旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/24(土)
酒呑親爺の勤める会社の近く、吉祥寺はハモニカ横丁の「てっちゃん」をご紹介。
(親爺、まだサラリーマンです。)

【お店の様子】
横丁の細い路地に足を入れると、もつ焼きの香りと白煙をもうもうと吐き出している。
路地に面した立呑みスペース1辺と、店内にカウンター席3辺の、ロの字カウンター。

店員は、みな若い。若すぎるだろ!どう見ても20代のイケメンライダーばかり。

とりあえず、ホッピー。

すぐに、氷の入ったグラスと”中”と”外”の瓶が手際よく出てくる。
客の応対もはっきりしてるし、モツ焼く姿も、どうしてどうしてちゃんとカッコがついてる。
若いからと馬鹿にしちゃいけないね。(親爺、反省。)

客層も、親爺のような中高年の他に、20代~30代前半の若者が意外に多い。
若いうちからこんなに良いお店で呑めて、君たち幸せだぞ。

豚バラと牛スジ(串をとおした牛スジを、煮込みなべに入れて味をしみ込ませたモノ)が1串200円で、それ以外はほとんど1本100円。オーダーは1本単位で注文できる。
煮込みやレバ刺しなどの皿ものは、1皿300円。
飲み物は、”中”も”外”も300円。ビールや焼酎は500円。

”中”を追加すると、コップ受けの小皿にこぼれるまでキンミヤ焼酎を注いでくれるのがうれしい。

路地に煙が噴き出しているくらいだから、店内はすべて白煙につつまれている。
2か所ある焼き台の近くは、とりわけ煙に襲われてかなりすごいことになっている。
でも、皆、旨そうに呑み、食っている。

てっちゃん が紹介されている本】
(1)倉嶋 紀和子 『TOKIO 古典酒場 闇市・横丁編』 (三栄書房)
img.jpg てっちゃん
左側:「古典酒場」編集長 酔いどれブログより、img.jpgを転載。

右側:倉嶋 紀和子『TOKIO 古典酒場 闇市・横町編』(三栄書房)P.41より複写転載。

【この日の呑み食い】この日も二人で突入。
・泡盛(500円×1)、ホッピー&中追加(300円×3)
・牛スジ(200円)、豚バラ(200円)を各2本
・ハツ、ガツ、シロ、その他(100円)を各2本
二人で一時間弱滞在し、3,150円

【酒呑親爺、独断のおすすめ度】
★★★☆☆
一人客がお勘定すると、「840円」とか「1260円」とか言ってる。
若者は腹いっぱい食えるし、のんべいは満足するし、まさに白煙の天国。

【お店の場所】
JR吉祥寺駅 西口 徒歩1分。
駅前のハモニカ横丁をどこか入って、一番煙くて白い場所がてっちゃん


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
見つけましたよ!

最初、『呑んべえ親爺』かと思い、なかなか見つからず暫しネットサーフィン(笑)
Googleで“呑”&“親爺”で検索したどり着きました!

お酒の好みが違うのか、はたまたレア酒を呑まれているのか
紹介されているお酒が私の好みと異なり、新鮮に感じます。

ていうか、すっかりその気じゃないですか!
笑えます!

はさておき、美味しいお酒って純米~純吟あたりですよねぇ~!
共感が持てて次に紹介されるお酒が楽しみです。
期待しております!

また、覗きに来ますね!
先日、ご存じの行きつけにお邪魔したところ
「○○さん、お元気ですか?」と。
お会いできるのを楽しみにしている様子でした。
また、機会をみて参りましょう!

こちら、今晩は房島屋の純米に舌鼓です。
この蔵なかなかやりますねぇ~。
五百万石でこれだけの味が出せれば大したものです。
(何者だ私...笑)

酸が強く、もう少し開かせるとより美味しく変わるのではないかと
しばし寝かせてみることにしました。
でも、生酒なので毎日少量チェックかなぁ~?
うむ、一週間もつかどうか(笑)

では、またぁ~~!
2008/05/28(水) 23:43 | URL | Haru #-[ 編集]
ほー、有名な Haruさん ですね。
ご訪問&ご投稿いただきありがとうございます。

せっかくですので、情報を。

房島屋で6月に”兎心(ところ)”というお酒が蔵出しされますよ。
同じ五百万石ですが、初夏用にということで、無ろ過生原酒を冷蔵貯蔵していた純吟のおりがらみだそうです。
楽しみですねぇ~。

また、お越し下さい。
2008/05/29(木) 07:56 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/17-64d1447d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。