旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/29(日)
呑む前に。
このキャップのモチーフはいったい何なのでしょうか?
飛露喜 特撰純吟 キャップ (2) ← 何これ?ご存知の方、教えて下さい。

帽子の男性が右手に櫂棒(にしては短すぎるか?)を持っているようにも見えるし・・・。
(単に乳母車みたいなものに、何か乗っかっているだけのようにも見えますが・・・。)


たくさん呑むので、普段、高いお酒や4合瓶はあまり買わない(買えない?)のですが、
この飛露喜は4合瓶しか発売されないし、3月28日は娘の誕生日だし。
・・・と、(娘の21歳を乾杯するわけでもないくせに)今回は買ってみました。
飛露喜 特撰純吟 箱正面 飛露喜 特撰純吟 箱裏

上立ち香は華やかで、含む前からインパクトがあり期待が膨らみます。
口に入れると瞬(またた)く間に広がる落ち着いた酸味。
そして後から追いかけてくる上質の甘み。
口あたり良く、のど越しどこまでも柔らかく。旨さの余韻に浸れます。

上品で、もの凄く美味しいお酒。
女性ならばレディ。それも Sophisticated Lady (洗練された美しい女性)。

唯一の欠点は、4合瓶だということ。
すぐに無くなっちゃう。
飛露喜 特撰純吟  20BY 飛露喜 特撰純吟 20BY(裏ラベル)

1996年、杜氏が高齢のため引退。
翌年、先代(八代目蔵元)である実父と造りを始めるが1年後にその実父が急逝。現代表の廣木健司さんが杜氏として蔵を継ぐ。

日本酒プロデューサーの中野 繁 氏が、“飛・とぶ/露・つゆ/喜・よろこぶ=喜びの露がほとばしる”として、飛露喜と命名。(詳しくは、こちらをどうぞ。→ 中野 繁の多酒創論
1999年、飛露喜 発売と同時にあっというまに大ブレーク。


【飛露喜 特撰純米吟醸 20BY】
・原料米:山田錦100% 、精米歩合:(麹米)40%・(掛米)50% 、酵母:?
・アルコール分:16度 、日本酒度:+1.5(らしい) 、酸度:1.4(らしい)
・製造年月:平成21年3月
・価格:2,625円(税込)/720ml

【(資)廣木酒造本店】 創業江戸中期、文政年間?
・所在地:〒969-6543 福島県会津坂下町字市中二番甲3574、TEL:0242-83-2104  
・最寄駅:JR只見線会津坂下駅(徒歩10分くらいか?) ⇒ 廣木酒造の地図
・代表者兼杜氏:廣木 健司(九代目蔵元)
・蔵見学:ダメみたい。

【購入したお店】 ==> 杉浦酒店

ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
酒呑親爺さん
リンク貼らせていただきました。

飛露喜は北海道じゃ手に入らないし、飲食店でも見かけたことがないです(泣)
それにしてもキャップのモチーフはいったい何なのでしょうか…
2009/03/29(日) 15:50 | URL | cordis #-[ 編集]
cordisさん
どうもありがとうございます。

飛露喜を比較的購入しやすいWEBは、酒屋源八さんでしょうか。
http://sake-genpachi.com/
2009/03/29(日) 17:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
お嬢さんのお誕生部おめでとうございます。
そして、それにかこつけて酒を買う父。
・・・とか言いながら、かくいう私も子供の保育園入園にかこつけて、このお酒を買った口です^^;
来週くらいには呑みます。

キャップのモチーフは廣木酒造の「廣」の字じゃないでしょうか。
たしかに棍棒持った人に見えますね^^

ちなみにお嬢さんと一緒に晩酌されることなんてありますか?
2009/03/30(月) 21:12 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
そうなんです。
こういうお酒(高いお酒)は、何かに“かこつけない”と買えないんですよねぇ。

そうか、・・・「廣」の字か。。。

旧暦でひな祭りをするなんて、ノミ太蔵さんの家は旧家?名家?
ちなみに、親爺の娘はまったく家では呑みません。(大学のコンパではガンガンやってるようですが。)
トホ。
2009/03/30(月) 22:40 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
高いお酒は理由付けないと、何だか買うのが恐いんです。
貧乏性だから。(実際に貧乏)


>旧暦でひな祭りをするなんて、ノミ太蔵さんの家は旧家?名家?

我が家のある田舎(丹波地方)では旧暦(もしくは4月3日)でされるところが多いみたいです。
ひな人形を買いに行った時も住所を伝えると、「旧(暦)でされるんですよね?」って当たり前のように聞かれましたから。
京都は古い伝統に固執?することが多く残ってますね。
人形の左右の配置も京雛は昔のまんまだし。

ちなみに実家は、ただの田舎の元農家です(土地を失ったToT)
名家と言うより『迷家』ですよ。


うちは晩酌娘になってくれるだろうか・・・


2009/04/01(水) 12:58 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
晩酌娘、なってくれたらいいですよね。
お祈りします。

親爺は、民俗学とか比較文化論とかの本が大好きなのですが(そんなに難しい本は読みませんが)、丹波地方の旧暦でのひな祭り、初めてお聞きしました。勉強になりました。
2009/04/01(水) 22:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
昨日は特別な日だったのでこの特撰純米吟醸と火いら寿を開栓。
イメージしてたのよりあっさりしてました。火いら寿のインパクトの方が強かったです。
2009/04/04(土) 17:15 | URL | 南無 #mQQEfdr.[ 編集]
飛露喜の特撰純吟と黒龍の火いら寿とは…。
確かに特別な日だったのでしょう。
(結婚記念日とか?その程度で、火いら寿は開けないか。。。親爺の嫁さんに読まれたら怒られるな。)

火いら寿は家で呑んだ事がない(720ml全部飲んだ事がない)ですが、やっぱり値段の違いではないでしょうか。
う~~ん、全部飲んでみたい。でも買えないな。
2009/04/04(土) 19:55 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
キャップのデザインですが、廣木酒造の「廣」の字を崩したようにみえるのですが?
2009/04/07(火) 01:50 | URL | のんべえ #-[ 編集]
すでに結論出てましたね。
良く確認せずにコメント出しちゃいました。
2009/04/07(火) 01:54 | URL | のんべえ #-[ 編集]
「廣」の崩し文字と判別されただけでも、親爺よりもはるかに上です。
また、たまには遊びに覗いてください。
2009/04/07(火) 19:44 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/128-15ea7b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。