旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/18(月)
今日は、山間「T7」を呑む。
せこく残しておいた、「T4」と「T6」も一緒に呑み比べ。(はてさて、どうなることか・・・。)

T7肩ラベル
肩ラベルが黒地に白抜きの文字になってる。あっ、裏ラベルも黒に変ってる!
・・・と、まずはどうでもいいことに、反応してしまう親爺。

T4T6肩ラベルT4/T6は白地に黒だから逆になったわけね
やっぱり大吟醸だから、どこかに変化をつけようとしたのか? or 単なる気まぐれか?

一応スペックの復習(再確認)です。(以下、吟醸党様からの情報によるところ大。)
・T4は、高嶺錦60%の特別純米
・T6は、(麹)越淡麗50%&(掛)五百万石55%の純米吟醸
・T7は、オール越淡麗50%の純米大吟醸

T4とT6 瓶は違いますが、右がT4
せこく残した、というよりも一生懸命我慢して残した、T6(左)とT4(右) です。

T4だけは、やっぱりちょっと違う。米の違いもあるだろう。T4はちょっと横に置いておく。

でも、T6とT7の違い???
開けたての若さ以外はほとんど分からない。
T6の方が、よりバナナに近い。香りも、含んだ時のとろりとした感触も。
でも、T6も開けたてはピリピリ感があったから、同じような気もする・・・。

それなら、値段(コストパフォーマンス)を考えると、T6の方がお得のような感じ。

あ、まずいわけじゃないですよ。 T6はびっくりするほど旨かった。
T7もそれと同じくらい旨いのだから、すっごく旨いのには間違いない。
(T6の大吟醸ということで過剰な期待をしてしまったようです。)

T4もT6も、開栓初日よりも翌日・翌々日の方が良くなった。
なので、T7はしばらく放置プレイしてみようと、再度新聞紙にくるんだ親爺でした。

山間 T7 亀口直詰 生 20BY 山間 T7 亀口直詰 生 20BY(裏ラベル)

山間 T7 亀口直詰 生 20BY】
・原料米:越淡麗100%、精米歩合:50%、酵母:非公開
・アルコール分:16度、日本酒度&酸度&アミノ酸度:非公開
・製造年月:平成21年4月
・価格:4,200円(税込)/1.8L

新潟第一酒造株式会社】 創業大正11年(亀屋酒造)
昭和38年四社合併により新潟第一酒造設立。昭和40年一社追加合併。
・所在地:〒942-0315 新潟県上越市浦川原区横川660 、TEL:025-599-2236  
・最寄駅:北越急行ほくほく線うらがわら駅(徒歩5~6分か?) ⇒ 新潟第一酒造の地図
・代表者兼杜氏:武田 良則(四代目社長)
・蔵見学:OK。できれば酒造り期間中の午後を歓迎。

【購入したお店】 ⇒ 酒と米 かねせ


酒呑親爺の酔って候 にお立ち寄りいただきありがとうございます。
 ↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら嬉しいです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
酒母は
6も7も同じ越淡麗50%で
掛米が
6が五百万石55%
7が越淡麗50%

だそうです。

T-4とT-6の違いに比べて
6と7の違いが極めて少ないのは
このスペックを見てもなんとなく
解りますよね。

この味わいの差であれば
「山間を代表する酒はT-6!」
と個人的には思っております。
(>山間プロジェクトの皆様
生意気言ってスミマセン!)

でも、6はもう秋まで手に入らない(涙)
2009/05/18(月) 09:24 | URL | 吟醸党 #-[ 編集]
吟醸党さま

いったいどこから情報を仕込んでくるのですか。脱帽です。

親爺の舌では、掛米の違いや5%の磨きの違いなんか分かるわけないですよね。
T6とT7が同じ味わいに思えたことに納得しました。というか同じに感じた事に自信もっちゃいますよね。
本文のスペックのところ、修正(追記)させていただきました。(過去のT6のネタのところも。)
ありがとうございました。
2009/05/18(月) 10:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
新潟というと大規模醸造が多いイメージでツイツイ避けてきました。
ダメですよねえ。
"山間”も私には全くの未知の銘柄で、有難いヒントをいただきました。
300石の丁寧な造りをされているんですね。
地図検索すると直江津からも遠くなく、のんべえ好きの正に山間(やまあい)の酒蔵のようですね。
行ってみたい欲求をくすぐられます。
その前にどこかで探して飲んでみなくては・・・
2009/05/19(火) 00:01 | URL | のんべえ #-[ 編集]
のんべえ様
コメントいただきありがとうございます。
(いつも生意気ばかりでご迷惑おかけしております。)
このお酒は、新潟のいわゆる淡麗辛口とは一線を画している というか 対極をなしているようなお酒です。
ぜひ、ご賞味ください。
秋になれば、また出てくると思います。。
2009/05/19(火) 20:47 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
お久しぶりです。

色々と忙しくブログ更新してませんでしたが、また復活ですe-257
ヤフーに引越ししました。
また、よろしくお願いします!!

山間のT7ですが、昨日而今と併せて「かねせ」さんで注文しました。
初山間なので凄く楽しみですe-420
2009/05/21(木) 05:46 | URL | EXCITER #-[ 編集]
EXCITERさん

また、貴殿の楽しいブログが拝見できると思うと、とても嬉しいです。
(本当にちょっと心配したんですよ。)
今後もよろしくお願いします。
毎日、見に行きます。
2009/05/21(木) 21:30 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
心配かけてすいませんでしたe-330
色々と忙しかっただけで、大丈夫ですので安心ください!!
私のブログにも、酒呑親爺さんのブログをリンクさせて頂きましたので、よろしくお願いします。
2009/05/22(金) 12:45 | URL | EXCITER #-[ 編集]
安心しました!
これからも楽しいブログ、よろしくお願いします。
2009/05/22(金) 21:07 | URL | 酒呑親爺 #GnMN7VtY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/152-fdc8769a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。