旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/03(木)
福岡県八女市にある酒蔵「株式会社 喜多屋」。自社所有の田圃で社員自らの手で米作りを行うお蔵さんです。(↓ この写真は まじめ酒屋のつぶやき からの転載です。)
 喜多屋
福岡県といえば、山田錦の生産量は兵庫県に次いで第二位の県であり、特に糸島地区は酒造好適米の産地として有名であることは、以前ご紹介しました。→ 栄田 山田錦

喜多屋さんも糸島産の山田錦も使用していますが、山田錦は背が高いため台風の多い九州では安定した収穫が難しいことや、他の県では山田錦以外の独自のお米を開発していること(例:山形県の出羽燦々など)から、喜多屋でも山田錦に負けない福岡独自のお米で日本酒を醸そうとしました。
そして、九州沖縄農業研究センターで開発された新品種「吟のさと」を、平成18年から自社水田で栽培し試験醸造をスタート。
今では、三井の寿 、繁桝、杜の蔵など五蔵が「吟のさと」で醸造するようになったとか。

 吟のさと

吟のさとは、その血統の3/4を山田錦から受け継ぎますので、粒も山田錦のように大粒、心白の発現・形状も良好でたんぱく質含有量も山田錦並み。それでいて、背丈は山田錦より25cmも低く倒伏しにくいのだとか。

喜多屋の「吟のさと」は、精米歩合48%の純吟の生原酒と生貯、55%の純米の生原酒と生貯 の4種類あるみたい。
今回親爺が呑んだのは、48%の純米吟醸 生原酒
喜多屋吟のさと 喜多屋吟のさと(裏ラベル)
福岡県八女地方は、古くから手漉き和紙の里。ラベルもいいじゃないですか。

香りはさほど立ちません。
しかし、大吟醸といってもよいほど磨かれているため、綺麗な吟醸香です。

雑味が少なく、甘味(・・・しいて言えばメロン系の甘味)だけがスーッと口中を覆います。
程よいコクといいますか、すこしポチャッとした感じがありますが、それを高精白の透明感で包み込むよう。

このポッチャリ感は55%の純米になると、少し重く感じるのかもしれない。
純吟と純米では、酵母の喜多屋酵母(自社酵母)と協会1801号との混合比率を変えているというから、あるいはまた、違った味わいを出しているのかもしれない。
いづれにせよ、このお酒は48%が絶妙のような気がする。。

やはりかつての酒処:福岡。このお酒も なかなかに旨い。
福岡国税局主催酒類鑑評会:第一位「大賞」、全国新酒鑑評会:「金賞」・・・納得。

酒米:吟のさと、これからレイホウなどに代わって、広がってゆきそうな気がします。


【喜多屋 純増吟醸 吟のさと 生原酒 20BY】
・原料米:福岡県八女産 吟のさと(100%)、精米歩合:48%、
・酵母:喜多屋酵母(自社酵母)と協会1801号との混合使用
・アルコール分:16度以上17度未満、日本酒度:+2、酸度:1.6、アミノ酸度:不明
・製造年月:平成21年6月

株式会社 喜多屋】 創業江戸文政年間(1818~1830)
・所在地:〒834-0031 福岡県八女市本町374番地 、TEL:0943-23-2154
・最寄駅:JR鹿児島本線羽犬塚駅(下車5~6kmくらい) ⇒ 株式会社 喜多屋 の地図
・代表者:木下 宏太郎(七代目)、杜氏:西尾 孝広
・蔵見学:営業日であればOK(要予約)。毎年春先に酒蔵開放のイベントあり。

【呑んだお店】 ⇒ 酒豪の集い 水月 MITSU. (寡黙なマスターの造る美味い店。呑み過ぎ注意。)


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
今日は先にポチしてきました。
喜多屋の記事でしたので。
何年か前には福岡によく行っていたもので、呑み屋では三井の寿呑んで、お土産には喜多屋と繁桝買ってくることが多かったです。
行っていたころは吟のさと使用の酒はなかったように記憶しております。
今行けば必ず購入してきますね。
2009/09/03(木) 22:40 | URL | 年三 #-[ 編集]
またまた知らないお米が。
ん?ただ憶えていないだけかも。
系譜を見る限りではかなりのサラブレッドですね。

相方と子供は今実家に帰っています。。ただ家から歩いて10分くらいなので毎日通ってます。。
2009/09/03(木) 23:09 | URL | cordis #-[ 編集]
福岡きましたねー。
それも知らないお米!勉強になります。
目を引いたのはこのラベルですね。
なんとも味わい深い。
きっと、お酒の味に通ずる物があるんでしょう。
こういう温かみのあるラベルは
それだけでも美味しく見えます。
2009/09/04(金) 00:00 | URL | riki #-[ 編集]
こんばんは~。

聞いたことがない酒米でしたが、系譜図があるとわかりやすいので助かります。
確かに見たところ山田錦が多く関わっておりますね。

味わいもキレイな甘味を感じさせるそうで、いかにも自分の好みのようです(笑

親爺殿はボクが知らない銘柄なのに、ボクが好みそうなお酒ばかり紹介するので尊敬いたします。
2009/09/04(金) 00:50 | URL | 知志 #raY.kV/U[ 編集]
「吟のさと」ですか、、いろいろでてきますね!!って言うか、系譜図の「山田錦」以外は全部知らないですよ。。
レポ見ると美味しそう、好きそうな感じです!! ポチッとね!!
2009/09/04(金) 10:06 | URL | 呑太 #-[ 編集]
私も酒呑親爺さんのブログに遊びに来るようになってから、
日本酒飲みたくなって、昨日スーパーで買ってきちゃいました!
すごい安いのですけど・・・
お酒の味、香りの表現の仕方ってカッコイイですよね!
酒呑親爺さんみたいにお酒の味がわかったら楽しいんでしょうね!
私も色々試してみます♪

ぜひ、山梨へ!春鶯囀は、うちから車で20分くらいですよ~。
古いお蔵を改築した、お店兼ギャラリーがあって、とてもステキです。
たぶん試飲もできました。
主人のいとこのお姉さん(社長婦人)は美人さんですよ♪余談?(笑)

2009/09/04(金) 15:25 | URL | トロ #-[ 編集]
「吟のさと」気に入っていただいてありがとうございます。
 申し遅れました。私、この酒米の開発者です。
http://konarc.naro.affrc.go.jp/padi/rice/

喜多屋さんに初めて試験醸造していただいてから、今年で4年目、使っていただける蔵も徐々に増えてきています。

まだまだマイナー銘柄ですが、喜多屋の社長も頑張って、お値打ちの価格設定をしていますので、ごひいきいただけるとありがたいです。私も今、家で吟のさと48%生貯蔵を楽しんでいます。

小生の個人ブログ「お米の品種を育てる日々」にて吟のさとの情報も提供中です。のぞいていただけるとありがたいです。
2009/09/04(金) 20:16 | URL | happy idiot #-[ 編集]
年三さん
福岡にそんな縁がございましたか。
それにしても、
>呑み屋では三井の寿呑んで、お土産には喜多屋と繁桝買ってくる
とは、親爺が今思うに、何とも羨ましい日本酒道です。
上に↑、吟のさとの開発者ご本人様のコメントがあるとおり・・・(汗 、このお米のお酒は、つい1・2年ですので、年三さんの福岡時代にはまだ無かったのでしょう。
いつも、応援いただきありがとうございます。
2009/09/04(金) 22:50 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
cordisさん
スープの冷めない距離 というやつですね。
cordisさんの呼称(呼ばれ方)に、変化はありましたか?(笑顔
今はまだそうでもないかもしれませんが、すぐに、嫁さんより子供の方が可愛くなります。(嫁さんに読まれたら大変だ!
2009/09/04(金) 22:53 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
rikiさん
そうでしょう!このラベル、親爺も目を惹かれました。
ちょっと調べたら、やっぱり手漉き和紙の名産地なんですね。
蔵元も地元のそういう名産も考慮に入れて、このラベルにしているのだと思います。
2009/09/04(金) 22:55 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
知志さん
尊敬なんて面映ゆいです。
親爺なんかより、知志さんの方がよっぽど日本酒に対して真摯です。
(なんたって、給料≒日本酒 ですから! (笑)  )
これからも、知志さんの楽しいレポで親爺も勉強させていただきます。
2009/09/04(金) 22:59 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
呑太さん
着々と頑張っていらっしゃいますね。陰ながら応援してます。
このお酒は、かなり、いい線いってました。
2年ほど前?から復活した短稈渡船のお酒を醸す蔵がポチポチありますが、親爺はまだを呑んだことがありません。
機会があれば、短稈渡船を呑んでみたいなと思っております。
いつも応援いただきありがとうございます。
2009/09/04(金) 23:03 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
トロさん、こんにちは。
トロさんというのは、てっきり旦那さんの方かと思っていましたが、奥様だったのですね。(汗・・
(それとも、ご夫婦でトロさん??東農大のご出身は旦那様ですよね??)
春鶯囀、最近はご無沙汰していただいておりませんが、よいお酒です。
スーパーなどでお酒を買わずに、美人の社長夫人に言って、春鶯囀をGETして呑んでみて下さい。
スーパーのお酒とは比べ物にならないですよ!(って、親爺が春鶯囀の宣伝してるみたい。笑
2009/09/04(金) 23:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
happy idiot様
やや!まさか吟のさとの生みの親からコメントを頂戴するとは!!赤面するしかない。(笑
専門家からするお、かなりいい加減なブログだと思いますが、お許しください。
でも、いろいろWEB調査するとレイホウなみの高い収穫性がポイントのように、素人ながら思いました。
やはり、最初は農家の方も収穫性(どれだけ、このお米で稼げるのか?)が大事なように思えましたので。。
ぜひ、これから親爺のいい加減なコメントにご教示いただけると助かります。
よろしくお願いします。
2009/09/04(金) 23:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
酒飲親爺様

私のブログの方にも、コメントありがとうございます。ご質問には後ほどお答えさせていただきます。ご指摘のとおり「吟のさと」は「山田錦」のような酒米の性質を持ちながら、栽培しやすく、収穫量も多いということが特長です。この特長を生かして、農家も栽培に取り組みやすく、蔵元さんには山田錦よりは低コストな原料米として使用してもらえないかということをねらっています。ひいては、おいしいお酒を、よりリーズナブルな価格で、消費者に届けることを視野に入れて開発したものです。
2009/09/05(土) 07:49 | URL | happy idiot #-[ 編集]
「吟のさと」また初めて知った酒米ですね。
福岡のお酒は呑んだ事がありませんし、かつての酒処というのも初めてしりました。
また一つ勉強になりましたね☆

話は変わりますが、T6火入れ買えましたか?
私は昨日カネセまで行って、無事購入してきました。
平日だったので高速を利用せず、約3時間かかりましたが、良かったです。
2009/09/05(土) 11:18 | URL | EXCITER #-[ 編集]
やはり福岡には宝の山があるようですね。
酒蔵は数で評価するのもではありませんが、数多くの蔵が生き残っているということは、それだけ努力されている蔵も多いのでしょう。
まだまだ知らない銘酒が隠れていそうです。
探検に行きたいですねえ。
2009/09/05(土) 13:55 | URL | のんべえ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/05(土) 14:07 | | #[ 編集]
happy idiot様
ご丁寧にありがとうございます。
質問のご回答は、そちら様のブログに記述頂けましたら、親爺が見に行きますので。
無理せずに、お時間のある時で結構ですよ。
2009/09/05(土) 18:32 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
EXCITERさん
痛いところ、突かないで下さい。(悲
仕事のため(それでも急いで早く帰ってきたのですが)、間に合いませんでした。
WEB見たら、速攻、「在庫なし」の文字が目に飛び込んできました。(トホホ・・・
それにしても、一般道だけで3時間(往復ですよね?まさか片道なんてことは?)も掛けて頑張ったかいがありましたね。
その情熱に敬意を表します。羨ましいです。
2009/09/05(土) 18:36 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
のんべえさん
福岡は、結構ありますよ。たいしたもんです。
(それにしても、恐ろしい話もありますね。)
いつも情報、コメントありがとうございます。
2009/09/05(土) 18:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
今晩は。
私のブログにコメントいただき有り難うございます。
はい、ご指摘の通り短いスポット放送なので、5回程流して貰えます。
ご紹介する銘柄に悩みましたが、自分が日本酒に入るきっかけのお酒にしました。
ところで、親爺殿、私のブログとリンクをお願いできますか?
ポチ×2。
2009/09/05(土) 20:03 | URL | 神と亀 #-[ 編集]
系統図がまるで面白いです。
山田錦が二つ入ってるんですね。
競馬ならインブリードがなんとか…みたいな。

ポッチャリ感という表現に惹かれます。
2009/09/05(土) 22:59 | URL | RS #UwJ9cKX2[ 編集]
福岡県には清酒の蔵元(焼酎との兼業も含む)が50社くらいあったと思います。昔はもっとあったらしいのですが・・・

喜多屋さんと一緒に「吟のさと」の製品に取り組んでくださっている「三井の寿」「繁枡」などは以前から定評のある蔵と思います。

それと、福岡県は兵庫に次ぐ全国2位の「山田錦」の産地です。
地元農協と県酒造組合が協力して、ここまでの産地に育て上げています。

ただ、全国的に見ると福岡の酒の知名度はまだまだで、地元のデパートでも北陸などのお酒のかげで小さくなってたりします。

熱心な蔵も多いので、良ければ試してみてあげてください。
「吟のさと」製品の情報は私のブログでも記事にしています。
2009/09/06(日) 07:46 | URL | happy idiot #-[ 編集]
神と亀さま

> ご紹介する銘柄に悩みましたが、自分が日本酒に入るきっかけのお酒にしました。
すると、やはり神亀でしょうか?まだ、そちらのお店におじゃましたことないので、楽しみに拝見させていただきます。
リンクはご自由に貼っていただいて結構ですよ。というか、リンクしていただけることに感謝です。
2009/09/06(日) 08:51 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
happy idiotさま
「三井の寿」「繁枡」も、一応、呑ませていただいております。どちらも良いお酒でした。
糸島地区が酒造好適米の有名産地で、福岡県が第二位の山田錦産地だというのは、つい先日知り及んだところです。
そしてそこに実際に関われてご努力されているご本人のhappy idiotさまからコメントいただけるようになるとは。。勉強した甲斐が(ただお酒を呑んでただけですが)あったというものです。(笑
早速、質問にお答えいただきありがとうございました。

2009/09/06(日) 08:57 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RSさま

競馬の血統風に言えば、「山田錦の3×2」ですね。
ここまで強烈なインブリードでは、競馬ではまず走らない馬でしょう。
「山田錦の4×3」なら黄金のインブリード比で走りそうですが。
ダビスタを思い出してしまいました。(笑
2009/09/06(日) 09:02 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/06(日) 20:35 | | #[ 編集]
度々失礼します。
ご質問のご返事を忘れていました。
「うぶすな」はおっしゃる通り産土神社のことです。我が家の昔からの屋号で、「生まれて育った場所」という意味もあることから、家庭懐石料理のお店の名前にいいんじゃないかということで、使っているのです。
酒呑親爺さんはお酒の専門家と勝手に思い込んでいますが、もしや違っていますか?
2009/09/06(日) 20:51 | URL | ubusuna #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/204-7dc4dd95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。