旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/11(土)
とりあえず、タイトル写真も更新。
DSC01032_20081018175908.jpg


========================================================

いや~、酔って候 状態で写真もアップできず、失礼いたしました。

DSC00610.jpg ← 今回 呑んだのは、たぶんコイツのひやおろし でしょう。

日本酒度はどちらも+5 ですが、酸度は1.8 → 1.6 とひやおろしの方が少し低い。

一般に、「日本酒度が同じ酒で比べると、酸度が高いと甘味が打ち消されて辛く、逆に酸度が低いと甘く感じる。」らしい。
が、親爺の舌は、酸度の 0.2 の違いが分かるほど高機能じゃない。間違いない。

生詰は、リンゴの香りでフレッシュ感が高く、最後にキリッとした酸味でしめる感じ。
だったような。

房島屋 純米吟醸 ひやおろし 房島屋 純米吟醸 ひやおろし(裏ラベル)

ひやおろしは、香りはやはりリンゴ系。こちらの方が、口当たりが柔らかくすっきり系。
でも、房島屋らしい酸味でキレの良さは変わらず。

旨いっス。

しかも、開栓初日より、2日目・3日目の方が旨い。(というか、3日で呑み切り。)
2日目・3日目の方が、酸味のキレがより米の甘みを引き出してくれるような。

冷蔵庫から出して30分ほどの 冷や(何度だ?)が美味しい。
それが旨いので、燗は試さず。

・・・と、いつもより少しまじめに書いた親爺でした。


房島屋 純米吟醸 ひやおろし 19BY】
原料米:五百万石(100%) 、 精米歩合:50%
アルコール分:16度以上17度未満
日本酒度:+5 、 酸度:1.6
価格:3,045円/1.8L

所酒造合資会社】
岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪537-1
杜氏:所 優 氏(蔵元の息子さん)

【購入したお店】 --> 地酒&ワイン 加桝屋


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/71-787b44ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。