旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/16(土)
同じ特別純米三重酵母のおりがらみ(20BY)と火入れ(19BY)を並べて見る。
CIMG2148.jpg
左は”おり”で瓶の向こう側が見えない。右は火入で透明だからラベルの裏側が見える。
(おりが有るのと無いの、透明のと透明じゃないの、ただそれだけで妙にニヤつく親爺。)

CIMG2150_20090516160034.jpg ← こういう風に左右に並んでます。

而今発売初年度、MK1を生で出そうか悩んでいた蔵元に、こちらの酒販店のアドバイスで「おりがらみ生」で出すことになったそう。
そのため、こちらの酒販店だけの本当の限定品。

而今フリークを自認する親爺ですが知らなかった、隠れた而今、MK1おりがらみ生。
発売当初はテスト的な要素もあったそうですが、今日までず~っと続いているのは、もちろん人気・評判が高いから。○○党様からの情報のおかげで、初呑みです。
而今 特別純米 三重酵母おりがらみ 20BY 而今 特別純米 三重酵母おりがらみ 20BY(裏ラベル)
MK3がとても華やかで香り高かったのにくらべると、だいぶおとなしく控えめ。
ほ~んの少しの微発泡性と”おり”の舌触りがフレッシュさをイメージさせますが、
最初に来る濃厚な甘味よりも、むしろその後の辛味・酸味がきいてコクを感じます。
いつものジューシーさよりも、このコクで勝負しているような感じです。

三重酵母のそれもおりがらみ生ということで、強い果実香とフレッシュジュースのような華やかなお酒を想像していましたが、結構どっしりとした旨みのお酒です。
而今の中ではかなり男っぽさを感じさせるお酒です。


【而今 特別純米 三重酵母おりがらみ 20BY】
・原料米:五百万石(100%)、精米歩合:60%、酵母:三重MK1
・アルコール分:17%、日本酒度:+1 、酸度:1.5 、アミノ酸度:1.2
・製造年月:平成21年4月
・価格:2,730円(税込)/1.8L

木屋正酒造合資会社】 創業文政元年(1818年)
・所在地:〒518-0726 三重県名張市本町314-1、TEL:0595-63-0061
・最寄駅:近鉄大阪線名張駅(徒歩10分) ⇒ 木屋正酒造の地図
・代表者:大西 和夫、杜氏:大西 唯克
・蔵見学:現在NG。

【購入したお店】 ⇒ 酒と米 かねせ


「酒呑親爺の酔って候」をご覧いただきありがとうございます。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご声援のほどお願い致します。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
「おりがらみ」だけでなく、これの無濾過生原酒も

関西の特約店限定で発売されていたそうですよ!

これこそ真の(表 No.14)の無濾過生バージョンですね♪

http://emika47.jugem.jp/?eid=468
2009/05/16(土) 18:00 | URL | 吟醸党 #-[ 編集]
吟醸党さま
すごい情報収集能力ですね。
てっきり、(大吟醸以外では)これから出る「神の穂」以外は制覇したのかと思っていましたが、奥は深い。なかなか手ごわい。
また、ぜひ、教えて下さい。
2009/05/17(日) 10:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
あとは、ご存知かと思いますが・・・

昨年、発売直前まで行って
とうとう「幻」に終わってしまった
901号酵母を使った純米の燗酒が
はたして20BYで仕込まれているか?

興味を引く所です。
2009/05/17(日) 13:32 | URL | 吟醸党 #-[ 編集]
吟醸党様
まったくもって、ちっとも存じ上げませんでした。
901号という事は泡なし酵母にチャレンジしたのですね。
負けっぱなしも悔しいだろうから、今年も泡なしにチャレンジしてそうな気が・・・。
ぜひ、吟醸党様の力で情報集のほどを。そして、ぜひ親爺に教えて下さい。
2009/05/17(日) 18:05 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/150-284fdedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。