旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/04(火)
琵琶湖の湖北、北国街道・木之本宿にある「冨田酒造」。
とても古い歴史を持つお蔵さんである。創業が天文年間という。ざっと数えて460年!

なにしろ、織田信長や豊臣秀吉が生まるのが天文年間ですからね。
フランシスコ・ザビエルの「1549(いごよく)広まるキリスト教」の伝来が天文18年。
七本槍キャップ銘柄に由来する七本槍の「賤ヶ岳の戦い」が天正11年(1583年)。
まさに歴史の彼方です。

木之本宿は、紅殻格子とうだつのある家並みが残り往時の宿場町の風情をとどめ、
冨田酒造は、その街並みの主要な景観の一つとして、観光マップの中央に位置します。
  (↓クリックすると、大きくなります。木之本観光案内書HPより転載。)
木之本宿マップ
それもそのはず、母屋は延享元年(1744年)の築、新蔵でも明治初期の建物らしい。
明治天皇の北陸巡幸の際には、かの岩倉具視が宿泊したという。

七本槍 扁額← この写真は、日本酒心chiより。)
食客として長逗留した無名時代の北大路魯山人の手による扁額が、今も飾られている。

水は、霊水と名高い奥伊吹山系の伏流水
東京での会社勤めの後、フランスのワイナリーやスコットランドの蒸留所などを見て回った15代目蔵元は、テロワールを意識した地元産米での酒造りを重視する。

今回呑んだのは、日本晴(にっぽんばれ)というお米で造られた純米酒。
七本槍 純米日本晴 19BY(肩ラベル)
コシヒカリが誕生するまで、全国作付面積1位だった食用米です。
特に滋賀県野洲市の日本晴は、日本穀物検定協会で全国の米の味の基準となるもの。
ついでに、日本の稲ゲノムプロジェクトでゲノム解読に使われた品種でもある。

ただ作付面積は年々減っており、応援したい思いでこのお米の酒を造ったのが19BY。
七本槍1 平成19酒造年度のお酒です。
純米火入れの熟成。なのでお猪口に注いでみると、わずかに古色がかっている。
香りもこころなしか熟成香というか、奥に隠れた甘みが染み出るような香り。

口当たりは、イメージほどはトロトロ感はなくて、普通にサラっとしてますが、
そこは65%純米の熟成、フルボディの骨太さを感じさせるガッツリ感あります。
ちょっと苦手なタイプですが、親爺でも冷や(常温)で十分旨いです。
数字(+3)よりは、辛口に感じますね。

このお酒の本領は、お燗です。しかも熱燗~燗冷まし。
香りも甘くなるし、ほんわかしてきて、冷やでは見えなかった甘旨みが引き出されて・・・旨いです。

七本槍 純米日本晴 19BY 七本槍 純米日本晴 19BY(裏ラベル)
お分かりのとおり、胴ラベルの文字は、北大路魯山人の手によるものです。
しっかり造られた純米は熟成にも強い、とあらためて感じた1本でした。


【七本槍 純米 日本晴 19BY】
・原料米:日本晴(100%)、精米歩合:65%、酵母:協会901号
・アルコール分:15~16度、日本酒度:+3、酸度:2.0、アミノ酸度:不明
・製造年月:2010年11月
・価格:2,730円(税込)/1.8L

冨田酒造有限会社】 創業天文年間(1532~1555年)、製造石数:約300石?400石?
・所在地:〒529-0425 滋賀県伊香郡木之本町木之本1107、TEL:0749-82-2013 
・最寄駅:JR北陸本線 木ノ本駅(徒歩5分) → 冨田酒造の地図
・代表者:冨田 泰伸(15代目) 、杜氏:中 鎮夫(能登杜氏)
・蔵見学:??

【購入したお店】 ⇒ 株式会社 カネセ商店


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ポチっ ポチっ と↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
新年から深いですね♪

七本槍の話から北大路魯山人。
どちらも一筋縄ではいかない話。

そんなことに思いを馳せながら頂く一献♪

素敵です。

当方、このお酒は、
火入れで古酒ということで開栓が遅れています。

でも、遅らせてよかったです。
私も時の流れに思いを馳せながら
頂くことができそうです。
2011/01/04(火) 11:03 | URL | decaf #HkRIpaaw[ 編集]
富田酒造に関する歴史,読み応えあります。
ラベルが北大路魯山人なんて,凄い。
うちの田んぼも,今はコシヒカリですが,以前は日本晴でした。
日本晴のお酒ってどんな感じなのか興味があります。
2011/01/04(火) 16:02 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
こんにちは、度々のご訪問ありがとうございます。

飲んだことのある「七本槍」が記事になってるので、黙っていられませんでした(笑)

今年も宜しくお願い致します。
2011/01/04(火) 16:08 | URL | nomusuko #-[ 編集]
火入れの古酒といっても、そんなに古酒っぽくなかったですよ。
親爺でも呑めたので大丈夫でしょう。

こちらのお蔵さんは、調べだしたらキリがなさそうなので、最初から調べるのは止めました。
建物についても、きっと、沢山の情報がWEBにあるのだろうけど。。
親爺の手には負えそうもないのでやめときました。新年早々、ガッツが足りません。(笑
2011/01/04(火) 17:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
馬鹿酒さんのところでは、お米を作ってますか!なんだか、羨ましいなぁ。
定年退職後は、米作りして下さい。なんか、手伝って見たい気分。(その頃は、ジジイ過ぎて労働力にならないな。
2011/01/04(火) 17:44 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
おめでとうございます。
いつも、そちらさまにお邪魔しております。読み逃げばかりですが。。。
今年もよろしくお願いいたします。
2011/01/04(火) 17:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
テロワールいいですね。
食用米のお酒にあまりいい思い出はないのですが、
なにやら応援したくなる姿勢です。
日本晴って、お酒も気になるところですが、
お米自体もどんな味だろうと気になります。
基準になっているなんて素敵。
スーパーでは見たことないなぁ。

あ!

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いたもー!
2011/01/05(水) 02:27 | URL | riki #-[ 編集]
今年も色々と参考にさせていただきますので、よろしくお願いします!
食用米で造った熟成純米ですか~。
生ばっかりなので、なかなか呑む機会はありませんが、呑んでみたいですね!
2011/01/05(水) 14:02 | URL | EXCITER #-[ 編集]
七本槍のラベルの字は変わっていると思っていたのですが、
北大路魯山人の手によるものですか。
為になって得した気分です。
2011/01/05(水) 16:57 | URL | 年三 #-[ 編集]
北大路魯山人が、好んで呑まれていた七本槍のイメージはあったので、昔のお酒のイメージがあるんですが、どうなんでしょうか?千葉の酒屋では売っている所がないので、呑みたい時は、かねせさんで買うしかないのかな~~
2011/01/05(水) 23:39 | URL | 日本酒ランナー #tHX44QXM[ 編集]
私もこのお酒UPしようかと思ってました。
また先を越されてしまいました(笑)。
やはり燗ですね~。
旨かったです!
2011/01/06(木) 00:35 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
あけましておめでとうございます。
今年もお酒のお話楽しみにしています♪
箱根駅伝、娘さんの早稲田
優勝おめでとうございます!
農大は、シード権のがしましたが、
来年も出場しますよヽ(゚∀゚)ノ
2011年もよろしくお願いします。

2011/01/06(木) 16:33 | URL | トロ #-[ 編集]
新年おめでとうございます♪
今年も、親爺さんのブログでいろいろと勉強させていただきます。
よろしくお願いします。

七本槍、日本晴の古酒ではありませんが、外で飲んだことあります。
何も知らずに飲んじゃいましたが、
歴史も逸話も、ドッサリありそうなお蔵さんですね。
2011/01/06(木) 20:19 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
新年おめでとうございます。
今年も貴ブログで、
美味しく楽しく、お勉強させていただきます。
よろしくお願いいたします。

ミスっちゃいました。
コメント書いたのですが、
鍵コメになってしまったみたい!?
2011/01/06(木) 20:26 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
こちらこそ、今年もよろしくお願いたもー!
・・・で、中津川は、スケジューリングできそうですか?
頑張って、来てちょ。
2011/01/06(木) 22:15 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
あちこちで、申し上げてるような(?)気がしますが、
ぜひ、会津OFF会、、よろしくお願い申し上げます。
2011/01/06(木) 22:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
そうなのです。このラベル文字は、魯山人なのですが、
扁額から直接写し取ったものなのか?それとも、元になる篆刻のようなものがあって、そこから写したのか?、、良く分かりません。
2011/01/06(木) 22:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺もてっきり、若き蔵元(跡取り)が兼任杜氏だとばかり思っておりました。
が、こちらは、昔ながらの杜氏制度のようですね。
味わいは、今回呑んだのが古酒だったせいもありますが、、昔ながらの味わいでした。(笑
2011/01/06(木) 22:22 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このお酒は、燗でしたねー。間違いない。
これほど、燗上がりするお酒 というか、分かりやすいお酒も珍しいほどでしたね。
2011/01/06(木) 22:23 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願い致します。

早稲田のほかにも、明治も頑張って5位(だったかな?)に入りました!
(親爺の長男は、明治なのね。姉弟で早明戦です。)
東農大は、伝統の山登りで復活してほしいです。
監督が山登りの奈良修さんなので、大丈夫でしょう!!
2011/01/06(木) 22:27 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
2通もコメント、ありがとうございます。(笑
このお蔵さんは、調べれば調べるだけ歴史的ネタが出てきそうでしたので、あえて止めました。
長くなっちゃいそうでしたので。。
ま、期待がおおきすぎちゃったかな??
2011/01/06(木) 22:29 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/394-d7b66b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。