旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/21(月)
fund_raising468_60.gif

2007年の震災(能登半島地震)で壊滅的な被害を受けながら、蔵の新築、設備の修繕・近代化と、積極投資で元気に酒造りにまい進する、能登輪島の「白藤(はくとう)酒造」。
白藤酒造 (←は、「蔵元HP」からの転載です。)
享保7年(1722年)の廻船問屋創業にまでその歴史がさかのぼる、老舗蔵。
廻船問屋時代の屋号は「白壁屋」。(今は黒壁だが、昔は白壁造りの建物だったのか?)

唐突ではありますが、
「3月3日:雛祭り」「5月5日:端午の節句」「7月7日:七夕」のほかに、「1月7日:人日(じんじつ)」と「9月9日:重陽の節句」というのがあって、この5つを五節句と言います。
1月7日は七草粥の節句とも言われて、この日に七草粥を食べる方も多いでしょう。
花札_9月 奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま 22BY(キャップ)それと同じように、9月9日には菊の花びらを浮かべた「菊酒」を呑む風習が、昔はあった(らしい)。すっかり廃れた風習です。
でも、たしかに花札の9月の絵柄には、菊と酒盃が描かれている。

ここでようやく話がつながるわけで、
このお蔵の主銘柄は、屋号の「白壁屋」と重陽の節句の「菊酒」から字をとって「白菊」。
白菊という名のお酒は岡山や茨城などにもあるので、それらと区別するために、現在は「奥能登の白菊」となっています。

奥能登の白菊 純米吟醸 そのまんま」。
奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま 22BY(肩ラベル1)
「そのまんま」とは、搾っており引きしないでそのまま詰めてるから、そのまんま。
本醸造そのまんま・純米そのまんま、純米吟醸そのまんま、とシリーズになってるらしい。

この純米吟醸そのまんまは、粕歩合(かすぶあい)が、なんと62.8%。
(粕歩合:原材料白米の重量に対する酒粕の重量の割合。100kgの米から37.2kgのお酒しか搾ってないという事。)
通常、純吟クラスの粕歩合は40%~、大吟醸クラスでも50%~ らしいですから、とても贅沢なお酒です。
奥能登の白菊 そのまんま 22BY(1) 今宵もコールマンのランタンと。
香りはあまり立ちません。
微かに、フルーツとかスイーツの香りではなく、アルコールのスーッとした良い香り。
(昨年のようなセメ様と違って、鼻を少しくすぐるようないい感じです。)

おりの粒はありませんが、ご覧の通りのかすみ酒。
無濾過生ですが、ピチシュワ感はなく、むしろ落ち着いた印象の口あたり。
すぐに濃いめの甘みがジンワリと広がって、それが口中に沁み込むようです。
口中に沁み込んだ分だけ軽くなり、それがノドを通るような感じです。
そのため、なんだか呑みやすいのは呑みやすい。ゴクリゴクリと呑みやすい。

ややもすれば太めの印象になりがちな、濃いめの甘みとコクですが、
そこを、うまく呑みやすくするようにバランスとってる感じでしょうか。
奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま 22BY 奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま 22BY(裏ラベル)

== 親爺のお好み度 == ★★★☆☆
呑みやすいけど、甘みがどこかに沁み込む分だけインパクトも減ってしまってるような。
★4つかもしれんが、この価格を考えて、少し厳しめの採点ということで。


【奥能登の白菊 純米吟醸酒 無濾過生原酒 そのまんま 22BY】
・原材米と精米歩合:山田錦50%&五百万石55%(らしい)、酵母:K-10
・アルコール分:16度以上17度未満、日本酒度:-4、酸度:1.5、アミノ酸度:不明
・製造年月:平成23年2月
・価格:3,675円(税込)/1.8L

株式会社 白藤酒造店】 創業江戸末期(享保7年(1722年)廻船問屋創業)、生産石数150石
・所在地:〒928-0077 石川県輪島市鳳至町上町24、TEL:0768-22-2115
・最寄駅:電車では無理。能登空港から車利用か? ⇒ 白藤酒造の地図
・代表者:白藤 洋一(8代目)、杜氏:白藤 喜一(9代目)
・蔵見学:OK(要予約)。家族中心の少人数のため、対応できない場合も。

【購入したお店】 ⇒ 株式会社 カネセ商店


酒呑親爺の酔って候 をご覧いただきありがとうございます。
 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ fund_raising88_31.gif
コメント
この記事へのコメント
菊とお酒の結びつきが、わかりました。なるほど~

重陽の節句、といえば、
「六日のあやめ、十日の菊」
とならないように
当方も、今できることは何か考えて、急ぎ義援金寄付をしました
親爺様のブログをお手本に
寄付サイトのリンクも拙ブログに貼ってみました
ほんの自分だけの気休めかもしれませんが・・・
引き続き、がんばれニッポン!の心をこめて
日本酒を呑みます!(←結局、呑んでます^^;)
2011/03/21(月) 10:42 | URL | くまねこ #SFo5/nok[ 編集]
> 「六日のあやめ、十日の菊」
・・・ほぉ、この言葉をご存じとは、、なかなかの博識。感服しました。
実は、この言葉を使おうかとも思ったのですが、説明にまた、2行も使う事になりそうだったので止めました。
親爺も、日本酒呑んでます。
2011/03/21(月) 12:46 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
今日の新聞で、気仙沼市の酒蔵「伏見男山」(「蒼天伝」とか)が再開したと報じてました。

「奥能登の白菊」と言えば、去年かブラザー・トムさんが、はなまるカフェで最近のお気に入りの酒として、「黒龍」と一緒に紹介してましたね。確か。
2011/03/21(月) 14:53 | URL | エクスプロイダー #-[ 編集]
菊酒とはかっこよすぎる。
花札は小さい時にやっていましたが
そんな意味があったなんて初めて知りました。
でもどうせやるなら菊がつくお酒で
やってみたいものですよね。
「そのまんま」といえば、都知事選も気にしなくては。
2011/03/21(月) 16:14 | URL | riki #-[ 編集]
菊が入ってたら★もういっこついてたかなぁという感じですか?
結構がんばってるかもだがこの価格でこの評価なるほどです。
2011/03/21(月) 17:17 | URL | OIRAn #-[ 編集]
> 今日の新聞で、気仙沼市の酒蔵「伏見男山」(「蒼天伝」とか)が再開したと報じてました。
・・・それは、めでたいニュースです。東北のお蔵さん、頑張ってほしいです。

2011/03/21(月) 17:27 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 菊酒とはかっこよすぎる。
・・・親爺は、菊酒、全く知りませんでしたが、
なんでも、長寿を祈って呑んだそうで。。

> 花札は小さい時にやっていましたが
・・・rikiさんらしい。親爺も子供の頃、よくやりました。
都知事選は、投票権がないので、、コメントは控えます。(笑
2011/03/21(月) 17:32 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 菊が入ってたら★もういっこついてたかなぁという感じですか?
> 結構がんばってるかもだがこの価格でこの評価なるほどです。
な、なんだか、普通にしゃべってるじゃないか!?
地震の後遺症でもあるのか??
2011/03/21(月) 17:33 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ランタンはやはりコールマンなんですね。流石はキャンパーの親爺さん。
ワイングラスで呑むのもいい感じですね。香りはいつもより膨らみますか?
ぽち~ん。
2011/03/21(月) 21:37 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
白壁屋と菊酒の関係,深いですね。しかし親爺様の日本酒の話,凄すぎです。
プロフェッサー親爺と呼ばせて下さい。
コールマンのランタン,いいですね。
もとワンゲルの星としては,懐かしいアイテムです。
2011/03/21(月) 21:46 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
こんばんは♪
花札懐かしいです~!!
幼少の頃、お正月=花札でして。。。(笑)
↑その絵札覚えてますよ~!!
そう言う事だったのですね☆

奥に写るランタンは
計画停電用ですか???^^
2011/03/21(月) 22:11 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
RYOさん
10年以上、オートキャンプやってたでしょうか。
初めてキャンプに行くとき、親爺の腕前が未熟な分は道具でカバーしようと、テントからタープやランタンすべてコールマンにしました。(笑
2011/03/21(月) 22:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> もとワンゲルの星としては,懐かしいアイテムです。
・・・なに!音楽の先生にして、元ワンゲル?? なんでもできるなぁ。
ますます、頼りになる。
ちなみに、親爺は、台湾の呑み屋ではオネエちゃん達から、老師(ラオシー=大学の先生みたいな偉い人)と呼ばれてます。(爆
2011/03/21(月) 22:14 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
花札は、トランプのようなもので、本来は子供が遊んでも良いものだと思います。
調べればこのような比較文化論的な考証ができるのでしょうね。(と、格好をつける。

電池式のランタンと、ガス式のホヤ(火をつける)ランタンと、両方ありますが、、幸いまだ一度も使っておりません。
2011/03/21(月) 22:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
白菊さんは以前飲んだときに、飲み易く美味しいと思ったものの、若干パンチに欠けるかなぁ~と思いました。
親爺さんのBlogいつも勉強になります!!!
そのまんま、楽しみに開栓したいと思います♪
2011/03/21(月) 22:27 | URL | namesan56 #-[ 編集]
奥能登の白菊、最近新潟の情熱酒店さんがブログでアップされているせいか、見かける機会が増えましたね。
親爺さんの使っている募金バナー自分も真似させてもらいました。
2011/03/21(月) 23:58 | URL | ino #w4Ib0zSU[ 編集]
お~~~花札のあの札にはそんな理由があったんですね。。。知らなかった。

白菊の本醸造のにごりは呑んでみたかったのですが、本当に欲しいと思わない限り、ネットでお酒を買わないので、白菊は変えていません。
千葉でも売っていれば試してみたいお酒なんですが。
2011/03/22(火) 07:50 | URL | 日本酒ランナー #tHX44QXM[ 編集]
能登半島沖地震をうけても、
こうして、しっかりと立ち上がり酒を醸していく姿には、
元気づけられます。

我が家にも届きました。
いろいろな思いを受け取りながら
吞もうと思います。
2011/03/22(火) 09:25 | URL | decaf #HkRIpaaw[ 編集]
冷えているとあまり感動無いですが、白菊はお燗で激変しますよ。
やや熱めでお試しあれ。
2011/03/22(火) 12:34 | URL | 通りすがりの者ですが #-[ 編集]
新暦になって本来の気候とはズレてしまい、「節句」としての言葉通りの意味が無くなりつつありますね。
特に日本酒呑むようになって特に気にするようになりました。気候・季節に関係する事多いですからね~。

しかし、このような風習や文化、神事・祭事と関わりの深いのも日本酒の魅力。
日本酒を通して、旧き伝統を知り、またそれを伝えていける。
やっぱりいいな~日本酒。

その為にもさらなる親爺さん講座の充実、宜しくお願いします^^
2011/03/22(火) 19:16 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
旨いお酒だとは思うのですが、価格を考えるとインパクトが弱い感じですね。
この値段なら、他にもたくさん美味しいお酒がありますので。。
2011/03/22(火) 21:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
有名酒販店さんが、プッシュすると目につきやすいですね。
我々もすぐ乗せられちゃいますし。(笑
2011/03/22(火) 21:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> お~~~花札のあの札にはそんな理由があったんですね。。。知らなかった。
・・・そう、そういう意味があったのです。(笑
なかなか本格派のお酒だと思います。
結構ランナーさんの好みだと思います。
でも、値段がなぁ。。ちと高いか。
2011/03/22(火) 21:10 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
熱めの燗で激変ですかぁ。。いい情報です。ありがとうございます。
・・・でも、もう既に完呑してしまった後でして。。
次回、チャンスがございましたら、きっと試してみますね。
また、何かございましたら、ご指導よろしくお願い致します。
2011/03/22(火) 21:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ちょっと返信コメの順番ずれてしまいました。失礼しました。
そちら様のお宅にも届きましたか。
「通りすがりの者」様からのコメントによると、熱めの燗で激うまになるそうですよ!
ぜひ、decafさんは、試してみて下さい。
2011/03/22(火) 21:14 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
お盆をはじめとして、伝統のイベントのほとんどが旧暦ですからね。
だいたい、お正月を初春というのからして旧暦ですからね。

> その為にもさらなる親爺さん講座の充実、宜しくお願いします^^
・・・よせやい。プレッシャーかけないでおくれ。
2011/03/22(火) 21:18 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
日本酒の話、いつもながら勉強になります。
白壁屋と菊酒で「白菊」なんですね。
このお酒、拙宅にもありまして、まだ開栓しておりませんが、
結構楽しみにしています。
親爺様のコメントを思い出しつつ、呑んでみたいと思います。
2011/03/22(火) 23:40 | URL | のぶ #qYKiUWys[ 編集]
のぶさん、お褒めの言葉をありがとうございます。
のぶさんのところも、まだ開けてないのですね。
ぜひ、お燗も試して下さいませ。
(親爺は、お燗は試しておりませんので、レポお願いします。)
2011/03/23(水) 19:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
「そのまんま」とは面白い肩ラベルですね。
酒店さんに行くと、凝ったネ-ミング、
面白いお名前のお酒がけっこう多く、目を引かれます。
胴ラベルもレトロなものや斬新なもの、可愛いイラスト風とか♪
そういった中で、昔ながらのデザインにも良さを感じたり。
ふふ。つまり何でも飲んじゃうわけで。。。
2011/03/23(水) 20:53 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
「白菊」の由縁は深いのですね。そういえば、大典白菊(岡山)、土佐しらぎく(高知)というのも飲んだことあります。これらにも謂れがあるのでしょうか。そのような背景に想いを馳せながら飲むと一層美味しいですね。

奥能登の白菊は優しい甘さはいいのだけれど、どれも木香が気になって今は遠ざかっています。今年は違うのでしょうか?再チャレンジかな。

2011/03/23(水) 21:06 | URL | ぽんちゅう #h9wdgMjs[ 編集]
ご心配ありがとうございます。
ブログ再開しました。
早速コメント頂き、嬉しいです
TB成功してましたよ!
会津もこれから大変な時期を迎えると思いますが、頑張っていきたいと思います。
2011/03/24(木) 12:07 | URL | EXCITER #-[ 編集]
> ふふ。つまり何でも飲んじゃうわけで。。。
・・・やっぱりそういう事になるわけですね。
2011/03/26(土) 12:01 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
蔵を新築したので、木香の心配はなくなってるのではないでしょうか?
今回呑んだやつは、少なくとも親爺のバカ鼻では、全く気になりませんでしたよ。
> 大典白菊(岡山)・・・これ、まだ呑んだ事ありません。
2011/03/26(土) 12:02 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
返事がすっかり遅くなり申し訳ないです。
会津は、維新の惨禍を克服してきた土地柄ですから、絶対に大丈夫ですよ。
2011/03/26(土) 12:04 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/426-8adefb4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。