旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/15(火)
四国の屋根・石鎚連峰。石鎚山(天狗岳1982m)は白山以西の西日本最高峰だとか。
                       (↓ この写真は、西条市観光情報HP からの転載です。↓)
yama524.jpg

その石鎚山の懐(ふところ)に抱かれるように位置する、愛媛県西条市の「石鎚酒造」。
角度を変えて見ると分かりやすい。(画面左が北:瀬戸内海です) Google Earth凄いな。石鎚連峰と石鎚酒造株式会社

酒造業の開業は大正9年(1920年)と新しく三代目ですが、元々は新居浜で14代続く庄屋さん。廻船問屋も営まれてたとか。なので、お蔵(住まい)も由緒ありげなお屋敷です。
石鎚酒造 ← こちらは地酒.comさんからの転載です。

西条は水の都、湧水の地。
「打ち抜き」といって、地中にパイプを打ち込むとどこからでも良質な水が湧き出るそうな。
そのため水道の8割が無料とか。
石鎚酒造の仕込水も、井戸からくみ上げる石鎚山の伏流水(硬度100ほどの中硬水)

醸すのはこのファミリー4人組。↓ 『dancyu 2009年3月号』より。↓
dancyu200903-1.jpg dancyu200903.jpg
(左)父が蒸米、(奥)兄が酒母ともろみ、(右)兄嫁が酵母培養と分析、そして(手前)弟が実質的な造りの責任者で原材料処理と麹の担当。

茨城の武勇で蔵人をしていた弟を呼び戻し、平成11年から杜氏と蔵人(雇い人)のいない家族だけの造りにしたそうです。
1971年生まれの兄と兄嫁は東農大醸造学科の同学年、3つ下の弟も東農大醸造学科。

そして、この兄弟はかなりの利き舌の持ち主。
平成14年愛媛県きき酒競技会では、(兄)1位・(弟)2位と兄弟でワン・ツーフィニッシュ。
兄は、第25回全日本きき酒選手権で堂々の2位。。凄いな。

そんなファミリーの石鎚で、今回親爺が呑んだのは、「石鎚 純米吟醸 袋吊りしずく酒」。
石鎚純米吟醸袋吊り肩ラベル
緑ラベルの石鎚は通常はグリーンボトルですが、袋吊りしずく酒だけは茶瓶になります。
その昔、この地方の高級清酒の代名詞と言われた代表銘柄の「黒松」にちなみ、現在の石鎚の胴ラベルにも松の図柄が用いられてます。
新酒では出荷をせずに斗瓶で囲い、蔵で熟成した後に出荷される限定品です。

香りは・・・、フルーツ系ではなく花の匂いのような、そんな穏やかな香りです。
程よい旨みと抑えめの酸の調和が素晴らしい。
雑味もなくとても綺麗に仕上がっており、落ち着いた味わいです。

そんなに突出しないゆったりとした甘さもあり、日本酒度+6とは思えません。
あえて言えば、終盤のきりっとしたキレが辛口なのか?

そのキレが、もう一度旨みを引き立て、自然と嚥下して・・・、
余韻も清涼で口中が癒されるよう。ゆったりと穏やかに。。

盃だけでなく肴もすすむし、食中酒としてはなかなか良いお酒。

石鎚純米吟醸袋吊り 石鎚純米吟醸袋吊り裏ラベル
価格がちょっと高いかなぁ。同じ値段のお酒(くどきの雄町44とか)と比べちゃうよね。

【石鎚 純米吟醸 緑ラベル 袋吊りしずく酒 斗瓶取り 20BY】
・原料米&精米歩合:(麹)兵庫県産特等山田錦50% (掛)愛媛県産松山三井60%
・酵母:自家培養酵母 KA-1
・アルコール分:16~17%、日本酒度:+6.0、酸度:1.5、アミノ酸度:
・製造年月:平成21年9月
・価格:3,570円(税込)/1.8L

石鎚酒造株式会社】 創業大正9年(1920年)
・所在地:〒793-0073 愛媛県西条市氷見丙402-3 、TEL:0897-57-8000
・最寄駅:JR予讃線伊予氷見駅(下車 約1kmくらい) → 石鎚酒造の地図
・代表者:越智 英明(三代目)、杜氏制を廃して父、長男、嫁、次男の家族四人で酒造り
・蔵見学:?

【購入したお店】 ⇒ つちたつ酒店


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
スペックから値段を考えると微妙かもしれませんが、
袋吊りしずく酒って聞くと変に納得してしまう自分が嫌です(笑)

それにしても利き酒のワンツーは凄いですね。
ぽちっとな
2009/09/15(火) 21:43 | URL | cordis #-[ 編集]
cordisさん
そうなんですよ。cordisさんのおかげで、「雄町44」がブームのようで。。。
雄町44とこの石鎚が同じ値段なのですよ。。つい、比べてしまいます。
(まだ、雄町44呑んでませんが。)
2009/09/15(火) 22:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんばんは

いつかは石鎚と考えていましたが・・・

杯だけでなく肴もすすむところに惹かれててしまいました。

石鎚売ってる酒屋探してみよう。

ポチ、ポチ
2009/09/15(火) 22:41 | URL | 年三 #-[ 編集]
年三さん
石鎚は、伯楽星と並んで食中酒としては素晴らしいと思います。
反面、お酒だけで呑むような、くどき上手の大吟とか而今のフルーティーさは、ないです。
でも、味わって呑めるお酒です。
2009/09/15(火) 23:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
「北前船と日本酒」シリーズで使わせていただこうと思っていましたが、先を越されてしまいました(笑)。

価格は確かに少し高めですよね。
松山三井は石鎚ではよく使われてますけど、酒造好適米ではないんで、あまり高くはないお米だと思いますから・・・袋釣りコストですかね。
石鎚はいい食中酒ですから、純米酒あたりを気楽にグイッとやるのも良いのかも知れませんね。

ちなみに利き酒能力一番は本当は義姉さんだと弟さんがいってました。
まあ、凄い家族です。
2009/09/16(水) 02:47 | URL | のんべえ #-[ 編集]
山の写真をみて、以前愛媛にいった時に
食べた美味しい食事を思い出しました。

兄弟そろって東大とは。
四国のケネディー家ですね。
2009/09/16(水) 04:25 | URL | riki #-[ 編集]
おはようございます~。

グーグルアース凄いですよね、一番初めに自分の家を探してしまいました(笑

それは置いといて、純吟としてはちょっとお高いですけど袋吊りなら結構普通ではないでしょうか?
まぁ、ボクはどうしても「しずく」とか「袋吊り」って文字には弱いですけど・・・。

そういえば前コメントで而今情報ありがとうございました、丁度給料日と重なりそうで嬉しいです(笑

ぽち~ん♪
2009/09/16(水) 06:55 | URL | 知志 #raY.kV/U[ 編集]
酒呑親父さんのお酒の飲んだ感じの表現が凄いですね!
私は飲んだくれている割には・・・まだまだ表現ができません(笑)

ブログを拝見して而今に興味津々♪(フルーティーな香りに興味が)
而今を取り扱っている酒屋さんが、家からそんなに遠くはないと思いますので
是非一度行ってみたいと思います。

良い情報ありがとうございます♪
2009/09/16(水) 10:19 | URL | neene #-[ 編集]
こんにちは~
「石鎚」前から呑んでみたいと思っていました!!
もう少しお手頃なスペックを呑んでみたいと思います。
でも年内は無理かも・・・
2009/09/16(水) 12:12 | URL | EXCITER #-[ 編集]
のんべえさん
分析や酵母培養は役割で、しかも分析用にクロマトグラフィーまで所有しているようですから、義姉さんが一番かもしれませんね。
って、まさか石鎚も蔵訪問されたことがある?それともどこかの酒の会でインタビュー済み?
2009/09/16(水) 18:04 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
rikiさん
お父さんは、(たしか)法政大学だったような気がします。
東農大は、蔵元のご子息は優先的に(無試験で?)入学できるような話を聞いたことがあります(本当かどうかは知りません)が、若い蔵元の多くが東農大のご出身なので、親爺は東農大に感謝しております。
2009/09/16(水) 18:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
グーグルアース凄いですよね、ほんと。
親爺も、ストリートビューができた時は、真っ先に自分の家を探しました。
そしたら、駐車場に親爺号(親爺のポンコツ愛車)がしっかり写ってました。(なぜか喜び
2009/09/16(水) 18:10 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
neene様
コメントありがとうございます。
お名前は何とお読み(発音)するのでしょうか?
また、時々遊びに来て下さい。お待ちしております。
2009/09/16(水) 18:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
EXCITERさん
ひょっとして、もう年内呑む分は買いだめして在庫しているということですか??
そういえば、八仙も山間もまだブログアップされてませんね。。
2009/09/16(水) 18:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんばんは。
今日何気なく職場のカレンダーを見たら、紅葉の石鎚山の写真でした。

きれいな山ですねぇ。
石鎚、以前どこぞの居酒屋で飲みましたが、味は忘れています。
この間も鮨屋で見かけたのですが、本醸造だったのでやめました・・・。
2009/09/16(水) 20:44 | URL | ばるべにー #t50BOgd.[ 編集]
ばるべにーさん
ご縁がありますね。紅葉山の石鎚とは。。
たぶん、本醸造でも良い造りの美味しいお酒だった思います。
それにしても、ばるべにーさんところのアクセス数、最近すごいなー。
2009/09/16(水) 22:32 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
屋久島の宮之浦岳より微妙に高いんですよね。宮之浦岳の方が、見た目には高く見えますが。
2009/09/16(水) 22:41 | URL | かわせみ #-[ 編集]
こんばんは~

私も、石鎚が一番好きと言っている知り合いに影響されて、先日この酒の緑瓶の通常バージョンを買ったばかりです。
……袋吊り羨ましいなぁ(笑)

酒蔵の背景とかは何も知らなかったので勉強になります!
ぽち~ん♪
2009/09/17(木) 00:55 | URL | kutata #-[ 編集]
昨年7月に行ってきました。
稚ブログの12月31日(なんと昨年最後!)にレポートしてます。
お姉さんのデータ部屋の写真もあります。
根性で押し掛け見学してきました(笑)。
是非、ご覧ください。
2009/09/17(木) 01:00 | URL | のんべえ #-[ 編集]
名前の呼びかたは「ねえね」です
友人達の中で姉さん的年齢だったので
姉→おねえ→ねえね となりました(笑)

今後ともちょくちょく酒呑親爺さんのブログ見させてもらいます♪
ポチ・ポチも忘れずにしていきます
2009/09/17(木) 09:33 | URL | neene #-[ 編集]
かわせみさん、すみません。
屋久島の宮之浦岳、知らないのでコメントできません。。
2009/09/17(木) 19:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
kutataさん
すると、もうじきkutataんの石鎚レポが拝見できるわけですね。
楽しみにしておりますよ。ぽち~ん もありがとうございます。
2009/09/17(木) 19:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
のんべえさん
早速、根性のおしかけ(笑)を拝見させていただきました!
弟さんが迎えに来てくれたのですね。今も、怒涛の更新に一生懸命ついて行ってますよ。
2009/09/17(木) 19:47 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
neene(ねえね)さん、ですか。
うちも末娘が小さい頃は、長女のことを「ねえね」と呼んでたなぁ。懐かしい。
親爺も見に行きますよ。これからもよろしくお願い致します。
ポチポチ もありがとうございます。
2009/09/17(木) 19:49 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ファミリー4人組の写真楽しく仕事してそうでいいですね。。いい酒も出来そうです!! ポチッとね!!
2009/09/17(木) 20:03 | URL | 呑太 #-[ 編集]
呑太さん
お帰りなさい!(もう家に戻った?)
富士の写真、楽しみにしております。
2009/09/17(木) 23:40 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/208-f235729a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。