旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/11(日)
伊勢神宮に参詣する事をお伊勢参り(お陰参り)といい、江戸時代の庶民にとっては一生に一度の夢の大イベントだった。伊勢「講」を作り、皆でお金を積み立て、くじ引きで当たった人が代表者として伊勢参拝ツアーに出かけたりした。
歌川広重 お伊勢参りの図
庶民の移動が厳しく制限されていた江戸時代、お伊勢参りの通行手形があればどの街道を通っても問題にならず、参詣の後にはついでに京・大阪などを遊山した。
「伊勢に行きたい伊勢路が見たい、せめて一生に一度でも・・・。」と謳われ、現代の海外旅行以上の楽しみだった。

ブームが過熱し、たった今お店の掃除をしていた奉公人が突然思い立ったように伊勢に走りだし、子が親にも告げずに姿を消して伊勢に参ったりした。
なので、お伊勢参り(お陰参り)のことを、別名「抜け参り」とも言う。
抜け参りの図 彼らは無一文でも、柄杓(ひしゃく)一本さえ担いでいれば、それが抜け参り(若者の無銭旅行)のマークとなり、宿の提供や食べ物の援助など沿道や旅の人々のサポートを受けて、無事、伊勢参りができたという。
数ヶ月が経ち、伊勢参りから帰った奉公人は何事もなかったようにそのまま店の掃除を続け、店の主人も何も言わずに雇い続ける。それくらい抜け参りは社会に容認されていた。

親爺の家では、親(=親爺の母親)が子(=親爺)にも告げずに「抜け参り」だ。(笑
同行者は、最近コメントをいただく粋豚(すいとん)さん。
おかげ横丁 おかげ横丁HPから転載)
現代の抜け参りは、快適だ。柄杓(ひしゃく)の代わりにバッグを一つ担いで温泉旅行。
現代も、この大勢の参詣客の熱気と狂騒は、江戸時代の浮世絵と変わらない。

変わったのはお土産である。
江戸時代は、参詣の証拠の品(お札やお守り)と、しゃもじ・はし・錦絵・(いまもある)赤福など、軽くてかさばらなくて壊れにくいモノだった。

現代になり、無事伊勢参りから帰還した粋豚(すいとん)さんから頂いたお土産はこれ。
虎仙ひょうたん燗瓶
かさばって割れやすいモノでも何のその。快適な電車の旅とはいえ、有難いことである。
そしてなぜか、このアングルは宇宙戦艦ヤマトを思い起こさせるのだ。(笑

艦艇の底を見ると、砲台の付け根部分には、
伊万里虎仙 「伊万里 虎仙」と記されている。
ググってみると、あのラーメンの鬼:佐野実さんのラーメン鉢も、虎仙を愛用してるとか。
この虎仙窯は、代々、肥前佐賀鍋島の藩窯で青磁の製作を承っていたという。今でも、伊万里市内に登り窯を保有し、窯元の長女は伝統工芸士と認定された上絵付けの名人。
結構、名もあり実力もある窯元のようだ。

頂戴した酒器は、名を「ひょうたん燗瓶揃」と言うらしい。
現代の抜け参りは、帰参する時に随分とお金と気を使うものになったらしい。
無理させちゃったな。申し訳ない。
・・・と言いながら、ありがたく頂戴いたします(笑)。 <(_ _)>アリガトウ..


ところで、お伊勢参りでなんで伊万里焼きなんだ??← ここ、重要だろう!?


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
親爺さん・・・
TOP画像が・・・

しかも・・・
ついに・・・

十四代が~!
ポチ&ポチ
2010/04/11(日) 13:52 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
その酒器、どうやって洗うんでしょうか?
とても気になります(笑
2010/04/11(日) 15:45 | URL | KazN #-[ 編集]
表紙の写真が・・・
十四代、飛露喜愛山、而今・・・
スゴすぎ。

年三とこにもこの酒器と同じような形の物あります。
ただし磁器ではなく陶器ですが。
2010/04/11(日) 16:10 | URL | 年三 #-[ 編集]
十四代と飛露喜の愛山をいただいたもので、、嬉しさのあまりTOP画像を変えてみました。(笑
誰かに気付いてもらいたいような、気付いてもらえなければネタにしようか?と考えたり。。
でも、速攻で気付いて頂き、ありがとうございます。
2010/04/11(日) 18:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
この酒器は、お湯で洗い流す(すすぎ荒い)だけですね。
その日、使い終わったらいつまでもテーブルの上にだしておかずに速攻で洗った方が良いでしょうね。
徳利でも、首の細い徳利(特に、「トクトク」と音がするようなタイプ)はほとんどすすぎ荒いですので、ま、そんなに気にしなくても良いのかなぁ??
2010/04/11(日) 18:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
年三さんも似たような酒器お持ちですか!
磁器の方がガラス成分が多いので、水をはじく(吸水が悪い)と聞きますが、実際にお酒を呑む時に、陶器と磁器で違いがわかるものでしょうか??
チャンスがあれば試してみたいです。
2010/04/11(日) 18:30 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
素敵な酒器ですね~♪
コレで呑むお酒はまた一味違うんでしょうね(●^o^●)

先日宮司さんに来てもらい、我が家の神棚にお伊勢さんと地元の神様を祀りましたよ(*^^)v
2010/04/12(月) 10:08 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
江戸時代のお伊勢参りのこと初めて知りました(笑顔)
大変お勉強になりました。

ひょうたん燗瓶揃って読むんですね??
素敵な酒器ですね、それも伊万里焼!!
お酒もさぞかしおいしいことでしょうね(笑顔)ポチ★☆
2010/04/12(月) 11:20 | URL | かな #7uXy8OfI[ 編集]
上が徳利で、下が急須のような千代香のような。
おもしろいですねえ。ひょうたんの絵もかわいい。

磁器は吸水が悪いというか、ほとんど吸水はしません。
陶器は細孔に空気を蓄えていて、そこに水分を引き込んだ際
空気と混じり合いますので、差が出るはずです。

と、思っていても、実際お酒を呑むときは忘れてます。笑
比べてみたら教えてくださいね~。
2010/04/12(月) 13:39 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
いやぁ、風雅なお土産ではないですか。
伊勢参りのお土産に伊万里焼!
そこ!つっこみどころです。
美味しいところは、残しといてくださいよ!
2010/04/12(月) 22:51 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
TOPの画像変ったと思ったら、やはり皆さん気づいていたのですね・・・
ついに「十四代」と「飛露喜 愛山」入手されましたか~
両銘柄とも先日抽選に外れたばかりなので、凄く羨ましいです。
2010/04/13(火) 01:40 | URL | EXCITER #-[ 編集]
酒器って 増えるとまたこれで何飲もう~~♪ってなりますよね(^^)

でも・・・お伊勢さんじゃなく 九州に行かれたんですか???

まあ~~似た様なモンですね(どこが~~笑)
2010/04/13(火) 08:13 | URL | 花あじさい #-[ 編集]
お伊勢詣りのこと,よっくわかりました。ありがとさんでした。
お詣りがメインのはずですが,おかげ横町が面白い。
酒の話でない時も,なかなか良いですね。
伊万里焼,ネタにしていただき光栄です。なんちゃって。。
2010/04/13(火) 18:52 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
> 先日宮司さんに来てもらい、我が家の神棚にお伊勢さんと地元の神様を祀りました
・・・これって、結構凄くないですか??
親爺の家には神棚もありません。。
ひょっとして旧家のいいところのご出身でしょうか?
あ、ちなにみにまだこの酒器では未呑です。(アハ..
2010/04/13(火) 21:57 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺は歴史が好きなもので、こうした話題になると、つい知ったかぶりをしてしまいます。
ご迷惑をおかけいたします。 <(_ _)>
まだ、この酒器で呑んでおりませんが、たぶん旨い・・・と思います。
まずいなんて言ったら、粋豚さんに殺されそうです。(笑
いつもご声援ありがとございます。感謝いたします。
2010/04/13(火) 21:59 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ともにゃんさん
> 陶器は細孔に空気を蓄えていて、そこに水分を引き込んだ際・・・
って、随分お詳しいではございませんか。
これでは、親爺の出る幕はありません。(悲
親爺はまったくの無知なので、酒器については、ともにゃんさんのレポにお任せです!
2010/04/13(火) 22:02 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
すみません。
ツッコミどころまで、親爺がいじくってしまって。。(笑
これからは、気をつけま~す!
2010/04/13(火) 22:04 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺も抽選に外れたクチでして。。
実は、これは頂き物です。ハイ。
もつべきものは友とでも言いましょうか。ありがたいことです。
2010/04/13(火) 22:06 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺の家には、酒器はほとんどないのですが、
亡き父の頃に酒屋さんでもらったとおぼしき徳利(白鹿とか銘の入ってるヤツ)などがあります。当時は単なる販促グッズだったのでしょうが、いま見るとこれが結構いいヤツなんですよね~。
2010/04/13(火) 22:09 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
粋豚さん
おかげ横丁、多少(というか大いに)観光地化されてますが、初めて行くと楽しい場所だと思います。
伊勢神宮(とくに内宮)の静寂との対比が、いかにも宗教(心)の世界と俗世間との対比のようで。
2010/04/13(火) 22:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
先日,お酒大好きの友人達に連れられて,十四代の無濾過生原酒&生詰(たつのおとしご)の2種を呑むことができたんですよ~♪
お店(隠れ家的,1日限定1組のみのお客さんしか取らないそうで)のご主人が良い人で,生酒と生詰の違いをちゃんと説明してくれたんですが,呑んだら忘れちゃいました!? 
粋豚は,お酒の素人なもんで,難しいことはわからないけど,どちらもうまかったなぁ~♪
ではでは,親爺殿も元気に呑んで,元気にお仕事頑張ってください。
2010/04/20(火) 10:57 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
神楽坂の風雅ですか?
ま、どこにしても、一日一組で商売を成りたてようとしたら・・・、それは高くなるわな。
ご馳走様でした。
2010/04/20(火) 20:49 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
違うよ~ん,お店は浅草橋。
居酒屋さんよりはちと高いけど,可愛い小さなお店でした。
この日は,10種の日本酒にあわせて,ちっとずつ酒肴をだしてくれました。
焼酎好きのお客さんなら,うまい焼酎や話題の焼酎と一緒に,焼酎にあう料理を考えて出してくれるそうですよ。
2010/04/21(水) 09:50 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
はしもとさんですかね。 ←これで外れたら、もう、予想しない。(笑
2010/04/22(木) 23:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/287-bf845f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。