旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/21(水)
訃報に接し、あらためて何冊かの本を手に取り、パラパラと頁(ページ)をめくっていたら面白いものを発見した。目次の順番が逆になっている。
目次
本文は、ペンネームの由来(P.24)~パパは卑しい子供でした(P.29)~人を差別出来る快感(P.34) の順になっており、目次(タイトルと頁数)がすっかり前後している。

奥附(おくづけ)を確認すると、
 「つかこうへい 『娘に語る祖国』 株式会社光文社 1990年10月30日 初版1刷発行」
とある。。何ともスゴイものが流通してましたね。これも乱丁というの?

そんな新たな発見もありましたが、親爺としては、
現代日本映画の金字塔は?と問われれば、『蒲田行進曲』と『幸せの黄色いハンカチ』。
抱腹絶倒、文句なしに一番笑える本は?と聞かれれば、『長嶋茂雄殺人事件』。
つかこうへい2つかこうへい1
自分の子供(娘)に読ませたい本は?と聞かれたなら、、『娘に語る祖国』になります。

この本の中で教わった言葉があります。
文化とは恥の方向性です。人生とは、何をはしたなく思うか、恥と思うか、それだけです。恥のない人間は、日本人だろうが韓国人だろうが、クズです。」

在日韓国人2世の著者が、自身の半生とアイデンティティを長女に向けて語る本です。
父である著者は、4歳の娘に向けてこう語ります。
「おおよそ人の子として生まれた者が、この世の中でなしてはならないことが、一つだけあります。それは、親より先に死んではいけないということです。これだけです。」

この娘さんが、宝塚歌劇団雪組トップ娘役・愛原実花(本名:生駒みな子)さん。
そして娘は、ちゃんと親の言いつけを守る事になりました。。

つか こうへい(本名:金峰雄〔キム・ボンウン〕、日本名:金原峰雄〔かねはら みねお〕)
・漢字の読めない母のために、すべて平仮名のペンネームをつける。
・韓国語を話せないながらも生涯日本に帰化せず、そのため、妻(生駒直子)とも別姓。
・娘には日本国籍を選択し、その本名は峰雄の「み」と直子の「な」からとった。

・1948年4月24日生まれ。慶大文学部フランス哲学科中退。演出家・劇作家・小説家
 ・1973年 岸田國士戯曲賞受賞(受賞年齢は当時最年少の25歳)
 ・1976年 第14回ゴールデン・アロー賞演劇賞受賞
 ・1980年 第15回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞
 ・1982年 第86回直木賞受賞 (小説『蒲田行進曲』)
 ・1983年 日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞(映画『蒲田行進曲』)
 ・1990年 第42回読売文学賞受賞(小説『飛龍伝'90 殺戮の秋』)
 ・2007年 紫綬褒章
・2010年7月10日永眠。

合掌。


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
親爺さまの本棚にはこんなに本が並んでいるのか。
それも同じ作家の本が・・・
いつもビックリです。

親より先に死んではいけない。
いつも思って守っています。
休肝日もその一環ですよ。
2010/07/21(水) 23:13 | URL | 年三 #-[ 編集]
鎌田行進曲は好きな映画でしたが・・・つかこうへい作品は・・・熱海殺人事件(舞台)をテレビで観た程度でした。
今思うと、もったいなかった。
同じ空気をすっていたのに、ねぇ。 

2010/07/22(木) 00:48 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
つか こうへい氏の名前は存じております
また蒲田行進曲は映画を見た事がある程度で
映画を見た事があるのは多分
私の年代がギリギリかもしれませんね(´・ω・`;)

酒呑親父殿のブログ本文中に
「文化とは恥の方向性です。人生とは、
何をはしたなく思うか、恥と思うか、それだけです。
恥のない人間は、日本人だろうが韓国人だろうが、クズです。」

物凄く心に響き共感できる一文です(*´ー`)

何の本だったか思い出せませんが・・・これと似た様な感じで

「大人と子供の境は恥を恥と感じるか感じないかの差だ」
との一文を思い出しました

これも私が納得と共感の出来る一文でしたo(^∀^*)o



2010/07/22(木) 11:07 | URL | neene #-[ 編集]
親より先に死んではいけない。。。大変共感できます!!!

偉大な方がまた逝ってしまいましたね。。。


合掌
2010/07/22(木) 17:02 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
親爺の家には、本だけは沢山ありますよ。
司馬遼太郎だけで300冊あります。(笑
つかこうへいは、40~50冊でしょうか?

親爺は、親の言いつけを守るような努力はしておりません。休肝日なし。
2010/07/22(木) 17:39 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺は、本は読むのですが、つかこうへいに限らず芝居は観た事がありません。
本も、小説は読めるのですが、戯曲は読めないです。
つかこうへい、井上ひさしが好きなのに、おかしなもんです。
2010/07/22(木) 17:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
封切は1982年でしたか。28年も前になるのか。
蒲田行進曲の松坂慶子は、綺麗だったなぁ。

恥から判断すると、親爺はまだ多分に子供のクズですな。(恥
2010/07/22(木) 17:48 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
つかこうへいの本が好きでした。
戯曲ではなくて、小説ね。
戯曲全集は出てますが、つかこうへい全集、出ないかな?角川さんあたりで。
2010/07/22(木) 17:50 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
つかこうへいさん、読んだことないですねえ。
わたしはミステリと新書しか読まないので
長嶋茂雄殺人事件あたり、気になります。^^

戯曲って読みづらいですよね。
学生時代、何回シェイクスピアで挫折したか。(結局未読。

最近は本、全然読めてないですね~。ブログばかり。
1日がもっと長かったらな~、と思わずにはいられません。
2010/07/22(木) 18:49 | URL | ともにゃん #-[ 編集]
日本人として,恥の文化をもっと尊重しなければならないと,かねがね思っております。
娘に語る祖国での言葉,まったくもってその通りだと思います。
昔は「そんなことすると○○さんに笑われるよ」というような,説教を受けたものです。
日本人の感覚が変わってきているのでしょうか。
意外と大事な部分のような気がしてなりません。
同感ポチーン!!
2010/07/22(木) 21:33 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
作家であり演劇人である偉大な方が亡くなられましたね。
翌日には地方新聞紙に名前の由来が掲載されていました。『何時か公平な世の中に!』深いです。
ご冥福をお祈りいたします。ぽち~ん。
2010/07/22(木) 21:54 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
ミステリと新書専門ですか。
この「長嶋茂雄殺人事件」はタイトルはミステリですが、中身は違いますのでご注意ください。
2010/07/23(金) 06:04 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
星矢馬鹿酒さん

家庭が躾を放棄してる時代ですからね。
学校も道徳なんか教えやしない。問題です。
2010/07/23(金) 06:06 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん

その通りです。
つかこうへいさんは、日本生まれで日本語しか喋れない。
演出家・劇作家として成功して、高額所得者となり、高い税金を納めてるのに選挙権すらない。
いつかこうへいに!の願いはあったでしょう。
2010/07/23(金) 06:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
つかさんの本は 私もたくさん持っています^^
ショートショートの読みやすい短編で くすりとさせたり にやりとさせたり・・・考えられたり~

いつも カバンにいれてましたね。。。
学生時代 むさぼるように読んだ作家さんの訃報に接することが 多くなりました。
それだけ自分も年を 重ねてしまったのだな~って思いますが・・・なんとも寂しいですね。


2010/07/23(金) 12:49 | URL | 花あじさい #-[ 編集]
つかファンがいましたね~。嬉しい。
親爺の本棚も、司馬遼、井上ひさし、つかこうへい・・・、故人の作が多く並んでます。
2010/07/24(土) 08:32 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
私も・・・他界された方の本 たくさんになってきてますね・・・。
仕方ないですよね~当時 読んでた年の倍になってるんですもん・・・年齢(--;)
司馬さんは 両親が どっぷりはまってたので 買わずとも揃ってましたね(母が買ってきてたので~) 井上ひさしもそうですね~^^
私が 揃えたのは池波正太郎ですね~♪
星 新一とか~(あ・・・ご存命だっけ???違うか??)
そろそろ全集とか 出てもおかしくないですよね~でないかな~^^
2010/07/26(月) 16:46 | URL | 花あじさい #-[ 編集]
文学一家ですね。
親爺は、あとは丸谷才一かな。
2010/07/28(水) 06:18 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/334-535fce05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。