旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/19(金)
岐阜県揖斐川町は「所酒造」の「房島屋」。
全量五百万石の純米吟醸は火入れが定番なので、この「生」はこのシーズンだけ。
房島屋 純米吟醸 五百万石 無濾過生 おりがらみ 21BY(規格紙1)
  先日、撥ね木搾りの酒蔵「吉田屋」の蔵嫁日記で教わった事をひけらかしておこう。(笑
  キャップを封印している帯は、ズバリ「封印紙」。「生酒」など丸いシールは、「証紙」とか「規格紙」というそうだ。

つまり、この封印紙と証紙の組合せは、この時期だけしか見られないのね。

呼び名がわかっただけで何となく嬉しいので、ついでに
房島屋 純米吟醸 五百万石 無濾過生 おりがらみ 21BY(封印紙) 封印紙の表裏。
ちょっと脱線したが、この生は無濾過生原酒。皆さまも大好きな「ムナゲ」である。

しかも今回は、ド~ン! 「おりがらみ」 だ。
房島屋 純米吟醸 五百万石 無濾過生 おりがらみ 21BY(2) おりはこんな感じ。
酒販店さんがお願いして特別に詰めてもらったものらしい。「隠しアイテム」というやつだ。

房島屋らしく若々しいリンゴのようなフルーティな香り。
ガツーンと一気に押し寄せるのではなく、滑らかに広がるように・・・十分な甘みです。
昨年の(おりがらみでない通常の)純吟五百万石よりも、甘みが強調されてます。
そのぶん、酸も少し柔らかい感じで、今季は甘みと酸のバランスでしょうか。
親爺的には、あの独特な強めの酸の方が、酸味マスター房島屋らしくて好きですけど。
なんだかんだ言いながら、3日で完呑。十分に旨いっす。

房島屋 純米吟醸 五百万石 無濾過生 おりがらみ 21BY 房島屋 純米吟醸 五百万石 無濾過生 おりがらみ 21BY(裏ラベル)

【房島屋 純米吟醸五百万石 無濾過生原酒 おりがらみ 21BY】
・原料米:五百万石(100%)、精米歩合:50%、酵母:?
・アルコール分:17度以上18度未満 、日本酒度:+1、酸度:2.0、アミノ酸度:?
・製造年月:平成22年2月
・価格:3,360円(税込)/1.8L

所酒造合資会社】 創業明治初頭
・所在地:〒501-0619 岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪537-1、TEL:0585-22-0002
・最寄駅:近鉄揖斐駅(駅よりバスで「揖斐川町」下車後、徒歩5分) ⇒ 所酒造の地図
・代表者:所 啓(四代目)、杜氏:所 優(五代目)
・蔵見学:電話すればOK。

【購入したお店】 ⇒ 地酒&ワイン 加桝屋


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
おりがらみはないけど、普通のは加桝屋にあるようですね。
2010/03/19(金) 00:39 | URL | かわせみ #-[ 編集]
わたし、今日は昼間、目をボウにしてこちらのお酒をネットで探してましたが、滓がらみはないですね。
白濁姫と呼ばれていたくらい濁りも好きで^^
酸度2,0に惹かれます。
澄み酒の方でしたらまだありそうですね。
2010/03/19(金) 02:27 | URL | あみりん #-[ 編集]
コメント件数の多さに驚くばかりです。
親爺様のファンの多さは凄いですねえ。頭が下がります。
2010/03/19(金) 11:08 | URL | のんべえ #-[ 編集]
途中でアップしちゃいました。
続きです。
昨日は余裕がなくて、記事も読まずに変なコメントしてしまってすみません。
今日は少し余裕があって、遅ればせながら前回の記事を読ませていただきました。
いいご家庭をお持ちですね。
ウチも似たような状況でグッとくる内容でした。
娘達の顔が見たくなりました。
2010/03/19(金) 11:22 | URL | のんべえ #-[ 編集]
気が付けば、選んだ酒はムナゲばかり。
愛すべきムナゲ。あぁムナゲ。

なんかスカッとしました。。。

パーツの名前でこんなに盛り上がっちゃう親爺さん、
なんか微笑ましいです。(^ω^)

2010/03/19(金) 20:05 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
3日で完飲とは早っ。
これだけ旨い酒ならあれば年三も3日で呑んじゃいそうです。
生酒のシールは証紙とか規格紙というのですね。
勉強になりました。
2010/03/19(金) 22:21 | URL | 年三 #-[ 編集]
だいぶ「ムナゲ」が浸透してきましたね(笑)。
この銘柄では「兎心」なるものを呑んでみたいんですよね~。
もう終わっちゃってますかね?
2010/03/19(金) 23:21 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
かわせみさん
加桝屋さんに行けば、(たぶん)おりがらみもあると思います。
でも、これはかわせみさんの口にはあわないだろうなー。
2010/03/20(土) 07:33 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
あみりんさん
> 白濁姫
・・・ですか。(笑 
たぶんですが、加桝屋さんの店頭に行けば、おりがらみもありそうな気がします。
お近くでなければしょうがないですけど。
2010/03/20(土) 07:35 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
のんべえさん
さなぶりには、今度は女神さまが降臨されたようで。。おめでたいです。
先ほどのコメントにも書きましたが、
農口さん、常きげんで頑張っておられます。
でも、何となく今季の仕込みで引退っぽいです。(残念
農口杜氏の判断で、今季の吟醸はあえて小さな蓋麹ではなく、吸水を優先して大きな箱(箱麹)で仕込まれたそうです。
2010/03/20(土) 07:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ともにゃんさん
「ムナゲ」はどうしても胸毛につながり、親爺世代は、胸毛=長嶋茂雄なのです。(笑
なので、三段論法的に、無濾過生原酒=長嶋茂雄です。(大笑
2010/03/20(土) 07:41 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
房島屋は毎年、多くの種類を呑んでますが、
21BYは、残念ながら今のところ、19BY=20BY>21BYです。
そうです。
胴「ラベル」とか裏「ラベル」とか肩「ラベル」とかいうのに、なぜかあれは、封印「紙」・証「紙」・規格「紙」なのです。
ここに、食いついてくれたの年三さんだけだなぁ。
2010/03/20(土) 07:44 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
兎心は、まだこれからですよ~。
19BYも20BYも、兎心は6月の蔵出しでした。
夏のにごり酒で、これまた格別に旨いです。
2010/03/20(土) 07:46 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
はじめまして!
そして、コメントありがとうございました!!!

お酒にお詳しいのですね!!!
お酒、私も大好きです!!!
またブログ訪問させていただきます!!!
2010/03/20(土) 12:54 | URL | 三十路オンナ #-[ 編集]
来週、所さんの予定があえば
蔵に行くつもりです♪
雄町の出荷予定。。。
瓶詰めが今週末。
なので、27日午前中が有力でございますm(_ _)m

2010/03/20(土) 15:10 | URL | sakezukibito #-[ 編集]
封印紙というのですか!
あれ、てっぺんに「封」って書いてあってかっこいいなぁって思ってました。
かっこいい!!

しかし、三日で呑んでしまわれるのですね~!すごい。
2010/03/20(土) 19:58 | URL | 夜中の202号室 #-[ 編集]
いつも購入の参考にさせていただいています。

兎心20BYは「酒のさいとう」ネットショップにて在庫ありのようです。
買い物かごに入れることが出来ます。
2010/03/20(土) 20:52 | URL | over #1oteOt0Q[ 編集]
昨夜は実家で「喜平 純米吟醸生貯 白桃酵母」。雄町ですが、味はやや濃いめで、まずまず。肴は刺身で「鰆」と「細魚」。鰆はまだ旬には早いのですが、旨かったですよ。そして、細魚、これは今が旬。甘くて実に旨かったです。
2010/03/20(土) 22:07 | URL | かわせみ #-[ 編集]
これはまたフレッシュで美味しそうですね。
ところで・・・タイトル写真の右端、まさにこの一本ですね。
その時々で入れ替えるのですか?
2010/03/20(土) 22:31 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
1升を3日で完飲。。。
いいペースで呑んでますね~♪
ヨシも焼酎1升買いですが、1週間はもちます。。。(^u^)
900mlなら3日で完飲出来るかも。。。(笑)
2010/03/20(土) 22:39 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
私も「兎心」呑んでみたいでうすね!!
先日、居酒屋で呑んだ「房島屋」もなかなか旨かったです。
スペック何だったか思い出せませんが・・・。
こちらの「おりがらみ」もとても旨そうですね!!
2010/03/21(日) 03:27 | URL | EXCITER #-[ 編集]
ご丁寧に訪問&ご返信いただきありがとうございます。
親爺は、最近、そちら様にはちょくちょくお邪魔させていただいております。
どうぞ、よろしくお願い致します。
2010/03/21(日) 08:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
sakezukibitoさん
了解いたしました。27日を心待ちにしております。
そうですか。酸味マスター:所杜氏のところへ行かれますか。
あそこは、日本で一番遅くまで仕込んでいる蔵の一つだそうですから、まだ何か仕込んでるでしょう。そろそろ、普通酒にシフトしているか?
sakezukibitoさんの奮戦記、ブログアップお願いします。
2010/03/21(日) 08:09 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 封印紙というのですか!
> あれ、てっぺんに「封」って書いてあってかっこいいなぁって思ってました。
> かっこいい!!
>
> しかし、三日で呑んでしまわれるのですね~!すごい。
そうでしたね。封印紙の表裏だけでなく、真上(てっぺん)の写真がないですね。(笑
あそこに、「封」と書かれてますね。
知らない事、覚えて、嬉しくて肝心の写真がありませんでした。失礼いたしました。
2010/03/21(日) 08:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
over様
「酒のさいとう」さんをご愛用ですか。親爺も時々購入させていただいております。
1万円以上になると、送料が無料になるところがいいです。
確かに、20BY兎心、まだ在庫あるようですね。。
寝かせると、とろとろに美味しくなると聞いたことがありますが。

また、情報ございましたら、ぜひお教え下さいませ。
2010/03/21(日) 08:15 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
かわせみさん
「さわら」は読めても、「サヨリ」は読めない人の方が多いんじゃないでしょうかね。
岡山の人にとっては、さわらは、春を告げる魚だそうで。珍重されますね。
中野らんまんで、桜鯛をたべてみたいなぁ。
2010/03/21(日) 08:18 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
まさにそうです。気付いてくれた方がいて、嬉しいです。(笑
以前は、よくTOP写真を変えていたのですが、
最近は、半年に1回くらいでしょうか。。
一升瓶を8本も9本も並べるの、結構大変なのですよ。(笑
2010/03/21(日) 08:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
焼酎は、お湯割りにしたりして、量が増えますから。(笑
1日3合くらいが親爺にとっては適量なので、一升瓶が3日ほどで空いて行きます。
(早いかな~??健康的な量だと自分では思ってるのですが。。)
2010/03/21(日) 08:23 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
新酒の時期のおりがらみも良いですが、初夏(梅雨時)に呑む、兎心は格別ですね。
今年はぜひ、お試しあれ。
2010/03/21(日) 08:25 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/279-ae146e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。