旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/17(土)
~ 名物にうまいものあり北千住 牛のにこみでわたる大橋 ~

居酒屋本には必ずといっていいほど取り上げられる、名店中の名店「大はし」に行ってきました。

【店の様子】
この日は10分ほどの待ち時間でカウンターへ。(3度目の挑戦でやっと入れた。)

評判どおりの客あしらいのよさ。
「らっしゃい。」 「あいよ。」 「ほぉい、きた。」 「へい、お待ち。」と、超満員の客をてきぱきとさばいてゆく姿を見るだけでも、行く価値がある。(まさに江戸っ子。)

キンミヤ焼酎(亀甲宮)のボトルを頼むと、即、氷・炭酸・梅シロップがセットで出てくる。
ここでは、氷と梅シロップはタダ(無料)!

となりの常連は、カウンターに座ると何も言わないうちに、ビール、キンミヤ焼酎(キープボトル)のセット、肉豆腐、おしんこが出る。黙ったまま、ビールと焼酎を交互に呑み始める。おそるべし、常連。

ここ「大はし」、森下「山利喜」、月島「岸田屋」を東京三大煮込み、これに立石「宇ち多゛」と門仲「大阪屋」を加えて東京五大煮込みと呼んだのが、太田和彦氏。
肉にこみ(具は牛かしらだけ。煮汁はほとんどなし)と、これに煮汁たっぷりの豆腐が加わる肉豆腐 の2種類がある。みんな、どっちか食べてる。確かに旨い。

あ~幸せ。もう1回(いや何回でも)来たい。
もっと雰囲気を味わいたい人のために、大はしが紹介されている本をご紹介。

大はし 梅シロップ
出典:『散歩の達人 ザ・居酒屋』(交通新聞社)P.15より、
”右:焼酎1250円は一ヶ月ボトルキープでき、氷と梅シロップは毎回無料。左:4年前に改装したがコの字型カウンターや雰囲気は健在だ。”


【この日の呑み食い】二人で突入。
・キンミヤ焼酎(ボトル600ml)×1
・肉にこみ、鮪のぬた、生しらす、のれそれ 各1
のれそれ・・・穴子の稚魚。生しらすとの対比で食べてみた。白魚をもっとトロリとさせた感じで美味しい。
二人で1時間ほど滞在し、約3,500円。

【酒呑親爺、独断のおすすめ度】
★★★★★
創業明治10年。酒呑親爺が知る限り、東京で2番目に古い居酒屋
行列待ちさえなければ、いつでも行きたい。
並んで待つ覚悟のある人は、すぐに行くべし!

【お店の場所】
北千住駅 西口 徒歩4~5分。
メインのアーケード街(きたろーど1010)をまっすぐ進み、最初の信号を右折して、宿場町通り(サンロード商店街)に入る。
そこを約50mほど行った左手にあり。

大はし が紹介されている本】上から、雰囲気がわかるお勧め順。
(1)横田 薫 『散歩の達人 ザ・居酒屋』(交通新聞社)
(2)西ヶ谷 周二 『TOKIO 古典酒場』(三栄書房)
(3)太田 和彦 『東京・居酒屋の四季』(新潮社)
(4)太田 和彦 『居酒屋味酒覧 <第二版>』(新潮社)
(5)大川・平岡・宮前 『下町酒場巡礼』(ちくま文庫)
(6)太田 和彦 『居酒屋道楽』(新潮文庫)
(7)太田 和彦 『ニッポン 居酒屋放浪記 疾風編』(新潮文庫)
(8)太田 和彦 『ひとりで、居酒屋の旅へ』(晶文社)
(9)伊丹 由宇 『東京居酒屋はしご酒』(光文社文庫)
(10)太田 和彦 『完本・居酒屋大全』(小学館文庫)
(11)吉田 類 『酒場のオキテ』(青春文庫)


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/17(土) 18:21 | | #[ 編集]
このたびは、
『古典酒場』を紹介してくださいまして
ありがとうございます!!

「大はし」さんは、
並んでも行きたい酒場のひとつですよね。
大将のお客さん対応も
いつもすがすがしいですし。
ブログ拝見して、
あの酒場の雰囲気に浸りたくなりました。
『古典酒場』でもブログをやっておりますので、
ぜひのぞいてみてください~。
http://kotensakaba.jp/
2008/05/20(火) 11:47 | URL | 『古典酒場』編集長 #-[ 編集]
やや、古典酒場 編集長様。
わざわざメールいただき、ありがとうございます。
お礼というわけでは全然ありませんが、酒呑親爺の新しい記事でも、ちょっと紹介させていただきました。
親爺も、編集長の酔いどれブログを時々のぞかせていただきます。
2008/05/24(土) 18:04 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/14-a654f95d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。