旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/01(土)
村祐の白ラベル。
村祐 「和」 生貯蔵酒

無濾過本生が定番の村祐。この「和」は、吟醸規格を濾過した一度火入れの生貯。

開栓早々の立ち香は、あまりよろしくない。臭みを感じさせるちょっと酸っぱい香り。
でも、呑むと、低めのアルコール度数を感じさせない”コク”がある。
ただ、開栓初日は硬さが残り、辛口とキレばかりが目立つ。

翌日になると、香りも良くなり、村祐独特の上品な甘さが出てきて親爺好みになってくる。
少し空気にふれさせた方が良いようです。

この値段でこれだけ旨けりゃ、文句はないが・・・、
どうせ呑むなら、やっぱり無濾過本生の村祐を選びたい・・・な。


DSC01135.jpg
肩ラベルの「和」のまわり(東西南北)には、酒・食・演・相 の文字が。
どういう意味なんだろう?

一応、カテゴリーは”吟醸”に入れときます。

村祐  和 】
・原材料名:米、米麹、醸造アルコール
・アルコール分:15度以上16度未満
例によって、”数字にとらわれないで楽しんで頂きたいとの”蔵元の思い(?)により、その他のスペックは非公開とか。
・製造年月:平成20年9月
・2,520円(税込)/1.8L

【村祐酒造】
新潟県新潟市秋葉区船戸1-1-1
生産:約200石(うち、村祐ブランドは約40石)
杜氏:村山 健輔 氏(オーナー杜氏、1969年生まれ)

【購入したお店】
こちらのお店 ---> 地酒サンマート



ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/77-094843a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。