旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/21(月)
現在の純米酒黄金時代/日本酒復活の礎を築いた最大の功労者といって良いでしょう、神亀酒造/小川原 良征さんの歴史(純米酒造りにかけた情熱と半生)を綴った本です。

神亀酒造が、1987年醸造年度に全国に先駆けて”全量純米”に切り替えたのは有名。
でも、このおっさん(失礼、小川原さん)が凄いのは、常に日本酒業界全体の事を考えていること。
自分の事だけではなく、他人の事(=全国の蔵元の事)を思っているところ・・・。
表紙1裏表紙1
酒造り(純米造り)の技術は惜しげもなく教え、困っている蔵があれば助けてあげる・・・。

冷夏で酒米が不足していれば五百万石(酒米の種類)をタンク1本分送ってあげたり、杜氏が不慮の事故で亡くなった蔵には、自分とこの蔵人を2名も応援に行かせたり。

根底には、全国の蔵元の復興なくしては日本酒文化そのものの隆盛はあり得ないという、強い思いがあったわけ。
それもこれも、小川原さん自身、国税庁/税務署、酒造組合や業界の古いしきたりなどとのさまざまな闘いがあり、全量純米に切り替えて神亀ひこ孫を育てるまでの(いや、今現在も)いろいろな苦労を知ってるからこそ、みんなを助けてあげるわけだ。

「るみ子の酒」の森喜酒造が、小川原さんの支援で復活したのは有名だけど、以下に、小川原さんの支援を受けたり、神亀酒造で修行された方々の名前を抜粋してみましょう。
(これだけでも、神亀酒造/小川原 良征さんの偉大さがわかろうというもんだ。)

・池本 久彌:「琵琶の長寿」(池本酒造/滋賀県近江今津)の蔵元
・石川 達也:「小笹竹鶴」(竹鶴酒造/広島県竹原市)の杜氏
・川村 直隆:「酔右衛門」(川村酒造/岩手県花巻市)を蔵元杜氏
・・・よ右衛門 の ”よ”の字が違ってますけど、ご容赦のほど。
・奥 裕明 :「秋鹿」(秋鹿酒造/大阪府能勢町)の常務
・工藤 華子:「田从」(舞鶴酒造/秋田県横手市)の蔵元女性杜氏
・露木 雅一:「隆」(川西酒造/神奈川県南足柄)の蔵元杜氏
・東田 雅彦:「諏訪泉」(諏訪酒造/鳥取県智頭町)の七代目蔵元
・金丸 潤平:小玉醸造(宮崎県日南市)、神亀で修業後、焼酎の世界へ。
・梅津 雅典:梅津酒造(鳥取県北栄町)、神亀の酒粕を使った長芋焼酎を造る。

きりがないから、もう止め。

最後にこの偉大な方をご紹介。
DSC00638.jpg口絵写真より転載。(写真=鈴木勝/1994年撮影)
(左:神亀酒造七代目蔵元 小川原 良征、右:祖母 くら)

蔵元はご存命ですよ。勘違いしちゃだめですよ。
最近は、こんな活動をされています。 ---> 全量純米蔵を目指す会


上野 敏彦 著 『闘う純米酒 ― 神亀ひこ孫物語(平凡社)¥1,500
・・・ちなみに、この本の装填は、あの太田和彦氏です。
・・・ちなみに、神亀の新しいラベルのデザインを約束したのに、今だに約束果たしてないそうで・・・。



ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/43-e2cc6470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。