旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/11(金)
3年ほど前に読みましたが、今、改めて読み返して、実に良い本です。

愛と情熱の日本酒』。
愛と情熱の日本酒(表紙)
JSA認定ソムリエ、SSI認定唎酒師の資格を持つ著者が、
100ヶ所以上の蔵を回り、日本酒への思慕を醸成させて書き下ろした本です。

登場する蔵元は、この9人。
愛と情熱の日本酒(目次)
一騎当千、日本酒ファンならば誰もが知っている、いずれ劣らぬ銘酒ばかり。
(といいながら、親爺は「喜久醉」と「磯自慢」は未呑なのですが。)

第一話から第九話まで、どれも心に残るドキュメントです。
そして九人の蔵元全員の写真入り。
高木杜氏 廣木杜氏
前にもご紹介しましたが、(左)十四代の高木顕統 氏 (右)飛露喜の廣木健司 氏。
これらの人物写真もすべて著者の撮影によるもの。
(ちなみに、装丁は太田和彦 氏。これだけでも何だか嬉しくなる。)

巻末には、「シーンと料理で選ぶ100本」のタイプ別日本酒の紹介。
そのタイプとは、「一杯から美味しい軽快型(タイプ)」「淡白な料理を引き立てる綺麗型」「幅広い料理に会う万能型」「豊かな香りに味わいくっきりメリハリ型」「「シャープなキレすっきり辛い爽快型」「豊かな甘みのふっくら旨口型」「燗で飲みたいほっこり癒し型」etc.

そして著者おすすめの優良酒販店リスト(全国版)も付いている。
まだお読みでない方は、勉強(ため)にもなるし、役にも立つと思いますよ。


山同 敦子 著 『愛と情熱の日本酒 -魂をゆさぶる造り酒屋たち
           (ダイヤモンド社:1,200円(5%税込) 2005年11月10日 第1刷発行)


もう一世代若い、「而今」とか「貴」とか「豊盃」「山形正宗」「御湖鶴」「仙禽」「大那」「寶剣」「東洋美人」とかで続編やってくれないかな。。山同さん、よろしくお願いします。


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
本好きなんで、興味ありです。
最近はブログばかり読んでますが…
(読むだけで書けてない。笑)

ちなみに今、日本酒本は2冊順番待ちしてます。
朝から電車で読むには、目立つし…笑
2010/06/11(金) 12:50 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
一口に日本酒と言っても
色々な物があるのですね♪
タイプの所を読むと、
ワインと同じような言い回し☆
”シャープなキレすっきり辛い爽快型”が気になります~^^
2010/06/11(金) 15:59 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/11(金) 18:23 | | #[ 編集]
ともにゃんさん

日本酒本、しっかりとブックカバーをしましょう。
そして、朝から読みましょう。
・・・なぜか、ランチにビールが呑みたくなります。
2010/06/11(金) 18:31 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
焼酎とかワインが詳しいのですね。
きっと、焼酎もワインも産地や銘柄でいろいろ違い(楽しみ)があると思います。
そういう意味では、日本酒も同じくいろいろ違い(楽しみ)がありますよ。
2010/06/11(金) 18:32 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
粋○さん
この冷蔵庫は、日本酒ファンではスタンダードな冷蔵庫なのです。
結露の対策も、ブログ上で公開されてたりね。
2010/06/11(金) 18:34 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
この本は十四代の所だけ立ち読みしました(笑)。
やはり購入して熟読するべきですね。
まだ全部読んでませんが、私も続編期待します(笑)。
2010/06/11(金) 20:09 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
先日は、年寄りを大事に扱っていただきまして、大変ありがとうございました。
本は、立ち読みせずに、買って読みましょう。。
2010/06/11(金) 21:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ここはいっその事 親爺さんがだすってので如何と それにしても3年前にこの9人ってすごいなぁ 目利きがコワイ
2010/06/11(金) 21:45 | URL | OIRAn #-[ 編集]
もう一世代若い続編をやっていただきたいですね。
もちろん、この本も読みたいですけど。
今日、長野のローカルニュースで、御湖鶴の近藤さんがFIFAブルーボトルの事で出ておりました。
2010/06/11(金) 23:08 | URL | 年三 #-[ 編集]
この本は2005年の発売で、実際の取材は、2003~04年頃が多いようです。
つまり、今から6年も前から、この9蔵をセレクトしていた。。
なんという炯眼でしょう。恐れ入りますよ。
2010/06/12(土) 08:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
お!御湖鶴でも、FIFAのW杯用の限定酒でも出されますか?
2010/06/12(土) 08:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんにちは♪
親爺殿のオススメなら,ぜひ読んでみたいですね。
飲む方は親爺殿におまかせして,日本酒への愛と情熱を,少しずつ勉強していきま~す。

冷蔵庫,スタンダ-ドなら問題なさそうですね。
安心しました。
2010/06/12(土) 16:23 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
ホイ。。親爺の家にくれば、本はいくらでも貸してあげるぞ。ホイ。

> 飲む方は親爺殿におまかせして
・・・鳩山政権のマニュフェストですな。(笑)
2010/06/12(土) 22:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/315-a8a19f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。