旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/02(日)
加賀百万石が誇る穀倉地帯、白山連峰の麓 石川県松任平野に位置する吉田酒造店
23202.jpg DSC_0100_silk_thumb.jpg
(左)こちらのHP → 雪国の酒蔵から転載。(右)出所分からなくなってしまいました。ごめんなさい。

この蔵、全国でも珍しい二人杜氏制です。
酒蔵を二場に分割、二人の杜氏がそれぞれのチームを率いて別々の銘柄を醸します。

ひとつは、能登杜氏の山本輝幸氏率いるベテラン蔵人チームの『山本蔵』。蔵の主銘柄である「手取川」を造ります。
かたや蔵元ご子息であり、金沢工業大学修士課程終了~エンジニアから転身して杜氏修行後の平成8年に蔵入りした吉田行成氏が率いる若手チームの『吉田蔵』。こちらは、銘柄もズバリ「吉田蔵」を造ります。

吉田蔵は大吟醸/純米大吟醸・純米酒のみ300石だけ仕込んでます。
今回呑むのは、「吉田蔵 純米大吟醸」です。
吉田蔵 純米大吟醸 吉田蔵 純米大吟醸(裏ラベル)
若手後継への技術伝承の場としての役割もある『吉田蔵』。
従来造っていた純米吟醸を卒業して、いよいよ純米大吟醸の造りへとステップアップ。
試験的な意味合いもあり? 山田錦の45%精米で3,150円/一升とお買い得感あります。

裏ラベルに香りの高いタイプと書いてあるとおり、香りは立ちますねー。
冷蔵庫から出したての一杯目は、45%まで磨きこんだとおりのサラリとした、というか、サラリとしすぎた感触で味わいが物足りない。味のふくらみや奥行きが、まだ出てこない。

でも少し室温に戻すと、”サラリ”が → ”ややさらりとした芳醇”な感じになり、しかも決してしつこくない旨みが出てきます。平面的な味わいが立体的になってくる。
含み香も、爽やかな吟香で柔らかさを感じさせ、立方体よりも球体に近いイメージ。
あ~、良かった、これならOKでしょ。

裏ラベルには、「ロックでもしくは冷やして」みたいに書かれてますが、「室温」ですね、
こいつは。間違いない。ロックなんかにしてこれ以上サラリとさせたらだめでしょ。


【吉田蔵 純米大吟醸 吉田蔵 20BY】
・原料米:(麹)山田錦100% (掛)五百万石100%、精米歩合:45%、
・酵母:金沢酵母(らしい)
・アルコール分:16~17% 、日本酒度:+5~+6、酸度:?、アミノ酸度:?
・製造年月:平成21年月5月
・価格:3,150円(税込)/1.8L

株式会社 吉田酒造店】 創業明治三年(1870年)
・所在地:〒924-0843 石川県白山市安吉町41、TEL:076-276-3311
・最寄駅:JR北陸線松任駅(タクシーで10分とか) ⇒ 吉田酒造店の地図
・代表者:吉田 隆一 、杜氏:吉田 行成(吉田蔵) 山本 輝幸(山本蔵/能登杜氏)
・蔵見学:?

【購入したお店】 ⇒ 矢島酒店


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~。

1つの蔵で2つの銘柄を別々の杜氏が醸すってのは、何だか蔵の規模の大きさを感じますね。

にしても純米大吟醸で1升3150円は素晴らしいですね~。
ある意味試験酒?はこういう購入しやすい値段設定が魅力的です。

どうやら戻り温度がバッチリだったようで、お得なお買い物だったんでしょうかね~。
2009/08/02(日) 13:55 | URL | 知志 #raY.kV/U[ 編集]
2人杜氏制ってあまり聞かないですね。久保田とか(?)
純米大吟醸で3150円は良心価格ですね。

自分はまだロックで日本酒を飲んだことないです。
原酒でもやる勇気がでません
2009/08/02(日) 17:50 | URL | cordis #-[ 編集]
こんにちは。
冷やしすぎの時は、一瞬、外したか!とあせりましたが。。
温度が戻って・・・、ホッとしました。(親爺ギャグ
2009/08/02(日) 18:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
cordisさん
日本酒は、温度を変えて呑める稀有なお酒だと言いますけど、ロックにあう日本酒はなかなかありません。
もともとALC度数も高くないですし。ほとんどの場合、ただ水っぽくなるだけだと思ってます。
(先日、kutataさんが紹介してくれたお酒は、OKみたいですけど。)
2009/08/02(日) 18:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
二人杜氏制は長野では真澄がおこなってます。諏訪蔵と富士見蔵です。(長野の自慢してしまいました)

純大で3150円は純吟でもそれより高いのがあることを考えるとお買い得ですね。

石川の酒は宗玄と天狗舞しか呑んだ事がありません。
手取川は親爺様のレポ見て呑んでみたくなりました。
2009/08/02(日) 20:08 | URL | 年三 #-[ 編集]
年三さま
さすがに信州の情報にはお詳しいですね。あの真澄も二人杜氏制でしたか。
宗玄はいいお酒だと思いますが、ちょっと高い。天狗舞は、有名な人が頑張りすぎ(有名な人の名前を利用しすぎ)のような。
でも手取川も3000石以上造ってますので、地酒とは言えないようなかなりの大手なんですけどね。
2009/08/02(日) 21:30 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
吉田蔵の吉田はそんな意味だったんですねえ。
能登杜氏と蔵元杜氏の並立とは理想的ですね。
山本杜氏はお幾つくらいなんでしょう。
引退はまだ先であればいいのですが・・・
2009/08/03(月) 20:41 | URL | のんべえ #-[ 編集]
 しかし二人の杜氏とは……何だか大手の貫禄を感じますね。
 このまま10年20年と造りを続ける内に、どういう形でこの体制が変化していくかにも興味がわいてきました。
 連綿と受け継がれる技術――凄く良い!(笑)
2009/08/04(火) 00:47 | URL | kutata #-[ 編集]
冷やして呑むとと、いまいち旨みが引き立たないお酒ってありますよね~。共感できます。
吉田蔵はもちろん手取川も呑んだ事がないのですが、石川県のお酒なのでレベルも高いと思いますし、是非呑んでみたいですね!!
2009/08/04(火) 15:46 | URL | EXCITER #-[ 編集]
のんべえさん。
すみません、山本杜氏の年齢までは調べられておりません。
ベテランの経験と知識・技術を若手に伝えていただければ、喜ばしいことです。
2009/08/04(火) 19:50 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
kutataさん
たしかに、地酒の蔵としては、かなり大手の部類だと思います。
10年20年先を見つめ続けるのは、kutataさんにお任せします。
親爺は多分、もうおだぶつしてるでしょう。その頃は。
2009/08/04(火) 19:51 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
EXCITERさん
こんばんは。吉田蔵はCPは高いですよね。
以前、手取川の冷やおろしを呑んだ事がありますが、そちらの方が上のような気もします。。
いい加減な記憶だけなのですが。。
2009/08/04(火) 19:53 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ご無沙汰しました!パソコン復活しました!!
吉田蔵、お初です。 「香りの高いタイプ」は好きですし純米大吟醸で3150円も興味がありますね~。
2009/08/04(火) 22:07 | URL | 呑太 #-[ 編集]
呑太さん
PC退院後、すぐにご訪問いただき、親爺も嬉しい限りです。
親爺も、さっそくそちらのブログへ飛んで行きます。
これからも、よろしくお願いします。
2009/08/04(火) 22:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
吉田蔵、美味そうですねえ。
まだ飲んだことがありませんが、
今度、ぜひ味わってみたいです。

親爺さんのブログは勉強になりますね。
これからもチョコチョコと寄らせてもらいます。

2009/08/05(水) 05:59 | URL | イワシ雲 #-[ 編集]
杜氏世界にもドラフトやFA宣言があったら、
今以上に面白いお酒が全国の蔵から
でるかもしれませんねw
2009/08/05(水) 15:22 | URL | riki #-[ 編集]
イワシ雲さま、コメント頂きありがとうございます。
いつも、イワシ雲さまの美味しそうなブログで楽しませていただいております。
お時間のある時に、チョコチョコとお立ち寄りください。お待ちしております。
2009/08/05(水) 18:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
riki様
ほー、面白い発想ですね。
遊穂の横道杜氏なんか、FAで引っぱって来たいな。
GMには、農口さんなら最強だろうな。
2009/08/05(水) 18:47 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/190-d2b490d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。