旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/20(月)
面白い名前のお酒だ。 “わ”が三つで、「和和和(わわわ)」。
和和和 美山錦 肩ラベル

一部巷(ちまた)では、このお酒をクールファイブなお酒と呼ぶらしいです・・・。

  ♪ あなた ひとぉ~りぃに~ “ わわわわー ”
     かけぇ たぁ~こ~~い~ “ わわわわー ” ♪

というわけで、面白いことを言うもんだ。・・・でもこれじゃ、“わ”が四つになっちゃうよね。
やっぱり、親爺世代は “わ”が三つ と言えば、↓ このミツワ石鹸のCM。

すっかり脱線してしまった。。。


こちらは避暑地 軽井沢の近く、信州は佐久の中山道沿いにある老舗酒蔵 古屋酒造
主要銘柄は、深山桜浅岳 軽井沢 です。
      (左はながの県酒販さんの、右は佐久物産振興会さんのHPからの転載です。)
03a.jpg tenpo.jpg

この蔵の跡取り息子さんが修業から実家蔵に戻り、2007年に立ち上げた新銘柄が、
和和和(わわわ)」。
・・・「和(わ)の心で、和(やわ)らぎ、和(なご)んでほしい。」という想いからだとか。

まだ三造りで、今年は仕込がタンク6本(合計わずか40石)だそうです。
昨年の「長野 酒メッセ in 東京」で見出され、有名酒販店のはせがわ酒店が取り扱われるようになって、注目を集め(はじめ)ているみたい。

和和和の生原酒には、いずれも金沢酵母使用で米違いの「純吟 山田錦」「純吟 美山錦」「特純 ひとごこち」の3種類あるようですが、今回呑むのは、純吟 美山錦。
和和和 純米吟醸 美山錦 生原酒 20BY 和和和 純米吟醸 美山錦 生原酒 20BY 裏ラベル

立ち香は結構華やかで、ちょっとエステル系。(この表現、kutata さんに教わりました。)
最初の口当たりは柔らかくトロミ感あり。
でも、含んでいると活性感が感じられ、まるで新鮮な果汁感のあるシャンパンのよう。
鼻に抜ける高めの吟醸香に、抑えめな酸味が重なり不思議な味わいを醸す。。
のど越しは清楚で食中酒向きのような。でも、もう一度押し戻すかのように吟醸香。

生酒らしいフレッシュ感を出しながら、一方で生と感じさせないような落ち着いたトロミ。
伯楽星の特純と三好菊の特純を合わせたような感じ。それにしても不思議なお酒です。
そういえば、金沢酵母は、酸が少なくあっさりとした綺麗な味わいが特徴でしたね・・・。

初日はちょっと香りが立ちすぎたかな。
数日経って香りが落ち着いた時が、和和和の本当の姿を見せる時か?


で、跡取り息子(常務、自称:醸務)さんのお名前が、荻原 深(おぎはら ふかし)さん。
お名前は、やっぱり山桜からとったのでしょうかねぇ?おっと、また脱線だ。酔って候。


【和和和 純米吟醸 美山錦 生原酒 20BY】
・原料米:長野県産美山錦 、精米歩合:55% 、酵母:金沢酵母(協会14号)
・アルコール分:17%以上18%未満 、日本酒度:+2 、酸度:1.9
・製造年月:平成21年7月
・価格:税込み2,798円(税抜き2,665円)/1.8L

株式会社 古屋酒造店】 創業明治24年(1891年)
・所在地:〒385-0025 長野県佐久市塚原411、TEL:0267-67-2153  
・最寄駅:JR長野新幹線佐久平駅(駅から1kmほど) ⇒ 古屋酒造の地図
・代表者:荻原 拓次、常務:荻原 深、杜氏:中島 一男(佐久杜氏)
・蔵見学:??

【購入したお店】 ⇒ 地酒&ワイン 加桝屋


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
親爺さま

和和和・・・
純吟美山錦のが一番良いかな?
というより美山錦しか呑んだことがありません。(生坂屋さんでもあまり並んでないので)
香り高く、甘酸っぱい果実のようで、女性うけしそうです。
次の職場の飲み会に和和和を提供しようとひそかに思っています。
2009/07/20(月) 07:37 | URL | 年三 #-[ 編集]
おはようございます~。

研究室からなので回線の都合上、動画は試聴できませんが(研究しろ!(笑))・・・恐らくミツワの石鹸は存じないと思いますね~。
結構昔なのかな?

和和和、フルーティーで旨そうですね~、きっと好きなタイプでしょうな。
金沢酵母は割と穏やかなメロン香を放つイメージがありますが、この和和和はどうなんでしょう。

今までエステルってあんまいい意味で使われないと勝手に思っておりました。
エステル香の定義、自分も勉強しておきます^^;
2009/07/20(月) 11:10 | URL | 知志 #raY.kV/U[ 編集]
年三さん
なにぶん、和和和は今回の美山が初呑みなので、どれが一番か?は判断できないです。
あまりフルーティな香りではありません。“甘酸っぱい”に近いものはあります。
2009/07/20(月) 13:09 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
知志さん
国民の祝日にも関わらず、ご研究ですか。さすが学者様は大変ですね。
親爺もエステル香は、あまり良い意味では使っておりません。(笑
親爺はかってに、りんごでもメロンでもバナナでも何でも良いのですが、果実香の枠を超えたようなちょっと人工的な香りの場合≒少し否定的な意味合いで使いました。
(エステル香って、肯定的にも否定的にも使うようなので、今回はちょっと否定的に使いました。)
2009/07/20(月) 13:21 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんにちは♪

和和和‥いいネーミングですね♪
和の心で和らぎ和んでほしい‥これまたいいですね~
ゆっくり呑みたいお酒ですね(*^_^*)

ポチッポチッとな☆
2009/07/20(月) 13:40 | URL | 5人のおかん #-[ 編集]
おかん様
こんにちは。夏休みに入り、毎日お昼の御飯の支度だけでも大変でしょう。
どうでもいいことですが、親爺の末娘の名前、「和」の一文字で(のどか)とするはずでしたが、長女(当時小3)の意見で和香(のどか)になりました。
2009/07/20(月) 15:27 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
お久しぶり(?)です。
ネットできる環境にいなかったので。。

和和和は気になっていたお酒なので非常に参考になります。
石鹸のCMは知りませんでしたが…

ジェネレーションギャップ(笑)
2009/07/20(月) 22:51 | URL | cordis #-[ 編集]
最近のお酒はネーミングもラベルもセンスが良くてかわいいですよね。
そうした専門のプロデューサーもいるそうですね。

長野の酒造はすこぶる元気な印象を受けます。こちらのお酒もぜひ入手してみたいです☆
2009/07/20(月) 23:37 | URL | ばるべにー #t50BOgd.[ 編集]
 ひぃ……小心者なので余所様のブログに自分の名前を見つけると変な汗が(笑)

 私も先日はせがわ酒店で和和和買いましたよ~
 私の買った物は多分美山錦を使用した物ではなかったと思いますが……
 親爺さんの感想を読んで飲むのがますます楽しみになってきました!
2009/07/21(火) 01:05 | URL | kutata #-[ 編集]
ご無沙汰してますf(^^;)

『和和和』・・・
初めて聞きましたが、ネーミングとコンセプトが素敵ですね♪
若干、『ゆうり』の命名由来と似てて気になってしまいましたwww

ミツワのCM懐かしく拝見しました(笑)別に年ごまかしてるわけではないんですけどね(笑)

2009/07/21(火) 17:49 | URL | ゆうり店主 #TXBmXcJU[ 編集]
cordisさん
3連休でどこか、お出かけ?でしたか。
ミツワ石鹸のコマーシャルは60年代後半から70年代前半だと思います。
75年には倒産しましたから。
2009/07/21(火) 20:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ばるべにーさん
お酒のプロデューサー、いらっしゃるんですよ。
飛露喜とか一白水成の名付け親の方とか。。
2009/07/21(火) 20:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
kutataさん
すみません。勝手にお名前を拝借しまして。
ただ、この表現はkutataさんに特許があるような気がしましたもので。
2日目は、アルコール臭を感じるような香りになって、だいぶ落ちました。
2009/07/21(火) 20:22 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
店主。
童顔でしたか。親爺も年齢だまされました。
このCMを知っているということは、40代半ば以上??
2009/07/21(火) 20:23 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親父殿、すいません。
コメント後半を消してしまってから送信してたようですm(__)m

私はまだまだ30代の少年?ですよ!かつてジャーナリスト目指して学んでいた時期がありまして、その中の広告学研究 という講義にあのCMはよく登場するもので……
誤解を招きまして申し訳ございません★
2009/07/22(水) 02:26 | URL | ゆうり店主 #-[ 編集]
約30年前、就職して最初の赴任地が佐久でした。懐かしいです。
当時は日本酒には興味なかったのですが、今思えば付近は酒蔵だらけの日本酒天国だったのですねえ。
千曲錦もすぐそばですしねえ。
新幹線が通って、街は様変わりしてしまいましたが、いまでも15以上の蔵が健在のようです。
避暑を兼ねてふらっと行ってみたいものですが、無理か・・・
2009/07/22(水) 02:52 | URL | のんべえ #-[ 編集]
「和和和」も最近色んな所で見かけるので呑んでみたいんですよね~。
この酒米の中なら私も美山錦を呑んでみたいですね!!
2009/07/22(水) 04:00 | URL | EXCITER #-[ 編集]
ゆうり店主様
そうですよね。あの写真であの顔で40代のわけないですよね。
これは大変失礼いたしました。
                    m(_ _)m ゴメンナサイ

2009/07/22(水) 20:31 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
のんべえ様
そうですか、信州とはそういうご縁がございましたか。
ぜひ、信州蔵の記事をお願いしますね。
2009/07/22(水) 20:32 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
EXCITER様
やはり、注目を集め(はじめ)ている、というのは確かなのですね。
来年の造りがどうなるか?注目したいです。
2009/07/22(水) 20:34 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
おっと、深山錦買われてましたか。
私も先日、この酒屋さんにて2本目に手にしたのはこの深山錦の美山錦でした。
わわわとはまた洒落た名前を付けたことで。
実はこの蔵、学生の頃にお世話になった蔵で、大学祭の際、サークルで酒屋を出店したときに、うん本のお酒を譲り受けたという、学生の我が儘に理解を示していただいた蔵です。
酒屋でこの酒を見つけ、懐かしさのあまり購入させていただきました。
まだ味わったてはおらず、冷蔵庫で暖めて、もとい冷やしております。

購入したのは美山だけですか?私、美山錦には注目でして、お酒を選ぶ際の基準は、美山錦>山田錦>その他です。
美山は癖があるので、美山を美味しく醸せる蔵を探していると言うのがマイブームです。いきつけの酒屋さんにはマニアと言われますが...苦笑

ちなみに、大学祭の際は長野県内の30蔵ほどにご協力いただきました。締めて250升ほど。無茶してたなぁ~!!(笑)

深山錦の美山錦、味わい楽しみです。
2009/07/24(金) 00:14 | URL | ウッチー #-[ 編集]
ウッチー師匠
今でも長野には30蔵あるのでしょうか。あるといいですね。
それにしても、250升とはよく集めましたねぇ。蔵はいい迷惑だ。(笑
若気の至り。。というやつで、学生でなければできない良い思い出ですね。

深山“桜”ね。師匠も誤記するのね。チョット安心。
2009/07/24(金) 22:53 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/183-9581c61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。