旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/11(木)
太田 本です。
ただし、太田和彦の著作ではない。
居酒屋ゼミナール表紙1 太田和彦“監修” の
オールカラーの居酒屋ガイドブックです。

居酒屋大学のオータ教授が3人のゼミ生を相手に9つの講義を行い、
生徒は自習のため居酒屋の名店を訪れ、講義内容を確認・実践して行くというもの。

9つの講義内容(タイトル)と紹介される(自習で訪れる)45の名店は、この通り。↓
居酒屋ゼミナール目次1
 (クリックすると大きくなるので、お店の名前も見やすいです。)
ビールなら「銀座ライオン」とか、日本酒なら「神田新八」とか、肴では「森下 山利喜」とか、大衆酒場なら「千住の永見」とか、立飲みなら「吉祥寺 いせや総本店」とか、大人の居酒屋「八重洲 ふくべ」などなど、皆さんもご存知の有名どころ満載。

そんな中で、穴場の名店で「三軒茶屋 阿川」と「市ヶ谷 あて」というのは、親爺は初めて聞きました。文字通り隠れた名店=穴場なのでしょうねぇ。
それと、「四つ木 ゑびす」は穴場の名店というよりは大衆酒場の講義にふさわしい。

ま、それはおいといて、
各講義の合間には、教授の「居酒屋豆知識」なるモノがちりばめれらている。
居酒屋ゼミナール2
その①「ビールの分類」、②「日本酒の分類」、③「酎ハイの発祥」、④「部位の名称」。
蘊蓄というほどのものでもない。呑み助なら普通知ってるよね?くらいのお話し。
ここは、ぜひとも本物の太田教授の蘊蓄を載せて欲しかった。。

講義内容は、見開きで2枚(4ページ)でごくごく手短かです。
皆が気持ちよく呑むためのマナ―的な内容が多いですかね。
居酒屋ゼミナール3
自分に当てはめるといろいろと思い当たる事や反省すべき事もある。

「店の人に名前を呼んでもらえるのが理想」とあるけど、親爺は、これは得意ですよ。(笑
でも、「肴の注文は早く、注文上手になれ」というのは苦手でして。。適当にお任せとか、連れに頼んでもらうとかになっちゃいます。
「食べ物を残すな」・・・耳が痛いです。いつも、呑みに走っちゃいますから。
「自分たちだけで騒ぐな」・・・猛省するのみだな。でも、あまり反省は感じられない?(爆

講義のあとの自習・実践で訪れるお店は、すべてカラーで紹介されてます。
居酒屋ゼミナール5
目次から分かるように、ビールを飲むならここ、日本酒ならここ、彼女と行くならこのお店etc. という風に、それぞれのシチュエーションでおススメの店が45軒紹介されてます。

太田さんの文章を期待して買ってはだめですよ。
あくまでもガイドブック。
シチュエーションごとに数軒ずつ紹介されてて便利。カラーで見やすい。
反面、結構知ってる(有名な)お店ばかりなので目新しさはないです。
居酒屋ゼミナール2

監修=太田和彦 『オータ教授の居酒屋ゼミナール』(ぴあ株式会社)
                 2010年10月10日発行 1,300円(税別)


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
ぜ~~んぜん知ってるor行ったことあるお店がありません^^;

うちの近所のお店がなさそぉでちょとがっくり。
外呑みしたあと、帰ってくるのがしんどいからです~~^^;
「そんなに深酒するな」
という講義を受けそうですが^^;
2010/11/11(木) 08:45 | URL | くまねこ #SFo5/nok[ 編集]
こういうお店関係の本を買われるとはリッチですね
2010/11/11(木) 12:45 | URL | タンタンさん #hs3MX5GE[ 編集]
ほとんど外で日本酒呑んだことないので 私にはもってこいですねきっとこの本 知らないことばかりだろうし 
ところで 交換・・・選んでほしい~~です。 皆目検討もつきません。 または 交換はなしで 私がお土産を持って行きます。酒豪瓶くらいのやつ 是非呑んでほしいのがくるはず。
2010/11/11(木) 14:22 | URL | OIRAn #-[ 編集]
9つの講義、面白そうですね~。
合間の豆知識もタメになりそうです!
私は名前で呼んでもらえるのは「笠真」のマスターくらいです(涙)。
ぽち~ん!
2010/11/11(木) 20:28 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
都会って。いいなぁ・・・。

住んでいるところが田舎なだけに好きなお酒をおいているお店が見当たりありません・・・。

ひたすら家呑み。

こうなったら居酒屋に
好きなお酒を置いてもらえるように
お願いするしかない・・・(笑)。
2010/11/11(木) 21:48 | URL | decaf #HkRIpaaw[ 編集]
こんばんは~。

有名所と紹介されている居酒屋も知らないのは、単に地区が違うというより家呑み至上主義だからかもしれませんね(笑

にしても居酒屋一つ行くだけで、コンナ教本があるってのはチョットおかしな感じですね^^;

ぽち~ん♪
2010/11/11(木) 22:35 | URL | 知志 #raY.kV/U[ 編集]
こんにちは♪

この本面白そう♥
読んでみたい~♪

本屋さんで探してみます~☆
2010/11/12(金) 16:27 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
なかなか素敵な本です。
でも,東京で呑む機会がほとんどないので,
都会の人が羨ましいです。
もっとも,都会に住んでいたら,
毎日外呑みしてしまいそうです。
2010/11/12(金) 21:48 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
> ぜ~~んぜん知ってるor行ったことあるお店がありません^^;
・・・えっ? そうですか?
居酒屋本ではよく紹介されている、有名店が多いですよ。
親爺も、行った事のあるお店はそんなにないですが、太田本では何回も出てくるお店なので、行った事があるような錯覚に陥るお店ばかりです。(笑
2010/11/13(土) 07:06 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
タンタンさん
リッチではないです。(断言
この本にも、リッチマン向けと言うよりは、酒好きの庶民派向けのお店も結構でてますし。
親爺は、断然、庶民派です。(笑
2010/11/13(土) 07:09 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
まぁ、たまには外呑みした方が、よろし。。
じゃ、お言葉に甘えて、「お土産」でお願いします。(笑
2010/11/13(土) 07:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
太田氏いわく「いい人、いい酒、いい肴」ですから。
居酒屋には、旨い肴・そのお店の名物などもありますからね。
お酒だけでなく、そちらを考えれば、都会の居酒屋よりも地方のお店の方が、味がありそうな気がしますよ。
2010/11/13(土) 07:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
教本というよりはですね、知志さんのように外呑みをされない方々の背中を押す本です。
つまり、居酒屋へ誘う本なのです。
「こんなにいいお店があるので、行かないと損ですよ~。」という本。
我々も、旨い酒を家呑みすると、他の人に教えたくなるじゃないですか。それと同じなんですね。(笑
2010/11/13(土) 07:22 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
「読む」という本ではないです。「眺める」でしょうか?
文章には期待しないで下さい。(笑
2010/11/13(土) 07:23 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
う~~ん、確かに各種ある太田本の中で紹介されている茨城県のお店は、、少ないです。(笑
水戸の「田吾作」くらいでしょうか。
2010/11/13(土) 07:30 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
すまん。コメントの順番間違えました。
この本の合間の豆知識は、diansさんレベルの方なら「常識」です。
diansさんの「タメになる」ことはないでしょう。(笑
1軒でも名前で呼んでくれるお店があるのなら素晴らしいことです。
しかも、それが笠真のような名店なら尚更です。ナイス!(忘年会、よろしく。
2010/11/13(土) 07:33 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
帰国されてるんですね♪
お疲れさまです。

この本、目次を見たら、職場の近所と家の近所の店は行ったことありますねぇ~。
(有名なお店とは知らずに入りましたが)
賑やかで活気のある、面白い雰囲気でしたよ。
知ってる店の名前があると、他のお店も気になります。
ちょっと、この本買って夫婦で眺めてみよう♪
(興味がわいたら、行ってみます!)
2010/11/14(日) 12:15 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
来週一週間は、日本に居られるようです。
太田本で紹介されてるお店にハズレはありません。
太田本に紹介されてるお店巡りをしてる呑兵衛さんは、結構多いですよ。
2010/11/14(日) 18:09 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんばんは!

居酒屋は日本が誇る文化ですよね。ぬたを肴に日本酒飲みたくなってきました。
2010/11/14(日) 19:48 | URL | hiball555 #ihMNMLjo[ 編集]
コメント送れたのか?送れなかったのか??よく分からず。。
ご迷惑をおかけしたかもしれません。申し訳ございません。

「ぬた」といえば、親爺は、湯島の「シンスケ」で一度ぬたを肴に両関のぬる燗を呑んでみたいなぁ。
2010/11/14(日) 21:44 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/370-e8bf7f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。