旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/19(金)
毎夜、三鷹の酔人が集う立ち呑みの店、大島酒場 をご紹介。
ただの、立ち呑みじゃないぞ!

【お店の様子】
近年改装して、店構えも綺麗。立ち呑み屋とは思えんだろ。
DSC00996.jpg

店を入ると左側に厨房を囲むようにL字型カウンター。写真↑にちらりと見えるとおり、ちょうど手を突く高さ。
右側にも壁と向き合うようにカウンター。こちらは少し高く、肘をつける高さ。
奥には、8名程が座れるテーブル1卓。
さらに奥には秘密の座敷。ここには座卓(4人用)が2つ。

立ち呑みといっても、乾きものとホッピーだけのお店と思ったら大間違い。
暖簾に、”さかな料理 天ぷら”と銘うってあるとおり、料理はその辺の居酒屋よりよっぽど旨い。
刺身類はもちろん、その日のおすすめの焼き魚と天ぷらは非常に美味しい。
おまけに、白子煮だとか煮凝りなんて手の込んだ酒肴にもお目にかかれる。

そして何といっても日本酒。
日本酒の品揃えは銘酒居酒屋と言っても良い。
この日は、ひやおろしの季節だけに、宝剣のひやおろし、繁桝のひやおろしをはじめ、賀茂金秀、駿州中屋、阿部勘などなど。通常の立ち呑み屋のレベルをはるかに超えてる。

店を切り盛りするのは、白髪の二代目主人(背中だけ少しだけ写ってます)と若旦那の一(はじめチャン:三代目)と店員の黒ちゃん。
DSC00995.jpg
厨房もきれいで清潔感バッチリ。 で、この若旦那 -↑- 接客の達人 というか 天才!

言葉を交わしたお客の顔は一発で覚え、絶対に忘れない。
かくいう親爺も2度目にお邪魔した時に、「いらっしゃい!○○さん。毎度。」と正確に名前を呼ばれ、笑顔で迎えられたのでした。

【これだけは食わなきゃ!】
その日の天ぷら。若旦那が揚げる天ぷらは、塩で食うと抜群に旨い。
・そして、主人と若旦那と黒ちゃんの心のこもった賄い振りを存分にいただこう。
(この日、げそ焼きがないので親爺ががっかりしてたら、若旦那、「よかったら刺身用のイカを焼きましょうか?」なんて言って持ってきてくれた。こういうのが最高のご馳走だよ。)

【この日の呑み食い】4人で秘密の奥座敷で大盛り上がり。
4人で馬鹿みたいに呑んで食って、3時間も居座って、一升瓶明けて、4,500円/人。
ちなみに、通常は、一人2,000円程度。3,000円使おうと思ったら大変。
ちなみに、ここ大島酒場の1合は、1.05合くらいあることが判明。
一升瓶の最後、10杯目がコップに足りなかった。そしたら、もう一杯サービスしてくれた。

・中生×4
・繁桝を一升、全部呑み切り。(行く事を伝えてたら、未開封を取り置きしててくれた。)
・松の寿 純米×4合。
・枝豆×2、冷奴×3、白魚の天ぷら×2、刺身盛り合わせ(お任せ4人前:こはだ、マグロ赤身、ビンナガ中トロ、生たこ)、刺身用いかの焼き物、厚揚げ×2、あと何食った??
・・・酔って候。

あっ、そうだ。
この日は、”坪っちゃんの実家(岡山の元魚屋さん)から送られてきた、本場自家製「ままかり」を食べる会”だった。
DSC00994.jpg 坪っちゃん、ごちそうさまでした。

持ち込みまで許可してくれて、大島酒場よありがとう!


【酒呑親爺、独断のおすすめ度】
★★★★★
三鷹に酔人サラリーマンの聖地あり。
5:30~6:30が店のラッシュ時間帯。ラッシュに身を任せるも良し。フレックスで行くも良し。

【お店の場所】
三鷹駅南口、右斜め前みずほ信託銀行の横、駅前郵便局の手前。徒歩1分。

大島酒場が紹介されてる本】
吉田 類 『酒場のオキテ』(青春文庫)
(もう一冊、何かに載ってたハズだが、親爺、失念。)


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
こんにちはー!

この店ずっと気になっているんですが、
なかなか入るきっかけがなくて・・・
あと、「いち」「水月」もそうです

日本酒好きなんですが、どちらかというと
ビールエンドレス派なもので f^^;

いつか暖簾をくぐってみたいと思います!

あと、個人的な好みですが
「庭のうぐいす(だるまラベル)」という
純米酒が好きです

飲まれたことありますか?
2009/09/26(土) 18:44 | URL | くろ #-[ 編集]
くろさん

おはようございます。
大島屋は、女性お一人では、(初回は)ちょっと敷居が高い(入るのに勇気がいる)かもしれませんね。。
(二回目からは、大丈夫ですけど。)
>ビールエンドレス派
であれば、婆沙羅がよろしいんじゃないでしょうか。(水月のブラウンマイスターも旨いですけど。)

庭の鶯ははもちろん呑んだことございます。可愛い鶯ラベルとゴツイ達磨ラベルと。
ラベルの可愛さに惑わされずに、ごついラベルの方を呑まれてるとは、なかなかの左党とお見受けいたしました。
これからもよろしくお願いします。
2009/09/27(日) 06:43 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/67-7bd5de99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。