旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/13(火)
昭和49年、このお酒のデビューにより「純米酒」という言葉が知られるようになりました。

田酒 特別純米酒 生原酒 23BY(肩ラベル)
日本酒の原点に帰るという一念から、田んぼ以外の生産物(醸造用アルコール、醸造用糖類など)は一切使用しない、そんな酒造りを目指して造られたお酒、「田酒」。

そして「西田酒造店」は、純米酒の先駆者として、いち早く全国区の地酒蔵となります。
(↓写真は、酒販店の松仙HPから借用。)
西田酒造店外観 酒蓋
創業は明治11年(1878年)。青森市内で唯一の酒蔵なんだそうです。

その昔、津軽半島の東側の海岸一帯は “外ヶ濱” と呼ばれていたそうです。
特に、蔵のある油川は、青森市街が “善知鳥(うとう)村” と呼ばれてた頃、 “大浜” の古称で津軽藩の商港として栄えたところ。

仕込水は大浜湧水(八甲田山系伏流水)。軟水できめ細やかな酒質を生むとか。
この泉による造りの喜びが幾久しく続くようにと名付けられたのが、伝統銘柄「喜久泉」。


西田酒造のラインナップを俯瞰すると、

 ・喜久泉 (アル添系)
 ・田酒  (純米系)
 ・善知鳥 (吟醸系)
 ・外ヶ濱 (チャレンジ酒)

ネーミングのそれぞれが、地元の歴史に根ざしている事が分かる。


田酒 特別純米酒 生原酒 23BY」。
田酒 特別純米酒 生原酒 23BY(1)
色、無濾過らしいちょっぴり黄色。
香り、すっきり。ほのかにフルーツ&アルコール。 なので、軽い感じ。

口当たり、すっきり。
香りと同様、軽い味わいか・・と思うと、まったりとした感じになってきて、
意外とま~るい、トロンとした旨み。甘みは抑えてますが、しっかりとした味わい。
それでもって、のど越しは、またスッキリ。 これは、なかなか旨いですねー。
 
もう一杯。
今度は、トロンの旨みの後&のど越しの時に辛味が来ますねー。

前の梵がトロン&苦、この田酒はトロン&辛。
呑み比べ さすがに呑み比べると、チト分が悪い。

でも濃醇な感じで、しっかりと味わいがあって、しかもスッキリ呑める。
よろしいかと思いました。
田酒 特別純米酒 生原酒 23BY
が、翌日とても辛い。
特に嚥下するときの辛味ときたら、非常に辛い。昨日の味わいの数倍は辛い。

更に翌日。それほど、辛くない??
でも、そのまた翌日。やっぱり、すんげー辛い。のど越しの瞬間&直後の余韻。超辛い。


== 親爺のお好み度 == ★★★☆☆
・という事で、不思議なお酒でした。1日おきに旨みと辛みの攻守が交代します。
・辛み前面の時は、親爺にはちょっと辛すぎましたね。
・旨みが前面の時は、梵に近いものがありましたが、梵が★4なので。 

【田酒 特別純米酒 生原酒 23BY】
・原材米:華吹雪、精米歩合:55%、酵母:協会9号(らしい)
・アルコール分:18度、日本酒度/酸度/アミノ酸度:不明
・製造年月日:平成24年2月
・価格:3,150円(税込)/1.8L

株式会社 西田酒造店】 創業明治11年(1878年)、生産石数:約2,500石
・所在地:〒038-0059 青森市大字油川字大浜46、TEL:017-788-0007
・最寄駅:JR奥羽本線 青森駅(車で10分) ⇒ 西田酒造店の地図
・代表者:西田 司(5代目)、杜氏:細川 良浩
・蔵見学:実施していません。

【購入したお店】 ⇒ 銘酒 泉屋 さんの頒布会


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
ふ~・・・、危うくまた親爺さんとかぶるところでした(笑)。
やはり数日間は辛味が感じられましたが、
開栓後一週間以上経つと辛味無しのすっきりですね~。
dians的なかなか旨いです。
2012/03/13(火) 07:21 | URL | dians #lwtwWvdg[ 編集]
田酒は一通り飲んでみましたが
どれも「う~ん…」な感じでした。
斗瓶取り大吟も個人的にはしっくり来ず。
四合の純米大吟が少し美味しく感じられたくらいです。
まだまだ舌の修業が足りないようです^_^;
2012/03/13(火) 09:14 | URL | モカパパ #qmlWd.C.[ 編集]
正月に親戚が家に集まって食事会で従兄弟が「善知鳥 大吟醸」を提供して、一杯だけですが、呑みました。美味しかったです。

田酒は行き着けの酒屋に売ってますが、なかなか買う機会が無いなあ。
店は遠いし、もう一つの店は津波で未だ再開の目処立たず。
2012/03/13(火) 09:24 | URL | エクスプロイダー #-[ 編集]
同じお酒、私もちょうど昨日呑み終えました。
結構尖った酒でしたね~
少し無理して製品にしちゃったのかな?とも思いました(汗)
2012/03/13(火) 13:42 | URL | ヘッドロック #nlBqyCS.[ 編集]
一日おきにうまみと辛味が交代ですか~~。不思議なお酒ですね(^^)
2012/03/13(火) 21:08 | URL | えりぷー #-[ 編集]
冷蔵庫の都合で先週の土曜日にやっと受け取ったのですが、
店に方からまだ硬いのでもう少し置いてからと言われた。
そんな事はなかったですか?
2012/03/13(火) 22:35 | URL | sendai_hatsudai #-[ 編集]
私もこれ、頂きました。
皆さん、辛味が際立っているようですけど、ばか舌の私は爽やかな苦味と感じてしまいました~。(笑
難しい田酒だと思います。
ぽち~ん。
2012/03/13(火) 23:32 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
お、またしても、かぶるところでしたか!?
親爺的には、この辛味は、ダメでしたねー。
旨みのときは、OKだったんですけどねー。
最初は、自分の体調が悪いのか?とも思いましたが、やはり、周期的に味が変動してましたね。
辛かったです。
2012/03/14(水) 22:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 田酒は一通り飲んでみましたが
・・・すんません、親爺は、、ほとんど、このお酒が「田酒」の初めてです。(笑
やはり、善知鳥の大吟系が気になりますね。。
2012/03/14(水) 22:45 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
善知鳥の大吟・・・なんて、結構、憧れを抱きますね。
なかなか、素晴らしい従兄弟さんです。(笑
2012/03/14(水) 22:46 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 結構尖った酒でしたね~
・・・そうかぁー!
こういうお酒を、「尖った」お酒と表現するのですね!
勉強になりました。(これから、使わせてもらおう。。
2012/03/14(水) 22:48 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
いやー、ホントに不思議なお酒でした。
とても、呑めたんもんじゃない(笑)ような、辛口の時と、まぁ、旨口系の時と。。
日本酒、不思議ですよ。
2012/03/14(水) 22:49 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 冷蔵庫の都合で先週の土曜日にやっと受け取ったのですが、
> 店に方からまだ硬いのでもう少し置いてからと言われた。
・・・な、なに!!
そんな事言われたのですか!?
そんだったら、もう少し置いてから、出してくれよぉ。(笑
2012/03/14(水) 22:51 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
RYOさん
いや、これは、辛かったぁ。。超、辛かった。
RYOさんのと親爺とので、何か(タンク違いとか)あるのかな?
2012/03/14(水) 22:53 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/579-c203bc5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。