旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/15(金)
手抜き(而今)ネタが、続きます。 「而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生」。
而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生 23BY(肩ラベル)
而今のラベル色は酒米のイメージ。
ボトルもそう。「五百万石+9号」と「山田錦+9号」だけがグリーンボトルです。

大西杜氏いわく、「グリーンボトルは回収や洗浄が大変なので、手間だけを考えると全部茶瓶にしたいところです。でも、全て茶瓶だと地味なので、深緑のイメージの山田錦と九号だけは、華やかなグリーンボトルにしています。」なので、純米吟醸の文字も緑色。

而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生 23BY(1)
22BY山田錦。”史上最強の山田” とか ”而今史上最高の而今”とか叫ばれ、ジコニストを唸らせておりましたが、今季はどうでしょう。

初日。旨さ全開。
誰が言い出したのか?而今3日目の法則。それは、今季の山田生には当てはまらない。

落ち着いた旨さがあるくせに、このピチシュワのフレッシュさがたまらない。
八反錦と千本錦が、而今らしい而今だと思ってる親爺ですが、この山田錦も外せません。

而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生 23BY 而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生 23BY(裏ラベル)
3日目。なぜか気になる、苦味が浮上。
22BYは史上最高!というほどの衝撃を(親爺は)受けたわけではありませんが、こんな気になる苦味はなかったなぁ。すると、23BYよりも22BYの方が良かったのかなぁ?

でも、旨いものは旨いのですよ。
而今は、やめまられまっしぇん。

ということで、(たぶん)23BYの「而今 無濾過生」も全クリアしたので、
スペック表をまとめておきましょう。
而今 履歴20120614

== 親爺のお好み度 == ★★★☆☆ (而今だけは、而今どうしで比べたお勧め度合いを表してます。)
・体調のせいだったのか?3日目になぜか気になる苦味。
・而今の山田錦、それも史上最高の22BYのあとだけに、ハードルが高くなり、★3つ。


【而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生 23BY】
・原料米:三重産山田錦100%、精米歩合:50%、酵母:自社9号3
・アルコール分:16.5%、日本酒度:±0、酸度:1.6、アミノ酸度:1.3
・製造年月:平成24年3月
・価格:3,570円(税込)/1.8L

木屋正酒造合資会社】 創業文政元年(1818年)、生産量:約380石
・所在地:〒518-0726 三重県名張市本町314-1、TEL:0595-63-0061
・最寄駅:近鉄大阪線名張駅(徒歩10分) ⇒ 木屋正酒造の地図
・代表者:大西 武夫(5代目蔵元)、杜氏:大西 唯克(6代目蔵元)
・蔵見学:現在NG。

【購入したお店】 ⇒ 地酒 小山商店 トマリ君の頒布会


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
連荘而今!!!
こちら頒布会でゲット出来たので、いつ呑もうかなと思っています。
早くあのグラスを使わないとです。
2012/06/15(金) 08:44 | URL | namesan56 #-[ 編集]
初日に旨さが全開!!私みたいな素人にはわかりやすくていいです(^^)
初日に飲み切っちゃいたいです♪
2012/06/15(金) 09:38 | URL | えりぷー #-[ 編集]
毎度のスペック表の更新ありがとうございます。
今回の山田は旨いんですが感動がなかった気が。
雄町に期待です。
2012/06/15(金) 14:44 | URL | sendai_hatsudai #-[ 編集]
今年は雄町のほうが旨々だった感じですね~。
23BYより22BYより21BY の思い出が
2012/06/15(金) 17:51 | URL | OIRAn #-[ 編集]
「而今の会」の後に、「而今記事」・・・、
更に「而今記事」・・・。
もう「GOD OF ジコニスト」と呼ばせていただきます。
生ベージョンのスペック表が更に縦長になりましたね。
保管させて頂きますm(__)m。
2012/06/15(金) 20:11 | URL | dians #0GVGFQGk[ 編集]
而今 山田錦、21、22BYは呑んでます。
21BYは良かったです。
コレはカネセさんでかなり遅くなってから買って呑んだものですが、
とても良かった記憶が・・・
しかし、カネセさんの冷蔵庫にはどのくらい而今が眠っているのだろう?
行って、池田さんに而今はありますかと尋ねると、
奥から嫌そうに出してくるのが楽しい年三です。
2012/06/15(金) 21:55 | URL | 年三 #-[ 編集]
へえ~、グリーンの瓶は回収や洗浄に手間がかかるのか。知らなかった。
でも、グリーンの瓶は色が鮮やかだし、ラベルの文字が緑だと尚更。
(ブルーはそれ以上だが・・・)
透明の瓶はどうなんでしょうね。
2012/06/15(金) 23:02 | URL | エクスプロイダー #-[ 編集]
そう、早くあのグラスを使いましょう。
グラスが違うと、味わいも一段とUPしますよ。
2012/06/16(土) 07:29 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 初日に飲み切っちゃいたいです♪
・・・一升瓶なんですけど。(笑
2012/06/16(土) 07:30 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
・・・いや~、皆さん、舌が肥えてきたのですよ。
旨い酒を沢山呑み過ぎなんです。(笑
2012/06/16(土) 07:31 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
今年は、秋の愛山です。はい。
2012/06/16(土) 07:32 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
まだまだ、大王さまには、及びもつきませぬ。。
2012/06/16(土) 07:33 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 行って、池田さんに而今はありますかと尋ねると、
> 奥から嫌そうに出してくるのが楽しい年三です。
・・・見たい。(年三さんではなく、池田さんね。
2012/06/16(土) 07:34 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 透明の瓶はどうなんでしょうね。
・・・本数が少ないから、回収もそれだけ大変でしょうね。おそらく。(洗浄については、分かりませんが。
もともと光を遮るための茶瓶なので、透明瓶は本来の昨日を果たしていないわけで、使う方からすると多少勇気が要るのかなぁ?
2012/06/16(土) 07:37 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
而今、いいね、飲めて…

私は今夜からは、真野鶴 越淡麗純米吟醸無濾過生原酒中取り。
2012/06/16(土) 16:24 | URL | かわせみ #-[ 編集]
> 私は今夜からは、真野鶴 越淡麗純米吟醸無濾過生原酒中取り。
・・・う~ん、呑んだことありません。
もしかしたら、越淡麗というのが、かわせみさんにはあわないかも?
2012/06/16(土) 18:26 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ジコニスト親爺さん!
22BYから離れてしまい、私の而今Tシャツが寂しそうになっていますw
これは親爺さんしか知らないTシャツなんですよね(笑)
2012/06/16(土) 18:27 | URL | 日本酒ランナー #tHX44QXM[ 編集]
> 私の而今Tシャツが寂しそうになっていますw
> これは親爺さんしか知らないTシャツなんですよね(笑)
・・・よろしければ、親爺が、もらっちゃいましょうかね。(笑
2012/06/16(土) 18:28 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/16(土) 22:38 | | #[ 編集]
☆3つ,個人的には理解可能です。
今年の山田は22BYとは別物のような気がします。
旨いんですが,私的には後味が・・。
当然ですが,べらぼうに旨いんですよ。
ていうか,親爺さん。而今のハードル高過ぎ!!!!
2012/06/17(日) 00:45 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
詳細分かりましたら、また、ご連絡下さい。
2012/06/17(日) 08:22 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
先日の而今の会で、大西杜氏に”裏而今”とかやりませんか!? と聞いたら、言下に「やりません!」と、きっぱり断られました。
2012/06/17(日) 08:24 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
>かわせみさんにはあわないかも

いや、これがなかなか濃厚でイケてましたよ。私の好みも微妙に変わってきてるかもね。
2012/06/21(木) 17:46 | URL | かわせみ #-[ 編集]
濃厚な越淡麗??
蔵元さんが、意図的に狙ったのでしょうかね?
2012/06/22(金) 20:23 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/608-d5dab057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
手抜き(而今)ネタが、続きます。 「而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生」。而今のラベル色は酒米のイメージ。ボトルもそう。「五百万石+9号」と「山田錦+9号」だけがグリーンボトルです。大西杜氏いわく、「グリーンボトルは回収や洗浄が大変なので、手間だけを考えると...
2012/06/19(火) 09:27:14 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。