旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/13(日)
ブログ復活へのリハビリ代わりに、休止中に知人から頂いて呑んだお酒のネタを。。

冬は雪に覆われ、ゴミのないクリーンな環境と寒冷な気候で酒造りに適したところ。
八海醸造 にいがた観光ナビ から
新潟県の八海醸造です。
言わずと知れた越後の淡麗辛口の代表選手。生産石数:5,500石の超大手蔵。
八海醸造 精米機 八海醸造HP から
こ~んなドでかい精米機が6機もあるような、蔵というよりは工場の観。
もはや地酒とは呼べないが、そこはやはり酒造りへのこだわりも。

ひとつは精米歩合。八海醸造は普通酒でさえ60%という吟醸といっていいような高精米。
もうひとつは仕込み水
『雷電様の清水』の源流。1日に400トンの湧出量を誇る硬度2の超軟水。
雷電様の湧水 こちらも 八海醸造HP から
冬を覆った大雪が、八海山系の地層を経て『雷電様の清水』となって湧き出します。
この日本銘水百撰にも選ばれた湧水を、洗米や蒸米などの仕込み水だけでなく、設備の洗浄などを含め全ての酒造りの作業に使っているのだとか。

普通酒から大吟醸まで全てが揃うなか、親爺が頂いたのは「八海山 純米吟醸」。
八海山の中では少ない純米系です。。ちょっと安心。
八海山純米吟醸 八海山純米吟醸(裏ラベル)
香りは少ないですが、ほのかなリンゴ様?の吟醸香。

ALC度数を15度台に抑えたこともあるでしょうが、呑み口が軽いです。軽やかなタッチ。
軽いですが思いのほか(失礼!)旨みを残して、スッと消える。
サラリと入ってスッと消える。さすがの淡麗辛口だ。(辛みは感じませんよ。)
呑んでもあまり酩酊しないような気がする。(もちろん気だけだろう。。)
親爺の嗜好とは違う方向だが、少し、淡麗辛口を見直すことができたお酒です。

今回の頂き物は「久保田・八海山」セット。(なぜ、お酒の贈り物というと「久保田・八海山」なのだろう?)
ということで、親爺の冷蔵庫には久保田 萬寿が眠ったままである。。


【八海山 純米吟醸 20BY】
・原料米:山田錦(麹、掛)美山錦(掛)、精米歩合:50%、酵母:協会9号
・アルコール分:15.5%、日本酒度:+5、酸度:1.2、アミノ酸度:1.1
・製造年月:平成21年10月23日
・価格:頂き物につき不明/1.8L

八海醸造株式会社】 創業大正11年(1922年)
・所在地:〒949-7112 新潟県南魚沼市長森1051番地、TEL:0257-75-3121
・最寄駅:JR上越線 五日町駅(車で7分くらいとか。) ⇒ 八海醸造の地図
・代表者:南雲 二郎、杜氏:高浜 春男(越後杜氏)
・蔵見学:なし。

【購入したお店】 ⇒ 押上の若月さんからの頂き物。


酒呑親爺の酔って候 の更新をぼちぼち始めようと思います。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ これまで同様ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
日本人はやはりブランドなんでしょうか???
ってほど、うちでも、久保田や八海山は良く聞かれますが、
あえて、違う銘柄を進めます(笑)
(久保田・八海山を否定するわけではございませんので、あしからずです)


2009/12/13(日) 14:09 | URL | sakezukibito #-[ 編集]
お酒の贈り物というと久保田や越乃寒梅が多いのでしょうか?
八海山はまだ良いのですが、上記二つはいただいても今なら料理に使ってしまいます。
八海山の中でも純米吟醸は旨味感じますね。
大吟醸や吟醸は軽すぎて水みたいな感じで最近は呑みません(以前は良く呑みました)。

2009/12/13(日) 15:00 | URL | 年三 #-[ 編集]
確かに八海山と久保田はよくセット販売されていますよね
大抵の方に名が通っているからなんでしょうね

>久保田の万寿が眠ったまま

おりょーーヮ(゚д゚)ォ!!!!
私たちは平日は安いお酒を呑んでいるので(笑)
久保田の万寿を頂いたらすぐに呑んでしましますよ(笑)
2009/12/13(日) 15:12 | URL | neene #-[ 編集]
毎度ながらご無沙汰ですm(__)m
先日はお見舞いに来て下さり有難うございますw

私も、以前働いていた店辞めるとき八海山(吟醸)いただきましたねぇ‥‥
百貨店・量販店などでは大きく取り扱ってる所も多いですし、普段飲まない方らからしたら安心してしまうトコロもあるんでしょうね。
2009/12/13(日) 15:17 | URL | ゆうり店主 #ICazf28Y[ 編集]
sakezukibito さん
ほんと不思議ですよね。
TVコマーシャルでやってる「黄桜どん」とか「白鶴まる」とか「大関」以外は、久保田と八海山しかしらないとしか思えませんね。
2009/12/13(日) 17:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
年三さん
結構、高価な料理酒になりますなー。
料理酒はなかなか減らないので、親爺は一応いただき物でも呑んでます。
洋酒や泡盛は、どこかに常温放置されておりますが。。
2009/12/13(日) 17:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
neeneさん
親爺も平日だけでなくいつも安いお酒を呑んでます。だいたい3000円くらいの。
そして、それが美味しければ文句なし。
以前、外呑みで久保田萬寿の呑み比べをして、開栓早々のものはあまり良くなかった記憶があります。
なので、開栓して(ほんの一合ほど呑んで)後は冷蔵庫で覚醒させてるところです。(笑
2009/12/13(日) 17:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
店主
だいぶ体調も良くなったようで(捻挫はまだまだ痛いようですが)、何よりです。
八海山の純米吟醸は、親爺的には、ギリギリセーフかな?
でも、自分のお金なら買わないかな。。
2009/12/13(日) 17:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
八海山ですね。いまでも人気のお酒ですよね。
学生時代に、六日町の出身の友達が盆と正月帰るたびに持ち帰り、みんなで呑んでいた思い出のあるお酒です。今は、まったく呑んでいませんが・・・。
復活のポチ~ン。
2009/12/13(日) 21:55 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
リハビリ、お疲れ様です!
よく見る八海山も親爺さんのブログでみると、新鮮に見えますw
2009/12/14(月) 00:16 | URL | riki #-[ 編集]
ご復帰おめでとうございます。
というか、休んだうちに入りませんよ。

八海山って5500石ほどだったのが逆に意外でした。もっと大きいのかと・・・
決して自慢できることではありませんが、メジャーなお酒って買いませんよね。
いただきものとかで、改めて「やっぱり旨いんだな」なんて納得したりします。
2009/12/14(月) 01:21 | URL | のんべえ #-[ 編集]
リハビリと言えど、更新、嬉しく思います。
私もこの「八海山 純米吟醸」はお年賀にした事があります。
あまり日本酒に詳しくない頃ですが・・・
来年のお年賀は何にしようかな~・・・
2009/12/14(月) 07:15 | URL | dians #co9xvPLk[ 編集]
酒蔵というと、でっかい樽?がどかどか並んでるイメージだったので、工場チックな写真にカルチャーショック!!
制服とかもやっぱ、あの変な帽子(耳まで隠れるやつ)かぶって作っているのだろうか。
復活おめでとございます♪
2009/12/14(月) 08:22 | URL | 夜中の202号室 #-[ 編集]
ポチしにきました~(^^)
やっぱり定番こんびのお酒なんですね~
私でも知ってる~♪

最近は どこの酒蔵も機械化ですね
でも~効率も大切なのかも~と思います(^^)
地元に「水龍」という小さな小さな酒蔵があり~ちょっと甘くて私は苦手だったんですが、息子さんが専門の学校(大学ですね)でて 研究所で勉強されてから帰ってこられ ちょっとフルーティなお酒も作られたりしてますが、じつは知人のお友達で、酒蔵見学させてもらい、絞る前のスパークリングなとこを 試飲させてもらったことが
ありますが~やはり ちょと近代化~してました~小規模ですが(^^)
良い薫がして 幸せな場所ですね~酒蔵って~(^^)

実家の父の知人で 八幡川酒造の前社長さんがいらして
実家では 八幡川の大吟醸がたまに食卓にあがります(^^)
ここの酒蔵も趣があって 素敵です(^^)
2009/12/14(月) 09:10 | URL | 花あじさい #-[ 編集]
よい事があったら買うのがこの純米吟醸で、熱燗用置き酒に普通酒、
冷やの季節には2つの間のレベルを…(笑)と
一年中お世話になっているお酒ですヾ(@~▽~@)ノ
親爺さんのところで会えてちょっと嬉しいです(笑)

年末年始にかけてブログの更新があまり
できなくなってしまいそうなのですが、
たまに遊びに来させて頂くのでよろしくです(m。_。)m
2009/12/14(月) 13:07 | URL | はちこ。。 #-[ 編集]
八海山が5500石とは!かなり小さいので驚きました。
久保田の蔵は50000石ですから意外に小さい。

金剛心はかなり美味いらしいです。

萬寿は。。。ノーコメント、楽しんでください(笑。

2009/12/14(月) 21:00 | URL | ぽんちゅう #h9wdgMjs[ 編集]
RYOさん
ポチ~ン、ありがとうございます。
学生時代に八海山を呑んでいたとは、当時の大人からすれば、贅沢な(失礼!)学生さんでしたね。
やはり、持つべきものは友だ。
2009/12/15(火) 06:52 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
rikiさん
少しご無沙汰でございました。
rikiさんのブログも更新お願いしますよ。
・・・と自分が更新したものだから、最速する親爺。(笑
2009/12/15(火) 06:53 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
のんべえさん
手元にある本では、桃川が13,000石、新政が12,000石。北海道の男山で11,000石ですから、確かに八海山の5,500というのは少ない気がしますね。。
大手蔵の高いお酒は確かに旨い(旨そう)ですが、お手頃の値段となると、小さい蔵(地酒)の方がいいなー。
2009/12/15(火) 07:00 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
diansさん
お年賀にするとなると、銘柄もおめでたいのがいいですし、ある程度有名な方がいいし、それでいて稀少性があれば尚良し・・・ということで難しいですね。(笑
だから、皆、選択を放棄して久保田・八海山にしちゃうのか!
2009/12/15(火) 07:03 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
夜中の202号室さん
コメントありがとうございます。
地方の小さな蔵でも、あの変な帽子(耳まで隠れるやつ)かぶってるとこ、多いですよ。
あれは、もうスタンダードですね。(笑
2009/12/15(火) 07:04 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
花あじさい さん
ポチ、ありがとうございます。
「水龍」というと、広島?のお蔵さんでしたか?
「八幡川酒造」は、知らなかったので調べてみると、、やっぱり広島ですね。
創業文政年間、純米主体か、親爺好みです。
情報ありがとうございます。
2009/12/15(火) 07:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
はちこ。。さん
一年中、八海山と仲良しとは、大人の雰囲気醸し出してますねぇ。
年末年始は、確かに暇人の親爺とは違って、女性陣はなにかと慌ただしいですから。
マイペースで行きましょう。
2009/12/15(火) 07:10 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ぽんちゅうさん
萬通常は火入れの萬寿ですが、年に1タンクだけ最も出来の良いものを選び飲食店向け専用に出されている無ろ過生バージョンがありまして、仕込一三五號とかのラベルのやつです。
こいつの1年ものを呑んだら、すごく旨かったので、自分でハードルをあげちゃった感があります。
ま、値段を気にしないで呑めるので、少しハードルを下げようと思っています。(笑
2009/12/15(火) 07:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺さんの記事から八海山は意外ですね~(笑)
私も日本酒にはまる前に出会っていたお酒(普通酒)で、日本酒に対してあまり興味が無い頃に、とても呑みやすい日本酒だな~と思っていました。
だから、八海山は当時安心して呑める唯一のお酒だったんですよね~。
今となっては、殆ど呑む事は無くなってしまいましたが・・・
会津のスーパー等では普通酒も定価では買えず1.5倍位します。
特約店も1件しかなく、少し遠いのであまり呑む機会が無いのですが、居酒屋等で見つけたらまた呑んでみようかな~。
2009/12/15(火) 11:46 | URL | EXCITER #-[ 編集]
EXCITERさん
しかし、プレミアつけてまで呑むことはありません。
今は、日本酒黄金時代ですから、手頃な価格で美味しい日本酒が沢山ありますから。。
親爺にとっては良い時代です。
2009/12/15(火) 19:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/243-873018db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。