旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/31(月)
糸魚川の聖地:阿呍(あうん)さんでの酒席の翌日(帰りの日の朝)、
山間号 店のオーナーシェフの斉藤さんが、
わざわざホテルまで駈けつけてくれて、全員(7人)にお土産に頂いたのがこのお酒です。
ありがたい事です。 <(_ _)> アリガトウゴザイマス..

雪鶴 五百万石純米吟醸 中垂れ 袋しぼり」。
雪鶴 五百万石純米吟醸 中垂れ 袋しぼり 22BY(肩ラベル)
糸魚川には現在、5つの酒蔵があるそうです。
 ①『加賀の井』の加賀の井酒造 創業慶安3年(1650年)
 ②『謙信』の池田屋酒造 創業文化12年(1815年)
 ③『根知 男山』の渡辺酒造 創業明治元年(1868年)
 ④『月不見の池』の猪又酒造 創業明治3年(1890年)
そして、
 ⑤『雪鶴』の田原酒造 創業明治30年(1897年)。
田原酒造 一番新しい蔵といっても100年以上。
( ↑ 写真は、糸魚川ぷらっと 駅長ブログから借用。)
蔵元HPによれば、先代社長が昭和60年に“清酒の改良法”なる画期的技術を開発。

その技術は、水とアルコールの分子を小さくして水和性を高める事で口当たりのいい酒を造り出し、また、お酒にマイナス電子を帯加させ飲酒後体内に発生する活性酸素やアセトアルデヒドを抑える事で酔い覚め爽快な酒にするのだとか。
昭和63年に特許も取得し、今では多くの酒蔵で利用されている技術らしい。

雪鶴(1) 第2回YBCで頂いたかんずり酒盗を肴に。

香り系酵母と言われる1801号酵母使用の先入観からすると、香りは控えめ。
これも、火入れの半年熟成の落ち着きか。

すぐにふんわりとした甘みが広がり、この時に華やかな香りが立ちます。
口当たりもまろやかで、含み香よし、甘みよし。

・・と奥に隠れていたような苦みか? と思っていると辛くなって、キレて行きます。
キりっときれる とか スパッときれる という感じではなくて、
丸い甘みの断面を、ススー ススーッと細断してゆくような、切れ方です。

そして、この苦・辛が、絶妙ですね。実にいい味です。

雪鶴 五百万石純米吟醸 中垂れ 袋しぼり 22BY 雪鶴 五百万石純米吟醸 中垂れ 袋しぼり 22BY(胴ラベル)

これは、旨いですね。
いわゆる淡麗辛口とは、一味違う。
(ちょっと変な日本語だけど?)まろやか辛口 とでも言いますか。
いや、辛口ではなくて旨口だと言う人もいるでしょう。恐るべし、AUN COLLECTION


【雪鶴 五百万石純米吟醸 中垂れ 袋しぼり 22BY】
・原料米:新潟県産五百万石100%、精米歩合:58%、酵母:1801号
・アルコール分:17度以上18度未満、日本酒度:不明、酸度:不明、アミノ酸度:不明
・製造年月:平成23年3月
・価格:頂き物につき不明/720ml

田原酒造株式会社】 創業明治30年(1897年)、生産量:約800石
・所在地:〒941-0051 新潟県糸魚川市押上1-1-25、TEL:0255-52-0109
・最寄駅:JR北陸本線 糸魚川駅(下車 約1.2kmぐらいか。) ⇒ 田原酒造の地図
・代表者:田原 与一(5代目)、杜氏:金子 広治
・蔵見学:原則、蔵見学は受け付けていないみたい。

【購入したお店】 ⇒ AUNさんからお土産としていただいたプレゼント。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
私もこの雪鶴は頂きましが一升瓶で欲しいくらいですよね~
来年度のAコレも楽しみですね♪
2011/10/31(月) 12:54 | URL | hokutono-ken #17ClnxRY[ 編集]
中垂れじゃない通常の生原酒(字がでかいやつ)を呑みましたが、あの苦旨味が印象的で、翌年も買ったのを憶えてます。
また呑みたくなってきました。

“清酒の改良法”、親爺さんには必要無さそうですね^^
2011/10/31(月) 18:24 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
見慣れない、かんずりが・・・
かんずり酒盗、気になります。
普通のかんずりは近所のスーパーに売ってますが、
酒盗は無いので、新井に行ってみます。
2011/10/31(月) 22:00 | URL | 年三 #-[ 編集]
かんずり酒盗に豆腐ですかね。
これ真似しますw
雪鶴、本当に嬉しかったです。
皆さんに続き、自分も呑みますよぅ~!!!
2011/10/31(月) 22:29 | URL | namesan56 #-[ 編集]
雪鶴、絶妙の苦・辛ですか。まろやか辛口、良さそうですね~。
「清酒の改良法」気になりますが、これは本当に効き目あるん
でしょうか?
前の記事ですが、YBC凄い会ですね。これは時間をかけて行く
価値がありそうです。来年こそは。。。
2011/10/31(月) 22:42 | URL | のぶ #qYKiUWys[ 編集]
4時間も歩くって・・・気合が入りすぎじゃないですかぁ~。お疲れ様でした。
雪鶴は未だ呑んだことないです。
かんずり酒盗 かんずりってなんですか?唐辛子?
2011/11/01(火) 05:11 | URL | OIRAn #-[ 編集]
なるほど~

オイシソウですね。
最近は新潟県のお酒も「淡麗辛口」だけではなく、いろいろなタイプのものが出てきているように思います。
一昔前にはそんなになかったのでは…
2011/11/01(火) 06:51 | URL | ゆじゅパパ #-[ 編集]
かんずり酒盗、お口に合いましたでしょうか?
かんずりは当店から車で10分の場所に位置する会社で作っている
地元を代表する香辛料です。
真っ赤な唐辛子を雪の上で晒す製法は風物詩として、毎年地元の
テレビニュースで紹介されます。
のんべえの皆さんへのお土産は、これしか無いと思いました!
2011/11/01(火) 09:00 | URL | ヘッドロック #nlBqyCS.[ 編集]
嬉しい心遣いですよね~~。
かんずり酒盗、とっても気になります(^^)
2011/11/01(火) 09:52 | URL | えりぷー #-[ 編集]
> 私もこの雪鶴は頂きましが一升瓶で欲しいくらいですよね~
・・・そう、すぐになくなっちゃいました。
2011/11/01(火) 12:10 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 中垂れじゃない通常の生原酒(字がでかいやつ)を呑みましたが、あの苦旨味が印象的で、翌年も買ったのを憶えてます。
・・・ノミさんのブログ見てますから、覚えてますよー。
> “清酒の改良法”、親爺さんには必要無さそうですね^^
・・・水をたくさん飲めば大丈夫。。というわけには、いかないなぁ。最近は。やっぱり年ですね。
2011/11/01(火) 12:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 見慣れない、かんずりが・・・
> かんずり酒盗、気になります。
親爺、これまで「かんずり」を知らなかったです。
今回、お土産にもらって調べたら、商標登録されてるようですね。
リンク張ってありますので、ご参考になれば。
2011/11/01(火) 12:17 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
雪鶴、嬉しかったですねー。
ホテルまで駆けつけてくれる、あのAUNさんの心意気が、嬉しすぎでした!!
ちなみ、かんずり+クリームチーズ だよん。
2011/11/01(火) 12:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
新潟・聖地巡礼の旅は、一度行ってみた方が良いですよ。
お土産さえ、たくさん買わなければ、、なんとかなります。(笑
2011/11/01(火) 12:22 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
しょうがないよ。電車なくなっちゃったんだから。
靴がもう少しまともだったら、少しは走れて、もっと早く帰宅できたのですけどね。。
> かんずり酒盗 かんずりってなんですか?唐辛子?
・・・下の↓、ヘッドロックさんのコメに解説ありますね。
越後妙高の香辛調味料だそうです。親爺も、知りませんでしたが。
2011/11/01(火) 12:29 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 最近は新潟県のお酒も「淡麗辛口」だけではなく、いろいろなタイプのものが出てきているように思います。
・・その通りだと思います。
村祐を呑んだときは、びっくりしましたもんね。
そして、この雪鶴もびっくりの旨さでした。
2011/11/01(火) 12:31 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> かんずり酒盗、お口に合いましたでしょうか?
> かんずりは当店から車で10分の場所に位置する会社で作っている
> 地元を代表する香辛料です。
> 真っ赤な唐辛子を雪の上で晒す製法は風物詩として、毎年地元の
> テレビニュースで紹介されます。
> のんべえの皆さんへのお土産は、これしか無いと思いました!
・・・お土産、ありがとうございます。
何から何まで、お気遣いいただき、もはや感動しております。
かんずりの酒盗、旨いです。酒の肴にぴったりですね。
今年の冬は、ニュースを注意深く見て、越後の風物詩を映像で見てみたいものです。
ありがとうございました。
2011/11/01(火) 12:35 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> かんずり酒盗、とっても気になります(^^)
・・これ旨いですよ。普通の酒盗がただ塩辛いだけなら、
こちらのかんずり酒盗は、唐辛子?のような辛味がアクセントになってます。
2011/11/01(火) 12:37 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
酔い覚め爽快。。
何と素敵な言葉。
まぁ たっぷり飲んでしまえば
関係ないですよね(笑)
それにしても かんずり
久しぶりに思い出しました。
やはり端麗辛口とは少し違うのですね。 お2人とも言われていますので
間違いないですね。
う~ 呑んでみたい。
2011/11/01(火) 20:41 | URL | 嘘 #-[ 編集]
親爺さんも呑まれましたね。
私もそろそろ開栓しようかと思うのですが、
親爺さんのマネしてかんずりで頂くか、
年三さんのマネしてフライドチキンで頂くか迷ってます(笑)。
2011/11/01(火) 21:00 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
夕べは驚かせてしまい,失礼しました。
マグロ酒盗とKIRIチーズも絶品ですよ。
濃厚な味わいのお酒にドンピシャですね。
雪鶴は吞んだことがありません。
まろやか辛口ですか・・・。
これは呑んでみないと分かりませんね。
2011/11/01(火) 21:40 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
さすがに、かんずり、ご存知でしたか。
親爺は、今回初めて教えていただきました。
旨いお酒でした。このお酒。
2011/11/01(火) 22:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
別に悩む事は、ないよ。
2合はかんずり酒盗で呑んで、もう2合はフライドチキンで呑めばいいのだよ!
でも、このお酒は、AUNさんに感謝ですね。ホントにありがたいです。
2011/11/01(火) 22:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
いやぁ~、親爺も含めて、皆、馬鹿酒さんと、絡みたかっただけなのですよ。
ご理解下さいませ。ゴメンナサイ。
2011/11/01(火) 22:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
想いで一杯つまった、雪鶴、間違いなく旨いんでしょうね~。
一緒に糸魚川行きたかった・・・。
ぽち~ん。
2011/11/01(火) 22:54 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
糸魚川には五つも酒蔵も有るのか。どれも知ってる銘柄だし。
清酒の改良法か。日本酒所だからこそ、こういう開発と言うのも生まれるのですね。

「かんずり」は知ってましたが、「かんずり酒盗」は知りませんでした。
サイトを見たら「小泉先生の提案」と書いてあったので、東京農業大名誉教授の小泉武夫教授(実家は福島県小野町の酒蔵。確か「若関」)でしょうか?。
小泉教授は北海道で鮭の加工会社に残ったアラを魚醤にしたらと提案して、商品化させた事が有るので。

余談ですが、小泉教授も僕が好きな作家の一人で何冊か本を持ってます。

2011/11/01(火) 23:54 | URL | エクスプロイダー #-[ 編集]
RYOさん
ほんと、そろそろ東京遠征を計画しないと。。
あ、忘年会、もしかしたら参加可能とか?楽しみにしております。
2011/11/02(水) 06:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
たぶん、あの小泉さんでしょうね。
グビリンコ、チュルリンの・・。(笑
毎週、火曜日の日経新聞の夕刊に連載してるのご存じですか?
2011/11/02(水) 06:21 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/522-6dd6a499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。