旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/01(火)
あみりん さんに何のお断りもなく神奈川のお酒。(笑) 神奈川のお蔵さん、初家呑みの親爺です。
天青キャップ湘南は茅ヶ崎の蔵元「熊澤酒造」。
キャップのマークも烏帽子岩。
創業明治5年(1872年)。この蔵も三代目からは、代々、茂吉を襲名する。

現当主は、6代目茂吉(旧名:信也)。1969年生まれ。早稲田大学教育学部卒。
075l.jpg ← この写真は早稲田ウィークリーからの転載です。
米国留学~米国横断自分探しの放浪の旅の末、93年24歳で熊澤酒造に入社。

衰退していた家業を盛り返すため、蔵の改革に次々着手。
96年にまずは、地ビール「湘南ビール」の醸造販売を開始。通年雇用の社員の酒造りの技を生かすためだ。
97年6代目茂吉を襲名後、さらに蔵の変革へと邁進する。
  (下の3枚の写真は湘南後継物語からの転載です。)
005.jpg006.jpg007.jpg
00年にはパン工房「パン・ア・ラ・ビエール」を開設し、若手杜氏と新しい酒の造りに入り、
01年にその新ブランド「天青」を発表 。
02年6月にはレストラン「蔵元創作料理・天青」をオープンと次々に新事業を展開する。

酒造りのシステムも、10月中旬から始める酒造りを11月末にいったん止め、酒が最も売れる12月は営業と出荷に集中。1月から3月までまた造る という風に変えているという。

こちらが、日本酒とビールの醸造責任者(杜氏)の方。
天青杜氏 ← この写真は『dancyu 2010年3月号』からの転載です。
杜氏:五十嵐 哲郎 1973年生まれ。東農大醸造学科卒。96年入社。5年目から杜氏。

そして今回呑んだのが、「天青 純米 吟望 頒布会限定酒」。
天青 吟望 頒布会限定 21BY(胴ラベル)
何が限定酒かというと、
・・・本来は蔵の敷地内にあるレストランでしか呑めない熟成純米なのだとか。

以前、お願いした時は本数が少ないために出してもらえず。
今回、なんとか特別に頒布会用に出してもらったそうです。

香りは、ほんのり穏やかな吟醸香です。
鼻でクンクンしていると(美味しそうな)アルコール香。。(これは悪い意味ではございません。)

初日は、涼やかな口あたりの後に、やや甘みが残り、
それが、綺麗~に伸びやかに広がって行く感じです。喉越しが心地よいです。

翌日からは、ややもすれば邪魔な感じだった甘みがなくなり、
涼やかな口当たりのまま、柔らかい伸びやかに広がり、淡麗に切れてゆきます。
舌の先端~中ほどでは軽やかで、喉元では切れ上がる感じ。

香りも強くなく、ことさらに濃い口にしたような味わいでもなく、
喉越し爽やかで、料理の邪魔をせず。。気づけば、肴とともにスイスイと呑んでます。
常温がいいっす。これが旨い淡麗辛口というものなのか?

さすが、蔵内レストラン秘蔵の食中酒だ。。
天声純米吟望21BY 天青 吟望 頒布会限定 21BY(裏ラベル)
「天青」の命名と書は、作家の陳瞬臣さん(敬愛する司馬遼太郎の盟友)によるもの。
「雨過天青雲破処(雨過ぎ天青く雲破れるところ:雨があがって、空が青く、雲が裂けたかのように晴れる)」からとられたそうです。
そして蔵元もその名に恥じないよう、「突き抜けるようなすずやかさと潤いに満ちた味わい」を目指しているそうです。


【天青 純米酒 吟望 頒布会限定酒 21BY】
・原料米:五百万石、精米歩合:55%、酵母:-
・アルコール分:16度以上17度未満、日本酒度:-、酸度:-、アミノ酸度:-
・製造年月:平成22年5月
・価格:3,150円/1.8L

熊澤酒造株式会社】 創業明治5年(1872年)
・所在地:〒253-0082 神奈川県茅ケ崎市香川7-10-7、TEL:0467-52-6118
・最寄駅:相鉄線 香川駅(徒歩約7分) ⇒ 熊澤酒造の地図
・代表者:熊澤 茂吉(6代目蔵元)、杜氏:五十嵐 哲郎(社員)
・蔵見学:あり。要予約。


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
神奈川に住んでいながら
神奈川のお酒を全然知らないです( ̄ー ̄;
↑知っているのは相模灘だけ・・・

地元のお酒が手に入る酒屋さんを
探さないとですね~(´ヘ`;)とほほ・・
2010/06/01(火) 12:15 | URL | neene #-[ 編集]
わたしの代わりに神奈川のお酒をご紹介頂きましてありがとうございます<(_ _)>

ここ行きましたよ~。
駐車場も広くて、でもパン屋さんだけ営業中で凄い賑わってました。
蔵の方は予約してなかったのでちょと覗きに行って戻ってきました。
あみりんは「天青」は物足りないです(怒られそう^^;)
今度ここの「曙光」を頂こうと思っているのですが。
「天青」お料理の邪魔をしない食中酒ですよね。
わたしは物足りなくても、ここのお酒の良さをわかっている方々がいるので・・・
もっと沢山の銘柄を飲んで回帰してくる玄人ウケする酒質だと思います。

杜氏さん、納豆混ぜてる??(笑)

2010/06/01(火) 14:24 | URL | あみりん #-[ 編集]
あのdancyuでなんでも発酵させてた方が。。。

淡麗辛口でもおいしく感じられるって、
結構すごいことだと思います。アミノ酸でまくり☆
2010/06/01(火) 18:58 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
また先を越されてしまいました・・・。
レポ、なるほどです。
私は現在3日目、あと3合程です。
参考にさせて頂きます!
(と言うかパクらせて頂きます(笑))
2010/06/01(火) 20:03 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
どうしても私は,酒単体で旨いものを呑んでしまう傾向にあります。
食事に合わせて,それを引き立てる旨いお酒って,まだまだよく分かりません。
勉強せねばなりません。
2010/06/01(火) 20:34 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
え~っと・・・、湘南で若くて意欲的な蔵元で、地ビールもやってて・・・、以前、本で読んだ覚えがあるのですが・・・。
それにしても、杜氏さんの台詞を見ると「もやしもん」みたいですね。
2010/06/01(火) 22:52 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
司馬遼太郎さんが,京橋で行ったお店(くろべえさん→残念ながら今はない)粋豚は行きましたよ~。
勤務先が,八重洲ブックセンタ-のすぐ近くだったので。
司馬先生の来店時の写真を,宝物だと言って飾ってありました。
うまい酒肴とうまい酒の,素朴な良いお店でした。
2010/06/02(水) 10:40 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
こちらの蔵は、パン屋さんとかレストランとか、
日本酒をそんなに飲まない方や女性でも楽しめるみたいですね。。
お近くであれば、ぜひ、親爺の代わりに実地検分してきてください。
2010/06/02(水) 12:32 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
「天青」私が昨年呑んだのは「風露」
特本のお酒だったので、上のスペックも楽しみたいと思っていました。
濃厚なお酒がやはり好きですが、食事に合うお酒も凄く大事ですよね~。
旨い淡麗辛口のお酒も、もっと探していきたいと思います!
2010/06/03(木) 14:26 | URL | EXCITER #-[ 編集]
毎日呑むのであれば、あみりんさん(癒されたいあなたへ・・・)は神奈川在住のようです。
神奈川の旨いお酒を置いてる酒販店さんも、たくさんご存知だと思いますよ~。
2010/06/03(木) 18:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
あみりんさん

杜氏さんが混ぜてるのは、ひよこ豆の納豆だそうです。
この杜氏さん、発酵食品が大好きでご自分で作ってるそうです。
将来は、蔵にあるお店で使いたいとか。
(でも、蔵見学でも納豆食べたひとはダメなのに、蔵のレストランで納豆を出してイイのですかね??)
2010/06/03(木) 18:18 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ともにゃんさん

さすがにお詳しい。
「スター杜氏の家つまみ」で大西杜氏の次のページに載ってた、発酵させまくりの杜氏さんです。(笑
2010/06/03(木) 18:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
diansさん

ぜんぜんパクってなかったじゃないですか。
ちょっと寂しい。(笑
2010/06/03(木) 18:21 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
星矢馬鹿酒さん

親爺も酒だけで呑みたいタイプです。
というか、食に合わせるとか、、、親爺には良く分かりませんです。
2010/06/03(木) 18:23 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
青さま

親爺は、「もやしもん」読んだ(見た)ことありません。。
青さまの方が、お若いですね。負けました。
2010/06/03(木) 18:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
粋豚さん

なぜに司馬遼太郎?どこから司馬遼太郎??
2010/06/03(木) 18:27 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ひよこ豆で発酵させているんですか。
そうだ!さすが親爺さま!

レストランで納豆菌で発酵させたもの食べたお客さんが蔵見学の時にはマスクですかね。防護服まではいかないですよね。
それともお酒造りしていない時期限定で見学?
上喜元などは化粧、香水もNGだそうです。

神奈川のどの辺りにお住まいなのかな~?
うちは京急沿線で、歩いて5分でいずみ橋、隆(丹沢山)、電車二駅でいずみ橋、相模灘、横浜から4つ手前でいずみ橋、相模灘、隆(丹沢山)天青、昇竜蓬莱(蓬莱)、横浜から2つ手前で更に松みどりも加わります。

2010/06/04(金) 04:32 | URL | あみりん #-[ 編集]
親爺殿が記事中に書いてますよ。

→「天青」の命名と書は、作家の陳瞬臣さん(敬愛する司馬遼太郎の盟友)によるもの。

粋豚は,陳瞬臣さんではなく,司馬遼太郎さんに引っかかった。
(陳瞬臣の歴史小説も,面白く読んだんですが)
さんざん司馬遼太郎さんの本を読みふけったので,ふと思い出したんです。
ちなみに「項羽と劉邦 全3巻」が大好きで,いまだに何度も読み返してます。
北京オリンピック前ですが,中国には5回,太極拳の修行も兼ねて行ってきましたよ~。
2010/06/04(金) 09:38 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
あみりんさん
海老名のちょっと上、町田のちょっと下のあたり、大きなキャンプがあるところらしいです。
その辺で、美味しい地酒を買える酒販店さんを教えてあげて下さいませ。

2010/06/05(土) 07:58 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
粋豚さん
> 陳瞬臣さん(敬愛する司馬遼太郎の盟友)
・・・ここからですか。。
親爺的には、陳瞬臣さん=司馬遼太郎の対談相手 しかありません。
書いた事すら忘れてました。アハハハ..
2010/06/05(土) 08:05 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/308-3a71534c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。