旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/21(土)
日本酒で、一番縁起の悪い銘柄が「死神」ならば、最も縁起の良いのが「来福」か。
む 笑う上戸の 門の松」の俳句が由来だそうで、創業時からの名前だとか。

その創業は享保元年(1716年:徳川吉宗が八代将軍になった年)という、茨城の老舗蔵「来福酒造」。祖先の近江商人が良水を求め、この筑波山北西麓に蔵を構えたのだとか。
来福1来福2
         (↑Yummy Delights in 茨城 からの転載です。↑ 茨城の蔵元見学が充実してます。)
落着いた黒塀と石蔵に姿の良い茅葺門が歴史の一端を伝えます。
老舗蔵にしては珍しく(?)、蔵と自宅が離れているそうで、こちらは蔵のようです。

この来福の十代目兼杜氏が、非常に研究熱心というかチャレンジ精神旺盛というか・・・。
純米吟醸を零度以下に冷却・濃縮してアルコール分25%以上の凍結濃縮酒を商品化したり、精米歩合9%台の超大吟醸を醸したり、さまざまのお米と酵母の組合せにトライして40種以上のお酒をラインナップして・・・、毎年何かにチャレンジしている様子。

そして、20BYのチャレンジがこの「来福 特別純米生原酒 若水」なのでしょう。
来福 特別純米 生原酒 若水20BY(肩ラベル2)
何がチャレンジかというと、酵母に「おしろい花の酵母」を使ってます。
お米も地元産の若水を使用。そして、日本酒度:-11。

良い香りです。お花の香りというよりもフルーツの香り? いや、、
甘い乳製品のような、パスタにかける粉チーズ(パルメザンチーズ)のような香りか。

味も・・・甘いです。とにかく甘いです。
村祐が和菓子に使われる和三盆糖、飛露喜がビターテイストな大人のスイーツなら、
この来福はミルキーキャラメル。

ただこれだけ甘いのに、ノド越しはすっきり爽やかです。舌の上だけの甘さです。
べたついたり、ノドがキュッとするような感じはありません。すっきりしてます。

食中酒にはむずかしいですが、カネセさんのHPにあるようにデザート酒にバッチリ。
この来福だけで、すっきり甘いミルキーテイストを味わいながら・・・、もう一杯。。

来福 特別純米 生原酒 若水20BY 来福 特別純米 生原酒 若水20BY(裏ラベル)
100%自家精米。純米以上は生詰・瓶火入れ、吟醸酒以上は無ろ過・生詰・瓶火入れ、そして冷蔵庫貯蔵

花酵母研究会の会長も務める十代目は、人呼んで「花酵母の魔術師」。
その魔術師が、100以上のタンクを駆使して醸す少量仕込みの蔵。
21BYは何をしてくれるのやら・・・。

【来福 特別純米生原酒 「若水」 20BY】
・原料米:茨城県産若水、精米歩合:60%、酵母:おしろい花の酵母
・アルコール分:17%、日本酒度:-11、酸度:1.4、アミノ酸度:不明
・製造年月:平成21年11月
・価格:2,625円(税込)/1.8L

来福酒造株式会社】 創業享保元年(1716年)
・所在地:〒300-4546 茨城県筑西市村田1626、TEL:0296(52)2448
・最寄駅:JR水戸線 下館駅下車(車で10分らしい) ⇒ 来福酒造の地図
・代表者兼杜氏:藤村 俊文(十代目)
・蔵見学:WELCOME。酒造り体験もあり。(どちらも要予約)

【購入したお店】 ⇒ 株式会社 カネセ商店


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
名前もパッケージも おめでたいお酒ですね~
レポート聞くと、グビグビの見過ぎそうな・・・そんな気がします(^^)
2009/11/21(土) 15:50 | URL | 花あじさい #-[ 編集]
花あじさい様

こんにちは。
福の字の“田”のところが、きんちゃく袋になってるんですよね。
ほんとに、おめでたいラベルです。
2009/11/21(土) 18:01 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺さんのブログを読んでいるとヨダレが出てきます。
なので、日本酒飲むぜ!!と酒屋さんに繰り出したのはいいんですが、こう、見えないベールに阻まれ何を買えばいいのか分からなくなり、負け戦で帰宅。
今、カネセ商店さんHPでにらめっこ中です。
2009/11/21(土) 18:43 | URL | 夜中の202号室 #-[ 編集]
こんばんは~地元の酒の時にだけ現れてますね(汗
来福は面白いですよね~。米にこだわり、酵母は花酵母。研究もされてたんですね。勉強になりました!
先日適合米愛山、つるばら酵母を飲みました。日本酒度-1ながら、あまーい香で、やはり食前か食後に合うかなー。
またお邪魔しますね!
2009/11/21(土) 21:17 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
ほぉぉぉ
いろんなことにチャレンジ、その内容が面白い!
よく試飲会で目にする名前でしたが、ピンときませんでした。しかしこれで脳に刻み込まれました。
次に飲めるときが楽しみ。
2009/11/21(土) 21:55 | URL | RS #UwJ9cKX2[ 編集]
この「来福 特別純米 若水 おしろい花酵母」は、私も何度か呑みました!
とっても甘くて親爺さんの言うとおりミルキーキャラメルですね!

この社長さんとは近所の呑み処でたまたまお会いし、いろいろ話を聞かせていただきました。
21BY最初の企画は『純米超しぼりたて生原酒』(五百万石アベリア酵母の直汲み生原酒)で、
大晦日にしぼったお酒を直汲みして瓶詰め後、
クール便で即日発送、元旦にお届けという企画をするそうです。
う~ん、大胆!
2009/11/22(日) 00:27 | URL | dians #s3nrltr.[ 編集]
かわいいラベルですね。
ミルキーキャラメルの日本酒とは……飲みたい…
未知なお酒なんで想像(妄想)ばかり膨らみます。

ちなみに、死神は縁起が悪いので家では扱わないと言うお店がありました。。
ぽちっと
2009/11/22(日) 00:55 | URL | cordis #-[ 編集]
「来福」呑みたい酒リストに入っています。
花酵母のお酒もまだですので、魔術師が醸すお酒21BYで必ず呑みたいと思います!!
2009/11/22(日) 02:05 | URL | EXCITER #-[ 編集]
こんばんは。いつも楽しみに読ませていただいてます!
ハイボールよりも日本酒がおいしい季節になってきたこともあり、いろいろ研究させていただきます~!
2009/11/22(日) 02:53 | URL | hiball555 #-[ 編集]
夜中の202号室さん

親爺も酒屋さんに行く時は、事前に買う銘柄を決めてから行きます。特に一人で行く時は。
そのうえで、お店の人とうまく話ができたら、勧められた銘柄を追加したり。。
ネットであれこれ迷うのはお店の人にも迷惑かけませんけど、実店舗だと緊張しちゃいますよね。
見えないベールって、分かりますよ。
2009/11/22(日) 07:35 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ともにゃんさん

コメントありがとうございます。地元ネタの時だけでも、いつでも大歓迎!です。
お、愛山+つるばら酵母を呑まれましたか。そちらの方が旨そうです。(笑
こっちは、まだ試験的?な感じだし。
また、来てください。お待ちしております。
2009/11/22(日) 07:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RSさん

そうですね。RSさんはいろいろなイベントに参加されてますからね。
親爺なんかより見聞が広いですよね。
次のイベントでは、甘いのを覚悟して呑んで下さい。(笑
2009/11/22(日) 07:40 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
dians さん

21BYの企画は、そこから始まりますかー。貴重な情報だ。ありがとうございます。
藤村杜氏とお会いされましたか。21BYの話なんか始まると、止まらなかったりして。(笑
それにしても、diansさんの近所には、凄い呑み屋ばっかりだ!羨ましい。。
2009/11/22(日) 07:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
cordisさん

毎度、ぽちっとのご声援、感謝申し上げます。
銘柄が悪いと取り扱わないお店がありますか。。さすが、日本酒、お神酒の流れでしょうか。
そういえば、くどき上手も最初は、ネーミングと浮世絵のラベルが悪いからと取り扱ってくれないお店があったそうです。
2009/11/22(日) 07:48 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
EXCITERさん

実は、親爺の家呑みリストで茨城県が空白でしたので、今回「来福」を呑んでみました。
さすが、カネセさんで扱われてるだけあり、なかなか面白いお酒でしたよ。
EXCITERさんも、機会があればお試しください。
2009/11/22(日) 07:50 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
hiball555 さん

今年は、hiball555 さんの啓蒙活動の成果もあり、巷(ちまた)ではハイボールが大人気ですね。
いつか、日本酒がこのようになってくれると良いなー。と夢想しております。
少数の銘酒居酒屋は、いつも混んでるのですけどね。
2009/11/22(日) 07:52 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
若水ですね。ほぉ、変わったお酒であすねぇ。味わいも香りも、またラベルも。うぅん、いろんなのがあるものだと、改めて感心しました。
ポチっとな。
2009/11/22(日) 09:29 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
わたしは甘いお酒は苦手なのですが、
お酒は苦手でもカルーアミルクのようなカクテルは飲める、
とゆう人にたまに出会うので、是非すすめてみたくなりました☆
それを機に日本酒に目覚めて一緒に飲みに行ける…
となったら大成功です(笑)
2009/11/22(日) 11:21 | URL | はちこ。。 #-[ 編集]
青の50号さま

淡麗な超甘口という感じで、たしかに変わったお酒でした。
ラベルは、個人的には、伝統的な従来のモノの方が好みですけど。(笑
ポチっと、ありがとうございます!
2009/11/22(日) 17:49 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
はちこ。。さん

独身の方でしたか?
レシピが充実してるので、てっきり若奥様かと思っておりました。。(汗
2009/11/22(日) 17:50 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
酒呑親爺さま

花酵母使用の酒は興味があって来福を取り上げていただいてありがとうございます。
花酵母使用というと天の戸のあやめ酵母使用のお酒を見かけた事があります。
その時から花酵母使用のお酒は興味がありました。
花酵母使用しているとその花の香りがそのままするのかと勝手に想像していたのでチーズの香りとは意外でした。
花酵母使用のお酒があったら一度呑んでみないといけませんね。
2009/11/22(日) 20:47 | URL | 年三 #-[ 編集]
来福 特別純米生原酒 「若水」ですね。これちょっと気になっていました。これだけスィートですっきりなら、我が家の奥様にも気に入ってもらえるかな~。なかなかお酒を呑んでくれないのですが・・・。
2009/11/22(日) 22:05 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
年三さん

こちらこそ、いつも旨そうなお酒を拝見させていただき、ありがとうございます。
花酵母、家呑みは(たぶん)初めてだと思いますが、お花の香りというよりはフルーツ・果物の香りのようでした。(おしろい花の酵母しか記憶にないのですけど。。)
ぜひ一度お試して頂き、年三さんの感想を伺ってみたい気がします。
2009/11/22(日) 22:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメント書いてたら、親爺殿からワタシへのコメント通知メールが…(笑)
かぶりましたね(* ̄m ̄)

花酵母の酒はその花の香りするんやと思ってたら違うんですね~  って書こうとしたら、年三様も書いてらっしゃる Orz

ここでもカブるなんて…

それにしても魔術師の挑戦心には頭が下がります。
ワタシも見習わないと!!
2009/11/22(日) 22:20 | URL | ゆうり店主 #ICazf28Y[ 編集]
RYOさん

なかなかお酒を呑んでくれない奥様なら、失敗は許されません。
ここは、ミルキーキャラメルの来福よりも、奈良萬中垂れのようなジュース系(青リンゴジュース)が良いかも。
2009/11/23(月) 06:55 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
店主

お忙しいのに、コメントいただいて申し訳ないです。
おかん様が復活?されたのが、ちょっと嬉しくて。。つい。
これからもよろしくお願いします。
2009/11/23(月) 06:57 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
とても好きなお酒で、去年蔵元へお邪魔して見学をさせてもらいました。
とても丁寧に説明をしてくださったのが印象に残っています。
色々なチャレンジをこれからも続けてもらいたいです。

親爺様が書かれているように、華やかで甘みがあるのに、
喉越しは爽やかですっきりした余韻なのがいいですよね。
2009/11/23(月) 17:57 | URL | North-Dog #-[ 編集]
North-Dog さん

来福酒造に蔵見学行かれましたか!
筋金入りの来福ファンだ。
2009/11/23(月) 18:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
当方、このところ旅まわりばかりでコメント御無沙汰でした。

佐賀の天吹酒造さんも花酵母に力を入れていて、話を聞いてきました。
東京農業大学出身ということも花酵母利用のきっかけだったようです。
来福さんの10代目のチャレンジを聴くと、やっぱり東農大出身なんでしょうかね?
2009/11/25(水) 11:53 | URL | のんべえ #-[ 編集]
のんべえさん

子供の頃の地元と、いい親爺(失礼!)になってから眺める地元は、また違う趣があった事と思います。
田舎(帰省するところ)がある人は、少し羨ましくも思います。。
ご推察の通り、花酵母の魔術師は東農大の出身です。
2009/11/25(水) 23:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/234-b99a9c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。