旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/30(日)
そろそろ落ち着いた頃だろう、ということで呑んでみました。
DSC01226.jpg

四つ木の杉浦酒店の親父さんに分けてもらった、飛露喜の純吟・黒ラベルがありました。
呑み比べじゃないけど、交互に呑んでみる。

かすみざけは・・・・、う~~ん、去年はこんなに硬かった? or こんなに辛かったかー? と、いう印象です。
純吟の黒ラベルの方が、甘味たっぷりで妙に美味しく感じてしまいます。

開栓初日は、かすみざけの方が引き立て役になってしまった感じだな。

ま、あす以降に期待しよ。


=========================================================

<三日目になりました。>
香りが華やかになってます。
含んだときの硬さや渋みも消えて、ジューシーな味わいになってます。

これよ、これ。こうでなくちゃ。

かすみ特有のフレッシュ感で、酸味も程よくスッキリ切れる。
こりゃ旨いわ。


<四日目>
やっぱり飛露喜、旨いなー。
スイスイ呑めるどころじゃない。グビグビ呑んじゃうな。

でも、もったいないから明日の分もとっておこうか。
あー、でもやっぱり呑んじゃうか。

もうすでに、酔って候 だ。

=========================================================

飛露喜 特別純米かすみざけ 初しぼり 20BY

飛露喜 特別純米かすみざけ 初しぼり 20BY】
原料米:五百万石(らしい)、精米歩合: 55%
アルコール分:17度
日本酒度:+3(らしい)、酸度:1.8(らしい)
製造年月:20年11月
価格:2,730円(税込)/1.8L

【(資)廣木酒造本店】
福島県会津坂下町字市中一番甲三五七四
杜氏:廣木 健司氏(オーナー杜氏)

【購入したお店】
こちらのお店です --> 杉浦酒店


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
スポンサーサイト
2008/11/29(土)
=========== つづき ================================

<二日目>
なぜか全く駄目。
フレッシュ感はなくなり、旨みは変わらず。
”ほんのり”したお酒が、”ぼーっ”としたお酒になってしまった。

<三日目、四日目>
がぜん良くなる。
常温で旨みが広がるようになる。
当初、辛口でピリッとした感じが、まろやかなのど越しのひやおろしに。
お酒は、不思議だ。

う~~ん、まさに呑み頃・・・って、思ったら、もう無いじゃん。

=================================================

最上川 純米吟醸山田錦 雪室熟成酒 最上川 純米吟醸山田錦 雪室熟成酒(裏ラベル)

初日の感想は、→ こちら っていうか、すぐ下です。



ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2008/11/23(日)
最上川純米吟醸 山田錦。
最上川 純米吟醸山田錦 雪室熟成酒 最上川 純米吟醸山田錦 雪室熟成酒(裏ラベル)
冬場の雪を貯めておき、お米や野菜の貯蔵や夏の冷房に利用されいている雪室。
雪が持つ特殊な力(澱粉の糖化作用)や適度な湿度が通常の冷蔵庫よりも良いらしい。
その雪室を利用して、搾りたてのお酒を半年間寝かせたのが、この『雪室熟成酒』。

香りは落ち着いて控えめですが、口の中では熟成酒とは思えぬフレッシュ感があります。
ほんのりとした味わいで、でものど越しはピリッとやや辛口。

空気に触れた後、あす以降どうなるか?
もう少し常温まで戻すともっと”ふんわり”美味しくなりそう。
ちょっと期待。



最上川 純米吟醸山田錦 雪室熟成酒】
原料米:山田錦100% 、精米歩合:50%
酵母:山形酵母
アルコール分:16度
日本酒度:+3 ~ +5 、酸度:1.4 ~ 1.6
製造年月:H20年10月
価格:2,800円(税込)/1.8L

最上川酒造株式会社】
山形県新庄市十日町1495
HP → 最上川酒造株式会社

【購入したお店】
こちらのお店です。→ 矢島酒店


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2008/11/22(土)
飛露喜 特別純米かすみざけ 20BY の登場です。初しぼり です。
飛露喜 特別純米かすみざけ 初しぼり 20BY

19BYは酒屋に並んで購入しましたが、20BYはラッキーにも並ばずにGETできました。

酒屋の奥さんいわく、「本日届いたばかりです。”輸送荒れ”していると思いますので、2~3日置いて落ち着かせてからお飲み下さい。」だって。

”輸送荒れ”ってのがあるんだ・・・。ふう~ん。 親爺、少し勉強。

と、いうことで本日は写真だけ。落ち着かせてから呑むことにしましょうか・・・。


ちなみに、後ろから見るとこんな感じ。 19BYよりも”かすみ”が濃いようです。
飛露喜 特別純米かすみざけ 初しぼり 20BY(後姿) ← うっすらと沈澱する”おり”
比露喜 特別純米 かすみざけ 20BY(ラベル) ← ラベルは変化なし。

昨年との違いは、・・・アルコール度だけか。
19BYは17度以上18度未満。20BYはズバリ17度。違わないか。
(もともと、ラベルに詳細スペックの記載がないもんな。)


飛露喜 特別純米かすみざけ 初しぼり 20BY】
原料米:五百万石(らしい)、精米歩合: 55%
アルコール分:17度
日本酒度:+3(らしい)、酸度:1.8(らしい)
製造年月:20年11月
価格:2,730円(税込)/1.8L

【(資)廣木酒造本店】
福島県会津坂下町字市中一番甲三五七四
杜氏:廣木 健司氏(オーナー杜氏)

【購入したお店】
こちらのお店です --> 杉浦酒店


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2008/11/16(日)
最上川の純吟、花笠美人。ラベルが実に素晴らしい。
DSC01201.jpg

この目結紋(丸に隅み立て四つ目の家紋)の花笠美人は、誰なんだろう?
(モデルはいるのか?歴史上の人?)
そして、その花笠美人の横には、「五月雨を あつめてはやし 最上川」の芭蕉の句。

このお酒、「五百万石/協会1001号酵母」と「出羽の里/山形酵母」のお酒をブレンドしたものだそうで。(もとは、2,800円と2,700円のお酒だそうで。)
それをブレンドして、2,100円の超破格のお買い得商品とのこと。

で、経費削減でラベルにお金をかけらず、蔵に残っていた古いラベルを使用したとか。
限定60本だとか。(あいも変わらず、”限定”に弱い、酒呑親爺・・・。)


最上川 純米吟醸生詰 花笠美人 最上川 純米吟醸 花笠美人 (裏ラベル)

味のコメントは、一升呑み終わってからゆっくりと。
まずは、ラベルを愛でながら一献いきますか。

そして今夜も ・・・ 酔って候 。


最上川 純米吟醸生詰 花笠美人】
原料米:五百万石(60%)、出羽の里(40%)
精米歩合: 52%
アルコール分:16度 、日本酒度:+2 ~ +4
製造年月:H20年11月
価格:2,100円(税込)/1.8L

最上川酒造株式会社】
山形県新庄市十日町1495
HP → 最上川酒造株式会社

【購入したお店】
こちらのお店です。→ 矢島酒店


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2008/11/12(水)
村祐の紺瑠璃ラベル、純吟・無濾過本生。
村祐 純米吟醸 無濾過本生
早速呑んでみる。

ほ~。この紺瑠璃、こりゃ旨いわ。常磐ラベルの大吟よりも旨いかも。
和三盆糖(和菓子に用いられる高級砂糖らしい)をイメージしたという純米大吟醸よりも、こっちの純吟の方が旨みが強いのでは。
酸が強めで、シュワーっと甘みが広がったあと、最後にピリッとかくし味で締める感じ。

親爺、好きだなー。


■ これで村祐のラベル四色、全部集まったな。 嬉しい。    親爺、大いに自己満足。
村祐 白 DSC01146.jpg DSC01144.jpg
ラベルの意味は、
(白ラベル)吟醸(純米じゃない)・濾過の一度火入れ。
(茜ラベル)特別純米・無濾過本生・・・ラベルのはがし方、ミスってるな。親爺、後悔。
(紺瑠璃ラベル)純米吟醸・無濾過本生
(常磐ラベル)純米大吟醸・無濾過本生

親爺の好みからすると、
(白ラベル)(茜ラベル)(常磐ラベル)(紺瑠璃ラベル)」 だな。


村祐 純米吟醸 無濾過本生】
・原材料名:米、米麹
・アルコール分:16度以上17度未満
例によって、”数字にとらわれないで楽しんで頂きたいとの”蔵元の思い(?)により、その他のスペックは非公開とか。
・製造年月:平成20年8月
・2,940円(税込)/1.8L

村祐酒造】
新潟県新潟市秋葉区船戸1-1-1
生産:約200石(うち、村祐ブランドは約40石)
杜氏:村山 健輔 氏(オーナー杜氏、1969年生まれ)

【購入したお店】
こちらのお店 ---> 地酒サンマート



ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2008/11/09(日)
11月の頒布会で届いたお酒。
今年華々しくデビューした「山間」の蔵元が醸す「越の白鳥(こしのはくちょう)」。

越の白鳥 純米吟醸 秋上がり 生詰め 越の白鳥 純米吟醸 秋上がり 生詰め(裏ラベル)

新ブランドの山間に対して、「越の白鳥」は地元中心で飲まれてきた伝統ブランド。
山間と仕込みは同じだそうだが、内容は以下のように異なる。

 

濾過

貯蔵

取り

山間

無濾過 

瓶貯蔵

亀口取り

越の白鳥

素濾過

タンク貯蔵

通常取り

山間が究極を目指してこだわりを追及しているのに、越の白鳥は普通のお酒じゃん。
スペックだけ見たら、誰でも山間を選ぶよな。
大丈夫かよ・・・。

と、いう感じで呑んでみる。

香りは、・・・ほとんど無い。と、いうと悪口がすぎるか。
最近流行のフルーティーな香りではく、なんというか昔風のお酒の香り。

でも、味は、柔らかな甘みで飲み口すこぶる良し。この辺、少し今風。
全体的には、”とろん”として少し重い感じだが、その分、米の旨みは十分に感じられる。

腰を落ち着けて、ゆっくりと呑むんだろうな。こういうお酒は。

今日は少し冷やしすぎたかな。
少し放置して、もっと落ち着かせて、今度は常温で呑もうとするか。

===================================================

最初は、地味~な印象のお酒でしたが、日ごとに旨みがのってくる感じ。
冷やしすぎると甘味が隠れてしまうので、常温で。

これはこれで、結構いけるんじゃないかな。

===================================================


【越の白鳥 純米吟醸 秋上がり 生詰め】
・原料米:五百万石(100%使用、契約栽培)
・精米歩合:(麹)50%、(掛)55%
・アルコール分:16度以上17度未満
・日本酒度:? 、 酸度:? 、 酵母:??
・製造年月:平成20年9月
・価格:2,800円(税込)/1.8L

【新潟第一酒造株式会社】 HPはこちら ---> 新潟第一酒造
・新潟県上越市浦川原区横川660
 大正11年創業の亀屋酒造など4社が合併して、昭和38年に新潟第一酒造に。
 (のち、昭和40年にもう1社が合併してるから、計5社の合併会社。)
・杜氏:武田良則氏(3代目現社長:武田誠二氏のご子息?ヘビメタのギタリストだとか)

【購入したお店】
こちらのお店です。 --> 酒と米 かねせ


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2008/11/03(月)
青森県は 陸奥八仙純米大吟醸
米、水、酵母、すべてが青森県づくしの郷土愛たっぷりの限定500本の純米大吟醸
陸奥八仙 純米大吟醸 華想い 陸奥八仙 純米大吟醸 華想い(裏ラベル)
米は、青森県初の吟醸酒用酒米「華想い」。
(山田錦と華吹雪の掛け合わせで15年の歳月をかけて開発されたとか。)
水は、例によって八戸の名水「蟹沢の清水」。
酵母も、これまた青森県が開発した「青森県酵母ロ号」。

吟醸香はあまりありません。かなり控えめな香り。
大吟醸といっても50%精米なので、とびっきり綺麗なお酒という感じでもありません。
むしろ、穀味が感じられる。でも落ち着いてスイスイ呑める不思議なお酒。
これが、「華想い+青森ロ号」の特徴なのか??

親爺の好みとしては、こちらの 陸奥八仙 純吟 直汲み 無濾過生 の方が旨かったな。


陸奥八仙 純米大吟醸 華想い】
原料米:華想い、精米歩合:50%
アルコール分:?
日本酒度:±0、酸度:1.6
酵母:青森県酵母ロ号
製造年月:2008年9月
価格:3,150円(税込)/1.8L

【八戸酒造株式会社】創業安永4年(1775年)
青森県八戸市類家1-4-33 
代表者:駒井 庄三郎 氏(蔵元は、代々庄三郎を襲名)
専務:駒井 秀介 氏(蔵元の子息、八仙を立ち上げた人)
杜氏 伊藤 賢一 氏(南部杜氏)

【購入したお店】
こちらのお店です --> 杉浦酒店


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2008/11/01(土)
村祐の白ラベル。
村祐 「和」 生貯蔵酒

無濾過本生が定番の村祐。この「和」は、吟醸規格を濾過した一度火入れの生貯。

開栓早々の立ち香は、あまりよろしくない。臭みを感じさせるちょっと酸っぱい香り。
でも、呑むと、低めのアルコール度数を感じさせない”コク”がある。
ただ、開栓初日は硬さが残り、辛口とキレばかりが目立つ。

翌日になると、香りも良くなり、村祐独特の上品な甘さが出てきて親爺好みになってくる。
少し空気にふれさせた方が良いようです。

この値段でこれだけ旨けりゃ、文句はないが・・・、
どうせ呑むなら、やっぱり無濾過本生の村祐を選びたい・・・な。


DSC01135.jpg
肩ラベルの「和」のまわり(東西南北)には、酒・食・演・相 の文字が。
どういう意味なんだろう?

一応、カテゴリーは”吟醸”に入れときます。

村祐  和 】
・原材料名:米、米麹、醸造アルコール
・アルコール分:15度以上16度未満
例によって、”数字にとらわれないで楽しんで頂きたいとの”蔵元の思い(?)により、その他のスペックは非公開とか。
・製造年月:平成20年9月
・2,520円(税込)/1.8L

【村祐酒造】
新潟県新潟市秋葉区船戸1-1-1
生産:約200石(うち、村祐ブランドは約40石)
杜氏:村山 健輔 氏(オーナー杜氏、1969年生まれ)

【購入したお店】
こちらのお店 ---> 地酒サンマート



ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。