旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/08(土)
われら日本酒星人は、「而今」を普通に “じこん” と読めますが、それは何より、
じこん3 ← ここに振り仮名があるおかげ。
(日本酒を呑まない、普通の方には(たぶん)読めません。。)
ただ仏教用語では、“にこん”と読むのが多数派らしい。(“じこん” “しきん”でも良いそうです。)

日本の曹洞宗の宗祖:道元禅師が中国で修行中、一人の老僧の典座(てんぞ:台所で食事を作る役)から教わった事を書き記した『典座教訓』という中に、
  「他不是吾 更待何時
  (他は是(こ)れ吾(われ)にあらず。更にいずれの時をか待たん。)
という、有名(らしい)一節がある。
簡単に訳せば、「自分がやらないで誰がやる。今やらないで何時(いつ)やる。」です。

佐藤俊明師の説明を借りると、
  「他に是れ吾にあらず」は空間的位置(ここ)を決定した言葉であり、
  「更にいずれの時をか待たん」は時間の位置(いま)の決定である。
  他人でなく自分(ここ)、あとでなく(いま)、
  このいまとここのクロスしたところが現実であり、道元禅師はこれを而今(にこん)という

つまり、而今とは「自分(ここ)の、今この一瞬」という意味です。
曹洞宗関連用語集の而今の項にも、①この ②今 の2つの意味が定義されています。)


「而今」の裏ラベルには、「過去に囚われず未来に囚われず 今をただ精一杯に生きる」
而今精一杯に生きる とありますが、
上記のとおり、「而今(にこん)」の二文字には、ここまでの意味合いはありません。

ただ、道元語録集ともいうべき『正法眼蔵随聞記』に
  「学道の人は、後日を待って行道せんと思ふことなかれ。 
   只、今日今時を過ごさずして、日日時時を勤むべき也。」
  (仏道に学ぶ人は、後で修業しようなどと思ってはいけません。
   今のこの時を無駄に過ごさず、日々刻々、その瞬間を懸命に勤めなさい。)
とあるように、「而今に生きる」ことの大切さを説いてます。

こうした『正法眼蔵随聞記』や『正法眼蔵』の解説に“過去や未来に囚われず而今に生きる”法話もあり、大西杜氏は、而今の持つ言葉の意味と自己の(酒造り)の信条や家訓を重ね合わせて、こう言葉に表現されたのだと思います。

「而今」という銘柄の由来について、
・「蔵の座敷にあった掛け軸からインスピレーションを得て命名された」(酒販店などのWEB)
というのが通説ですが、これについて
古川修の美酒美食『創遊ライフ』 には、→ 而今掛け軸
その掛け軸と思われる写真と、「而今とは、今を一生懸命生きるという家訓」との大西家の聞き書きが載っています。また、
・「母親が(「身を削るようにして酒を造る大西杜氏に)贈った言葉」(dancyu2007年4月号)
との説もあります。おそらくどちらの説も正しいでしょう。

酒造りに打ち込む息子に、母親は掛け軸の言葉の意味を教え励ましたことでしょう。
文政元年から続く旧家です。次代を引き継ぐこの跡取りに家訓を諭した事もあるでしょう。
それを受け止めた杜氏が、「而今」に感ずるものがあり、それを自らが立ち上げる新ブランドの銘とし、自らの姿勢を裏ラベルの言葉に表現したのだと思います。


而今とは、先述のとおり道元禅師(曹洞宗)の言葉です。
すると、木屋正酒造(大西家)の宗旨は曹洞宗なのでしょうか?

文政元年(1818年)の創業から約200年、ずっとこの地で酒造業を営んでるのですから、この地のお寺の檀家(それも檀家総代とか)のはず。
もし木屋正酒造が曹洞宗ならば、近くに曹洞宗のお寺があるはずです。

木屋正のすぐ近くにあるお寺は、妙典寺(日蓮宗)、栄林寺(浄土宗)、・・・、ありました。
曹洞宗 徳蓮院(名張市平尾3152)。木屋正酒造から線路を挟んで向こう側です。

そして何と!この徳蓮院には、名張藤堂家の初代:藤堂高吉のお墓があるのです。
(初代だけではなく歴代藩主のお墓も。)
木屋正酒造は、寛永13年(1636年)に藤堂高吉が伊予今治から伊賀名張に移封された時、藤堂家について一緒にやってきた材木商が祖です。この何代かあとの木屋正之助が文政元年(1818年)に酒造業を始め、いつの頃からか屋号が木屋正になったのです。

禅宗は武家の信仰が篤いので、藤堂家の臣下のお墓も徳蓮院にありそうな気がします。
もしかしたら、一緒に来た今治の商人や大西家のお墓も徳蓮院なのかもしれません。。。

(以上は全て親爺の勝手な想像です。親爺の歴史遊びに過ぎません。←ここ、お間違いなきように。)


つまらない長文に最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
親爺さまおはよう^^
真剣に読み入りました。
「木屋正」の「木屋」だけは材木商かなぁと思っていたら、酒造業の初代のお名前から
「正」もついたのですね。

わたしも

この時を無駄に過ごさず、日刻々、その瞬間を懸命に・・・
お酒を飲むことに精進することを誓います!
2010/05/08(土) 05:54 | URL | あみりん #-[ 編集]
あみりんさん
「木屋正」から元は材木商と推測できるあたり、相当な歴史センスとお見受けしました。

> お酒を飲むことに精進することを誓います!
道元の言葉から、お酒の選手宣誓をした方は、(たぶん)あみりんさんが第一号でしょう。(笑
お互い頑張って、良いお酒、飲(や)りましょう!
2010/05/08(土) 07:31 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
6月7日、ぜひご本人に
お聞きになってみて下さい。

大西さん、きっとびっくりされますよ♪
2010/05/08(土) 10:43 | URL | 吟醸党 #nmxoCd6A[ 編集]
お酒に限らず、もの作りをしている人が、自分の作ったものに想いや魂を籠める瞬間っていうものに、かなりトキメキます。
夫以上にトキメキます(笑
2010/05/08(土) 13:17 | URL | 夜中の202号室 #-[ 編集]
とても興味深い内容で、大変参考になりました!!
流石「而今マスター」です♪
2010/05/08(土) 15:29 | URL | EXCITER #-[ 編集]
酒呑童子ならぬ「しゅてんじじぃ」でしたか~,あっ間違えた!酒呑おやじぃでしたか。
どうも,失礼しました(^^)
親爺殿,ぼちぼち走り始めたのですね。粋豚は,来週末に,皇居マラソンに参戦です。
今年で,3回目のエントリ-。而今の含蓄,ためになりました。
頑張るどぉ-!!
2010/05/08(土) 16:40 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
まず、“しゅてんおやじぃ”さんでしたか。“どうじ”のすえですかな。
さて、而今のお話、興味深く読ませていただきました。
以前、名張の赤目四十八滝に行った時、近くに造酒屋を見つけました。今、思えばきっとあれが木屋正酒造だったのでしょう。
寄ったらよかったなぁ・・・・、まことに残念な思い出です。

2010/05/08(土) 19:30 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
年三は武家の出身ではありませんが、菩提寺は曹洞宗です。
而今は禅の言葉と知っておりました。
小学5年の時住職から説教受けてしまいその時に。
この住職、お酒好きなので、頼みごとある時はお酒持ってくと話がうまく進みます・・・
今度、而今持って行こう。
2010/05/08(土) 21:30 | URL | 年三 #-[ 編集]
面白い考察でした☆
而今、仏教のお言葉でしたか。通りで読めないはず。笑

日本の仏教に関しては、すごーく入り組んでて複雑で
わたしの萎縮した脳ではもう限界でした。(-ω-;)

でも親爺さんの歴史のお話、楽しいです☆
2010/05/08(土) 21:53 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
深いですね~♪
今を懸命に生きなければ!!!^^

実は親爺さんのトップ画像を見て
何て読むんだろうな~なんて思ってました。。。(^v^)
今日1つスッキリしたわ♪
2010/05/08(土) 22:45 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
こういう風に、色々と思いをめぐらせながら呑めるとは、さすがです。


自分なんてただ、うめぇ。ウメー。の連発で呑んでいるだけです(笑
2010/05/08(土) 23:58 | URL | ino #w4Ib0zSU[ 編集]
吟醸党さん
いやぁ、吟醸党さんに褒められると何だか畏れ多いです。
6月7日は、緊張のあまり何もお話できないかも。
子供の頃、後楽園球場に王・長嶋を見に行くようなそんな感じです。
2010/05/09(日) 06:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺もかなりトキメキます。
而今のラベルを見ただけで、妄想と涎が。。
あ、これはトキメキではなくてパブロフの犬か。
2010/05/09(日) 06:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 流石「而今マスター」です♪
EXCITERさんから、こんな称号を賜るとは、、嬉しいです。
でも、まだまだ上には上が大勢いらっしゃいますから。エグゼクティブマスターみたいな方々が。
2010/05/09(日) 06:47 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
粋豚さん
皇居マラソン、1周5kmくらいですか?
1周なら大丈夫でしょう。周りの方に迷惑をかけない程度に頑張って下さい。
2010/05/09(日) 06:49 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
青の50号さん
いつも酔って候の赤鬼さんということです。ハハハ。。
而今の蔵は、名張駅に近いです。赤目四十八滝に行く時に名張の市街地を通ったのなら、間違いなくそこですね。外観だけでも見れたのなら逆にラッキーですよ。
2010/05/09(日) 06:58 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
考察というほど高尚なものではございません。。
親鸞と道元は、なぜか国民的人気があるようで、映画にもなってますね。
空海になると壮大すぎてなんだか、ちょっと遠い感じですかね。
・・・って、なにも理解しないで、感覚だけですけど。ハハハ。
2010/05/09(日) 07:01 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
而今、読めてませんでしたか。
するとヨシさんは、(いままでは)日本酒星人ではない普通の日本人ということです。
でも、これが読めてしまった今から、日本酒星人に一歩近づいてしまった!(笑
2010/05/09(日) 07:03 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こういうのを、妄想と言います。
親爺も「これは、うめぇ~酒!」などと言って、子供から「それは日本酒」と突っ込まれております。(笑
2010/05/09(日) 07:06 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
順番が前後して、失礼しました。
5年生で而今の言葉を知ってましたか。これこそ何かの縁、しっかりと而今を呑みましょう。
でも、住職に而今なんて持っていったら、ラベルを見て説教(法話)が始まっちゃうかも??
御注意を。。
2010/05/09(日) 07:09 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/09(日) 07:58 | | #[ 編集]
サントス君
月曜日の君の活躍に期待する。
使い回しは、タニーとジュンジュンで良いだろう。
とりあえず君は、(今のところ)撮影班という事で。。
2010/05/09(日) 08:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
最初から最後までじっくり読ませて頂きました!
裏ラベルにある「過去に囚われず・・・」を見て
「う~ん、深い・・・」程度位にしか思わなかったのですが、
親爺さんの解説を拝見し、より深いものが感じられました。
これから呑む「而今」、心して呑みます!
2010/05/09(日) 08:30 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
読んでいて♪
そこに歴史があって
それを想像する
ロマンがあって・・・
歴史にハマる方の気持ちが
少しわかった気がします♪
而今・・・
おぉ「にこん」で変換できましたぁ♪
また一つ勉強になりました(^-^)
2010/05/09(日) 11:23 | URL | sakezukibito #-[ 編集]
名阪国道で近くを通ったのですが・・・残念ながら その前の伊勢神宮などを観光の折のGW大渋滞に巻き込まれ疲労困憊で探す気になれず見てこれなく無念です。。。今度はバイクで・・・でも寒いんだよなバイク
2010/05/09(日) 19:07 | URL | OIRAn #-[ 編集]
6月7日ってなんでしたでしょうか?

追伸:
サントス君、がんばってください。
2010/05/09(日) 20:06 | URL | かわせみ #-[ 編集]
『而今』深い言葉ですね。
お酒の味わいも深いですが・・・。
米の味わいではないですよね~。
ぽち~ん。
2010/05/09(日) 21:02 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
diansさん
6月7日は、体調万全で心して臨みましょう!(笑
どうぞよろしくお願いいします。
2010/05/10(月) 06:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
sakezukibitoさん
こちらの署名では、最初のsが小文字ですね??
親爺のPCでは、にこん、、、変換できません。
2010/05/10(月) 06:21 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
OIRAnさん
随分遠くまで行かれたようですね。。
お疲れ様です。
伊勢ネタ、アップをお待ちします。
2010/05/10(月) 06:21 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
かわせみさん
6月7日は、而今の会に呼んでいただいております。ハイ。
頑張って行ってきます。
2010/05/10(月) 06:22 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん
この而今は味わい深いです。いつものジューシー炸裂の分かりやすい而今に比べると。
2010/05/10(月) 06:23 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
でも、Nameのところには
大文字でSと入れてるんですが
謙虚な気持ちの現れでしょうか(笑)
それとも、ただの気がちっさいだけでかも(笑)
2010/05/10(月) 11:44 | URL | Sakezukibito #-[ 編集]
謙虚な気持ち、でっかい志ということですか!
2010/05/11(火) 18:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
凄い第一号になってしまった(笑)
親爺さま、わたしは歴史は全くもって苦手です。
特に幕末から近代史は全然わかりまへん。
ミステリー好きなので思っただけです。
2010/05/12(水) 19:20 | URL | あみりん #-[ 編集]
あみりんさん
こればかりは、(おそらく)映えある第一号でしょうね。。
幕末~近代史、親爺の線もではありませんか。(←ウソ
2010/05/12(水) 23:25 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/300-25d857b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。