越の白鳥、而今。 あと、何呑んだ?
他にも、鯵のなめろうとか食べたけど、写真はもうない。。いつものごとく酔って候。
もと見送り ごちそうさまでした。
最後は、お店の外の通路まで、、美女のお見送りを受けて、気分よろしく。。



向かった先は3軒目。新宿思い出横丁、「宝来屋」。
宝来屋 昔は、しょんべん横丁だったよな?
ここで、diansさんのぶさん とも合流するが、、

すでに、-2次会 ~ -1次会 ~ 0次会 と3軒目の親爺達はヘロヘロで。
宝来屋の冷奴宝来屋のらっきょう
つまみも、弱気のヘルシー路線。
宝来屋バイスサワー
それでも気合の、バイスサワー。

と、いうことで。 じゃぁ、1次会:4軒目に参ろうか!


あっ! 先に、5軒目の〆ラー、載せとこう。 吉祥寺ホープ軒? ”全まし” ??
〆ラー
一度〆ラー写真、やってみたかったのです。 もちろん、(無理して)完食です。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/06/29(金)
京急鶴見駅から、第一京浜(国道15号)沿いに向かうと、
入り口1
入り口がふさがっている店がある。 「幸太」。

正面に回れば、かろうじてドア半分、人が入れるスペース(入口)あり。
入り口2
まだ明るいのに、もう満員。 しばし、外で待つ。。

待つこと、ほんの5分? 回転は早く、中に入れば、8~9人のL字カウンター1本のみ。
店内2 店内1
壁には、レトロ調を醸すポスター。。どことなく、まだ新しい。

それもそのはず、平成20年7月にオープンした新しいお店。

メニューの木札も新しく、まだまだ、煙でくすぶるようなことはない。
メニュー板
この店の自慢は、煮込み・・らしい。

 親爺 「煮込み、下さい。人数分ね。」
 店主 「うちの煮込みは、デカイですよ。二人で1つくらいで、どうですか。」
 親爺 「(ビビって)じゃ、煮込み×2つ。」

なるほど、でかい。具はシロ(?)がメインで、豆腐が大きい。
煮込み
刻みネギ×たっぷり。クリーミーな煮込み。土鍋サイズで、450円。早くも、嬉しい。

瓶ビール
瓶ビールは、カウンターの上で、↑こんな風に冷やされ、

この店の飲み物は、壁一面に貼られた多種類のサワー。
サワー
各自、バイスだの、***だの、勝手に頼む。

もつ焼きは、1本150円とそこそこの値段ではあるが、大ぶりなのでCPは悪くない。
焼き1
というか、すごく旨い!! 
焼き2
1オーダー:2本以上とか、そんな面倒なルールは無い?ようで、3本でも4本でも何でOK。

なかでも一番のおすすめは、これだ!
なんこつ(のど) なんこつ(のど)。

早くも酔って候で、ピンぼけのため、写真を小さくしてごまかしてるのだ。
抜群に旨い! 幸太は初めてだけど、ここに行ったらコレを食べなきゃダメなのだ。

もちろん、刺しも美味しい。
レバ刺し
特にガツ刺しは、店主特製のタレ(?)が絶妙で、旨い!
ガツ刺し

ついでに報告しておきます。ポテサラは、
ポテサラ さながらポテサラタワー。

築地の加賀屋で修行した若き店主。
店主
原田幸太さんのTシャツには、「せを感じてもらえたら、私たちはき・・・」のプリント。

常に満員。一人出れば、一人入る。
それをたった一人で切り盛りする若者。見てるだけでも、気持ちがいい。

常連さんも、オツなもの。 
「俺。帰るから、ここに座んなよ。幸太とは学生の時 軟式テニス部で一緒だったんだ。」

ありがとうございます。

マスター!また、来るよ!!


== この日の呑み喰い &これだけは喰わなきゃ!== 
もつクラブ5人(部長、東大1号・2号・3号、親爺)で、ちょいと常連さんに迷惑かけながら。
・生ビール×たぶん4杯。***サワー×各自2~3杯。
・煮込み×3、タン、ハツ、シロ、なんこつ(のど)×各3~4本。ガツ刺し、レバ刺し、ポテサラ。
・1時間ちょっと滞在し、これだけ喰って一人1,900円ちょっと
・なんこつ(のど)、これだけは食べて欲しい。。

== この店の流儀 ==
・特にないけど、カウンター×8~9人だけの店。
 親爺たちみたいに、大勢で行ったら迷惑かけちゃうね。スミマセンでした。<(_ _)>

== 親爺独断のおすすめ度 == ★★★★
・嫁さんでも貰って、手が足りてくれば、スゴイお店になると思う。
 さらなる将来を期待して、あえて★4つ


【もつ焼き 幸太(京急鶴見)】
・最寄駅:京急鶴見駅(東口から徒歩3分くらい)
      第一京浜(国道15号)沿いを目指して行けば、分かります。⇒ 幸太の地図
・所在地:神奈川県横浜市鶴見中央4-20-3、TEL:045-511-0973
・営業時間:17:00~24:30 ちなみに予約可。
・定休日:日曜

== 「もつやき 煮込み 島田屋」が載ってる本 ==
・監修 浜田 信郎 『もつマニア』 (メディアパル)


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/06/21(木)
nanesan56さん&その後輩君と連れ立ち、夕方6時から呑みはじめ。

溜池山王駅11番出口近く。赤坂 あべちゃん。 煮込み:旨し。
あべちゃん看板煮込み

酎ハイ:3杯で危険領域? の濃い~本格派。
サワー
串:味・大きさ申し分なし。1串140円~。 6時20分には満員御礼、早く来てラッキー。

なぜか、体を気遣い? トマトと豆腐。
トマト豆腐

namesan56さんと後輩君は、こんな酔いお店のご常連。
あべちゃん出口 あべちゃんを後にして、

2軒目は、コチラのお店。
2軒目 namesan56さん、嬉しそう。

1回戦はお好みで。スーパーくどき と 悦凱陣オオセト55。
1回戦2回戦
2回戦はおまかせで。「蒼斗七星(あおとしちせい)」は、島根県安来の青砥酒造

看板メニューの牡蠣。そして、にら玉。
牡蠣にら玉

3回戦もおまかせで。
風のまヽ」は、淡路島の都美人酒造の山田錦の山廃。ちなみに五百万石の山廃は「雲のごとく」。
京の春」は、京都丹後半島の向井酒造。30代乙女座の女性が蔵元杜氏。
3回戦4回戦
4回戦もおまかせだ。(すでに酔って候。自分でチョイス出来るほどの思考力はない。
寿喜心(すきごころ)」は、愛媛の首藤酒造。石鎚酒造のご近所さん。

こうして知らない(呑んだことのない)お酒を呑むというのも、楽しいもので。

最終ラウンド。本日の中で一番綺麗だった、
最終ラウンド スーパーくどきをお代わりで、〆。
namesan56さん、お付き合い、ありがとう。

知らないお酒・・といえば、こんなのも呑みました。
北信流 北信流。信州真田十万石の松葉屋本店
あのお店 看板娘のこの方がいる頃の、あの店で。

こうして、呑んだお酒を数えてみれば、全国280蔵になりました。
都道府県別20120617
鹿児島と熊本を呑めば、全国制覇。でも、ここから先が(なかなか)進みません。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。