旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/01(月)
九州は長崎にある今里酒造。親爺が呑んだ日本酒としては、日本最西端の蔵になる。
唐津~伊万里~有田と南に下り、その有田の少し下(南)の波佐見という地にある。
大村湾の「ハウステンボス」の少し上(北東)といった方が分かりやすいか。

長崎とはいっても、標高400mほどの山々に囲まれ県内では雲仙に次ぐ寒冷の地。
そのため酒造りには適しているのだとか。

先代の社長(潮 明氏)の時に、本にも紹介されている。                
                      勝谷 誠彦 『続・にっぽん 蔵々紀行』(光文社文庫)
今里酒造 蔵々紀行

本によると、水は峠を越えた有田の井戸からトラックで運んでくる、黒髪山の伏流水。
5,700石の大きな蔵だが、製麹機は置かず、その石数すべてを箱麹で造っているという。
箱はカキシブで磨き上げ、酒母室の床もカキシブで磨かれ黒光りしている とある。

本にはないが、日本精工の社長・会長を務め、経済界の重鎮として当時の電電公社民営化を推し進めた今里 廣紀氏の実家だそう。
四男坊だが一時酒造経営を受け継ぎ、その頃に六十餘洲と名付けられたとの事。

====================================================================

香り、ほんのり爽やか。
65%純米ということで、どっしりとした or ねっとりとした重めのお酒を連想していたが、
実際は、口当たりが良く、軽やか爽やか。
スペックを見ればALC度数は15.5%で、加水して飲みやすく調整されている。

上手に旨みをきかせているのと酸が柔らかいのとで、キレるというよりもスッと終わる。
その分、余韻は少なめ。

六十餘洲は、爽やかで女性的な印象の旨口酒。
九州男児を表す言葉には、薩摩隼人とかぼっけもんとか肥後もっこすとかありますが、この女性酒を表現するとしたら何だろう。

“薩摩おごじょ”じゃ芯が強すぎるイメージだし、長崎のお酒だから“長崎おっぺしゃん”?
これだと悪口になっちゃうのかな? 関東人には微妙なニュアンスが分かりませんが、
決して美人ではない(精米歩合は高くない)けど可愛げ(旨あじ)があって親しみやすい(スッと呑みやすい)という意味ならぴったり。

六十餘洲 純米山田錦 20BY

六十餘洲 純米 山田錦 20BY】
・原料米:山田錦(長崎県産)、精米歩合:65%、酵母:協会9号(らしい)
・アルコール分:15.5% 、日本酒度:+3、酸度:1.9、アミノ酸度:-
・製造年月:平成21年04月
・価格:2,384円(税込)/1.8L

今里酒造株式会社】創業江戸明和年間(1764~72年):八代将軍吉宗や田沼意次の頃
・文化財:2006年 蔵の建造物のうち6棟が国の登録有形文化財に指定される
・所在地:〒859-3715 長崎県東彼杵郡波佐見町宿郷596、TEL:0956‐85‐2002
・最寄駅:JR佐世保線有田駅(から7~8kmくらい?) ⇒ 今里酒造の地図
・代表者:今里 栄子(八代目蔵元)、杜氏:吉川 昭義
・蔵見学:電話予約必要。6月以降10月まで(平日のみ)。

【購入したお店】 ⇒ つちたつ酒店


酒呑親爺の酔って候 にご訪問いただきありがとうございます。
↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
酒呑親爺様

先日は、コメントをどうもありがとうございました。
酒呑親爺様のHPを拝見させていただき
改めてその豊富な知識に驚くばかりです。
私も日本酒が一番好きなので、また遊びに来て
楽しく勉強させて頂ければと思います。
紹介されているお店も、どれも本当に美味しそうなので
今度ぜひ行ってみたいと思っております。
これからも美味しいお酒とお店を紹介してくださいませ。
楽しみにしております!
2009/06/01(月) 23:31 | URL | North-Dog #aIcUnOeo[ 編集]
先日はコメントをありがとうございました。コメントのお礼が遅くなり申し訳ありません。酒呑親爺さんからコメントがいただけてとてもうれしかったです。
いつも、楽しく拝見させていただいております。様々な日本酒が紹介されており、とても勉強になります。今回ご紹介のお酒、長崎の日本酒というのは、今まで飲んだことがなく、読んでいて、すごく飲みたくなりました。これからも、楽しみにしております。
2009/06/03(水) 07:28 | URL | masahiro #-[ 編集]
Northt-Dog様
親爺も「いつかの酒旋律」で紹介される、旨そうなお店を拝見して、想像を膨らませております。
こちらこそ、よろしくお願いします。

2009/06/04(木) 17:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
masahiro様
ご丁寧なコメント(お礼)を頂き恐縮です。
masahiroさんのブログ、「日記」だけあって、ほぼ毎日更新ですね。エライ!
ちなみに、親爺の長男も「masahiro」です。
2009/06/04(木) 17:48 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/159-519d1f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。