旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/21(月)
THE NIKKEI MAGAZINE 12月号。12月20日(日)の日経新聞の第2部として付いてきた。
日経マガジン表紙
その中に、「日本酒王国の復権へ向けて」の気になるタイトル。
内容は、秋田県の酒蔵による日本酒復権への取り組み。地域経済が停滞するなか、米文化の伝統と現代との融合を探る酒蔵と地元連携による地域おこしでもある。

CIMG3630.jpgCIMG3629.jpg
<斎彌酒造店(由利本荘市)「雪の茅舎」:高橋藤一(杜氏)>
1995年に櫂(かい)でかき混ぜる伝統手法をやめ、発酵熱による自然対流に任せた。
2001年に日本酒で有機JAS認定工場の第一号に指定される。

<浅舞酒造(横手市)「天の戸」:森谷康一(杜氏)>
酒米半径5km以内。顔が見える生産者の米による酒造りで、トレーサビリティーを確立。
黒麹を使った日本酒を造り、新世代の日本酒を模索。

<山本合名(八峰町)「白瀑」:山本友文(蔵元)>
3kmにおよぶ自家水道を作り、湧水地から蔵まで仕込み水を引く。
湧水地の近くに田んぼを借りて、酒米作りにも着手。

CIMG3632.jpgCIMG3631.jpg
<喜久水酒造(能代市)「喜久水」:平沢喜一郎(蔵元)>
欧州のワインの地下貯蔵をヒントに、鉄道の廃トンネルを購入。
長さ100mの総レンガ作りの国登録有形文化財の中に、6万本の日本酒を貯蔵熟成。

<日の丸醸造(横手市)「まんさくの花」:佐藤譲治(蔵元)>
町ぐるみの活動「蔵の日」など、酒蔵を活用した地域おこし。
農家や食品会社と連携した梅酒やヨーグルト酒など、若者をターゲットにした酒造り。

<福禄寿酒造(五城目町)「一白水成」:渡辺康衛(蔵元)>
東京の酒販店の助言を受け入れ、大都市の若者をターゲットにした新銘柄立ち上げ。
寒冷な気候を利用した長期低温発酵で、淡麗辛口とは一線を画す。

こうした酒造りに携わる方々は、本当に頑張ってると思う。
おかげで、今、日本酒は黄金時代を迎え、親爺は旨いお酒をたくさん呑める。
ありがたい事です。

・・・と思ったら、親爺は、喜久水だけは呑んだことがないな。
こんど、喜久水も呑んで、少しでも応援しようっと。


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
また楽しく読ませていただきます!無理せずがんばってください。

日本酒黄金時代ですね…。
わたし、もっとみんな日本酒好きになればいいのに、と思ってましたが、
すごく流行るときっと、うまい酒が値上がりしたり手に入らなくなったりして、
庶民には縁の遠いものになってしまい気がするんで、
やはり今が一番いい時代なんでしょうね。

なんか複雑な気持ちです。今後の日本酒界がいい方向に進みますよう、願わずにいられません。
2009/12/21(月) 09:09 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
年末はお忙しいでしょうから無理せずですよ~

今回のブログにのっていてお酒・・・
全て呑んだ事もなく知っているお酒もありませんでした
まだまだ知らないお酒が(目にした事もない)
あるんだと実感いたしました
2009/12/21(月) 09:34 | URL | neene #-[ 編集]
面白そうな記事ですね。
日経マガジンですか・・・。
見かけたら立ち読みしてみます(笑)。
2009/12/21(月) 15:40 | URL | godanism #-[ 編集]
秋田もいいお酒が多いですよね。
一白水成が好きかな。
私も喜久水は飲んだことないですよ。
あと雪の茅舎も。

お隣の山形が頑張っているからなぁ。
各県、各蔵元がいい意味で競争していくことは日本酒全体のためにいいことですね。

福島の蔵元もうかうかしていられません。頑張らなきゃ☆
2009/12/21(月) 17:19 | URL | ばるべにー #t50BOgd.[ 編集]
私も秋田の喜久水は呑んだ事ありません。(秋田と断るのは長野の飯田にもあるので)
トンネルで熟成はNHK?テレビでかなり前に取り上げてました。
秋田のお酒は美味しいですよね。
長野で結構楽に買えるので嬉しいです。
2009/12/21(月) 21:31 | URL | 年三 #-[ 編集]
おっと、いけねえ。
気づきませんでした。
古新聞の山を探してみます。

喜久水はたしか"能代"の銘柄で一時期流行った記憶があります。
のんべえは「雪の茅舎」「福禄寿」は未知です。
新潟・秋田って昔よく飲んだためか、いつの間にか後回しになってしまい勉強?不足。 
反省です。
2009/12/22(火) 07:56 | URL | のんべえ #-[ 編集]
復帰されたことうれしい限りです。
じつは、今回の日経の話ですが、私もブログで取り上げました。
つきましては勝手に記事内でリンクしてしまいました。 
勝手にしてしまい申し訳ありません。 (指摘してくだされば削除しますので・・・)
2009/12/22(火) 21:47 | URL | たか #-[ 編集]
ちょうど現在「一白水成」家呑み中です!
それ以外は・・・まだ未呑です・・・
まだまだ勉強が足りませんね・・・
参考にさせていただきました!
2009/12/22(火) 22:45 | URL | dians #WiSUj39Y[ 編集]
自分も喜久水は飲んだことがないですね……
まんさくの花は好きでたまに飲みますが……

って普通にコメントしてますが、
ものすごくお久しぶりです。
ぽち
2009/12/22(火) 22:57 | URL | cordis #-[ 編集]
ともにゃん さん
コメントありがとうございます。応援まで頂き、恐縮です。
一時期、酒税変更の(ALC度数による税配分に変えるような)話題があり、それにより日本酒が増税になるような話題が新聞に載ってましたが、どうなったのでしょうな?
愛煙家の皆さんは、1本あたり5円の増税だ僧ですが・・・。
2009/12/23(水) 07:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
neeneさん
忘年会も終わり、すっかり年内の仕事は終了ムード(早!)です。
って、親爺の仕事は呑むことだけ見たいですけど。。
アドバイス通り、ぼちぼちとやらせて頂きます。(笑
2009/12/23(水) 07:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
godanismさん
これは、配達される日経新聞(朝刊)のおまけというか付録のような薄い冊子なので、本屋さんでは売ってないと思います。
”非売品”とは書いてありませんが、”価格”も書いてありませんから。。
次号は、1月17日発行予定とのことですから、きっと17日(日)の朝刊に挟まれてくるのだと思います。
2009/12/23(水) 07:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ばるばにーさん
いつも楽しく拝読させて頂いております。
秋田もこの頃は、淡麗辛口だけでなく、芳醇旨口のお酒が出てきて嬉しいです。
打倒 飛露喜ですか!?
2009/12/23(水) 07:34 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
年三さん
喜久水は呑んだ事ない方が多いですね。
なんだか、ちょっと安心するような、ちょっと不安になるよう。。(笑
トンネル熟成のTV、親爺も見た記憶があるのですが、やはり喜久水でしたか。
年とってから見たこと聞いたことは、すぐに忘れてしまう。。(悲
(子供の頃覚えた唄は、歌詞カードなしで歌えるくせに。)
2009/12/23(水) 07:36 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
のんべえさん
雪の茅舎は、燗で旨い純米酒コンテスで「グランプリ」とってます。確かに燗酒で旨かったです。
福禄寿は、いま「一白水成」の銘柄で人気のアイドル的なお酒です。
ぜひ、お試し下さい。
2009/12/23(水) 07:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
たか さん
一応、復帰しました。なんの代わり映えもしないブログですが。。
お許しも何もございません。
有名ブロガーのたか さんに取り上げれらて光栄です。
これで親爺のブログもハクがつきました。
これからもよろしくお願いします。
2009/12/23(水) 07:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
diansさん
あらばしり、青の一白水成ですね。
親爺は、まだ未開栓です。。(楽しみ
2009/12/23(水) 07:48 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
cordisさん
お久しぶりでございます。お懐かしゅうございます。。
少し心配しておりました。
時々、のぞきに来て下さいな。お暇なときに。
2009/12/23(水) 07:49 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
応援したくなる蔵は増え続けていることは
とてもいいことですよね。

古いイメージが払拭するまでには
まだまだ時間はかかると思いますが、
作り手と消費者の両方の歩み寄りで日本酒はもっと輝くと思います。
2009/12/23(水) 23:37 | URL | riki #-[ 編集]
rikiさん
ゴメンナサイ。返信もれてました。m(_ _)m シツレイシマシタ...。
親爺も、皆さまのブログを拝見するようになって、まだまだ知らないお蔵さんが沢山あることをあらためて教えて頂いております。
頑張ってる&美味しそうなお酒って、いっぱいありますよね~。
それにしても、
> 作り手と消費者の両方の歩み寄りで日本酒はもっと輝くと思います。
のコメントは、素晴らしい!親爺、感服です。
2009/12/26(土) 21:26 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/246-fc3fb9d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。