旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/11(土)
蔵のある(旧)磐城国田村郡は、水戸藩の枝藩である守山藩があったところ。 

松平頼元(徳川光圀の弟)が、寛文元年(1661年)、常陸国額田に2万石を分与され立藩。その子の頼貞が、元禄13年(1700年)、5代将軍綱吉から新知行地に守山を与えられて守山藩に。 つまり、守山藩のスタートは、水戸黄門さまの甥っ子なわけです。
(↓は、NTT東日本-福島の空からの借用です。)
1長屋門
正徳元年(1711年)、ここ(旧)金沢村で “藩命によって” 酒造りを始めたのが、「金寳仁井田本家(きんぽうにいだほんけ)」。 江戸時代の重厚な長屋門にもなんとなく納得。

仁井田本家の屋号が「寳来屋」。沢村の来屋なので、金寳です。

蔵元は代々、名前に「穏」の一文字を継ぎ、18代目の現当主の名も、穏彦(やすひこ)。
穏(おだやか)」という銘柄も、そこから付けたのでしょう。
新規画像1

胴ラベルに「日本のんぼをる酒蔵」と大書するくらいですから、米作りには、相当こだわってます。

以下の3条件をクリアしたお米は「有機JAS米」として認定されます。
①種まき又は植付け前2年以上、農薬や化学肥料を使用していない田で栽培する。②栽培期間中も農薬、化学肥料は使用しない。③遺伝子組換え技術を使用しない。

蔵では、無農薬で化学肥料を一切使わないアイガモ等による有機農法のお米を“自然米”と呼んでますが、平成22年から「全量自然米&全量純米酒」蔵になったそうです。

仕込水も面白いです。(↓は蔵元HPより。)
仕込み水自社山の“水抜きの湧水(硬水)”と“竹ノ内の井戸水(軟水)”のふたつの天然水をブレンドして使ってる。カルシウムやマグネシウムを含んだ硬水で重厚な味わいを、ミネラル分の少ない軟水で優しい味わいを醸し出すとか。


で、「穏 特別純米 山廃造り 創業300周年記念 田守SP」。
穏 田守 特別純米 山廃造り 23BY 田守(キャップ)
香りは、ほとんどありません。が、かすかに山廃の乳酸ぽさも。
でも、山廃(基本的に)苦手な親爺でも気になるような香りではありません。

一口・・・。お手上げです。(笑

山廃です。
ガツンとした本格的な山廃ではなくて、スルッとして線が細く、乳酸の弱い山廃です。

その線の細さと山廃っぽさのアンバランスが、、いけません。
風味弱し、味わいは淡麗辛口タイプでしょうか。
これなら、ガツンとした山廃のほうがいいですね。

待つこと2週間。
あまり変化はなし。弱い乳酸なので、直感的にはあまり燗上がりしそうに思えませんが、
お燗する。

あらら、不思議。呑めるようになりました。
少しほっこりと、少し甘みが加わりました。まぁ、呑める。


== 親爺のお好み度 == ★★☆☆☆
・お燗で呑めたから、まぁ、おまけ。
・苦手な人は、苦手でしょうね。(・・・って、私のことです。
・山廃らしくない山廃なので、逆に、山廃苦手でも呑みやすいという方がいるかも。

【穏 田守 特別純米 山廃造り 23BY】
・原材料:自社田 一本〆100%、精米歩合:60%、酵母:不明
・アルコール分:16度、日本酒度:不明、酸度:不明、アミノ酸度:不明
・製造年月:2011年11月
・価格:2,888円(税込)/1.8L

有限会社 仁井田本家】 創業正徳元年(1711年)、生産量:約500石
・所在地:〒963-1511 福島県郡山市田村町金沢字高屋敷139、TEL:024-955-2222
・最寄駅:東北新幹線 郡山駅(駅から直線距離で14km以上) ⇒ 仁井田本家の地図
・代表者兼杜氏:仁井田 穏彦(にいだ やすひこ:18代目蔵元)
・蔵見学:不明。

【購入したお店】 ⇒ 銘酒 泉屋 さんの頒布会


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
親爺さん山廃苦手だったのですね~自分もしかりですが
どっちかと言うと生酛の方が合ってますかね。
でも酒屋八兵衛の山廃は飲みやすかったですよ。
これネーミングが良いですね。
2012/02/11(土) 14:13 | URL | Yossy #-[ 編集]
泉屋さんに取りに行った時、燗で呑んで下さいと言われたので忠実に守って呑み切りました。
確かにあまり山廃らしさはなかったですね。
どうも今回の頒布会の内の1本は確実に燗向きのようでね。
2012/02/11(土) 14:32 | URL | sendai-hatsudai #-[ 編集]
私も生酛・山廃系の独特の香りと独特の酸味が苦手です。基本、料理の邪魔をしない、端麗なのが好きです・・・。ごくごく稀に無性にごつい酒が飲みたいと思うこともありますが・・・・(^_^;)
2012/02/11(土) 16:09 | URL | 作州武蔵くん #-[ 編集]
このお酒はなんとかクリヤーできたような。
私も山廃、生もとはちょっとさけてるのですけど(笑
今月分に期待ですね。
ぽち~ん。
2012/02/11(土) 16:50 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
nekoは山廃とか生もとと書いてあるお酒が大好きで…(^^;
それが日本酒の始まりかも…
なのでそうゆう記載があると喜んで購入しちゃいます。このお酒は吞み易くてスルスル吞んでしまいましたよ。
でも、お蔵さんの歴史等は全然詳しくないのでブログでいつも勉強させて頂いてます!
コメしなくてもいつも読んでるnekoです
2012/02/11(土) 21:16 | URL | sakezukineko酒好猫 #x4ogmAko[ 編集]
僕は山廃・生もとは苦手では無いのですが、何故か余り呑んだ記憶が無い・・・。
山廃は福島の「風が吹く」、静岡の「杉錦 天保十三年」、京都の「玉川 ひやおろし」かな・・・。
風が吹くは全然、山廃っぽく無かったですが対して杉錦は酸が強くて対照的。玉川はその中間。

生もとは呑んだ記憶が無い・・・筈。憶えてるのは、3年前に父の日にやった「杉錦」だけ。
2012/02/11(土) 21:27 | URL | エクスプロイダー #-[ 編集]
( ̄∇ ̄(_ _( ̄∇ ̄(_ _ ) ウンウン
2012/02/12(日) 01:04 | URL | OIRAn #-[ 編集]
基本的に苦手な日本酒ってないので、なんとなく呑み切ってしまう自分ですが、親爺さんの記事、みなさんのコメントを見るかぎり、一癖ありそうな感じですね~

ちょっと飲んでみたいかもです(笑)
2012/02/12(日) 01:08 | URL | ino #w4Ib0zSU[ 編集]
あれ?福島のアイガモ有機農法?で親爺さまがちゃんとリンクを
貼って下さっている蔵元さんへ飛んできました。
わたし伊豆の旅館でやはり使っているお野菜とか有機栽培のものに
拘っているお宿でして、そこでお酒はこちらの「田村」を頂きました。
お米の旨みはしっかりとしていてキレもある旨いお酒でしたよ。
きっとそちらならもっと★増えるかと。
2012/02/12(日) 02:38 | URL | あみりん姫 #-[ 編集]
待つこと2週間って、まさか冷蔵庫の中じゃないですよね?(笑

山廃・生もと系にもいろいろありますから、楽しむ方向でやってみるのも一興かもしれません

とか言いながら家にある酒はほとんど生もと系な富でしたww
2012/02/12(日) 06:22 | URL | 富 #-[ 編集]
山廃でも、旨いと思うのは沢山あるのですよ。
でも、苦手な山廃もあるのですねぇ。
今回は、苦手な山廃の方でしたね。
2012/02/12(日) 08:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
やはり、そういう口上が付いておりましたか!?
> どうも今回の頒布会の内の1本は確実に燗向きのようでね。
・・・いえ、今のところ、2本ともお燗向きのように思えます。
2012/02/12(日) 08:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
プロの方へは、恐れ多くてコメントも返せません。(笑
奥播磨とか凱陣の山廃は好きなんですけどね。
2012/02/12(日) 08:10 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん
おはようございます。
親爺は、ほとんどお燗でクリアできました。
いつも、ありがとうございます。
2012/02/12(日) 08:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
そうですね。
結構、本格派のどっしり系がお得意のご様子ですものね。ご夫婦とも。
親爺は、生もと・山廃は、当たり外れが大きくブレますね。
まだまだ修業が足りません。。
(あ、あんまり真剣に読んではいけませんよ。適当ですから。
2012/02/12(日) 08:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
全く同感ですねぇ。
風が吹くは、山廃の独特なクセはなかったですね。
玉川は、親爺はダメでした。
玉川が中間で、杉錦はそれ以上だとすると・・・、親爺は、杉錦は絶対にダメでしょうね。
2012/02/12(日) 08:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
だろ?
2012/02/12(日) 08:18 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
むしろ、クセの少ない(弱い)山廃ですね。
スルスルと呑めそうで、微妙な山廃感。。このアンバランスがたまりません。(笑
2012/02/12(日) 08:19 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
あみりん姫
たぶん、山廃でない田村なら、もっと★の数は増えるでしょうね。
千葉の寺田さんの時もそうでしたが、どうも、親爺は自然酒と名の付くお酒はダメのようです。
2012/02/12(日) 08:22 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
いつもお世話になってます。

> 待つこと2週間って、まさか冷蔵庫の中じゃないですよね?(笑
・・・いかん。最初の1週間くらいは冷蔵保温でした。
2012/02/12(日) 08:23 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
2枚目の画像で、親爺さん追加で二口目を申し込まれたのかと思いました(笑)。
私もこのお酒今開栓中です。
やはり燗が良いですね。
もうちょっと楽しみたいと思います!
親爺さんは上位にいて欲しい…。
ぽち~~ん!
2012/02/12(日) 14:04 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
山廃やきもとを試してみようという
冒険心がなかなか芽生えてきませんw
が、ついに我が家の冷蔵庫にきもとで
楽しみな一本が着弾しました!
2012/02/12(日) 16:15 | URL | YAMOTO #qDVUdyqE[ 編集]
このお酒,私もなかなか減りませんでした。
それでも,4日で空きましたが・・。
今月楽しみです。
大七は現在常温放置中です。といっても寒いので,冷蔵庫と一緒か??
2012/02/12(日) 20:47 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
あら、★2つでしたか。。。
でも、お燗ではいけたんですね~。
何日で空いたのでしょうか(^^)
2012/02/12(日) 22:54 | URL | えりぷー #-[ 編集]
このお酒は、裏ラベルがなかったのでね。
なんとなく、表のラベルを2枚撮りました。
燗がいいですね。そうすると、呑めましたよ。
2012/02/13(月) 06:07 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
生もと・山廃でも、口にあうのはあると思いますよ。
親爺も、そうですから。
でも、口にあわないのもあります。(笑
2012/02/13(月) 06:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
初日は、ほんのチョット。
2回目も、ほんのチョット。。親爺は、計5~6日かけて呑んだと思います。
親爺も大七、常温保存中です。(←みんな、考える事は一緒。(笑
2012/02/13(月) 06:10 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
なんとか、★2つ、付けてみました。
このお酒は、トータルで5~6日かけて呑みました。
「今日は、変化があったかな?」みたいに、チョビッとづつ呑んでましたから。
2012/02/13(月) 06:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんばんは♪
☆2つ。。。手厳しい
評価ですね~!!
ダメなものはダメですからね。。。
そんな時は
料理酒に回します☆
2012/02/13(月) 22:06 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
こちら、私もちょい放置してます。
どんな感じになったか呑んでみようと思います!
2012/02/13(月) 22:12 | URL | namesan56 #-[ 編集]
親爺さんの好みだとキツそうなお酒ですねw
頒布会のキツい所ですが、これから十何代が待っています!
2012/02/13(月) 23:35 | URL | 日本酒ランナー #tHX44QXM[ 編集]
☆2つは、あくまでも親爺の好みということで、お許し下さい。
料理酒は、あまり使わない家庭のようで、常時ストックはしてないようです。
2012/02/14(火) 06:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このお酒もお持ちですか!
かぶりますねー。某酒販店の頒布会がスタートしたら、もっとかぶってしまう。。(笑
2012/02/14(火) 06:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
個人の得手不得手としては、不得手なタイプです。
これも修業・・、励んでおります。(笑)
2012/02/14(火) 06:13 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/564-6bcd3b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。