旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/27(日)
居酒屋味酒覧(ミシュラン)第二版が出ているのでご紹介。

この本、”ミシュラン”のタイトルから分かるとおり、
「三ッ星 レストラン」 ならぬ 「三ツ星 居酒屋」の全国版ガイドブックです。
味酒覧表紙この本に載っている店に入って、外れたことは一度もない。(太田和彦、恐るべし・・・。)
地方出張の際は、親爺必携の本。

 


中は、こんな感じ。↓↓
DSC00653.jpg見開きに二軒(1ページに一軒)の紹介でとても見やすい。
お勧めの肴や名物料理はもちろん、酒の銘柄まで調べてある。もちろん、お値段も。
そして、★★★(星の数)の代わりに、「名酒」「名料理」「名居心地」マークが付いてます

で、第二版が出たという事は、当然、一版と二版で紹介されてる店に変化があるわけだ。
つまり、①一版には載ってたけど二版には載ってないお店、逆に、②一版には載ってなかったけど二版で新たに収録されたお店、がある。

親爺、ひまだから調べてみました。
--->①一版には載ってたけど二版には載ってないお店<63軒>
--->②一版には載ってなかったけど二版で新たに収録されたお店<64軒>
--->③一版と二版の両方に載っているお店<109軒>

以下、詳細。

地域①二版には載ってないお店②二版で新規収録のお店
北海道旬(札幌)魚菜(札幌)
 炉ばた(釧路)

ふらの(札幌)

 炉端のあかり(帯広)粋花亭(函館)
 はつ花(小樽)しらかば(釧路)
東北小政(青森)ふく郎(青森)
 鍋茶屋(秋田)しまや(弘前)
 井筒(酒田)べらぼう(能代)
 久村の酒場(酒田)喜の川(一関)
 酔亭(仙台)こまつ(一関)
 こう太(気仙沼)いな舟(鶴岡)
 麦とろ(会津若松) 
北陸信越いづも(新潟)千渡里(村上)
 ごんべえ(長野)夭夭亭(村上)
 きく蔵(松本)魚仙(長岡)
 炉辺  かねや(富山県魚津)親爺(富山)
 源左エ門(金沢)あら川(富山)
  魚常(金沢)
  猩猩(金沢)
  高砂(金沢)
関東蔵元(宇都宮)和浦酒場(さいたま)
 つくし(前橋) 
 串焼  丸真(さいたま) 
 若竹(横浜) 
 だるま(小田原) 
東京佃㐂知(銀座)こびき(銀座)
 地鶏焼  バードコート(北千住)中ぜん(銀座)
 千住の永見(北千住)泰明庵(銀座)
 笹新(人形町)魚惣(築地)
 鶴八(神保町)やまに(勝どき)
 楽旬堂  坐唯杏(池袋)玉椿(柳橋)
 串駒(大塚)牧野(本所)
 池林房(新宿三丁目)志婦゛や(浅草)
 吉本(新宿)

ぬる燗(浅草)

 真菜板(高田馬場)根津  呼友(根津)
 たまははき(幡ヶ谷)御代家(庚申塚)
 喜多蔵(市ヶ谷)とど(新宿)
 IZAYOI(麻布十番)まるしげ夢歯家(赤坂)
 さかな  幸(代々木上原)らんまん(中野)
 とぶさかな(下北沢)善知鳥(阿佐ヶ谷)
 おふろ(下高井戸)うち田(三軒茶屋)
 第二力酒造(中野)銀魚(自由が丘)
 可わら(阿佐ヶ谷)牧野(品川)
東海かねだ食堂(静岡)虎丸(伊勢)
 

一時来(沼津)

向井  酒の店(伊勢)
 まほらま(名古屋) 
 

樽平(飛騨高山)

 
 みくに(三重県桑名) 
近畿てんや(大津)能登(長浜)
 えいたろう屋(京都)門(大阪)
 たばこや(京都)上かん屋(大阪)
 唎き酒屋(大阪)わのつぎ(大阪)
 SAKE HOUSE(神戸)スタンドアサヒ(大阪)
 元町  金盃(神戸)九十九(堺)
 春鹿(奈良)母や(堺)
 銀平本店(和歌山)世界一統酒場(和歌山)
中国四国桔梗屋(米子)やまいち(松江)
 おでん庄助(松江)よびこ(松江)
 源蔵  樽店(広島)田吾作(益田)
 かけあし(高松)かすり(益田)
 丸二すし(徳島)どん底(呉)
 おでん  いこい(松山)ほづみ亭(宇和島)
 酒亭  どんこ(高知) 
九州沖縄武蔵(小倉)なゝ草(福岡)
 一二三亭(長崎)朱欒(長崎)
 お台所  とおやま(宮崎)安楽子(長崎)
 焼酎天国(鹿児島)こいそ(長崎)
  はくしか(長崎)
  うさぎ(佐世保)
  入福(天草)
  菜菜かまど(鹿児島)
  

一村(奄美)

  ゆうなんぎい(那覇)
  森の賢者(石垣島)


関東・東海のお店が減って、北陸・九州沖縄のお店が増えてますね。
より、”全国”版にふさわしい地域バランスにしたという事でしょうか。

東京は、苦渋の選択 というか 苦労のあと がうかがえます。
でも、「第二力酒造(中野)」が外れて、「らんまん(中野)」が入るのは納得として、「真菜板(高田馬場)」は外しちゃいかんでしょう。「 笹新(人形町)」も。

ところで親爺、再来週 福井・富山に出張予定
同じ名前のご縁で、「親爺(富山)」にでも寄ってみるかな。
//渋い親爺と地の肴、これぞ名大衆酒場// だって。

それとも、「あら川(富山)」かな?
//富山湾の魚を昆布〆や珍味で// だって。

どっちにしろ、寄ったらまた報告します。 では。


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/46-9eab348a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。