旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/18(木)
奈良県御所(ごせ)市にある「千代酒造」。
千代酒造キャップ蔵元HPに、“御所市は、明日香の時代より更に古い時代に豪族が開いた土地・・・”と書かれてます。歴史好きの親爺は勝手に解説を始める。

大和盆地に成立する「天つ神」(天孫族・天皇家)以前に、大和葛城には古代栄えた「国つ神」(古代国家)がありました。葛城氏と鴨(かも)族です。
大和葛城 『日本書紀』によれば五世紀後半、雄略天皇により葛城氏は滅ぼされますが、鴨族の人々は山城(京都)平野に移り住み、そこを開拓して「鴨」の地名を残します。上加茂(上加茂神社)、下鴨(下鴨神社)、鴨川などです。

その鴨族の出身で一番有名なのが鴨長明(かものちょうめい)。古代にあっては役小角(えんのおづぬ)ということになります。

役小角。役行者(えんのぎょうじゃ)とも尊称される、修験道の開祖です。
山々をよじのぼり、岩々を飛び歩き、、修業する。山伏の第一号&世界初の登山家?
山伏 (← 山伏のイメージ。写真は日光修験HPから借用。)
役小角は、日本各地の高山を登りますが、大和葛城山でも修業したとされてます。

その霊峰葛城山の麓(ふもと)一帯は、古来より櫛羅(くじら)という地名で呼ばれており、江戸期には櫛羅(くじら)藩もありました。
櫛羅藩は、廃藩置県で廃藩となり、櫛羅県を経て奈良県となりました。

その櫛羅(くじら)にあるのが「千代酒造株式会社」。(ようやく繋がったか。長くてスミマセン(笑)。)
千代酒造
                                (↑地酒専門店「酒味の店」から転載です。)
住所表記は今でも、「奈良県御所(ごせ)市櫛羅(くじら)621番地」。なんだか嬉しい。

水は蔵内の井戸より葛城山伏流水(やや軟水)を汲み上げて使用。
米は94年より山田錦の自社栽培を始め、将来的には全量奈良県産米の使用を目指す。
現代の名工」にも選ばれた但馬杜氏の吉田嘉七郎氏の下、全国新酒鑑評会 金賞14回受賞。(現在、平成16年から7年連続金賞受賞中)。
・・・水・米・人&実績と3拍子も4拍子も揃った、結構なお蔵さんなのです。

千代酒造は、主要銘柄(ブランド)が2つあります。
・櫛羅(くじら)。自社栽培の山田錦だけを使ったもの。
・篠峯(しのみね)。酒蔵だけでは完結しない日本酒の魅力を伝えるための限定流通品。

今回、親爺が呑んだのは、「篠峯(しのみね) 雄山錦 -純米 無濾過生酒-」です。
篠峯 雄山錦 純米無濾過生酒 21BY(胴ラベル)
篠峯とは、葛城山の古称あるいは別称だそうです。

家呑みでは「雄山錦」は初めてなので、系統図を付ける。
雄山錦系統図
雄山錦といっても、雄町+山田錦 ではない。(笑
  これは、ともにゃんさんのブログで勉強させていただいた。

富山生まれの富山育ちの酒造好適米を作ろうと開発されたお米です。「成政」さんあたりが言いだしっぺらしい。
富山で開発した米なので、富山県の最高峰、北アルプスの立山(3,015m)にある雄山(3,003m)の名を付けました。山頂には雄山神社本宮があり山岳信仰の対象のようです。


香りは、フルーツを感じるほどでもなく、その手前のほのかな吟香といった感じ。

口あたり、柔らかいです。
ほの甘い香りとスルリとした舌触りのなかで、すぐに酸が来ます。
なので、味わいも甘くは感じません。さりとて辛いわけでもなく。

ほんの少しの苦味があってキレは良く、呑みやすいです。

いろんな旨みや穀味がある複雑な味わいとは対照に、実にシンプルに纏まった感じ。
ボトルの見た目どおり、綺麗でさわやかで呑みやすく美味しい。
だけど小さくまとまった感じで、親爺としては、少々インパクトに欠けるかな。

ありゃりゃ? もしかして、夏に呑むお酒だったか!?
篠峯 雄山錦 純米無濾過生酒 21BY 篠峯 雄山錦 純米無濾過生酒 21BY(裏ラベル)
雄山錦って、五百万石よりは幅が広い感じだけど、同じような綺麗さで勝負するお米?


【篠峯 雄山錦 -純米 無濾過生酒- 21BY】
・原材米:雄山錦100%、精米歩合:60%、酵母:協会7号+協会10号(らしい)
・アルコール分:16度以上17度未満、日本酒度/酸度/アミノ酸度:+1.5/2.0/1.0(らしい)
・上槽日:平成22年8月
・価格:頂き物につき不明。

千代酒造株式会社】 創業明治6年(1873年)、生産石数:約450石。
・所在地:〒639-2312 奈良県御所市大字櫛羅621番地、TEL:0745-62-2301
・最寄駅:近鉄御所線 近鉄御所駅(下車2㎞弱、車で約10分) ⇒ 千代酒造の地図
・代表者:堺 哲也、杜氏:吉田 嘉七郎(但馬杜氏)
・蔵見学:不明。

【購入したお店】 ⇒ 頂き物につき不明。


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
青です。夜更かしをしております。
先日、わけあって名古屋駅で晩飯を食べた際、櫛羅をいただきました。なかなかに良い酒で「どこの酒かな?」と思っておりましたが、解明しました。
ありがとうございました。
2010/11/19(金) 00:44 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
京都府民ながら「鴨」の謂れを知りませんでした。
「櫛羅」ブランドは知ってたけど、これまたその由来は知りませんでした。
いや~、為になるな~親爺歴史講座^^

今年の秋は雄山錦のお酒を2種呑みましたが、どちらも味はあるようでいて、スッキリ淡麗な印象でしたね。
個人的には少々物足りなかったかな~。

2010/11/19(金) 02:31 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
すげぇ。
系統図を見ても、さっぱりな米が乱立。
こういう図をみると、自分が呑んで事のある
お酒の種類なんてほんの一部なんだと痛感します。
まだまだ奥が深い。
2010/11/19(金) 13:38 | URL | riki #-[ 編集]
こんばんは~。

雄山錦のお酒は醴泉にごりで初呑致しましたが、トラウマとなってしまいました・・・^^;

お次は新酒の鍋島で、雄山錦リベンジをする予定ですが、楽しみと不安が入り交じりますねぇ。

瓶デザインや出荷時期を見る限り、確かに夏向け商品のようですね(笑

ぽち~ん♪
2010/11/19(金) 18:14 | URL | 知志 #raY.kV/U[ 編集]
涼やかな風情がありますね。
ちょっと歴史に思いを馳せて、こういうお酒を、秋の夜長に楽しむのも一興ですね。

その昔(ちょっと昔?)立山連峰、室堂から入って歩きましたよ。
2010/11/19(金) 19:44 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
雄山錦,新酒で鍋島を注文しました。
もちろん初呑みです。
この系統図からみると・・・・,
よく分かりません。(爆
物事を理解する過程の中で,その様々な背景を鑑みることは,
本当に大切なことだと思います。
是非ブログの出版を前向きにご検討下さい。
その辺の日本酒ガイドブックより,
優れた物ができあがると確信します。
2010/11/19(金) 21:11 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
篠峯、以前から注目しておりましたが未呑みです。
雄山錦のお酒も未呑み。
勉強不足を痛感しております。
早く篠峯を呑めるように頑張ります。
2010/11/19(金) 22:15 | URL | 年三 #-[ 編集]
親爺さんのブログは歴史と文化と酒を融合した講義を見ている感じです。非常に勉強になります。
今日は『雄山錦といっても、雄町+山田錦 ではない』これをしっかり覚えましたよ~。
ぽち~ん。
2010/11/19(金) 22:53 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
クジラという地名、サラダくらいびっくりしましたが、由緒ある地名だったのですね・・・

こういう歴史・地理講義
大好きです
思わず、グーグルマップを見始めたら、吉野山には行ったことあるのですが、葛城あたりは、未踏・・・お、千早城ってここかぁ!と旅モードに入ってしまいました^^
2010/11/20(土) 08:59 | URL | くまねこ #SFo5/nok[ 編集]
そちらの方では、比較的よく見かける銘柄ですか?生産石数からしてそうでもないか。。
まだまだ我々の知らない、旨い酒を醸す蔵は沢山ありそうです。
その探求が楽しみでなりません。
2010/11/20(土) 09:06 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
「加茂」と「鴨」の表記の違いを歴史的に考察するだけで、本が出ています。
ここでしゃべりだすと大変なことになるので、、止めておきます。(笑
雄山錦は、たしかに綺麗な感じですが、親爺も少し物足りない感じでした。
2010/11/20(土) 09:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
好適酒造米には、亀の尾・雄町・山田穂のインブリードが多いような感じがしているのは、親爺だけでしょうか。
2010/11/20(土) 09:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
すまん。。夏酒を初冬に呑んで、文句を言ってしまった。(笑
雄山錦は、淡麗系ですっきり呑める感じのお米と推察しました。
なので、トラウマになるようなクセの強い感じではないと思うのですが。
まして、醴泉、ですよね。何があったのか??
2010/11/20(土) 09:14 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
涼やかな夏ボトルを冬に開けて、、寒くなってしまいました。
> ちょっと歴史に思いを馳せて、こういうお酒を、秋の夜長に楽しむのも一興ですね。
・・・なら格好いいんですけどね。凝り性なもので、このネタのたったアレッぽちの文を書くのに、本を5冊も調べちゃいましたよ。(大笑
2010/11/20(土) 09:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
鍋島の雄山錦ですか。
この淡麗スッキリ系(?)のお米を、どのように鍋島らしい芳醇でフルーティなお酒に仕上げるのか?
楽しみですね。
レポをお待ちしております。
2010/11/20(土) 09:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 篠峯、以前から注目しておりましたが未呑みです。
・・・さすがですね。親爺は頂き物で、、それまでは家呑みはおろか外呑みもした事ありませんでした。
この1本を呑んだ限りでは、年三さんには物足りないんじゃないかなぁ?
2010/11/20(土) 09:23 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん
褒めすぎです。あまりおだてないで下さい。(調子に乗りやすいタイプなので。。
> 今日は『雄山錦といっても、雄町+山田錦 ではない』これをしっかり覚えましたよ~。
・・・そう!本日のポイントはまさにソコです!!
ソコだけ覚えておきましょう。
2010/11/20(土) 09:25 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> クジラという地名、サラダくらいびっくりしましたが、由緒ある地名だったのですね・・・
カタカナで書くとびっくりですが、漢字表記なら、「櫛羅」と「更田」ですからね。
なんとなく、その地の雰囲気がわかるような気がしますよね。

千早城ですか。。楠正成まで時代が下ると、親爺の守備範囲を超えてます。
だから、役行者も親爺の守備範囲外なんですけどね。それで、家にある本をシコシコ調べましたよ。(笑
2010/11/20(土) 09:29 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
読みふけっちゃいました。いつもながらしっかり調べてますね~。 嫁の実家が奈良なので なんだか聞いた事ある地名だなとは思いますが。 奈良の地名結構難しいんですよね読み方がw櫛羅とか御所とか香芝とかもうね いつも「読み方違う」って怒られます 今度はおかぁ様にこのお酒こうてって頼んでみようかなw
2010/11/20(土) 10:07 | URL | OIRAn #-[ 編集]
どっちかというと理系の人間ですが、まばたきを忘れて読み入ってしまいました。

酒の背景とつながって呑む。

素敵ですw
2010/11/20(土) 11:56 | URL | decaf #HkRIpaaw[ 編集]
こんにちは!
誕生日コメントありがとうございました(^^)

これからどんどん、日本酒の出番が増える季節になりましたね~
日本酒大好きだけど、よく分からないので、酒呑親爺さんのブログで勉強させて頂きますね!
お薦めの一本があれば、教えてくださ~い!
2010/11/20(土) 14:17 | URL | グラナーダ #-[ 編集]
こんばんは♪
↑イメージの山伏実際見た事があります~♪
どこで見たんだっけなぁ?
あいまいでスミマセン・・・


☆廊下の電気、不思議ですよね~♪
蛍光灯からLEDに軽い工事?
配線をいじってもらったんですよ☆
2010/11/20(土) 20:54 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
雄山錦、多分私、未呑みです。
「雄町+山田錦 ではない」インプットしました。
親爺さん、今出張中ですか~?
多分、明日ひまります。
2010/11/20(土) 22:04 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
嫁様は、奈良の産ですか。
御所駅を挟んで、すぐ近くに油長酒造(風の森)もありますよ。
香芝って、ヤンキー杜氏の大倉本家のあるところですね。
たまには、おかぁ様に東京のお酒(屋守)でも送ってあげなさい!
2010/11/21(日) 07:01 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> どっちかというと理系の人間
・・・って、すごく微妙ですね。(笑
あ、ソフト屋さんか??
親爺は、お酒の味よりもむしろ、その蔵の歴史を垣間見る方に楽しみを感じます。
2010/11/21(日) 07:04 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
グラナーダさんは、どちらにお住まいでしたっけ?
やはり、地元のお酒が良いと思います。
なので、お住まいが分かったら、おススメの一本をコメントさせていただきすね。
2010/11/21(日) 07:06 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
山伏のホンモノを見た事ある??
日光当たりでしょうかね?

LEDはランプではなくて、長い棒のヤツですか?
ランプは放熱器のところが熱くなりますから気をつけてね。
長いタイプのヤツは、配光特性によっては、場所により暗く感じるところも出ますのでご注意を。
2010/11/21(日) 07:10 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
日本にいますよ。今度は28日から、また台湾に行くようです。
ひまり屋さんですか。どなたと行かれるのかな?
店員の富さんに、よろしくね。
2010/11/21(日) 07:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
葛城山!
懐かしい名前です
遠足でよく登ったような・・・

2010/11/23(火) 17:49 | URL | くろ #-[ 編集]
こんにちは。
くろさんは、こちらの方のご出身でしたか。
> 遠足でよく登ったような・・・
修験道で山伏が修行するような山だから、未踏の岩場のようなものを期待してましたが、、遠足でのぼるような事ろでしたか。ちょっと、笑い。
2010/11/23(火) 18:30 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/376-c08a7002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。