旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/04(月)
変わった名前の銘柄である。「甕口(かめぐち)」。
「袋吊り」や「亀口」などの搾りの手法等を示す言葉は、普通、銘柄の補助表記になる。
(ex.「村祐 純米大吟醸 亀口取り」 とか・・・。)

でも、これは銘柄名である。
グレードやバージョンを示すサブタイトルではない、れっきとしたメインタイトルなのである。
甕口(胴ラベル)甕口 うすにごり 21BY 横
そして、意外とわがままなお酒である。
“なるべく”早くお召し上がり下さい ではない。“早速”召し上がらなければならない。(笑

蔵は、岐阜県の「池田屋酒造」。創業元禄2年(1689年)、西美濃最古の老舗蔵だそう。
ただ、このお蔵はマスクマンである。HPもブログもない(みたい)。
親爺には、蔵元や杜氏の名前すら分からない。
わずかに分かったのは、仕込み水。揖斐川伏流水だそうで。
龍神伝説の夜叉ヶ池が、美濃揖斐川の話だったような?坂東玉三郎の映画とか。(← 古すぎて誰も知らないか?

さて、呑もう・・・と思うと、裏ラベルもわがままである。
甕口 うすにごり 21BY(裏注意ラベル)
「冷」のままよく「振って」 と、強調文字だ。。言うことを聞くしかない。(再笑
2~3回振ってみたものの、うすにごりなので見た目は何も変わらない。。(再々笑

開栓すると、かなりきつめのエステル香。
含んでみると、これは??  セメダイン臭?ですね。
しかもALC度数が19~20度あるので、香りとともに思わず「クゥっ~!」という感じ。
香りも味も、鼻と舌にまとわりつくような濃さがあるが、やや辛口の仕上げでまとめてる。

独特の香りと初めての味わい。
なんだか、初代(?)ドクターペッパーを初めて口にした時のようだ。
臭みのある独特の風味で最初は「???」だが、何だか次第にクセになるような・・・。

クセになるのか?ならないのか?これは好みが分かれるところだろう。

甕口 うすにごり 21BY 甕口 うすにごり 21BY(裏ラベル)
読み返してみると、「?」の文字が非常に多いレポになっているのであった。

【甕口(かめぐち) しぼりたて生 うすにごり 21BY】
・原料:米、米麹、醸造アルコール
・原料米&精米歩合:(麹)富山産五百万石60% (掛)岐阜県産一般米65%、酵母:7号
・アルコール分:19~20%、日本酒度:-、酸度:-、アミノ酸度:-
・製造年月:平成21年12月
・価格:2,900円(税込)だったかな?/1.8L

【池田屋酒造株式会社】 創業元禄2年(1689年)
・所在地:〒501-0619 岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪612-1、TEL:0585-22-0016
・最寄駅:養老鉄道養老線 揖斐駅(駅から4kmぐらいか?) ⇒ 池田屋酒造の地図
・代表者:松井 彦雄?、杜氏:わかりません。
・蔵見学:たぶん不可。

【購入したお店】 ⇒ ルナ◇テーブル島本屋ネット店
お酒のスペックもマスクマンだったが、原料米・精米歩合・酵母について、ご丁寧にもお店の方からメールを頂いた事を付記しておこう。


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
甕口ですか?初めて知りました。
それにしても19~20度でセメダイン臭ではかなりキキそうですね。(笑
酒呑親爺さんのがんばりにぽち~ん。
2010/01/04(月) 16:46 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
また随分けったいなものを見つけましたね。
甕詰めで柄杓で汲んで飲む、というのは見たことがありますが・・。
う~ん・・・これは・・・
ポチっとな。
2010/01/04(月) 19:44 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
遅ればせながら明けまして主で問うございます!

せ、セメダインですか…
飲んでみたいような見たくないような…

正月お屠蘇の件、日本酒も飲みました~!
「嘉美心・冬の月」と、「出羽桜・とび六」っていうやつです。冬の月は店員さんにおすすめされて買ってみました。とび六は、親爺さんのブログで紹介されてた、どぶろっくを探したのだけど見つからなくて似たような名前の微発泡にごりを(笑
銀杏と葱焼きと共に美味しく頂いて、壊れてくだ巻いてました!
美味しかったけど、親爺さんのように味の表現が出来ない…です

2010/01/04(月) 20:08 | URL | 夜中の202号室 #-[ 編集]
私も初めて聞く銘柄ですね~。
酒屋さんの紹介見ると呑んでみたくなりますね~。
マスクマンってのも気になります・・・。
2010/01/04(月) 20:19 | URL | dians #CFnWuolQ[ 編集]
親爺殿・・・面白いお酒をみつけましたね(笑)

ここまで自己主張されるとお酒となると
気になり呑んでみたくなります♪
(私は好奇心旺盛なので・・・笑)

2010/01/05(火) 09:50 | URL | neene #-[ 編集]
最初、さっと読んだ時はどこかの甕口って失礼ですが思ってしまいました。
よく読むと甕口は銘柄なんですね。
初めて知った酒なんですけどなんか呑みたくなりました。
2010/01/05(火) 16:30 | URL | 年三 #-[ 編集]
これはまた非常に面白そうな酒ですね~。

銘柄名も、
「早速」という文句も(←これ最高)
そしてドクターペッパー???
でも自分が買うにはちょっと高いです。
2010/01/05(火) 20:44 | URL | RS #UwJ9cKX2[ 編集]
うすにごり生をよく振ったらバクハツしないか心配です。

それより初代DPって今と違うんですか?
オキナワ、A&Wのルートビアは内地と違うそうですが。
2010/01/06(水) 22:18 | URL | ぽんちゅう #h9wdgMjs[ 編集]
RYOさん
返信遅くなりすみません。
毎度、ぽち~んをありがとうございます。
このお酒は、結構、キキました。
2010/01/09(土) 07:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
青の50号さん
こいつは、けったいでしたよ。
コーラを飲みたいのに、ドクターペッパーで我慢してとおしたような。。
2010/01/09(土) 07:21 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
夜中の202号室さん
う~ん、なんという偶然。
じつは、親爺の冷蔵庫にも「嘉美心・冬の月」が控えております。
「出羽桜・とび六」は名前だけ知ってますが、呑んだことはありません。
たまには、ビールだけでなく「出羽桜・とび六」ネタをアップさせたらいかがでしょう?
2010/01/09(土) 07:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
diansさん
このお蔵さんは、ほんとにマスクマンです。
歴史ある蔵というのは、酒造業のみならず、何らかの形で地域に貢献されてることが多いので調べやすいのですが。。このお蔵の情報はほとんどありません。
2010/01/09(土) 07:25 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
neeneさん
好奇心旺盛でも、このお酒は。。
4合瓶で二人でチャレンジするくらいにしておいて下さい。(笑
2010/01/09(土) 07:30 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
年三さん
そうですよね。
> どこの甕口って?
思いますよね。。
でも、呑んではいけません。コーラよりもドクターペッパーが好きなら別です。
2010/01/09(土) 07:32 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RSさん
親爺も「早速」呑ませて頂きました。
でも、ドクターペッパーだったので、一気にたくさんは呑めませんでした。
数日たつと、多少呑みやすくなったのか?この味に慣れてくるのか?いくらか楽になりました。
2010/01/09(土) 07:36 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ぽんちゅうさん
甕口は、発泡性はほとんどないので爆発の心配はありません。
全体にオリ(にごり)を混ぜて呑めということなのだと思いますが、効果の程は「?」でした。
親爺は最近のDPは全く呑んだ事ないので、昭和48年頃?に飲んだDPの味のイメージを思い出し、初代DPと表現させて頂きました。
2010/01/09(土) 07:39 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/09(土) 16:14 | | #[ 編集]
〇〇さん
そんなに気になさらずに。。
親爺は、なんだかんだ言いながら、ちゃんと一升いただきましたよ。(笑
やっぱり、あの感じはアル添感なのですね。勉強させていただきました。
今度はおすすめの三千櫻にでもしてみよう。
2010/01/10(日) 08:33 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
おお!偶然!
うちはもう冬の月は無くなりました~!

一応、ビールのブログなんだからということで他のお酒は載せていなかったですが、(Yが嫌がった)最近気分の変化もありますので、他のお酒も載せてみようかと思ってる最中です!
2010/01/10(日) 20:39 | URL | 夜中の202号室 #-[ 編集]
夜中の202号室さん
冬の月は、二日目から俄然良くなりますねー。
たいしたもんです。
ぜひ、日本酒ネタも、たまにはアップお願いします。
2010/01/11(月) 21:10 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
 以前、私のblogへ訪問してくださりありがとう御座いました。

 池田屋酒造さんは、まだ入った事がありませんが
仕事仲間が所酒造と近所の酒屋と言う事で、間違って入った時の話では
熱心な社長さん?らしき人が酒造りを熱く語って少し見学させていただいたようです。
 その時、何を買ったかは定かではありませんが「美味しかった」と申しておりました。
近いうちに蔵お勧めの新酒を試してみようと思います。
 私の当てにならないレポートをお楽しみに。。(笑

2010/01/13(水) 00:55 | URL | 伍長 #-[ 編集]
伍長さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
お友達が酒屋さん!しかも、所酒造のご近所!素晴らしい環境だ。(笑
もちろんレポートも楽しみにしております。
これからもよろしくお願いします。
2010/01/13(水) 07:54 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
 仕事仲間が、所酒造へ行こうと思い間違って所酒造の近所の池田屋酒造さんへ入った時の話・・・
と書くべきでした・・・勘違いさせてしまいまして申し訳御座いません。

2010/01/13(水) 22:49 | URL | 伍長 #-[ 編集]
伍長さん
らじゃー!です。理解いたしました。
親爺も、はやとちりで失礼しました。
ご丁寧に返信いただき、ありがとうございました。
2010/01/17(日) 07:26 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/249-c384e934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。