旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/22(火)
信濃 川中島 犀口 「西飯田酒造店」。
西飯田
江戸末期創業、伝統銘柄は「信濃光」。

左の看板を見ると、以前は手造りワインやってたようだ 今でも少しやってるそうだ。
             (↓ 小さい写真は、クリックで拡大。↓)
看板 扁額
右の扁額には、「登録商標 清酒 茶臼山 醸造元飯田大蔵 東京北村商店寄贈」の文字。
信濃光(西飯田酒造店)の前は、茶臼山(飯田大蔵)だったのでしょうか?

驚いた事に、東京(上野)に大正4年創業で協会酵母や醸造用品・機械を商う北村商店が今もある。その北村商店、親爺の中学同級生の家(ビル)のテナントだから、2度ビックリ。

「西」があれば、「東」もある。本老の松を醸す「東飯田酒造店」。
東飯田 建物は「東」の方が立派だ。
「西飯田」と「東飯田」、壁を接して建ってますが、親戚でも何でもないただのお隣さんとか

さて、「西飯田酒造店」。蔵の中を小川(犀川からの農業用水、上中堰)が流れます。
地図1
というと風情があるが、川を挟んで、あっちとこっちを行ったり来たり・・の酒造り。
小川小川2
                  (↑ 小さい写真は、クリックで拡大。↑)
掛米は、エアーシェルターで川を渡して向こうへ送りますが、米が冷えすぎて難しいとか。

社長(父)、配達の人、叔父が時々手伝うものの、基本は杜氏(息子)一人の酒造り
一人でできることは限られるので、社長(父)に内緒で洗米機を購入したり・・奮闘中。

こちら側(①)に、洗米・浸漬の場、甑(こしき:米を蒸す釜)、麹室と酒母室があります。
製麹室
西飯田では、ほとんどが床麹法

150石。うち20石だけが特定名称酒。今は、まだまだ地元向けの普通酒が中心だから。
朝になったから出麹ではなく、麹の状態を見て出麹を決める。当たり前のことを普通に。

向こう側(②)に、タンク、舟とヤブタ(搾り機)があります。
向こう側
タンクヤブタ
タンクは、130kg~1500kg仕込み×16本を使う。

以前の杜氏と蔵人は、タンクを洗うのもホースの水で流すだけ。ゴシゴシ洗わない。
床も、デッキブラシで磨かないから、水平じゃないところに水が溜まり雑菌がわいたとか。
今は一人で徹底的に洗います。だから、片付け中で散らかっててすみません・・・。

そうやって説明して下さったのが、こちら9代目蔵元(杜氏)の飯田 一基さん。
杜氏
昭和60年(1985年)4月1日生まれ。27歳。独身です。

花酵母の魔術師、来福(茨城)の藤村杜氏の元で3年修業
2年前に実家蔵に戻り、以前の杜氏と蔵人に退職していただき、以来、一人で造ります。

自身も花酵母を使いますが、別にこだわってるわけではなくて、今、自分が目指す事・できる事をやろうとすると、花酵母が第一の選択肢になるのだそうです。

目指すは、花酵母でも香り系ではなくて、アミノ酸度を低めに抑えたシャープな酒質

今は、花酵母&米も(大吟の山田錦以外は)叔父の作る美山・新美山が中心だけど、
いつか、違う酵母・違う米にもチャレンジしたい。来福で学んだ山廃もやってみたい。
特定名称酒の比率を高めたい。今年は酒販店さんにも回ってみたい。。
地元の書家に書いてもらった積善のラベル、その方がご存命の間は変えられない。。

と、ご説明や杜氏の夢&悩みを伺いながらも、、やることはやる。試飲タイム。
ベゴニア酵母つるばら酵母ひまわり酵母
左)ベゴニア・+18の超辛    中)つるばら・49%純吟    右)ひまわり・59%純米

ベゴニア)本当の超辛。でも、あと口(余韻)が良くて、「これ、結構イイかも」の声あり。
つるばら)旨かった。一番の甘口&香り系。杜氏の目指すのとは違うのだろうけど。
ひまわり)アルコール感あり。59%純米だけに、洗練される前の野暮ったさ少し。

ほろ酔い気分で、玄関カウンターに入り込む。
ポスター
そこには、戦前風?懐古調ポスター。電話北原四七番。
店内1 昭和元禄 ザ・タイガース。
ここで、時間が止まってます。

玄関の右側には、倉庫(だった?)らしき建屋あり、
梁
扉 重厚な扉は開かず。
こちらは、もっと以前から時間が止まってる・・ようでした。

最後に、一升瓶に仕込水と人数分(13個)の利き猪口を頂戴したことを記します。

お嫁さん貰って、頑張って欲しいです。苦労や悩みを共にできますからね。
陰ながら、応援申し上げます。飯田杜氏さま、ありがとうございました。


株式会社 西飯田酒造店】 創業江戸末期、生産量:約150石(20石が特定名称酒)。
<米>自社田&県内産 美山錦、ひとごこち  <水>犀川の伏流水
<酵母>花酵母(東農大花酵母研究会会員蔵)
<代表銘柄>信濃光(地元向け普通酒)、積善(特定名称酒)
・所在地:〒381-2235 長野県長野市篠ノ井小松原1726、TEL:026-292-2047
・最寄駅:JR親切本線 川中島駅(駅から約2500m) ⇒ 西飯田酒造店の地図
・代表者:飯田 基(8代目蔵元)、杜氏:飯田 一基(9代目蔵元)
・蔵見学:無料(試飲含む)。ただし、要予約。駐車場は、車3~4台まで。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
UPお待ちしてました!
長野合宿、ありがとうございました。

西飯田酒造の若き杜氏さん。
ひたむきで、素朴なお人柄とかんじました。
娘と同じ年齢で頑張っていらっしゃると思うと、ますます応援したくなりました。
2012/05/22(火) 00:31 | URL | 粋豚(すいとん) #DF426uYg[ 編集]
合宿、お世話になりました。
やっぱり親爺さん、書きますね~、さすがだ。
次回のメインは火の玉ブラザーズでしょうか?
2012/05/22(火) 01:32 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
ちょっと時間の流れが、ゆっくりでレトロな感じでしたよ。若い杜氏さんの
誠実さと、情熱が説明にもにじみ出てましたね。爽やかな気分に慣れました。また、訪問したいですね。
2012/05/22(火) 05:53 | URL | サントス #27Yb112I[ 編集]
どこにあったのでしょうか?
教えて欲しかったですw
2012/05/22(火) 06:26 | URL | 秋花 #B7q/.fmY[ 編集]
親爺さんの記事、素晴らしいですね~。
私の流しUP・・・、心苦しいです(汗)。
合宿ではありがとうございました。
また御一緒させて下さい。
2012/05/22(火) 13:12 | URL | dians #0GVGFQGk[ 編集]
長野合宿があった事全く気付かせない記事さすがです。
文章はこうありたいものです。(笑)
2012/05/22(火) 14:47 | URL | sendai_hatsudai #-[ 編集]
お~ ここまではいつもの親爺さんのスタイルですね!
きっと宴会編が大変な事になりそうですねww
親爺さんのもっと乱れた姿も見てみたな~
2012/05/22(火) 18:52 | URL | ヘッドロック #nlBqyCS.[ 編集]
西飯田さん、今もワインをちょこっとやってます。
東飯田さんの建物は国の有形文化財に指定されてます。
西飯田さんの中を流れる川は、農業用水、上中堰です。
東飯田さんのすぐ下で上堰と中堰に分かれます。
地元なので、ちょっと五月蠅くてごめんなさい。
今年の純吟つるバラ酵母はとても良いですね。
西飯田さん、これからもとても良くなると思います。
これからも呑んでいきたいお酒です。
2012/05/22(火) 22:22 | URL | 年三 #-[ 編集]
信濃光は聞いた事は有りますが、犀川を跨いで。
若き杜氏の苦闘しながらもチャレンジ精神には、頑張って欲しいです。

「ザ・タイガース」のポスターは・・・当然だけど全員若いな。
メンバーを見ると、解散前か再結成時か。
2012/05/22(火) 23:07 | URL | エクスプロイダー #-[ 編集]
唐突に始まる長野紀行(^^)
いつもながら漏れなく記憶・記録。
ノミ太蔵は半分くらいしか覚えてない・・・。
あの奥というか表?の部屋にこんな素敵なポスターがあったのですね。
一人で楽しんでたんですね。ズルい。
2012/05/23(水) 06:44 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
こんにちわ~♪

わっ、タイガースのポスターが!!
でも知っているのは
上の3人の人だけなんですけど(汗)

ポチっ!!おうえーん*
2012/05/23(水) 13:59 | URL | マムチ #-[ 編集]
長野旅行も親爺さんらしい内容ですね。流石です!
行きたかったです。
2012/05/23(水) 15:23 | URL | 日本酒ランナー #tHX44QXM[ 編集]
粋豚(すいとん)さん
・・・そちらのお嬢様もそうですが、こちらの杜氏様も、、早いとこ人生の伴侶を見つけていただきたい。(笑)
2012/05/23(水) 23:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 次回のメインは火の玉ブラザーズでしょうか?
・・・それは、、もう皆さんのブログでUPされてるので、、
美しくないし。(大笑
2012/05/23(水) 23:39 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
サントス君
ま、まじめにメモをとってたのは、親爺だけだからね。
(単に、物覚え(記憶力)が悪くなっただけか。。
2012/05/23(水) 23:41 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> どこにあったのでしょうか?
> 教えて欲しかったですw
秋花さん
このタイガースは、正面玄関のカウンターの中(お店側)です。
その一画、なかなか風情がありましたよ。
2012/05/23(水) 23:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
合宿、お世話様でした。
唯一の心残りは、テラ盛りでしたね。(笑
2012/05/24(木) 06:38 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 長野合宿があった事全く気付かせない記事さすがです。
・・・これは、褒められてるのか?いや、そんな事ないか。微妙だ。(笑
2012/05/24(木) 06:39 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> お~ ここまではいつもの親爺さんのスタイルですね!
・・・と、ここまでしかありません。(笑
2012/05/24(木) 06:40 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ご指摘、ありがとうございます。
修正しておきます。
2012/05/24(木) 06:40 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
こんにちは♪
親爺さんの同級生。。。
何かの縁ですね~♪
↑とっても
昭和の香りが残る
素敵な玄関カウンターですね^^
2012/05/24(木) 16:56 | URL | ヨシ #JalddpaA[ 編集]
> 「ザ・タイガース」のポスターは・・・当然だけど全員若いな。
> メンバーを見ると、解散前か再結成時か。
・・・そうですね。言われてみれば、ジュリーの感じからして、ソロでやってそうですね。
再結成の時かな?
2012/05/24(木) 23:05 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> あの奥というか表?の部屋にこんな素敵なポスターがあったのですね。
> 一人で楽しんでたんですね。ズルい。
・・・そう、それが楽しみでね。(笑
2012/05/24(木) 23:06 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 上の3人の人だけなんですけど(汗)
・・・そうですか。
「花の首飾り」という曲で、リードボーカルをとってたのが、加橋かつみさんという人で、、ジュリーの次に人気のあった方ですよ。
この曲は、陽水とか、高橋真梨子とか、河村隆一とか、いろいろな人がカバーしてますよ。
2012/05/24(木) 23:09 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 長野旅行も親爺さんらしい内容ですね。流石です!
> 行きたかったです。
・・・ランナーさん、蔵野のまりこさんに会えば、一発でファンになりますよ!
ぜひ、行くべきですね。
2012/05/24(木) 23:11 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺の世代が、一番、昭和を体感しています。
今の平成の世が、あと何十年か経った時に、懐かしんでもらえるような時代であることを願うばかりです。
2012/05/24(木) 23:14 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
茨城とゆかりのある蔵元さんなんですね。
藤村さんの花酵母はやはり凄いです。
川中島は幻舞しか知りませんでした。
幻舞と言えば,夏に会えそうですね。
私も参戦の予定です。
2012/05/24(木) 23:23 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
> 幻舞と言えば,夏に会えそうですね。
> 私も参戦の予定です。
・・・え!何のこと?親爺は存じ上げませんねー。。そんな楽しそうな会。
う~~ん、たぶん、ホントに知らない。(悲
2012/05/25(金) 22:34 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/599-2ccea74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
信濃 川中島 犀口 「西飯田酒造店」。江戸末期創業、伝統銘柄は「信濃光」。左の看板を見ると、以前は手造りワインもやってたようだ。             (↓ 小さい写真は、クリックで拡大。↓) 右の扁額には、「登録商標 清酒 茶臼山 醸造元飯田大蔵 東京北...
2012/05/22(火) 01:12:50 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。