旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/02(金)
福島県二本松の「大七酒造」。
 2008年の洞爺湖サミットで公式晩餐会の乾杯酒になって、一躍有名になりました。
 震災以降は、いち早い対策 と「頑張れ東北!東北のお酒を呑もう!」の応援もあり、
 被災して生産できないお蔵さんを尻目に、売上が急増したとかしないとか。。
大七酒造外観
                         (↑写真は、酒蔵探訪記(福島・埼玉など)からの借用です。)
2005年に完成した新社屋は、外観はミッション系のハイスクールのようですが、内部は生もと室の壁板をはじめ、いたるところに旧蔵の木材が使われてるそうです。

大七といえば「扁平精米」と思っていたら、今では「“超”扁平精米」だそうで。
1_20120301220419.jpg 普通精米(球状精米)
2_20120301220424.jpg 原形精米
3_20120301220430.jpg 扁平精米
4_20120301220436.jpg “超”扁平精米
  ・・・という違いだそうです。詳しくは、こちらの蔵元HPへ→超扁平精米とは

瓶詰めの新しいシステムも考えました。
ビン詰
密封した瓶内を真空にして窒素ガスを注入してから、そこにお酒を入れるというもの。お酒は空気に触れることが無いので酸化(劣化)を防げるのだそうです。

まぁ、外にもいろいろこだわってますよ。
蒸米の時の巨大な和釜とか、酒母に使う麹・初・仲・留の使う4種類の麹を造り分けするために麹室(部屋)も4つあったり、、米は五百万石と山田錦だけに特化して製造の熟練度を上げてたり・・・。

これだけやってくれれば、旨くないはずがない。。
と思いつつ、「大七 自然酒生もと 2007醸造年度」。
大七 自然酒 生もと
“自然酒” & “2007醸造年度” 何とも不気味な文字。

いや、以前に呑んだ「大七 純米 生もと」は、お燗酒No.1の称号どおり、旨かった。
たぶん、この「大七 自然酒生もと 2007醸造年度」も大丈夫な はずだ・・・。
大七 自然酒生もと 227醸造年度 大七 キャップ
ダメだったぁ。。 親爺、ギブアップ。
(でも、開栓後、常温放置で2週間たったら呑めるようになりました。)


ちなみに、創業当初~江戸期の酒銘は「大山」。
そして歴代当主は、三代目以降「七右衛門」の名前を世襲。
そんでもって、明治期に 「大山」+「七右衛門」=「大七」 と酒銘を変更しましたとさ。

現当主(10代目)は七右衛門を襲名してない?みたいだけど、東大法学部卒。凄いよね。


== 親爺のお好み度 == ☆☆☆☆
・「寺田屋 自然酒」の常温放置の劇的変身に比べると、大七の変身度は少ないかな。
自然酒 五人娘 五人娘 ~その後
・3,000円over出して苦手を口にすることない。「自然酒」と名の付くお酒はスルーしよう。

【大七 自然酒生もと 2007年醸造年度 限定品】
・原材料:有機米五百万石100%、精米歩合:65%、酵母:不明
・アルコール分:14度、日本酒度:不明、酸度:不明、アミノ酸度:不明
・製造年月:2011年11月
・価格:3,360円(税込)/1.8L

大七酒造株式会社】 創業宝暦2年(1752年)、生産量:
・所在地:〒964-0902 福島県二本松市竹田1-66、TEL:0243-23-0007
・最寄駅:JR東北本線 二本松駅(駅からタクシーで5分) ⇒ 大七酒造の地図
・代表者:太田 英晴(10代目蔵元)、杜氏:佐藤 孝信(南部杜氏)
・蔵見学:平日の営業日のみ、事前予約の上、原則6名まで見学可。
     (土日祝日は原則不可。また、酒造期間中は仕込み蔵内の見学は不可)。

【購入したお店】 ⇒ 銘酒 泉屋 さんの頒布会


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
前回はバッカスさん、今回はdiansがかぶってしましました(笑)。
親爺さんの親爺さんの予約投稿の予定が知りたいです(笑)。
瓶詰め新システム、勉強になりました。
2012/03/02(金) 07:18 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
生もと苦手の親爺さんにしては珍しや、と思いましたが、やはりダメでしたか。
自然酒とは、どういう 謂れでしょうか?
2012/03/02(金) 07:34 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
 親爺さんのニガテなお酒の味も気になりますね~(^_^;)

自分のニガテな味を分析して文章にするなんて難しいですよね。
2012/03/02(金) 09:03 | URL | ゆじゅパパ #-[ 編集]
はっきりと好き嫌い別れる所ですね~。
大七は濃い味の料理と合うせいか近所の焼き鳥屋に
置いてあり飲みますが自分は大丈夫ですが中には飲みにくい生もともありますね。
カネナカと仙禽の雄町生酛はGoodでした。
07醸造って事は5年近く寝かせてあったって事ですか?
これはちょっと怖いです ( 笑 )
2012/03/02(金) 11:43 | URL | Yossy #-[ 編集]
親爺さん、きもと苦手なんですね。私もちょっぴり苦手です。寺田本家が苦手なのも一緒です。5年たつのに苦手だなんて・・・きもととは相性が合わないんでしょうね・・・。
愛山の会、お酒の画像だけは熱望します。酔っててブレていてもいいです~(^^)
2012/03/02(金) 12:55 | URL | はるか #mQop/nM.[ 編集]
親爺さんにも
苦手なお酒があるのですね~!!
自然っていうと
勝手に体にいいって思いますが
口に合わないものは
ダメです☆^^
それでも2週間後にまた呑む
親爺さん素敵♪
ワタシは口に合わないと
料理酒いきですから。。。(汗)
2012/03/02(金) 15:41 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
「自然酒」とは、「無農薬」、「無科学肥料」で栽培したお米を「自然米」と言って、その米を使った酒だそうです。(検索したら判った)

「大七」は東北道で「大七」大きな看板が印象的でした。(今も有るかなあ?)
しかし、生もとで07年醸造とは、好きな人はたまらないでしょうが、駄目な人は受け付けられないでしょうね。
2012/03/02(金) 17:48 | URL | エクスプロイダー #-[ 編集]
今度は大王様をご一緒でしたか!?
すでに呑み終わってて、UPしてないのは、
日高見、篠峯ろくまる、陸奥八仙、而今おりがらみ、田酒、梵、あと黒龍です。(大笑
2012/03/02(金) 18:08 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
青さん
> 生もと苦手の親爺さんにしては珍しや、と思いましたが、やはりダメでしたか。
・・・ダメです。全くもってダメでした。
> 自然酒とは、どういう 謂れでしょうか?
・・・この場合、生もと+無農薬(有機栽培)米=自然酒 ということらしいです。
2012/03/02(金) 18:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
>  親爺さんのニガテなお酒の味も気になりますね~(^_^;)
・・・アルコール臭(セメ様に近い)、強い乳酸。以上です。(笑
2012/03/02(金) 18:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺も、旨いと思う生もと・山廃もあるのですよ。
現に、一番最初にお燗で旨いと思ったのは、「大七 純米」でした。
でも、これはダメだったなー。
2012/03/02(金) 18:14 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
寺田本家の五人娘なんて、、お酒とは思えませんでした。お酢でしたよ。
> 愛山の会、お酒の画像だけは熱望します。酔っててブレていてもいいです~(^^)
・・・ガムバリます。。一応、撮ってきます。トライしてみます。
でも、diansさんが一緒なので、彼がコンプリートしてくれるでしょう。
2012/03/02(金) 18:16 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> それでも2週間後にまた呑む
> 親爺さん素敵♪
> ワタシは口に合わないと
> 料理酒いきですから。。。(汗)
・・・単に、貧乏で、お酒にいじきたない、、と言うことです。
まぁ、親爺家では、料理酒を使うような繊細な料理は、ほとんど出ませんし。(笑
2012/03/02(金) 18:18 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 生もとで07年醸造とは、好きな人はたまらないでしょうが、駄目な人は受け付けられないでしょうね。
・・・昔、ドクターペッパーの初代が出た時、呑んでびっくり!こんな、まずいもの飲む人がいるのか?!と思ったら、、好きな人は好きでしたからねー。驚きでした。
この大七は、その意味で、ドクターペッパーに近い。?!
2012/03/02(金) 18:22 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このお酒はまだ常温で待機中です。
泉屋さんに行った時に,大七の蔵元さんが来ていました。
がっちり50℃にあげて呑んで欲しいといってました。
このお酒は,燗でいただこうと思ってますが,
しばらく開ける予定はありません。
2012/03/02(金) 21:34 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
生もと大丈夫なので、呑んでみたい。
しかし、いつも思うのですが、大七は値段が高い。
2012/03/02(金) 22:01 | URL | 年三 #-[ 編集]
これは一度呑んでみたいですね~。でも頒布会以外では買わない(買えない)ような気がしますが。
こういうお酒が呑めるのが、頒布会の醍醐味の一つですよね。
2012/03/02(金) 22:06 | URL | のぶ #qYKiUWys[ 編集]
(* ̄ロ ̄)えーーー!★1・・これは足が遠のくですってば・・・でぃあんずさんとこみて これいけるかなっておもってたのに・・・のに・・のにぃぃぃ~w
2012/03/02(金) 22:32 | URL | OIRAn #-[ 編集]
いくら無酸素充填、超扁平精米でも生もと+5年熟成では★1つなのですね(笑
燗はどうでした?
しかし、こんなに好みが別れそうなのが入ってる頒布会は怖いスゴいです。
2012/03/03(土) 07:00 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
開栓後、常温放置で2週間ですね。
泉屋さんの頒布会の呑み、超出遅れております(汗)
2012/03/03(土) 08:06 | URL | namesan56 #-[ 編集]
親爺も、このお酒は年三さんなら美味しく呑めるのでは と思いました。
確かに、五百万石の65%で3,360円というのは、ちょっとお高い感じもありますね?
5年寝かせたからか??
2012/03/03(土) 08:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このお酒は、お店では買えない(買わない)でしょうね。
頒布会も、事前にラインナップを公表するタイプと、福袋的に何が来るか分からないタイプと、両方ありますね。
福袋の方が、楽しみがあるかな。
2012/03/03(土) 08:40 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> (* ̄ロ ̄)えーーー!★1・・これは足が遠のくですってば・・・でぃあんずさんとこみて これいけるかなっておもってたのに・・・のに・・のにぃぃぃ~w
・・・君には、結構いけるかもしれないよ。マジで。
2012/03/03(土) 08:41 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 燗はどうでした?
・・・ダメでしたね。ぬる燗なんて全然ダメ。とびきり燗くらいが良いのだけど、どうしても燗冷ましになってきますからね。
2012/03/03(土) 08:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 開栓後、常温放置で2週間ですね。
・・・いや、正直、もう少し置きたいですね。minimum4週間!
2012/03/03(土) 08:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
すみません。順番が遅くなりました。
> がっちり50℃にあげて呑んで欲しいといってました。
・・・やはり、そうでしたか。
ぬる燗は、だめでしたよ。たしかに。
2012/03/03(土) 08:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/03(土) 12:10 | | #[ 編集]
う~ん。1年前の自分なら確実に呑めなさそうな感じですねw今ならイケるかも(笑)でも、自分から率先して買うことはないですね(笑)頒布会ならではのお酒でしたね
2012/03/03(土) 13:48 | URL | 日本酒ランナー #tHX44QXM[ 編集]
昨日はお疲れ様でした。ついに遭遇できそうだったのに残念でした。
この大七、確かに手強かったです。頒布会恐るべしです。
2012/03/03(土) 17:04 | URL | sendai-hatsudai #-[ 編集]
ふむふむ、きっと美味しいのだろうな~~、と思っていたら、★一つでしたか~。。。
親爺さんも苦手のお酒があるのですね(^^;)
2012/03/03(土) 21:49 | URL | えりぷー #-[ 編集]
これ、私も未だ放置中・・・。
呑み切る自信がまったく有りません。(泣
ぽち~ん。
2012/03/03(土) 22:38 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
その3本の中に、パッションラベル(赤ラベルの雄町)があれば完璧ですね。
2012/03/04(日) 09:35 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ランナーさんなら、結構いけるのではないかな?
天の酒のようにはいかないと思うけど。
2012/03/04(日) 09:36 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> この大七、確かに手強かったです。頒布会恐るべしです。
・・・これも修業のうちです。(笑
2012/03/04(日) 09:37 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
星1つは、ちょっと厳しいような感じもするけど、
まぁ、あくまでも親爺の好みです。
貧乏(性)なので、全部呑んじゃいましたけど。(笑
2012/03/04(日) 09:44 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん
これも修業です。開栓常温放置で4週間、立たせておいて下さい。
2012/03/04(日) 09:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/574-d38183ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。