旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/28(日)
ジャンボあぶらげ(油揚げ)で有名な、新潟県栃尾の「越銘醸」。
昭和9年、弘化2年(1845年)創業の山城屋<越の鶴>と享保年間(1716~35年)創業の山家屋<越の川>の2軒が合併してできた蔵。(この写真↓は 新潟県酒造組合公式サイトから転載。)
越銘醸
なので、今も看板には、越の鶴と越の川の両銘柄が並ぶ、なかなかの老舗蔵。
金賞受賞歴も多く、〆張鶴・金鶴(or友の鶴)とあわせて越乃三鶴と呼ぶのだそうな。
その実力を買われて、昭和の終わり頃までは寒梅に桶売りもしていたとか。

その越銘醸が、何やら酒販店さんと相談し新たなチャレンジに踏み出したのが、
越の鶴 本生(ほんしょう) 純米吟醸濾過前原酒 中取り 生」。
越の鶴本生(胴ラベル)
テーマは、「無理に辛口に仕上げない」「濾過しない」「完全中取り」の三つだそう。
タンク1本:600kgだけの少仕込みのspecially made。
全量地元栃尾産五百万石使用、仕込水は名峰守門岳に降り積もった雪の伏流水。
確かにスペックは、ムナゲ(ムろかんしゅ)の中取り、日本酒度:-4 。期待は膨らむ。

立ち香は穏やか。フルーツというよりも森林?? あえて言えば穏やかなエステル香。
含むと軽やかな甘みが前面に出て旨いです。甘いけど重たくない。
糖分比率(グルコース比率)が低いのか、口中をスルスルと進み、尖った所が全くない。
さすがは全量五百万石。さすがは完全中取り といったところか。
〆はピリ辛の風味がアクセントとなり、新潟らしい辛口の片りんを見せて切れて行く。

しいて言うと、含み香のアルコール臭がほんの少し気になる事があるか。
でも、よろしいんじゃないでしょうか。

越の鶴本生 越の鶴(胴ラベル)
ところが、日を追うごとに軽快甘口が淡麗辛口に変身して行く。
4日目頃になると、-4の日本酒度はどこへ行ったんだ?と思わせるほどの辛口に。
口当たりもスルスルからピリピリへ変身。
開栓初日からこれほど変化を見せるお酒もある意味面白い。
軽快甘口が好きな人は、速攻で呑み切るべし。
淡麗辛口が好きな人は、数日置いてから呑みだすべし。


【越の鶴 本生 純米吟醸無濾過前原酒 中取り 生 21BY】
・原料米:栃尾産五百万石 十割 、精米歩合:55% 、酵母:不明
・アルコール分:16度以上17度未満、日本酒度:-4、酸度:1.4、アミノ酸度:1.0
・製造年月:平成22年3月
・価格:3,255円(税込)/1.8L

【越銘醸株式会社】 創業弘化2年(1845年)
・所在地:〒940-0217 新潟県長岡市栃尾大町2-8 、TEL:0266-23-3515
・最寄駅:JR上越新幹線長岡駅?(車で30分くらい?) ⇒ 越銘醸の地図
・代表者:小林 幸久?、杜氏:山崎 得一
・蔵見学:なし。

【購入したお店】 ⇒ 株式会社 カネセ商店


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
本正は今日届きます。

これは好みの味わいで呑むには、
早めに呑み切ってしまわないといけないようですね。
4合瓶なので2日で無くなるので問題は無いですが。
2010/03/28(日) 08:43 | URL | 年三 #-[ 編集]
酒度-4で酸度1.4だと、バランスが気になるところでしたが・・・。
本正、ここだけの話、1合瓶でサンプルをいただいたので、まだ開けてませんが楽しみです。
2010/03/28(日) 08:50 | URL | godanism #-[ 編集]
私は速攻呑み切ります。
でも後者の方も味わってみたいので、
一合残しましょうかね~。

しかしまた先を越されました・・・。
私はこれから豊香です。
2010/03/28(日) 09:46 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
面白いですね。軽快甘口から端麗辛口に急速に変わる、フムフム・・。一本で二度美味しい、ちょいと得したような気分ですね。
2010/03/28(日) 10:03 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
ぜひ、早めにお呑み下さい。
親爺は、残りは4合瓶に移して熟成の旅へと旅立たせます。(笑
2010/03/28(日) 12:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
godanismさん
初日は、むしろ絶妙?なバランスといえるほどでした。
1合なら問題ないでしょう。(笑
2010/03/28(日) 12:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
diansさん
豊香、旨かったです。
二合くらい残して、3~4日後と1週間後と呑み比べてみて下さい。
違いが分かりますよ~。
2010/03/28(日) 12:15 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
青さま
なるほど、そう考えれば良いのか!
さすがだ。 <(_ _)>オソレイリマシタ..
2010/03/28(日) 12:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
完全中取りってあたりにこだわり感じます。
2010/03/28(日) 16:08 | URL | riki #-[ 編集]
「完全中取り」の完全の部分、親爺的にはよく分からないのです。
何をもってして、完全と言ってるのか??(笑
2010/03/28(日) 17:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
今時、純吟クラスで濾過を前提に造っているの!?
などと意地悪なことを言ってみました。

日本酒度+5の甘口酒が飲みたい自分には、食指が動かないです、、、
でも、真逆のお酒もいっぺん飲んでみたい!
2010/03/28(日) 20:14 | URL | ぽんちゅう #h9wdgMjs[ 編集]
カネセスペシャル的なこのお酒は今後も進化していくのでしょうか。
私はもう少し後になりそうですが、ゆっくり味わいたいと思います。
ぽち~ん。
2010/03/28(日) 20:57 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
まだ呑んでませんが、自分の感想と親爺さんのレポを
比べられますね!楽しみ楽しみ。。。

ただうちは4合瓶なんですが、呑む人が二人なので
1日で呑みきってしまいそうですね。。。笑
2010/03/28(日) 21:05 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
酒呑親爺さん、こんばんは♪

淡麗辛口が好きな人は、数日置いてから呑みだすべし。
     ↑↑↑
私だったらこちらの方でしょうね♪
でも欲張りだから、甘口から辛口に変わる様も味わってみたいです(笑顔)
ポチ★
2010/03/29(月) 19:27 | URL | かな #7uXy8OfI[ 編集]
そんなに変化するのですか、面白そうですね。三鶴ですか、〆張鶴は時々飲みますが、それ以外は飲んだことないです。
2010/03/29(月) 21:45 | URL | かわせみ #-[ 編集]
ぽんちゅうさん
いつも濃醇旨口系を呑んでると、たまには違う系統を呑みたくなる事はありますが、、
でも、それはちょっとだけでして。。
2010/03/30(火) 06:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん
いつもぽち~ん、ありがとうございます。
最近、皆さんカネセさんなので、飲んでるお酒が同じになってきました。(笑
親爺は、もう少し違うお酒も探訪してみたいと思います。
2010/03/30(火) 06:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ともにゃんさん
そちら様のお宅では、これからは4GBではなく1SBで購入しましょう!(笑
2010/03/30(火) 06:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
まぁ~、いろいろ好みだと思いますが、
冷静に考えると、甘口→辛口に変化するというより、甘みが弱くなってくるのでしょうね。
2010/03/30(火) 06:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
越乃三鶴は、初めて聞きましたが、、
いろいろググってると、三つ目の銘柄には多少、差異がありました。
この変化は、辛口が増えるのではなくて、甘みが弱くなるのだと思います。
2010/03/30(火) 06:26 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
凄く興味深い記事だと思います!ぽち~っと♪

うちの場合は2日持ちませんから、軽快甘口のままで飲みきれますが(笑)
山間や村佑(まだ未飲ですが)との造りの差はなんなんでしょうね。
仕込み水が硬水なんでしょうか??

新潟の有力蔵が新酒のしぼりたて原酒を出してますが、今年初めて〆張りのを頂いて旨口(ちょっとアル添香がやり過ぎ感あったけど)の濃いお酒だぁと驚きましたが。
2010/03/30(火) 14:09 | URL | あみりん #-[ 編集]
あみりんさん
最近、新潟のお酒のイメージもだいぶ変わってきましたね。
村祐は、凄いですよ。紺瑠璃ラベル。ぜひお試し下さい。
2010/04/01(木) 06:14 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
黒に銀箔のラベルはとても良い感じですね~!!
今年は見送りますが、今後楽しみなお酒という感じがします。
数日置くと淡麗辛口とは面白いですね!!
イメージ的には置くと甘みが強くなってくるのが多いですからね~
2010/04/01(木) 16:28 | URL | EXCITER #-[ 編集]
残りを4合瓶で常温放置しておきましたが、室温だと結構呑めました。
冷やすとダメでしたね。
2010/04/03(土) 08:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/281-72e69d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。