旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/24(月)
紀州和歌山、紀ノ川沿いにある「吉村秀雄商店」。(↓この写真は、杉浦酒店HP からの転載です。)
土蔵
大正4年(1915年)創業時に建てた土蔵で今も酒造りを行っている。
温度や湿度に応じて壁が呼吸し、酒造りに必要な微生物に快適な環境が保たれるとか。
車坂 出品酒 純米大吟醸(キャップ)なのでキャップのマークとロゴは、「紀州 土壁酒造」。
水はもちろん紀ノ川の伏流水。やや軟水の旨し水。

近くには有名な根来寺がある。
根来寺 室町期には70万石もの寺領を誇り、
商工業も大いに栄え、その山内は一大宗教都市の様相。対明貿易までしてたらしい。
1543年種子島に鉄砲が伝来するや、片方の一挺を譲り受け根来に持ち帰り、堺の鍛冶芝辻清右衛門に大量に作らせた・・・。 鉄砲伝来譚には必ず出てくるお寺です。

鉄砲で武装したこの地の集団は、根来衆と呼ばれ戦国大名にもおそれられました。
なので、吉村秀雄商店のブランドの一つに「鉄砲隊」という銘柄もある。

が、今回呑んだのは「車坂」という銘柄。それも
車坂 出品酒 純米大吟醸(胴ラベル) 「車坂 出品酒 純米大吟醸」。
おそれ多い純米大吟醸。

開栓初日の香りは、バナナ系かとおもいましたが、翌日は桃のような。。
どちらにしろ、芳醇でフルーティな吟醸香です。

透明ですっきりとした、ほの甘みが舌の上で心地よいです。
のど越しに感じる、隠し味のようなちょっぴりの苦みが、旨みとしっとり感を引き立てます。

綺麗な香り、すっきりとした甘み、余韻を引き立てるしっかりとしたキレ。。
これが、出品酒の純米大吟醸か。。
(でも、このお蔵は全国新酒鑑評会には出られないのです。行政の驕りです。詳しくはこちらを → 吉村秀雄商店

と思いきや、2日目からは濃醇さを感じさせる旨み。
高精白の綺麗さよから、やぼったさを感じさせるほど、分かりやすい甘み。
のど越しの、ほろ苦は変わらずに。

なかなかに旨いっす。

車坂 出品酒 純米大吟醸1 車坂 出品酒 純米大吟醸(裏ラベル)
初日の綺麗なのも美味しいけれど、2日目の少しやぼったい感じの、分かりやすい甘みがこのお酒の本領だと思います。親爺は、こっちの方が気に入りました。


【車坂 出品酒 純米大吟醸 瓶燗原酒 21BY】
・原料米:兵庫県特A産山田錦100%、精米歩合:40%、酵母:明利&1801号ブレンド
・アルコール分:17度以上18度未満、日本酒度:-、酸度:-、アミノ酸度:-
・製造年月:平成22年5月
・価格:頂き物につき不明/1.8L

株式会社 吉村秀雄商店】 創業大正4年(1915年)
・所在地:〒649-6244 和歌山県岩出市畑毛72番地、TEL:0736-62-2121
・最寄駅:JR和歌山線 岩出駅(駅から約2km、車なら5分ほど) ⇒ 吉村秀雄商店の地図
・代表者:安村 勝彦(代表取締役社長)、杜氏:林本 嘉宣(但馬杜氏)
・蔵見学:4月~10月まで、見学料:500円(純米吟醸生原酒300ml×1本のお土産つき)


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
根来寺、月一くらいで仕事で前を通ってるんですが、この酒造は知りませんでした。
いつもは上司と一緒なんですが、今度一人で仕事作って行ってみます!
2010/05/24(月) 22:43 | URL | KazN #-[ 編集]
「芳醇でフルーティな吟醸香」
なんと素敵な言葉なんでしょう。

もうたまりません。

まだ月曜日・・・。

ポチッとな。
2010/05/24(月) 23:43 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
行政改革もいいですけど日本酒造組合中央会と共催するために参加資格さえなしってひどいですね!
読売が高校野球の主催になれないのはしかたないですが←関係ない^^;

和歌山市生まれですから、ここのお寺も多分いったことあります。
根来衆ですか全然知りませんでした。
雑賀の衆は知ってましたが。
わたしはまだ未飲なのですが、雑賀のようにひとクセあるお酒ではなく、正統派だそうですが。
2010/05/24(月) 23:48 | URL | あみりん #-[ 編集]
なかなか難しい問題ですね~。
再度組合に入るのは色んな意味で
難しいのですかね~?

このラベルのうっすらと黄色っぽいマークは
家紋か何かですかね~?
2010/05/25(火) 06:49 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
酒呑親爺さん~紀州の「吉村秀雄商店」の酒蔵って
重厚な昔ながらの佇まいなんですね~♪
土蔵とか珍しいですね。

「車坂 出品酒 純米大吟醸」
バナナ系から桃のような芳醇でフルーティな吟醸香ですか??
一度で二度美味しい純米大吟醸!!


なかなかに旨いっす。
    ↑↑↑
の言葉に私も呑みたいですねぇ(笑顔)ポチ
2010/05/25(火) 12:10 | URL | かな #7uXy8OfI[ 編集]
鑑評会の話は、ひどいですね。
酒造りの方向性は自由なはずなのに…

こりゃ仕分けですね、仕分け。(`ω´)

…無くなると困るのかな?(´ω`)弱気
2010/05/25(火) 12:51 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/25(火) 18:28 | | #[ 編集]
酒造組合中央会と共催になった時点で、予想できる展開ですね。
鑑評会の本来の目的は、酒造業の振興と技術向上のため、相互の研鑽を促進することのはずです。
国が「効率化」という名目で中立性と指導性を放棄した結果です。
全く残念なことです。
しかし、この蔵元の毅然とした姿勢にホッとしますね。
和歌山 吉村秀雄商店、覚えときます。応援しましょう。
2010/05/26(水) 00:34 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
酒蔵・・・情緒あふれてますね♪
昔の人の知恵って凄いです!!!
壁が呼吸するんですもん(*^^)
2010/05/26(水) 17:53 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
出品酒と聞くと大吟醸のイメージなのですが、純大吟もあるのですね。
また、素敵なお酒に出会えました。
ぽち~ん。
2010/05/26(水) 20:46 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
月1くらいで、こちらのお蔵さんとニアミスですか。。
ぜひ、一度寄ってみて下さい。
そして、是非ブログアップのほどを。
2010/05/26(水) 21:36 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
星矢馬鹿酒さん
週一は、曜日を決めてるのですか?
ひょっとして、土曜日とか??
体調を崩さない程度に、もうちょっと、回数を増やした方がいいと思いますよ。(悪魔の囁き
2010/05/26(水) 21:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
あみりんさん
雑賀党には、「孫一」さんというスターがいますが、
根来衆には、そういう人がいないんですよね。
そのため、一般的な知名度が雑賀の衆のよりも低いです。
和歌山のご出身でしたか。たぶん、雑賀よりはお口に会うのではないかな?と思います。
2010/05/26(水) 21:44 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ラベルのうっすらと黄色っぽいのは、ご指摘のとおり、家紋のようです。
出品酒のラベルだけに、この黄色い家紋付きのラベルになるようです。
(もとは、もっと鮮明な家紋だったようですが、冷蔵庫で寝かせてるうちに色あせたようです。。
2010/05/26(水) 21:47 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このお酒は、なかなか旨かったです。
全国の鑑評会には出られませんが、大阪の鑑評会とかではちゃんと優秀賞を受賞したようです。
2010/05/26(水) 21:50 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ともにゃんさん
現場を知らないお役人が、偉そうに仕切るとこういう風になっちゃいますね。
でも、実力と自負がある蔵は、べつにへこたれませんよ!
がんばれー、車坂。
2010/05/26(水) 21:51 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
○○さん
行ってらっしゃいませ。
コメントは要りません。
お誕生日はお祝いしてあげて下さい。(でも、ミーヒャが来れば、あなた様の出番はない??と想像いたします。
2010/05/26(水) 21:54 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ぜひ、応援よろしくお願い致します。
会員じゃないと、参加させてあげないなんて、、ちょっと、料簡が狭いですね。
来るものは拒まず。。そのくらいの度量が欲しいものです。
2010/05/26(水) 21:56 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
そのおりですね。
いまでこそ、科学の力で酒造りの各工程が理論づけられてきたようですが、
昔の人は、経験と勘で、微生物の働きなどを知っていたのですから、凄いものです。
2010/05/26(水) 21:59 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
いつも、ぽち~ん ありがとうございます。
確かに出品酒と聞くと、テクニカルなアル添の大吟醸のイメージですね。
2010/05/26(水) 22:01 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
19BYでは純米で全国金賞という素晴しい結果だったんですが。
18BYはアル添(自分の記憶では)で落選(同じく)ですが。

そういや、今年のは飲んでないな、スルーかなぁ。
親爺様の記事で疑似体験?したので良しとします♪

2010/05/26(水) 23:52 | URL | ぽんちゅう #h9wdgMjs[ 編集]
1度は呑んでみたいな~と思っている「車坂」
全国の鑑評会には出られない様で残念ですが、ファンも多い様ですし本当に実力のあるこの蔵元であれば大丈夫ですね!
2010/05/27(木) 05:16 | URL | EXCITER #-[ 編集]
車坂と鉄砲隊が同じ蔵とは知りませんでした。
銘柄知っているだけで未飲ですが、車坂は呑んでみたいですね。
鑑評会、腹が立ちます。
すごい良い酒造って見返してやれって思ってしまいました。
2010/05/27(木) 22:14 | URL | 年三 #-[ 編集]
ぽんちゅうさん
そうですか。よく御記憶されてますね。
大阪の鑑評会では、今年は入賞だったそうです。
出品酒でこの価格(親爺の場合、頂き物ですが)は、魅力的です。
2010/05/28(金) 06:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺は、まだ家呑みはこの1種類だけですが、なかなか良いと思いました。
また、いくつか違うのも試してみたいです。
2010/05/28(金) 06:26 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
車坂と鉄砲隊のコンセプトの違いが、イマイチ良く分かりませんが。(笑
呑み比べでもしてみれば、わかるのかも。
2010/05/28(金) 06:27 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ご無沙汰しております。
車坂の出品酒、私も先日いただきました。いつものお店で。
抜栓して1週間経った残り2~3合ってところをいただいたのですが
旨かったですねぇ!
バナナとか桃とかの香りと感想があり驚きなのですが、私が飲んだときは、落ちついた感じでさほどでもありませんでしたよ!
味わいは、同じく和歌山のお酒・黒牛を思わせ、適度に辛口で喉越しもよく私的には◎です!
これは他のも飲んでみたいなぁーと、早速買い出しに走り冷蔵庫には車坂の純米・初しぼりが...(笑)
2010/05/30(日) 13:38 | URL | ウッチー #-[ 編集]
師匠、ご無沙汰しております。
このお酒は、喉越しが素晴らしいですね。
弟子の親爺はまだ、黒牛は家呑み出来ておりませんが、同じ味わいでございますか。
また、勉強させていただきました。
最近、師匠のフットワークも軽く、旨い酒発掘に余念がないようで何よりでございます。
2010/05/30(日) 21:41 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/306-957c99de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。