旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/31(土)
水は中央アルプスの伏流水、米は全量地元産美山錦、ほぼ全量(95%以上)地元販売。
「地産地消」「酒造りはまちづくり」を理念とする信州駒ヶ根の「酒造㈱長生社」。
komagatake.jpg
創業は記録で遡れるところでは明治16年だがもう少し古いかも。会社設立は大正9年。
杜氏を務める次期蔵元(現専務)で5代目です。

珍しいことに、杜氏を雇わずに初代蔵元(社長)が自ら杜氏として酒造業を開始。会社設立時には賀茂鶴酒造の指導を受け、その5号蔵を参考に建てた仕込蔵が現在も残る。
銘柄も加茂の一文字をもらって「信濃鶴」。信濃鶴

跡取り息子(現在の専務取締役杜氏)が家業に入り、蔵の生き残りをかけて本物の日本酒=純米酒を強く志向。10年以上の努力の結果、平成14年に全量純米蔵を宣言。しかも全量長期低温発酵の吟醸造りです。
ラインナップは、精米60%の純米、55%の特別純米、39%の純米大吟醸の3種のみ。
今回、親爺が呑むのは「信濃鶴 特別純米」です。
信濃鶴 ラベル
素晴らしい吟醸香。香り高いです。
含むと、特純でイメージするようなコクのあるタイプではありません。
口当たりはサラリとして透明感も高く、とても綺麗な・・・純米吟醸のイメージです。

この蔵、凄い設備です。
大手蔵にしかないような五段式の製麹機を長野県で初めて導入したり、タンクは全て温度制御可能なサーマルタンク。
巨大な冷蔵室(部屋)があり、搾りのヤブタが冷蔵室の中に設置されているのですから。
(↑この辺については、旨酒探究!【加桝屋】店長ブログに写真入りで詳しいです。)

さすがの綺麗さです。
ただ開栓初日は、綺麗すぎるあまり(?)平坦的な感じでやや物足りません。
2日ほど経つと、さらりとした甘みが膨らみを持ち始め、ぐっと良くなります。
透明感の高さは変わらないので、くどさが出ることなく、きめ細やかな味。
ふっと消えてしまうようなキレのため、余韻はあまり楽しめませんが。

しかし、コストパフォーマンスは高いですね。
この価格で設備投資を回収できるのでしょうか?と余計な心配をしたくなるほどです。

生産石数600石。
長野県飯島町の美山錦3000俵~4000俵のうち、1000俵が長生社で醸されるという。
地域に根付いた純米酒。応援したいです。

      信濃鶴特別純米20BY

【信濃鶴 特別純米 20BY】
・原料米:長野県産美山錦(らしい)、精米歩合:55%、酵母:アルプス酵母(らしい)
・アルコール分:15~16%(らしい)、日本酒度:+2(らしい)、酸度&アミノ酸度:不明
・製造年月:平成21年08月
・価格:2,250円(税込)/1.8L

【酒造株式会社 長生社】 会社創業大正9年(1920年)
・所在地:〒399-4105 長野県駒ケ根市赤須東10-31、TEL:0265-83-4136
・最寄駅:JR飯田線駒ヶ根駅(下車徒歩5分ほど) ⇒ 長生社の地図
・代表者:北原 久爾、杜氏:北原 岳志(専務取締役杜氏)
・蔵見学:現在NG。⇒ 専務取締役杜氏の純米ブログ

【購入したお店】 ⇒ 地酒&ワイン 加桝屋


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
これは長野県のお酒ですね。
なのに未飲です。
縁がないというか、信濃鶴買いに行くと困ったことになぜか無い事が多いです。
純米も旨いと聞いております。
また生坂屋に行った時に最優先で購入しようと思ってます。
2009/10/31(土) 13:37 | URL | 年三 #-[ 編集]
いつも詳しい説明
すごいです♪
それにしても、
信濃鶴は、コスパ高いですよね♪
酵母はアルプス酵母のようです♪
買った酒屋さんが言ってました♪
2009/10/31(土) 14:28 | URL | sakezukibito #-[ 編集]
年三さん

こんにちは、年三さんの許可も無く長野のお酒をいただきました。
コストパフォーマンスは高いです。特純なのに純吟のようでした。

まだ呑んだことのない純米の方が、親爺向きのような気もします。
2009/10/31(土) 17:28 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
sakezukibitoさん

こんちには。
sakesukibitoさんのコメント再読して、参考にさせていただきましたよ。
(というよりも、貴殿のブログがきっかけで信濃鶴を買ったようなものです。。)
CPは、かなり高いです。
純米も呑んでみたいと思わせるデキでした。
2009/10/31(土) 17:30 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
栓を開けてしばらくすると熟成されるって面白いですね!
どうゆう作用なんだろう?気になります。
ビールでも、ベルギーのなんかは瓶内で二次発酵したり熟成させて飲む(今度やってみたいです)っていうのもあります!

>ワインに詳しいんですか!
いやぁ、詳しくないです。醸造年やタンクやらの違いで同一銘柄でも味が変わるっていうのがワインと同じなんだなぁと感じたので!
2009/10/31(土) 18:27 | URL | 夜中の202号室 #-[ 編集]
信濃鶴はコスパが注目されがちですが、
地元に根付いているからこその価格なんでしょうね。

特純もよかったようですが、純米の無濾過生原酒もなかなかでした。
而今の三重酵母に通じるものがありましたよ。

「しぼりたて生」「無濾過生原酒」ともに冬に何度か出るようです。

2009/10/31(土) 20:30 | URL | ぽんちゅう #h9wdgMjs[ 編集]
 湖龍 と申します。

 出てきましたね、鶴。
最近はあの一帯は取材できていないんで、ちょっとさみしい限りです。
鶴、うまさの割に安いんだー、これ。(マジ)

・・・あの近所の飲み屋さんで聞くと、
   鶴は安すぎとかストーンヘッド専務とか、応援話が聴けますよ。


2009/10/31(土) 20:31 | URL | こりゅう #0EBLnngg[ 編集]
これもおいしそーなお酒ですんね。しかもコストパフォーマンス抜群なんて、お財布にも優しすぎですね。
無濾過生原酒もおいしいと聞いたことがあるのでそのうちチャレンジしたいと思います。
2009/10/31(土) 20:57 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
夜中の202号室さん

ワインと同じで、空気に触れることによる酸化作用なのでしょう。(こういう言い方だと劣化だけのような表現ですが、これがいい方向に出るのではないかと。。)多分。。
その過程で、ワインなんかは目覚めるというような言い方をしますし。
2009/10/31(土) 21:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ぽんちゅうさん

こんにちは。
確かに、無濾過生の評判はかなり高いものがありますねー。
しぼりたて生は、知りませんでした。
いつも、勉強になります。ありがとうございます。

2009/10/31(土) 21:35 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
湖龍さん

こんにちは。
湖龍さんは、信濃鶴のTシャツを着てたくらいですから、ファンなのですよね。
(はたまた、鶴チューとなにか繋がりでも??)
岳志さんは、ストーンヘッド(石頭?)なのですか!なんだか笑えます。
2009/10/31(土) 21:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん

こんばんは。
間違いなくお財布には優しいです。
小さいお蔵&地元密着なので、酒販店が少なく入手は結構難しいのかも?しれませんが、たとえ好みの味でなくても、あきらめが付きやすい価格です。(笑
2009/10/31(土) 21:46 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
年末から年明けに出てくる「しぼりたて」の生酒もぜひご賞味下さい!
もしかすると今年は一升瓶で出てくるかも?
(「しぼりたて」ではない生酒は今年も出ましたが・・・)

やはりこの酒、生や一度火がより旨いと思いますよ。

親爺様がお呑みになったものは
たぶん二度火入れ酒だと思いますが、レギュラーの特純&純米でも表示はなくとも
「新酒に切り替わった直後の2~4月頃の商品は、1回火入れの可能性が高いです。」
と蔵元さんから聞いたことがあります。

コストパフォーマンスの良さは地酒界でも屈指ですよね!

2009/10/31(土) 22:33 | URL | 吟醸党 #-[ 編集]
吟醸党さん

親爺の呑んだのは二度火入れのものです。
年末・年始に出てくる「しぼりたて生」、inputしました。GETしたいと思います。

先日の袋吊りですが、番頭さんのブログが月曜日の午前中に発行され、
会社が終わったら速攻で買いに行こうと思っていたら、夕方には売り切れのブログが出まして。。
結局、GETできませんでした。
(番頭ブログだと、ブログ公表前の週末に店頭販売されていたようですね。)
2009/11/01(日) 07:21 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
長野へは先月も行ったばかりなので
次回は絶対探そうと思います(*´∇`*)

開栓して二日…待てる自信はあまりないのですが(笑)、
せっかく手に入ったあかつきには
その違いを何としても試さなければ!
そして親爺さんはやっぱり手先が器用だったと知り、
わたしは人並みではある…と安心しました(笑)
2009/11/01(日) 10:54 | URL | はちこ。。 #-[ 編集]
はちこ。。さん

べつに待たなくても良いのです。
一升瓶で買って、毎日2合くらいずつ呑んでゆけば良いだけです。(笑
手先の器用さについては、あくまでも自称ですので・・・。ご注意ください。(再笑
2009/11/01(日) 14:14 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
いつもながら蔵元さんの説明、参考になります!
背景が分かって呑む酒は、より楽しめますね~。
私は昨夜、呑みすぎでまだぐったりしてます…
2009/11/01(日) 15:27 | URL | dians #gJtHMeAM[ 編集]
空気に触れると味が変わって良くなるなら

もしかして・・・日本酒もワインの様にデキャンタに
入れかえて飲んだら(お酒によっては)
美味しくなったりするのでしょうか(^ω^)?
2009/11/01(日) 17:58 | URL | neene #-[ 編集]
diansさん

そうか、昨日はお酒の会でしたね。
翌日もぐったりするほど呑めるのは、まだお若い証拠で、親爺には羨ましいことです。。
親爺も、翌日のことを考えずに思いっきり呑めたらどんなに嬉しいか。
2009/11/01(日) 21:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
さすが、neeneさんですね。

ワインのデキャンタージュをもじって、日本酒にはお燗タージュというものがあります。
燗酒に空気を含ませることで、お酒を軽やかでまろやかな味わいに変える魔法のお燗です。

以前、親爺のブログで紹介させていただきました。
下記のビデオの、ビデオスタート1分後~2分30秒後くらいまでをご覧になって下さい。
面白いですよー。
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/blog-entry-184.html
2009/11/01(日) 21:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
酒呑親爺殿はお酒の知識が豊富ですね!
う~ん、さすが( ^ω^ )!

お燗タージュと言う言葉を初めて知りました!

ビデオを見させて頂きましたが
まずお酒が解らないと出来ないですね(笑)
また映っているお店の雰囲気もいいですね~♪
行ってみたくなりました

教えていただいきありがとうございます♪
2009/11/02(月) 11:25 | URL | neene #-[ 編集]
neeneさんは、八王子でしたっけ?
阿佐ヶ谷の善知鳥さん、結構近いですね。
親爺もまだ、入った事無いですが、日本酒ファンにとっては聖地のようなお店です。
機会があれば、チャレンジしてみて下さい。
2009/11/02(月) 22:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんばんは~。
ご無沙汰しております。

長野のお酒は大信州しか呑んだことがなく、この信濃鶴は未体験です。
全量純米宣言なんて、自分のお隣の県(府)、京都の玉乃光酒造のようですね~!

しかし、それに留まらず酒質の向上に繋がるならば、製麹機やサーマルタンクなどの設備導入を惜しまない、こういう蔵は総じていい蔵です。

ぽち~ん♪
2009/11/02(月) 22:28 | URL | 知志 #raY.kV/U[ 編集]
いろいろ大変で、お忙しかったようですね。
それも一段落されて、まずは良かったです。
ぜひ、ゆっくりと美味しいお酒を味わって、楽しいレポ書いて下さい。
2009/11/03(火) 10:04 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
またまた、よさげなお酒を見つけられましたね。
レポートで大変よくイメージ出来ました。

価格も大変リーズナブル。
地元だけで600石という量も大したものですね。
地元密着で問屋などのマージンとは無縁な商売をされているので、この価格が成り立つのでしょうかね。
2009/11/05(木) 02:31 | URL | のんべえ #-[ 編集]
「信濃鶴」なかなか良さそうですね!!
「全量純米蔵、素晴らしい設備、地元愛」
こだわりを感じられます☆
21BYで呑んでみたくなりました!!
2009/11/05(木) 10:11 | URL | EXCITER #-[ 編集]
のんべえさん

おばんでございます。
価格はリーズナブルで、親爺には助かります。
確かに、600石というのはある意味、凄いですね。
その辺については、まったく考察できておりません。おいおい、わかってくるでしょう。呑み続けていれば。(って、手抜きですみません。
2009/11/05(木) 22:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
EXCITERさん

地元愛・・・、良い言葉ですね。
まだ、今回初めて呑んだだけですが、21BYも試したくなるお蔵さんでした。
2009/11/05(木) 22:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
信濃鶴・・東京世田谷の有名なA地酒店においてあって、初めて買ってみました。長年探し求めていた吟醸香の強い酒。特に普通純米の1900円のほうが凄い。なぜこうなのか蔵元のブログでなっとくです。吟醸用のタンクなんですね。
吟醸香に興味ない人には意味ないですけど。
2009/11/07(土) 12:13 | URL | ntpoo #mQop/nM.[ 編集]
ntpoo様

はじめまして。
いただいたコメントを拝見しますと、ntpoo様もかなりの日本酒通のようですね。
これからも、親爺に色々コメント・アドバイスいただけましたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
2009/11/07(土) 21:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
阿佐ヶ谷の善知鳥は今年で閉店するとの事です。なんでもマスターの体調がよろしくないようです。善知鳥のHPに書かれてました。お燗タージュを見るのなら急いだほうがいいのかも、です。予約必須だそうで。
2009/11/19(木) 03:01 | URL | まったくのとおりすがり #-[ 編集]
> 阿佐ヶ谷の善知鳥は今年で閉店するとの事です。なんでもマスターの体調がよろしくないようです。
そうですか・・・。貴重な情報ありがとうございます。
今年で閉店となると、すでに、予約一杯でしょうね。ファンが多いお店ですから。
(前回、予約しようとしたら2ヶ月待ちと言われて諦めました。)
2009/11/19(木) 08:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
そろそろ出荷時期が近づいてきましたが、
実はこの酒、昨年は杉浦さんや栃木のけんもくさんなどでは発売されませんでした。
たぶん「しぼりたて」ではない無濾過生が一升瓶で出たせいだと思いますが・・・

そんな中でこの店にだけは昨年も入荷し、今年も入荷決定のようです。
http://www.nishikihonten.com/

今年は取扱い店も増えて、どういう形(四合瓶or一升瓶)で
どの店に出荷されるかは不明ですが、
もし御贔屓の酒店に入荷されないようでしたら
覚えておいていただけてら・・とお知らせいたしました。
2009/12/08(火) 12:40 | URL | 吟醸党 #-[ 編集]
> 吟醸党様
この酒販店は存じ上げませんでした。
なかなか素晴らしいお店ですね。
信濃鶴だけでなく、花陽浴までお取り扱いですね。
毎度のことながら、吟醸党様の情報量には脱帽です。ありがとうございます。
2009/12/08(火) 22:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/228-04efa3a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
godanism、初飲みです。 【信濃鶴 純米 無濾過生原酒】 長野県のお酒。 精米歩合60%の純米、無濾過生原酒。 ラベルには書いてありませんが、美山錦100%です。 どんな味なのかなー。 嗅ぎ香はフルーティな吟醸香。 バニラ系の甘い香りです。 口に含むと、米の?...
2010/07/17(土) 10:14:10 | Sinks in Alcohol
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。