旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/02(水)
紀州和歌山、紀ノ川沿いにある「吉村秀雄商店」。
車坂 中取り生原酒 22BY(肩ラベル)
「鉄砲隊」と「車坂」の銘柄が有名です。

近くには根来寺があり、その僧兵たちは鉄砲で武装し傭兵集団としても有名だった。
それにちなんで、「鉄砲隊」。
車坂は、「小栗判官(おぐりほうがん)伝説」にちなんだネーミングです。
小栗判官再生の地とされるのが熊野の湯の峰温泉で、小栗がそこに向かうために通ったとされる坂が、「車坂」です。

こちらのお蔵さんは、大正4年(1915年)創業時に建てた土蔵で今も酒造りを行っている。
車坂 出品酒 純米大吟醸(キャップ)なのでキャップのマークとロゴは、「紀州 土壁酒造」。
温度や湿度に応じて壁が呼吸し、酒造りに必要な微生物に快適な環境が保たれるとか。
水はもちろん紀ノ川の伏流水。やや軟水。

以前、出品酒 純米大吟醸 を頂戴して呑んだが、今回は65%精白の純米です。
車坂 中取り生原酒 22BY(蕎麦猪口) 「車坂 中取り生原酒 22BY」。

「車坂あらばしり」と同じタンクの『純米生原酒』の「中取り」部分をサーマルタンクへ移し「純米あらばしり」の同タンクから瓶詰めしました・・・らしいのだが、この日本語、、難しいなぁ。 意味が良く分からない。

香りは、、ないです。あえて言えば、はるか彼方の遠く向こうでミカンを向いているような。そんな香り。

骨太な感じで飲みごたえがあるような感じの一方、アルコール香が漂うドライ感もあり。
そのドライなところに、涼やかな酸の余韻があるのが特徴です。

まっすぐで平面的な広がりのお酒です。淡麗好きな方に、おススメです。
車坂 中取り生原酒 22BY 車坂 中取り生原酒 22BY(裏ラベル)
親爺的には、もうちょっと、3D的な幅というか奥行というか、そんなものが欲しかった。
あの「出品酒 純米大吟醸」は、旨かったなぁー。 それと比べちゃ、ダメか。
ま、この価格を考えれば、十分納得の一本なのではありました。


【車坂 中取り生原酒 22BY】
・原料米:和歌山県産玉栄100%、精米歩合:65%、酵母:協会901号
・アルコール分:17度以上18度未満、日本酒度:+3.0、酸度:1.9、アミノ酸度:1.2
・製造年月:平成22年12月
・価格:2,310円(税込)/1.8L

株式会社 吉村秀雄商店】 創業大正4年(1915年)
・所在地:〒649-6244 和歌山県岩出市畑毛72番地、TEL:0736-62-2121
・最寄駅:JR和歌山線 岩出駅(駅から約2km、車なら5分ほど) ⇒ 吉村秀雄商店の地図
・代表者:安村 勝彦(代表取締役社長)、杜氏:林本 嘉宣(但馬杜氏)
・蔵見学:4月~10月まで、見学料:500円(純米吟醸生原酒300ml×1本のお土産つき)

【購入したお店】 ⇒ 全国銘酒 地酒 小山商店


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
親父さま、はじめまして。
もっとはやくに訪問したかったのですが、今日、北海道から帰りました
。遅くなってすみません。北海道撮影には今回、やまぐちの、だっさい・・・漢字が、この部屋のノートででない・・そのお酒を持っていきましたよん!!ゆうりさんには、びっくりされちゃた!!
和歌山にも酒造があるのですね。
ぜんぜん、知らなかったです・・・
北海道は意外とわたしの口にあわなくて・・・
明日、このお酒をゲットしたいなあ!!

また、遊びにきていいですか??
2011/02/02(水) 01:49 | URL | 都芭早 #bXs3eaDQ[ 編集]
要は、あらばしりと同じタンクの中取りという事でいいんでしょうか?

鉄砲隊は呑まれました?
あちらは濃くて3D的だった気がします。
2011/02/02(水) 02:22 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
私も中取り部分の所を、読み返しているのですが、なんだか?ですね(笑)このへんが、もう少し明確に決めた方が良いような気がするんですが。。。
2011/02/02(水) 08:39 | URL | 日本酒ランナー #tHX44QXM[ 編集]
親爺さんが昨年書いた、車坂の記事を読み返しました。
同じ蔵の同じ銘柄でも、色々な味わいがあって、
日本酒好きは、どこまで飲んでも飽きませんね。
芳醇も好きですが、粋豚は淡麗も大好物です。
2011/02/02(水) 15:37 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/02(水) 20:05 | | #[ 編集]
文章の件は・・・日本語の体を成しておりません。意味不明です。多分「車坂あらばしりの純米生原酒の「中取り」部分を「純米あらばしり」とよんでいる」のでは? これでも酔う分からん。
それよりも、私はこのキャップのデザインが面白いです。
なかなかハイカラですな。
2011/02/02(水) 21:00 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
和歌山県のお酒なんですね。
しかも淡麗ですか・・・。
ちょっと手を出しにくいかな。(笑
ラベルは達筆でかっこいいです!!。
ぽち~ん。
2011/02/02(水) 21:36 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
親爺さま、こんばんは。
車坂の大吟は昨年頂きまして大好きになりました(^^)v
車坂中取りは平面的なお味なのですね。でも私は淡麗辛口も甘いお酒もどっしりしたのも何でもありなのでOKかもしれません←気分次第で何でもよいのです。味音痴なのかも(^^;
2011/02/02(水) 21:42 | URL | sakezukineko酒好猫 #x4ogmAko[ 編集]
私も、純大吟の出品酒はお酒の会で呑みました!
旨かったですね~。
でもこちらの平面的な感じも味わいたいですね~。
蔵見学、500円で300ml×1本のお土産つき、良いですね~♪

2011/02/02(水) 22:27 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
和歌山のお酒なんですね。
黒牛とか羅生門は,近くの酒屋さんで扱っていますが,
それすら呑んだことがありません。
まだまだ勉強しなければ・・・。
2011/02/02(水) 22:59 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
都芭早さん

こんばんわ。プロの写真家の方からコメいただくと、、なんだか感激ですよ。
北海道は、明治以降に開拓された土地なので、古い造り酒屋さんというのは存在しません。
そこで、美味しい地酒を見つけるのは、結構難しい。。

獺祭は、「かわうそ」の祭りです。
ぜひぜひ、ゆうりさんをよろしくお願い致します。
こちらにも、ぜひぜひ、またお立ち寄りくださいませ。お待ち申しあげておりますよ!
2011/02/02(水) 23:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ノミ太蔵さん

難易度、高いでしょう??
これが分かれば、逆に、普通の日本人とは会話ができないでしょうね。(笑

鉄砲隊は、まだ外呑みだけです。
いつか、家呑みしますよ!
2011/02/02(水) 23:09 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ま、蔵元が酒販店さんに送る案内文って、結構、変な日本語が多いです。(笑
親爺は、バカ舌なので、ついつい、そうした案内文を参考にしたくなりますが、、
本来はそんなものを気にせずに、自分の舌だけで味わえば良いのですけどね。
2011/02/02(水) 23:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
昨年の車坂の出品 純大吟と比べたら、、、イケません。(自己反省
親爺は、酒肴を必要としない、お酒だけで呑める旨酒が好きです。
2011/02/02(水) 23:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ご連絡ありがとうございます。
全ては、組長のご指示に従います。(笑


2011/02/02(水) 23:15 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
青さん

このキャップは、創業当時の土蔵をモチーフにしたものです。
上手に描けてますよ。

こちらの土蔵、なかなか絵になります。ぜひ、見て下さい。
2011/02/02(水) 23:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん

淡麗系を呑むといつも思うのですが、、ちょっと物足りない。(ハハ。。
たぶん、RYOさんにも物足りないと思います。
コスパを考えると、結構イイのですけどね。常備用の(今回は試してませんが)お燗酒かも??
2011/02/02(水) 23:18 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
いや~、、味音痴などではありませんよ。
昨年の大吟は、素晴らしかった。旨かったです。
それと比べると、、だいぶ平面的なだけです。(笑

また、呑みにご一緒させていただきたいです。
2011/02/02(水) 23:20 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
純大吟は、すっごく旨かったです。異論なし!

> 蔵見学、500円で300ml×1本のお土産つき、良いですね~♪
・・・親爺的には、有料の蔵見学は、大手だと思ってます。
お土産いらないから、無料で、もっと多くの方に見せてあげて欲しいです。
2011/02/02(水) 23:22 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
和歌山のお酒は、親爺の印象としては、どちらかというと地味(?)でしょうか。。
でも、親爺も、まだ和歌山は4蔵しか呑んでませんので、まだまだ勉強不足です。

これから一緒に勉強しましょう!
2011/02/02(水) 23:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんにちは♪
和歌山ちょっくら遠いけど
蔵見学とかしてみたいな~♪
淡麗っていうのは呑みやすい(ガブガブ)いけちゃう感じですか?^^


☆ありがとうございます~♪
母親からみた息子っていうのは
いつまでも息子でかわいいものなのですね♥
ワタシの母も兄にはきっとそんな感じだもん☆^^
2011/02/03(木) 15:10 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
車坂。今後の購入候補として参考にさせていただきます。
2011/02/03(木) 21:26 | URL | としまっちゃん #-[ 編集]
ガブガブいけちゃうのは、、ヨシさんのようなツワモノだけです。(笑

息子さん、あまり甘やかさないでねー。
男の子は、ワイルドでなくちゃ。
2011/02/03(木) 23:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 車坂。今後の購入候補として参考にさせていただきます。


としまっちゃん、、

これを参考にされるとなぁ。。まぁ、自己責任という事で。(笑
2011/02/03(木) 23:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
「車坂」は呑んでみたいですね!
価格も良いです。
でも親爺さんオススメの出品酒がいいですね~
2011/02/04(金) 02:44 | URL | EXCITER #-[ 編集]
あ。車坂!
昨年、出品酒でびっくりしたお酒です

こちらの蔵元さん、地図で見ていてびっくりしたのですが
九重雑賀さん(住所:和歌山県岩出市畑毛49-1)
の、すぐお隣なんですね!
何かご縁があるのかな~と思いつつ、追いかけずにおります
2011/02/04(金) 15:53 | URL | くまねこ #SFo5/nok[ 編集]
> でも親爺さんオススメの出品酒がいいですね~
・・・そっちが買えるのら、絶対にそっちの方が良いです。(笑
2011/02/04(金) 23:25 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> こちらの蔵元さん、地図で見ていてびっくりしたのですが
> 九重雑賀さん(住所:和歌山県岩出市畑毛49-1)
> の、すぐお隣なんですね!
> 何かご縁があるのかな~と思いつつ、追いかけずにおります

・・・こういう情報、、親爺、大好きです!
ホントだ。近いですね。

出品酒は、確かに凄く旨かったです。

また、吞み会でご一緒させていただけたら、嬉しいです。
2011/02/04(金) 23:31 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
うーん。私も何度も読み返しましたが、
このパズル解けません。

書いてあるお酒がみな兄弟。
そしてサーマルタンクに移した。
ってことだけ理解できました。
2011/02/05(土) 08:10 | URL | riki #-[ 編集]
ま、この日本語は、あまり気にするのは止めましょう。(笑
先日、行った押上の「酔香」、、雑誌に載ってましたね。『人情食堂』だったけかな。
なかなか、風情のある建物と酒肴でした。
2011/02/05(土) 11:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
エライご無沙汰してますm(__)m
車坂のコンセプトはたしか「家庭の食卓に合う酒」やった筈。。
・家計を苦しめない価格であること
・保管にあまり神経を使わなくていいこと
・杯を重ねても呑み飽きしない、しみじみした美味さであること

この3点にすごいこだわりがあると誰かに聞いた記憶があります。(出品酒は除く(^^;)
実際、食中酒として呑むと全く違う印象を与えてきましたよ。私が呑んだの中取りじゃないけど・・・
酒だけやったらホンマに面白くない味なんですけどね~
2011/02/05(土) 12:16 | URL | ゆうり店主 #ICazf28Y[ 編集]
ゆうり店主

お久しぶりです。お忙しいのに、気を使ってコメントいただき恐縮です。
そうですね。食中酒なのでしょうね。
親爺はのんべぇなので、お酒だけで呑めるお酒が好きなのですね。(笑
2011/02/05(土) 13:36 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんにちは~。

車坂は「魚にあう吟醸酒」しかまだ飲んだこと無いですね。
山田の3年熟成をちらちら見かけるのでそちらを狙っております。

この蔵は「じゃばら酒」作ってますよね。
あれ結構好きなんです(^^♪
2011/02/13(日) 11:40 | URL | ぴろしき。 #Ay6tTHf6[ 編集]
> この蔵は「じゃばら酒」作ってますよね。
・・・すいません。知りませんでした。ちょっと調べました。
「じゃばら」って、柑橘だったんですね。
2011/02/13(日) 18:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/403-9ec49078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。