旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/03(木)
会津坂下町「廣木酒造本店」。創業は文化文政年間(1804~1829年)。
今や、飛露喜(地元銘柄は泉川)で日本酒界のスターともいえるお蔵さん。

9代目蔵元:廣木 健司。昭和42年2月生まれ、青山学院大学 経営学部卒。
(写真は、この本の取材当時33歳のものです。)
廣木杜氏 ← 『愛と情熱の日本酒』からの転写です。

平成8年に長年務めていた南部杜氏が去り、翌平成9年には父が他界。
廃業も覚悟したが、あるお酒の存在が廣木さんに酒を造らせる原動力になったとか。
・・・「十四代 本丸」である。
廣木酒造と同じく、杜氏が去った後の高木酒造で蔵の跡取り息子が自ら造った酒。
しかもその跡取り息子は、自分より1歳年下の昭和43年生まれ(高木 顕統)だった。
俄然“自分にもできる。この酒(十四代)を超えるものを造る”という闘志がわいたのです。

平成10年2月、NHKのドキュメンタリー「新日本探訪」での放映を機に支援の手があがる。
「小山商店」「味のマチダヤ」、現「萬屋おかげさん」店主の神崎康敏さんなどなど。

そして平成11年2月、小山商店で開かれた唎き酒会「多摩独酌会」で廣木酒造の「泉川 特別純米 無濾過生原酒」は、ダントツの人気を集めた。
日本酒プロデューサー中野繁氏が「露」が「飛」ぶ「喜」び・・・と、廣木と同じ音から採って「飛露喜」と命名。ラベルは蔵元の母上が半紙に筆で書き、コピーして使った。
不本意?かもしれないが、“ポスト十四代”と呼ばれ、以降のブレイクはご存知のとおり。

さて、呑んだのは「飛露喜 特別純米 無ろ過生原酒」。3年連続で呑みます。
飛露喜 特別純米無ろ過生原酒 21BY
20BYの野太い感じからすると、19BYに戻ったような気がします。
でも純米の濃厚感は、年々、洗練されてきたような感じです。

顔を近づけてみると、フレッシュさを漂わす、柔らかなほの甘い香りがふわっときて、
含むとすぐに、口中全体に甘みがいっぱい広がります。
この甘みの広がりのスピード感と軽快な飲み口がいいですね。小気味いい。

果実味があるのに米の旨みも感じる。
たっぷりの甘みと酸味なのに、透明感を感じる上品さ。
その甘みと酸味の間に、うっすら浮かび上がってくるような独特の苦み感で〆。

スピード感を味わうには、冷蔵庫から取り出してすぐ、冷えてた方が良いですね。
やっぱり飛露喜も旨いや。


【飛露喜 特別純米 無ろ過生原酒 21BY】
・原料米:(麹)山田錦/五百万石 (掛)五百万石、精米歩合:(麹)50% (掛)55%、
・酵母:不明 、アルコール分:17%、日本酒度:-、酸度:-、アミノ酸度:-
・製造年月:平成21年12月
・価格:頂き物につき不明/1.8L

【(資)廣木酒造本店】 創業文化文政年間
・所在地:〒969-6543 福島県会津坂下町字市中二番甲3574、TEL:0242-83-2104
・最寄駅:JR只見線 会津坂下駅(徒歩10分ほど、約800m) ⇒ 廣木酒造の地図
・代表者兼杜氏:廣木 健司(9代目蔵元)
・蔵見学:なし。


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
まだかなまだかな~開封まだかなぁ~w
飛露喜様ははずれないですね~。どれ呑んでも
2010/06/03(木) 19:36 | URL | OIRAn #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/03(木) 19:57 | | #[ 編集]
無ろ過生原酒は米の旨味が感じられ、非常に好きです。比較的購入しやすいですかね??
呑んでみたい愛山、雄町はあきらめていますが・・・。
ぽち~ん。
2010/06/03(木) 20:38 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
飛露喜の大ファンで,一通り呑みましたが,「特別純米無濾過生源」  死ぬほど好きです。

飛露喜もいろいろありますが,総合的に考えると,これかなって気がします。(愛山は別かな?)

付け加えますと,「泉川」も好きです。
2010/06/03(木) 22:07 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
私が日本酒を好んで飲む様になってから、外呑みで出会ったこの「ムナゲ」に衝撃を受けました。
その後、家呑みしたくて探しましたが、入手困難・・・。その過程で「十四代」という銘柄も知りました。
「飛露喜」は私に日本酒の楽しみ方を教えてくれた銘柄です(色んな意味で)。
3時間かけて、この「ムナゲ」買いに車を飛ばした事もあります。
今でも、簡単にとは行きませんが、入手してじっくり、また家呑みしたいですね。
(泉川も呑んでみたいです・・・)
2010/06/03(木) 22:33 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
う~ん。いいなあ。
飛露喜も外呑みだけ。やっぱ香りが飛んでたもんね。
家でいいコンディションで呑みたいです。

いや、手に入ったらケチケチ呑んで
結局香りが飛ぶんじゃないか??笑
2010/06/03(木) 22:41 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
飛露喜はこのムナゲでしょう。
いつ呑んでも旨いと思います。
生坂屋さんの店長が飛露喜ムナゲ寝かせて秋が深まる頃呑むと旨いんだよと教えてくれましたが、
今年は買ってほどなく待ち切れず呑んでしまいました・・・
2010/06/03(木) 23:37 | URL | 年三 #-[ 編集]
この飛露喜、リピート率ナンバー1の銘柄ですw
今期は、4本程呑ませてもらいましたが、うまかったです。
(寝かせるつもりでいたのですが、いつの間にか呑んでいた為、今頃呑める親爺様がうらやましいですw)
2010/06/04(金) 00:22 | URL | ino #w4Ib0zSU[ 編集]
このスペック旨そ~~。。
そしてお次に控えるは愛山。

いいなぁ・・・(笑)

あっ!でも今日頂いたお酒もやはり冷え冷えが親爺さまのいうスピード感がありました。

でも、いいなぁ←しつこい^^;
2010/06/04(金) 04:13 | URL | あみりん #-[ 編集]
でましたね~!!「飛露喜」
まさにこのムロナマゲンは大好きなお酒。
私も必ず購入します。
地元という事で、比較的入手しやすく助かってます。
毎年呑んで、納得させられます。
色々と沢山旨い酒呑んでますが、やはり「飛露喜」は格別だと・・・
2010/06/04(金) 05:41 | URL | EXCITER #-[ 編集]
飛露喜はキンキンに冷えてるより室温に戻した冷を私は推しますw
冷え冷えだと辛さも感じます。
室温に戻ると柔らかく丸く甘味が広がる感じですかね。

不味い酒はねキンキンに冷やすのがいいですけどねw
2010/06/04(金) 07:31 | URL | nam #mQQEfdr.[ 編集]
この言葉もポピュラーになってきましたね。

ちなみに出所は仙台の“暴”酒呑みブロガーさんです。(笑)
2010/06/04(金) 10:11 | URL | 吟醸党 #nmxoCd6A[ 編集]
去年、福島に旅行に行った時
泊ったペンションでの利き酒が十四代と飛露喜でした。

疲れてたのか酔いが一気に回ってしまってもったいなかったです(苦笑)
もう一度!!じっくりと利き酒がしたいです(笑顔)ポチ
2010/06/04(金) 10:21 | URL | かな #7uXy8OfI[ 編集]
飛露喜は好みの味です~v-22

飛露喜は親爺殿に教えてもらえ
小山商店さんで買う事ができました♪

また地元でも買えるお店をみつけたので
また購入できると楽しみをみつけました♪
2010/06/04(金) 11:15 | URL | neene #-[ 編集]
飛露喜,すごい人気なんですね。
お酒,まったくの素人なんで,飛露喜を飲んだことないです。(あ~,恥ずかしい~?)

日本酒好きの皆さんのブログで勉強しながら,ゆっくりと,いずれ色々な日本酒を飲んで行きます。
それまでは,親爺殿に元気に飲んでもらって,なんとなく飲んだような気持ちになって楽しんでいくことにしますよ(^o^)
2010/06/04(金) 13:04 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
20BYのムナゲは頂きましたが、21BYは他に呑みたかったのでスルーでした。21BYは初かすみ酒が飲めましたしね。これからはかすみ酒かムナゲの2つで飛露喜は良いかな(笑)純米吟醸買えないし。
2010/06/04(金) 16:28 | URL | 日本酒ランナー #tHX44QXM[ 編集]
OIRAnさん
年三さんのレポで、「愛山は寝かせた方が良い」とのコメントもあり、
親爺の冷蔵庫で睡眠中です。
(他に呑むモノがなくなれば、呑もうかな?と言うところです。)
2010/06/05(土) 07:39 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
○雨さん
応援ポチ、ありがとうございます。
皆さん、応援してくれるので、2位だったり3位だったり、分不相応な処におります。(汗
2010/06/05(土) 07:41 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん
ただいま、小山商店で抽選会を開催中です。愛山も雄町もありますよ。
参戦してみたらどうでしょう?
(いかん、倍率がたかくなってしまう。。(笑 )
2010/06/05(土) 07:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
星矢馬鹿酒さん
コスパを考えると、これでしょうね。
親爺は、泉川は呑んだ事がないです。いつか呑んでみたいですね。
2010/06/05(土) 07:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
diansさん
そうですか。日本酒にハマるきっかけの銘柄でしたか。
飛露喜のなかでは、手に入りやすい方のお酒だと思います。
ぜひ、GETして下さい。
2010/06/05(土) 07:46 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ともにゃんさん
大丈夫です。手に入ったら、旨すぎてグビグビいっちゃいますから。
香りが飛ぶ暇なんてありませんよ。きっと。。
2010/06/05(土) 07:47 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こいつを秋が深まるまで寝かせには、
同時に2本GETしなければなりませんね。
2010/06/05(土) 07:49 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 今期は、4本程呑ませてもらいましたが、
・・・4本も入手できるとは幸せ者ですね。と同時にお金持ちですね。
親爺は、同じ銘柄は2本までです。少ない軍資金ですので、他の銘柄に回さなければなりません。(涙
2010/06/05(土) 07:51 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
あみりんさん
愛山さんは、冷蔵庫で冬眠中です。
いつ眠りから覚めるのか?気分次第です。(他のお酒がなくなり次第??)
2010/06/05(土) 07:52 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
やはり地元の利ですよね。
飛露喜と泉川の呑み比べなんてこともできちゃったり。。羨ましいです。
2010/06/05(土) 07:59 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
おひさしぶりでございます。
好みはそれぞれですが、勉強になります。
次回のネタになりますが、飛露喜の純米生詰と呑み比べ(温度比べ)をしまして、
その結果、親爺の好みでは、
ムナゲは冷えてた方が、生詰は常温に近い方が、旨いかなぁ?という結果になりました!
2010/06/05(土) 08:03 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
吟醸党さん
またまた、教えていただきました。市井の日本酒の歴史を!(笑
著作権を侵害しながら、親爺も「ムナゲ」使わせてもらってます。
2010/06/05(土) 08:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
かなさん
十四代と飛露喜の唎き酒をさせるとは、、ナイスなペンションです。
きっと山形県にちかい福島県のお店ですね。(笑
2010/06/05(土) 08:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
本を読むと、飛露喜は「小山商店」さんが育てたようなお蔵さんです。
きっと、潤沢に入手できるのだと思います。
ちょっと(だいぶ)、小山さんからは遠くなってしまいましたが、地元でも買えるお店見つかって良かったですね。
きっと、あみりんさんが他の良い酒販店さんを教えてくれるでしょう。(笑
2010/06/05(土) 08:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺の独断で申せば、
十四代が別格(ほとんど神格化されてる)大横綱なら、
而今と飛露喜が両大関でしょう。
2010/06/05(土) 08:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
葛飾四つ木の杉浦さんで入荷してますね。(ブログで内緒のお酒の写真が飛露喜でしから。
たぶん、この週末あたりに売りに出そうです。(内緒ですが、電話で取り置きしてくれるかもしれません。)
ランナーさんは、京成線はダメ?
2010/06/05(土) 08:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/311-3b213996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。