旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/23(土)
灘・伏見と並び、日本三大銘醸地と称される広島。

理由は3つある。
①浜旦那(はまだんな)
 豊かな水と温かい気候。慶安3年(1650年)にお隣の赤穂から取り入れた製塩技術で、瀬戸内沿岸にはかつて塩田が広がり、塩田を所有するお金持ちを浜旦那と呼んだ。水とお金(資本)がある浜旦那衆は、夏に塩を作り冬に酒を造った。

②軟水醸造法
 広島の水は軟水。軟水は酵母が必要とするミネラルが少なく発酵の勢いが弱い。三浦仙三郎は、麹が米の内部まで行き渡るようしっかり育て&醪を低温でゆっくりと発酵させる軟水改良醸造法を編み出し、それを公開。以降、広島のお酒は飛躍的に向上する。

③魂志会
 飛ぶように売れる新潟の酒、彗星のように現れた山形の「十四代」・・・。広島も負けてられないと集まった面々。 天寶一、宝剣、賀茂金秀、雨後の月、富久長、美和桜。
魂志会
(↑『dancyu』 2010.3月号 P.39 より転写。↑) 勉強会を開き、相互批評を重ね、自己研鑚を積み、銘醸地広島を背負って立つという気概。広島には、こうした熱い蔵元たちが揃う。
寶劔のラベルが「渾身」ではなく「魂心の**」なのは、魂志会の名前を意識したものか。

魂志会の先輩格「相原酒造」。(同じ町内の)宝剣の土井鉄も頼る兄貴分。
相原酒造外観 (←『dancyu』 2010.3月号 P.41 より転写。)
蔵壁にも刻まれる
雨後の月キャップと 代表銘柄は「雨後の月」。
徳富蘆花『自然と人生』に感動した二代目が、「雨の後の、曇り無く見える月」から命名。

月は月でも、黒い月。「雨後の月 純米吟醸 Black Moon」。
肩ラベル
月が満ち始めてから満月までの15日間を「白月(びゃくげつ)」
月が欠け始めてから月末までの15日間を「黒月(こくげつ)」 というらしい。

そして、この「Black Moon」は雄町です。雄町はビターな黒のイメージなのか?
・・と思ったら、雄町の生は白ラベル。こちらの雄町は一回火入れで黒ラベル(らしい)。
雨後の月 純米吟醸 Black Moon 23BY(1
香り、思ったほどではない。上品な吟醸香。
口当たり、クールです。

加水でALC度数を抑えているので、スッキリしてます。
ラベルのイメージ(飛露喜の黒ラベルのイメージ?)と違って、濃厚な甘みはなくサラサラ感あり。

そこに柔らかな旨みが広がって、しんなりとします。
しんなりしたものが、すうっと引いて、余韻も穏やか。
しんなりした時に甘みはあって、舌触りもピリ辛ではないけど、印象としては淡麗やや辛。
雨後の月 純米吟醸 Black Moon 23BY 雨後の月 純米吟醸 Black Moon 23BY(裏ラベル)
ラベルイメージはゴージャスだけど、実は上品でおしとやか。時おり、しんなり艶を見せ。
若い柳腰(スレンダー)の浴衣美人かな。


== 親爺のお好み度 == ★★★☆☆ 
・文句も言わずに、杯を重ねられる旨さはあるね。
・ちょっとサラリとしすぎ?もう少し熟した色気が欲しい、そんな欲を言わせる浴衣美人。

【雨後の月 純米吟醸 Black Moon 23BY】
・原料米:雄町100%、精米歩合:50%、酵母:不明
・アルコール分:15度以上16度未満、日本酒度:+2、酸度:1.4、アミノ酸度:不明
・製造年月:平成24年5月
・価格:3,465円(税込)/1.8L

相原酒造株式会社】 創業明治8年(1875年)、生産量:約700石
・所在地:〒737-0152 広島県呉市仁方本町1-25-15、TEL:0823-79-5008
・最寄駅:JR呉線 仁方駅(1km弱かな) → 相原酒造の地図
・代表者:相原 準一郎(4代目)、杜氏:堀本 敦志
・蔵見学:?

【購入したお店】 ⇒ 地酒 小山商店 トマリ君の頒布会


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
雨後の月を呑んだのはずいぶん以前ですが、結構しっかりした酒だったような・・・?
広島も良い蔵元が多いですね。酒都西条、竹原・・・、訪れたい地です。

2012/06/23(土) 14:18 | URL | 青の50号 #-[ 編集]
雨後の月、今年は某酒店の頒布会で月光を呑んだのですが、
確かにサラリと杯を重ねた気が。食中酒としては良かったです。
2012/06/23(土) 17:33 | URL | sendai_hatsudai #-[ 編集]
魂志会の写真を見て 上段3名の方にはお会いしてる 下段3名はお会いしていない 5種のお酒は呑んでいる 唯一 富久長さんだけ呑んでなーーーい
オリャー!!(ノ ̄▽ ̄)ノ ┫:・'.::
矢島さんで取り扱ってないからだ・・今年の矢島さんの会はいつかなぁ~~。。
2012/06/23(土) 18:18 | URL | OIRAn #-[ 編集]
> 雨後の月を呑んだのはずいぶん以前ですが、結構しっかりした酒だったような・・・?
> 広島も良い蔵元が多いですね。酒都西条、竹原・・・、訪れたい地です。
青さん
浜旦那・・が、まさに竹原のことです。
西条は、当初は瀬戸内を走るはずだった新幹線が内陸を走り、、そのため流通その他の面から酒造業の中心が竹原→西条に移ったらしいですね。
竹原市内には、造り酒屋は3軒しか残ってないとか。。
2012/06/23(土) 22:09 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 確かにサラリと杯を重ねた気が。食中酒としては良かったです。
・・・貴と同様、しっかりとした食中酒を目指してるのかなー。
そんな感じです。
2012/06/23(土) 22:10 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 魂志会の写真を見て 上段3名の方にはお会いしてる 下段3名はお会いしていない 5種のお酒は呑んでいる 唯一 富久長さんだけ呑んでなーーーい
・・・結構、凄いなー。OIRAnさん。
もはや、日本酒ファンの有名人ですね。今度、一緒に連れて行って下さい。
2012/06/23(土) 22:12 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
>宝剣、雨後の月

この二銘柄しか飲んだことないなぁ。
となりの県なのになぁ…
2012/06/23(土) 22:21 | URL | かわせみ #-[ 編集]
この6蔵で一番呑むのは富久長さんの銘柄。
理由は簡単女性杜氏ものだから(笑)
広島の酒といえば酔心、幻(誠鏡)をよく味見します
広島で一番呑まれているはずの白牡丹、鶴繋がりで賀茂鶴、竹鶴、西條鶴(東京でも地酒専門店さんで結構扱っている)なども一度味見してもらいたいです
味見済みだが写真がない?(笑)
2012/06/24(日) 06:48 | URL | タンタンさん #hs3MX5GE[ 編集]
雨後の月、家呑みはまだです。
広島の酒自体、家呑みは少ない。
賀茂鶴とカモキンくらいでしょうか?
2012/06/24(日) 07:55 | URL | 年三 #-[ 編集]
雨後の月、恥ずかしながら、家でじっくりと呑んだ事がありません。
外呑みだけですが、この「Black Moon」旨いですね!
銀文字ラベルもカッコ酔いです。
2012/06/24(日) 08:14 | URL | dians #0GVGFQGk[ 編集]
広島のお酒では、白鴻とか誠鏡をひまり屋で呑みましたね。たしか。
2012/06/24(日) 09:25 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
タンタンさん
白鴻とか誠鏡は外呑みしたことありますが、、写真がありません。(笑
2012/06/24(日) 09:26 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
酒どころと言われてる割には、広島のお酒って、あまり家呑みした事ないですね。
なぜなのか??
2012/06/24(日) 09:28 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
雨後の月なら、同じ相原酒造の「九嶺」の方をおすすめしますね。
九嶺は旨かった。。
2012/06/24(日) 09:29 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
私も頒布会で雨後の月がありました。
まだ開けていないですが、しっかりした味わいの
お酒のようなイメージはあったんですが。これから伸びてきそうな銘柄だと思っています!
2012/06/24(日) 12:31 | URL | 日本酒ランナー #tHX44QXM[ 編集]
蔵の建物が城みたいですね。横に堀(川?)もあるし石垣組んであるし。
ノミ太蔵は平仮名の「うごのつき」は呑みましたが漢字の「雨後の月」は呑んでません。
違いはなんだろう?
ご存知ですか?
2012/06/24(日) 15:19 | URL | ノミ太蔵 #bBmFigmc[ 編集]
雨後の月、何だかんだ言って、まだ呑んだことありません。
「月」の言い方は知りませんでした!
マグロの山かけ、食べたくなってきました。
2012/06/24(日) 15:57 | URL | namesan56 #-[ 編集]
こんばんわ~♪

お酒のラベルも
本当に沢山の種類があるのですね~!!

>スカイツリーから開業1ヶ月
親爺さまは51歳と1ヶ月なのですね^^
ふふっ(笑)
2012/06/24(日) 19:45 | URL | マムチ #-[ 編集]
よく行く広島料理のお店では広島のお酒だけが置いてあります。
いろいろ飲んだのですが、何を飲んだか忘れちゃいました(^^)
若いスレンダー浴衣美人ですかー。色気が加わったら最強のお酒になるのでしょうか~
2012/06/24(日) 20:59 | URL | えりぷー #-[ 編集]
雨後の月、北海道でも結構見るのですけど、未飲。
未飲のお酒、多すぎです。
幅広くいかなくては・・・。
ぽち~ん。
2012/06/24(日) 21:26 | URL | RYO #YrGnQh/o[ 編集]
「雨後の月」は二回で「天寶一」は一回だけだなあ。売ってる店が遠いから・・・。
他の広島の酒で見かけたのは「龍勢」の夜の帝王や「白鴻」だな。
2012/06/24(日) 21:59 | URL | エクスプロイダー #-[ 編集]
雨後の月,外呑みで呑んだことしかありません。
やはり,家でじっくり呑まないといけませんね。
>若い柳腰(スレンダー)の浴衣美人
なかなかの味わいを想像します。
もうちょっとドッシリとしたイメージ(酔っ払いのイメージ)があったのですが,
いろんなスペックがあるのですね。
2012/06/24(日) 22:29 | URL | 星矢馬鹿酒 #Y17400wE[ 編集]
杜氏は金賞受賞杜氏、蔵人は利き酒日本一。スタッフが素晴らしいうえに、蔵元(相原純一郎さん)が素晴らしい。
間違いないでしょう。
2012/06/24(日) 22:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> ノミ太蔵は平仮名の「うごのつき」は呑みましたが漢字の「雨後の月」は呑んでません。
> 違いはなんだろう?
・・・お気づきになりましたか?
親爺も気になり、調べ始めたのですが、、いかんせん時間切れで、調べ切れておりません。
ノミさんにバトンタッチ致します。(笑
2012/06/24(日) 22:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
このお酒は、呑んでおくべきお酒のひとつだと思いますよ。
機会があれば、ぜひ、家呑みして下さい。
肴は、山かけよりも冷奴がいいかな。(笑
2012/06/24(日) 22:44 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> >スカイツリーから開業1ヶ月
> 親爺さまは51歳と1ヶ月なのですね^^
> ふふっ(笑)
・・・そうなのです。
スカイツリーが開業10周年を迎えたら、親爺は10+50=60歳なのです。
開業20周年を迎える頃は、もうヨボヨボでお酒も呑めてないかも。(笑
2012/06/24(日) 22:46 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> よく行く広島料理のお店では広島のお酒だけが置いてあります。
> いろいろ飲んだのですが、何を飲んだか忘れちゃいました(^^)
・・・そう、皆さん、ワインとか一生懸命に覚えるのに、お酒は「お酒」or「日本酒」としか覚えてくれません。(涙
> 若いスレンダー浴衣美人ですかー。色気が加わったら最強のお酒になるのでしょうか~
・・・そのとおりです。そうなれば、最強です。
2012/06/24(日) 22:48 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
いや、十分に幅広くやってると思いますよ。
北海道であれだけのお酒を揃える(GETする)RYOさんは、偉大です。
2012/06/24(日) 22:49 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
> 他の広島の酒で見かけたのは「龍勢」の夜の帝王や「白鴻」だな。
・・・そのとおりですね。その辺が東京に進出(見かける)お酒ですね。
酒どころ、、言われる割には、あまり家呑みできませんよね。広島。
2012/06/24(日) 22:51 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
親爺的には、もっとバッツンとしたお尻(失礼、腰)の方が、好みです。(笑
2012/06/24(日) 22:54 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
しんなり艶。
この表現いいなぁ。
熟した色気、これもわかるなぁ。
2012/06/25(月) 00:43 | URL | riki #-[ 編集]
お褒め(?)に預かり、ありがとうございます。
艶の字にルビ(フリガナ)をつけようか?迷いました。(笑
2012/06/25(月) 06:37 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
浴衣美人♡
個人的には
熟した色気。。。
欲しいですw
2012/06/25(月) 13:10 | URL | ヨシ #3/VKSDZ2[ 編集]
こんにちは!
親爺さんいつもコメント
ありがとうございます~♪
ようやく、さくらんぼのお仕事
も落ち着いてきました(*^^)v
忙しい割には・・・写真いいですか~(笑)
仕事は左脳・写真は右脳なので、
右脳は暇なんですよ♪
なーんて(爆)
最近コンビニ弁当が多かったので、
親爺さんのご紹介するお酒やつまみが
神々しいです♪
2012/06/25(月) 18:29 | URL | トロ #-[ 編集]
コメ返信、大変遅くなり失礼いたしました。
> 個人的には
> 熟した色気。。。
> 欲しいですw
・・・たっぷりお持ちの方だと、、勝手に想像しておりますが。。
2012/06/27(水) 22:52 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
ようやく落ち着きましたか!
今季も頑張ったということですよ。
> 仕事は左脳・写真は右脳なので、
> 右脳は暇なんですよ♪
・・・ははは。そういうものですか!?
2012/06/27(水) 22:54 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/612-29f0cab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
灘・伏見と並び、日本三大銘醸地と称される広島。理由は3つある。①浜旦那(はまだんな) 豊かな水と温かい気候。慶安3年(1650年)にお隣の赤穂から取り入れた製塩技術で、瀬戸内沿岸にはかつて塩田が広がり、塩田を所有するお金持ちを浜旦那と呼んだ。水とお金(資本)...
2012/06/23(土) 15:30:14 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。