旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/24(水)
やってしまった。単独の写真を撮るのを忘れた。。撮る前に、呑み切ってしまった。(笑

(写真撮りそびれで)呑んだのは、こいつ↓↓。 「奈良萬 純米生酒 中垂れ 蔵元熟成」。
from 情熱
人気商品の「奈良萬 純米生酒 中垂れ」を、酒販店さんが頒布会用に熟成させたもの。

通常の「中垂れ」にはない、“蔵元熟成”の肩ラベルが付いている。
中垂れラベル2
(左)通常の「純米 中垂れ」のラベル。   (右)「純米 中垂れ “蔵元熟成”」のラベル。

ついでだから、「純米吟醸 中垂れ」のラベルも載せておこう。
奈良萬 純吟 中垂れ ラベル2
ちょっと分かりづらいが、こちらは、黄色がかった和紙のような素材でできている。


本題に戻って「奈良萬 純米生酒 中垂れ 蔵元熟成」。
この商品誕生の経緯とどのくらいスペシャルなのかは、頒布会の案内文をご参照。
奈良萬 蔵元熟成 案内文1
蔵元のマイナス冷蔵庫で全く動かす事なくひと夏寝かせた・・・というのがポイントですか。
でも、そういうのって意外とありそうで?なさそうな??

ま、ありがたく開栓。
シュゥ~~、ジュッポン! 寝てたわりには元気じゃないですか。(笑

いい香りです。リンゴですね。
通常の「中垂れ」の“青りんご”の果肉のとこだけ集めたようなまろやかな香り。

ひと夏越しても、やわらか~くしゅわしゅわしてます。
あま~い果肉が攻めてきますね。旨いっすね。

通常の中垂れの、ピッチピッチのシュワッシュワじゃなくて、やわらか~いしゅわしゅわ。
口中でも、フレッシュで突き刺すような甘さではなくて、先が丸まったようなま~るい甘さ。
もぎたての青リンゴ丸かじりではなくて、皮をむいて上品にお皿に盛られた完熟りんご。

旨いっす。
from 情熱1 奈良萬 蔵元熟成 21BY(裏ラベル) (← いつもの写真が無くて、悲しい。)
でも、親爺には通常の「中垂れ」の良さが少なくなったような気もする。
まさに青リンゴジュースだった通常の中垂れの方が、もっと旨かったような。。


【奈良萬 純米生酒 中垂れ 無ろ過生原酒 蔵元熟成 21BY】
・原料米:会津産五百万石、精米歩合:55%、酵母:うつくしま夢酵母
・アルコール分:17%、日本酒度:-、酸度:-、アミノ酸度:-
・製造年月:平成22年9月
・価格:2,835円(税込)/1.8L

夢心酒造株式会社】 創業明治10年(1877年)
・所在地:〒966-0072 福島県喜多方市字北町2932、TEL:0241-22-1266
・最寄駅:JR磐越西線 喜多方駅(駅から約3km、車なら10分ほど) ⇒ 夢心酒造の地図
・代表者:東海林 伸夫(11代目蔵元)、杜氏:石川 達明?
・蔵見学:?

【購入したお店】 ⇒ 株式会社 カネセ商店


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
村祐の生を呑み、
同じようなことを思いました。
寝かさない方が美味かったのかも?(爆)

でも完熟リンゴも魅力的です♪
2010/11/24(水) 00:11 | URL | decaf #HkRIpaaw[ 編集]
以前呑んだ青リンゴバージョンを思い出しました。
あの味を熟成させると完熟リンゴですか。
熟成版呑んでませんが、あの味はやはり青リンゴのうちに呑んだ方がいいような気がします。

また、単にマイナス冷蔵庫熟成と言っても、本来は出荷の都合などであちこち移動させられるんでしょうね。
ここまで徹底するのなら2~3年熟成させても面白いのに。
と、無責任な意見^^;
2010/11/24(水) 05:10 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
やはり・・・やはり・・・通常のピチピチ感なんですねw
これであの旨さなんですから 楽しみですね~22BYが
2010/11/24(水) 17:26 | URL | OIRAn #-[ 編集]
蔵元熟成中垂れもとても良かったですが、私的には純吟の中垂れで熟成してほしかったですね。春に呑んだ味わいが、ずば抜けて旨かった記憶があるので。
『青リンゴジュースだった通常の中垂れ』これ呑んでみたかったです。
ぽち~ん。
2010/11/24(水) 23:10 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
こんばんは、青です。
こういうお酒、以前は蔵元の趣味とか、隠し酒とかいわれましたがね。
なんにしろ、美味しい試みがなされるのは結構なことだと思います。試行錯誤を含めて。
奈良萬、美味いですものね。
2010/11/24(水) 23:25 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
奈良萬は来月10日ころにおりがらみが出てきますね。

蔵元熟成は飲んだことのないので、大好きな「中垂れ」の味わいがどんな変化をしているのか、とっても気になります。
2010/11/25(木) 06:11 | URL | ばるべにー #t50BOgd.[ 編集]
ラベルの保存のされ方が
すごいなぁ…と思います
なんか、何気なくはがしていたら
たくさんたまってしまって
散逸の危機に瀕しております><
年内にはなんとかせねば、と思っておりますが・・・^^;
2010/11/25(木) 10:41 | URL | くまねこ #SFo5/nok[ 編集]
確かに奈良萬・中垂れはフレッシュ&ジューシ~、なとこが美味しい印象ですが、「完熟リンゴ」も美味そう。

僕は「やわらか~いシュワシュワ」もぴちぴちフレッシュと同じくらい大好きなのでとても羨ましいです。


2010/11/25(木) 21:23 | URL | ぽんちゅう #h9wdgMjs[ 編集]
村祐の生もそうですね。
もともと旨いお酒は、そのまま呑むのが一番おいしいような気がします。
2010/11/25(木) 21:44 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> ここまで徹底するのなら2~3年熟成させても面白いのに。
・・・これは、ある意味、楽しそうです。
でも、フレッシュで美味しいお酒を、わざわざ落着かせるのもチャレンジでしたね。
2010/11/25(木) 21:46 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
22BYで、通常の青リンゴを試してみて下さい。
そっちも絶対に旨いですよ~。
2010/11/25(木) 21:47 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん
純吟の中垂れは、通常の中垂れのピチピチ青リンゴとは、また違った趣でした。
純吟の中垂れは、確かに熟成したら旨くなりそうな予感のある味わいでしたね。
いつも、応援、ありがとうございます。
2010/11/25(木) 21:49 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> なんにしろ、美味しい試みがなされるのは結構なことだと思います。試行錯誤を含めて。
青さんのおっしゃる通りだと思います。(さすが、大人だなぁー。)
この蔵元熟成もかなりの旨さでした。
実際に、呑み比べていただくと、どちらが旨いかは、意見の分かれるところだと思います。
アイドル系のお酒が好きな親爺は、通常の中垂れに軍配を上げたというところです。


2010/11/25(木) 21:53 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
いや~、、そう言えば、ばるべにーさんに何のお断りも無く奈良萬を呑んでしまいました。(笑
そうですか、12月10日頃に新酒のおりがらみですか。
さすが、地元。さすがの情報ですね。ありがとうございます。
2010/11/25(木) 21:55 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
そこですか!(笑
ラベルに限らず、、ためてしまうと、、後で収拾がつかなくなりますよ。
早めに対処したほうが良いですよ。
(親爺は、土日で1週間分のラベル(ま、たかだか2~3枚ですけど)を整理するだけでも、結構大変です。)
2010/11/25(木) 21:59 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ぽんちゅうさん
> 僕は「やわらか~いシュワシュワ」もぴちぴちフレッシュと同じくらい大好きなのでとても羨ましいです。
そうですか。で、あれば、是非このお酒は呑んでいただきたかったですね。
青リンゴの果肉だけのような、ふんわりした香りに、何とも言えない落着きがありましたよ。
来年も蔵元熟成、やってくれるといいですね。
2010/11/25(木) 22:02 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
奈良萬,いいですね。
青リンゴですか。
純米生は呑んだことがありません。
しかし,親爺様,いったいいくつの頒布会,参加されているのでしょうか。
さすがです。
2010/11/25(木) 22:59 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
こちらは、新潟のあそこの頒布会ですか?
この2つは、すごく魅力的ですねぇ~。
奈良萬は外呑みではありますが、家呑みしたことないので、そのうちしたいと思っているんです。シュワシュワが抜けた後どういう風になるかも楽しみですねぇ。
2010/11/25(木) 23:49 | URL | ino #w4Ib0zSU[ 編集]
やはり、通常の中垂れの方に軍配があがりましたね。
こちらはじっくり呑めたのですが、通常の方は外呑みです。
通常バージョン家呑みしたいです!
2010/11/26(金) 18:32 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
通常の中垂れは、まさに青リンゴジュースです。
入手も簡単ですし、ほぼ通年商品のようですので、22BYにでもぜひお試しください。
頒布会は、3つ以内に抑えてます。(笑
2010/11/27(土) 07:50 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
そうです。長岡の情熱の頒布会です。
この蔵元熟成奈良萬もとても旨かったです。
ジュースのようなシュワッシュワがいいか、少し落着いた完熟りんごがいいか・・・、好みの問題だけです。
2010/11/27(土) 07:52 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
通常版は、やはり開けたてが良いです。
外呑みされたものが、開けたてだったら良かったですね。
フレッシュさが最大の売りのお酒ですから。。
2010/11/27(土) 08:02 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/378-7fb97b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。