旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/22(火)
日本名門酒会なる組織(1975年発足)がある。
蔵元(約120社)・地方卸問屋(約20社)・酒販店(約1800社)が加盟のボランタリー組織。「良い酒を 佳い人に」をスローガンに消費者への啓蒙を含めた様々な活動をしている。

立春朝搾り」も、日本名門酒会の企画のひとつ。
旧暦(二十四節気)では節分までが前年で、立春をもって新年となります。(鬼を払い福を呼び込んで、めでたく新年を迎えるために、節分に豆まきをするんですね。) 新年の祝い酒よろしく、立春の早朝に蔵で搾ったばかりの生原酒を、その日のうちに消費者に届けようという企画。
おまけに早朝搾ったお酒は、全て、めでたきように蔵の近隣の神社のお祓いつきです。
今年は全国各地の39蔵がこの企画に参加されました。

その立春朝搾りを半年寝かせて熟成したのが、「立春朝搾り ひやおろし」。
長良川純米吟醸ひやおろし(胴ラベル)
まずは、今年初参加の岐阜県小町酒造長良川 純米吟醸(立春朝搾り) ひやおろし」。

鵜飼で有名な清流・長良川の中流にあり、もちろん仕込水は長良川の伏流水
昭和62年に蔵内にシンセサイザーで自然音楽を 終日流す「静音発酵仕込み」を導入。 醪の状態が良くふくらみのある味に仕上がるそうで、その効果が注目されマスコミなどにも取り上げられてます。
小町酒造 この写真はレポドラ日記からの転載です。
この土塀や酒蔵は、2008年5月に国の有形文化財に指定されたとか。

呑んでみる・・・。
香りはほのかに、蜜のような甘い匂いが感じられます。
酸っぱさを薄めてまろやかにした、レモンはちみつのよう。

ひやおろしらしい滑らかな口当たり、香りの印象とは違い控えめの甘味で落着いた風味。
冷やして呑んだせいか?味のふくらみも控えめでやや平板的。
50%精米ですが、後半に渋・辛と複雑な味が顔をのぞかせます。

立春朝搾りは、搾ったその日に呑めるのですから、きっと新鮮そのものだったでしょう。
そっちを冷やで呑んでみたい。

こっちは燗で呑んでみたい。そういう季節なのか?いや、多分皆そう思うんじゃないかな。
お燗して、腰を据えてじっくりと呑んでみたい。そんな気になるお酒です。

長良川純米吟醸ひやおろし

【長良川 純米吟醸(立春朝搾り) ひやおろし 20BY】
・原料米:岡山県産山田錦100%、精米歩合:50%、酵母:?
・アルコール分:17以上18度未満、日本酒度:?、酸度:?、アミノ酸度:?
・製造年月:平成21年9月
・価格:1,575円(税込)/720ml

小町酒造株式会社】 創業明治27年(1904年)
・所在地:〒504-0851 岐阜県各務原市蘇原伊吹町2-15 、TEL:058-382-0077
・最寄駅:名鉄各務原線六軒駅(下車 3kmほど) → 小町酒造の地図
・代表者:金武 和彦(四代目) 、 杜氏:金武 直文(五代目蔵元杜氏)
・蔵見学:なし。

【購入したお店】 ⇒ ルナ◇テーブル島本屋ネット店


ブログランキングに参加しています。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援のほどお願いいたします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
日本名門酒会は知っていたんですが
こういう企画があったのはしりませんでした!

そうそう日本名門酒会でおもいだしましたが、
最高顧問の飯田氏の兄弟はみんなすごいですよね。
次男が居酒屋の「天狗」
三男がスーパーの「オーケー」
四男が警備の「アコム」
兄弟全員創設者。それもすべて成功。
どんな兄弟だよ!って(笑)
あ、話それちゃいましたね。
ごめんなさい。

ポチッとな
これからも見たらポチっと押しますねー。
2009/09/22(火) 05:47 | URL | riki #-[ 編集]
rikiさん
「セコム」の飯田亮 氏ですね。飯田亮 氏は五男のようですね。

他の兄弟が、みな家業の延長というか拡大を図った起業だったのに比べ、末っ子は、日本になかったビジネスを確立した点で一番すごいですね。プロジェクトXの番組にもなるくらいですから。(笑
2009/09/22(火) 07:56 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
おはようございます~。

立春朝搾り、名前だけで何だか新鮮さを連想させます。
今回はそのひやおろしだそうですが、熟成を経てお燗が合いそうなお酒に変貌したようですね。

それにしても音楽をかけることで味わいに変化があるとは・・・どのような効果が醪に起こっているんでしょう?
音楽の周波数が影響してくるのでしょうか、不思議です^^;
2009/09/22(火) 10:03 | URL | 知志 #raY.kV/U[ 編集]
黒糖焼酎の”れんと”が音響熟成させて話題になったことはありましたが、日本酒でもあったんですねえ。

ラベルデザインも暦風で、お神酒の雰囲気がよく出てますね。

あっ!いつもは書いてませんが、チャンとポチしてまーす。
2009/09/22(火) 11:55 | URL | のんべえ #-[ 編集]
知志さん
ハウス栽培で野菜に音楽を聞かせるのをTV&雑誌で見たことがあります。確か、モーツァルトが一番良いとか。。
胎教からヒントを得てるのでしょうけど、親爺的には効果は??です。
むしろ働いている方々に効いてるのでは。(笑
2009/09/22(火) 13:03 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
のんべえさん
いつもお世話になります。
音響熟成というのですか。黒糖焼酎のれんと。。
勉強させていただきました。
毎度のぽち、ありがございます。 <(_ _*)> アリガトォゴザイマス
2009/09/22(火) 13:06 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
音響熟成、、田苑酒造も古くからやってたような。。

このお酒も美味しそうですね!!データ好評、いいのか悪いのかデータどうりの味がするとも限りませんけどね。 ポチッとね!!
2009/09/22(火) 13:47 | URL | 呑太 #-[ 編集]
コメントありがとうございました☆
知識があまりなくて申し訳ないのですが、
初搾りと呼ばれるお正月前後に出回るものは結構好きで、
こちらのラベルにも見覚えが…。
熟成させて燗なんてどんなお味か興味津々です。
わたしもポチ…。
2009/09/22(火) 14:48 | URL | はちこ。。 #-[ 編集]
呑太さん
田苑酒造も知らなかったのですが、こちらも焼酎のお蔵さんですね。
焼酎では、音響熟成は結構導入されてる??
富士山の凄い写真、拝見してますよー。
2009/09/22(火) 18:05 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
はちこ。。様
こちらこそ、コメント頂きありがとうございます。
(こむずかしい料理ではなく)手軽にできる(これなら、嫁さんにリクエストできそうな)美味しい酒肴のレシピ、楽しみにしてます。
これからも時々遊びに来て下さい。よろしくお願いします。
2009/09/22(火) 18:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このラベルなんか運勢占い(?)の本の表紙みたい。。

お酒に音楽って効果あるんですかね?
泡盛の熟成蔵でも音楽流していましたが、いまいち効果がわからないです。
ぽちっとな~
2009/09/22(火) 20:57 | URL | cordis #-[ 編集]
実はですね・・・
私も立春朝搾りストックしてるんですよ!!
親爺さんの記事みてビックリしました。
私のストックしている銘柄は地元の「榮川」ですが、発売日に2本購入していて、1本冷蔵庫で寝かせていました。
いつ呑むか迷っていましたが、この時期だと丁度良いのかな!?
「榮川」はこの立春朝搾りしか購入しませんが、なかなか旨く楽しみにしているお酒なんですよね~!!
ポチッと☆
2009/09/23(水) 05:26 | URL | EXCITER #-[ 編集]
cordisさん
こんにちは。赤ちゃん、大きくなりました?
お酒に対する効果よりも、蔵人に対する癒し効果の方が大きいような?気もします。
泡盛の熟成蔵ですか。。10年も音楽聞かされ続けたクースーなんて、逆に音楽嫌いの泡盛になってるかも。。
2009/09/23(水) 07:57 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
EXCITERさん
のみすけの考えることは老若を問わず、似たようなもののようで。。(笑
でも、2本買って1本は寝かせるところあたりは、EXCITERさんの方が上手(うわて)だ!
栄川じたい、呑んだことないのでブログアップを楽しみにしております。
ぽち、ありがとうございます。お礼申し上げます。
2009/09/23(水) 08:14 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんばんは

発酵過程で音楽を聞かせるのは近くの千野さんのとこでも行ってみたいです。

立春ではありませんが、
須坂の遠藤酒造所の朝しぼりがなかなかで、搾りたてのピチピチ感が良いです。

私ごとでスミマセン。

ポチしてきます・・・
2009/09/23(水) 22:40 | URL | 年三 #-[ 編集]
年三さん
千野さんも遠藤さんも、親爺はまだ縁がございません。
年三さんの守備範囲の広さには、まだまだかないませんね。
毎度ポチありがとうございます。
2009/09/24(木) 20:35 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/213-007b7c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。