FC2ブログ
旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
2009/10/24(土)
昨日&今日 と連続で届きました。
怒涛の1週間のため、まだ呑んでません。
而今神の穂火入W1
茶瓶の茶色ラベルでした。送り仮名の「れ」がなく、“火入”。
このあたり、三重酵母火入と全く同じですね。茶色の而今と呼んでおこう。

先日、カネセの菊口さん(グっさん)から親爺ブログにコメントをいただいた。
年甲斐もなく、ちょっと感激した。
今回、而今と共に、大西杜氏のコメントがはいった案内状が同封されていた。
まだ呑んでない親爺の代わりにご説明いただこう。
      同封案内状
「呑んだ瞬間に甘み酸味が口の中一杯に広がり、後口は辛味と一緒にじんわり切れていきます。神の穂は搾った瞬間は淡白な酒質で物足りなかったのですが、秋まで寝かせたことによって花開きました。新しいお米でも而今らしさを表現できたと思います。」

而今らしさがバッチリか・・・。造ったご本人が言うのだから間違いない。
旨そうだ。。(涎、、すっかりパブロフの犬状態。。

而今神の穂火入W2 CIMG3252.jpg
明日、開けよう。
杉浦酒店の女将さんに、「お酒は、輸送荒れがあるから1~2日落着かせてから呑んで下さい」と言われて以来、従順にそれを守っている親爺です。


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
スポンサーサイト