旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/06(月)
“散居(さんきょ)”集落で有名な、富山県は砺波平野。今はチューリップで有名。
                        (この写真は、富山のふるさとページからの転載です。)
  散居村
散居(さんきょ)集落とは、“垣饒(かいにょ)”と呼ばれる屋敷林(おもに杉林など)に囲まれた稲作農家の家々が、平野一面に碁石を散りばめたように分散点在する村のこと。
(なんでも、砺波平野(富山県)/出雲平野(島根県)/胆沢平野(岩手県)を、日本三大散居村と呼ぶそうで。)

その砺波の散居集落に、江戸幕末から続く老舗酒蔵、「若鶴酒造」。 
文久2年より酒造業を始め、大正7年に若鶴酒造株式会社として会社組織化。
その4年後(大正11年)に建てたのが、この↓清酒 大正蔵。
kuramoto01_20090704143316.jpg 日本吟醸酒協会)からの転載です。

若鶴酒造が1999年に立ち上げた新ブランド「苗加屋」。
「苗加屋」とは、この地の地名でもあり蔵の屋号でもあるという。
米と麹の香り酒本来の甘さや酸味を生かした無濾過生で、当初から東京のマーケットを意識した限定流通銘柄。そのため蔵元HPにも商品掲載がない

水は、庄川の北アルプス山系の伏流水。
米は、2008年に品種・商標登録されたばかりの富の香(とみのかおり)。
08年度は富山県内で実験的に8ヘクタールほど栽培されただけの新品種です。

気温の低い富山で山田錦を栽培すると、良質な米と収量の確保が困難で、
そこで「山田錦富山県が開発した「雄山錦を交配、問題点を改良したのだそう。
心白部分が多く山田錦に匹敵する醸造適性を持ち、収量も山田錦より多いという。
富の香は、味はまろやかで、香りが豊潤なのだそうだ。

苗加屋 苗加屋(裏ラベル)

・香りはやや控えめのフルーツ香。
・含むと一転、生原酒らしい、濃い~感触。そして結構甘い。濃醇甘口。
 “富の香は、味はまろやかで、香りが豊潤”とあるが、親爺には逆だな。
 香りは控えめだけど味は濃醇。
・そして後半にこれまた原酒らしいしっかりした酸。
 これが呑み切りのキレを演出していて、余韻は終(しま)いの辛口感・・・。
 (日本酒度不明だけど、スペックより辛く感じるのだと思う。)
 これで濃い~感じと強めの甘さとのバランスをとってるのかな。

製造量7000石(一升瓶換算70万本)の地方の大手蔵。
最近の各種受賞履歴も凄いもんだ。
 ・全国新酒鑑評会 平成11.13.14,16.17.19.20年度 金賞
 ・金沢国税局酒類鑑評会平成20年度優秀賞受賞 金沢局10年連続受賞

若鶴酒造、苗加屋、覚えておこ。


【苗加屋 特別純米 無濾過生原酒 20BY】
・原料米:富山県産 富の香(100%)、精米歩合:55%、酵母:協会1401号(らしい)
・アルコール分:18度、日本酒度:?、酸度:?、アミノ酸度:?
・製造年月:平成21年04月

若鶴酒造株式会社】 創業文久2年(1862年)、
・所在地:〒939-1308 富山県砺波市三郎丸208番地、TEL:0763-32-3032 
・最寄駅:JR城端線油田駅(駅のすぐ前) → 若鶴酒造の地図
・代表者:吉瀧 秀一 、杜氏:米山 弘(越後杜氏)
・蔵見学:OKみたい。

【呑んだお店】 ⇒ 酒豪の集い 水月 MITSU. (寡黙なマスターの造る美味い店。)
             

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。
↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ランキングプッシュして頂けたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
また知らない銘柄が…いつも勉強になります。

富の香はちょっと気になるお米ですね。
是非呑んでみたいです。
2009/07/06(月) 07:25 | URL | cordis #-[ 編集]
初めてみたお酒ですね!!
酒米も初めてみたものですし、大きい蔵がHPに連載していないお酒っていうところも惹かれますね~
2009/07/06(月) 11:20 | URL | EXCITER #-[ 編集]
こんにちは♪

いろんなお酒があるんですね~

期待を裏切らない感じがしそうです♪

ポチッポチッと応援♪
2009/07/06(月) 15:22 | URL | 5人のおかん #-[ 編集]
こんばんは~。

砺波平野のあたりに、父の実家がございます~・・・去年はお盆も田舎に帰ってないので、この写真を見たらとても懐かしくなりました(笑

砺波平野といえば五百万石を思い浮かべましたが、富の香は初めて聞きましたねぇ~。
記事を読む限りはまだ新品種のようで・・・今後自分も巡り合えるようになるのを楽しみにしたいですね~。旨そうです。
2009/07/06(月) 21:30 | URL | 知志 #raY.kV/U[ 編集]
若鶴酒造、苗加屋ですか。これも知りませんでした。その酒が造られてる米とか土地とかをピックアップするっていう発想がまだ無かったです。奥が深いですね。

ところで無知な故の質問というかスルーしてもいいんですけど、よく○○金賞とかいうお酒を目にするんですがやっぱりそういうお酒選んだほうが信用できるんでしょうか?
2009/07/06(月) 22:14 | URL | じゃんばる #yS4f4HII[ 編集]
cordisさん
いつもお世話様です。
富の香に目が行くとは。だんだん、親爺みたいなしょうもない呑みすけになりつつあるようで。(笑
飲み屋さんや酒販店さんと、親しくしてると、その時のアイドルのお酒とは違った(無銘の)お酒も教えてくれて面白いです。
2009/07/06(月) 22:54 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
EXCITERさん
う~~ん、EXCITERさんも、目の付けどころが“真”ののんべえになりつつあるようで。
親爺もしっかり勉強しないと、若手についてい行けなくなるなぁ。
2009/07/06(月) 22:59 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
おかん様
いつもコメントありがとうございます。
そうなんです。いろんな日本酒があるんですよー。
正確には分かりませんが、全国で1500以上の蔵元があるんじゃないかなー。
2009/07/06(月) 23:03 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
知志さん
なに、実家が砺波平野とな。いろいろ繋がりが出てきて、面白いものですね。
五百万石は、高精白が難しいという(難)点があるようで、東北の各県は大吟醸クラスを醸す時に、なんとか他県の山田錦を使わずに、地産のお米を使いたいと、頑張っているようですね。
お父上の実家の縁で、砺波のお酒も応援してやって下さい。お願いします。
2009/07/06(月) 23:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
じゃんばるさん
いちばんポピュラーなのは、「全国新酒観評会」というのがあります。
ただ、ここに出すお酒は、みなその蔵のスペシャルなものばかりで、金賞を取ったor取れなかったかは別にして、“出品酒”として非常に高価なものが多いです。

全国新酒観評会に毎年チャレンジしている蔵、金賞をとった蔵、・・・の、スタンダードな銘柄(純米や純吟)を選ぶのが良いと思います。
2009/07/06(月) 23:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
苗加屋、烏山の店にて私も飲んだ覚えがあります。
しかし、米や蔵については無頓着でした。。。
勉強になります!
2009/07/07(火) 01:43 | URL | North-Dog #-[ 編集]
若鶴さんには、ある試飲会であったことがあります。
その席で各地10蔵程の仕込み水を飲むことができたのですが、その中でも若鶴さんの酒質は特にやわらかく滑らかでした。
富山=硬水と思っていたので蔵の方に聞いてみると、砺波市の水源は金沢寄りだそうで、柔らかいんだそうです。
お酒の舌触りも大変優しかったように記憶してます。

あっそれとお蔵の住所が違ってます。
富山市→砺波市ですね。

親爺様のランキングウナギ登りには敬服してます。
ポチっ!
2009/07/07(火) 09:00 | URL | のんべえ #-[ 編集]
初めて見たブランドです!!
特別純米や本醸造が美味しい蔵は、安心して他のも買える気がしますよ。 
(美味しい不味いじゃ無く嗜好の問題かな)
2009/07/07(火) 10:22 | URL | 呑太 #-[ 編集]
North-Dogさん
ちょっとのご無沙汰です。
烏山のお店って、紹介されてた「和一」でしょうかね?
呑まれたのが今年でなければ、親爺がまだ呑んだことのない、苗加屋の純吟だと思います。
これからもよろしくお願いします。
2009/07/07(火) 19:00 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
のんべえ様
ためになる情報、ありがとうございます。
若鶴の水については、初めて伺う情報で、とても面白いです。勉強になりました。
住所の誤記もさっそく訂正させていただきました。
ポチ、ありがとうございます。これからも、よろしくお願いします。
2009/07/07(火) 19:03 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
呑太さま
親爺も、この前呑んだ時に初めて目にしたブランドでした。
親爺も呑太さんと同じ考えです。その蔵のスタンダードが美味しい蔵、純米や本醸造クラスが美味しい蔵、
(もうひとつ言えば毎年安定した蔵)が、良い蔵だと思います。
2009/07/07(火) 19:06 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
以前は日本酒苦手だと思ってたんですが、単に、以前飲んだのがおいしくなかっただけみたいです・・・><

私も息子が卒乳したら日本酒チャレンジしてみたいです!
2009/07/08(水) 10:02 | URL | ちろり #-[ 編集]
ちろりさん
お気づかいいただき、わざわざコメント恐縮です。

絶対に、以前飲んだお酒がまずかっただけです。
白ワインのような日本酒もありますし、スパークリングワインのような日本酒もあります。
まるで、お米とは思えないようなフルーツのような日本酒もあります。
ぜひ、近い将来(卒乳されたら)、試しに飲んでみて下さい。
2009/07/08(水) 18:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/177-98a577ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。