旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/06(土)
袋に入った一升瓶、初めて見ました。
温度変化と紫外線からお酒を守るために遮光性のある袋に入れてるんだそうで。
(確かに袋の内側は、銀色のアルミホイルのような特殊シートになっている。)

CIMG0735.jpg CIMG0741.jpg

千代の光の蔵元の娘さん(次女)が、而今の蔵元へ嫁入りされたとかで、
きっと、その縁で而今取扱いの酒販店が千代の光も扱うようになったのでしょう。


おや?ラベルに「醸造アルコール」の文字が。
純米ではないのか・・・。親爺、ちょっと残念。
ま、でも、信頼のおける酒販店の頒布会だから大丈夫だろう。
CIMG0734.jpg
てなことで、呑んでみる。

度数が高いだけあって、結構ゴツイ感じ。
(明日また呑んで、それからコメント追記しよう・・・ っと。)
(なんたって忘年会帰りで、今宵はすでに酔って候・・・。)

===============================================

昨日はゴツく感じたけど、あらためて呑むとそうでもない。
(昨日は、ただの酔っ払い状態だったのか??)

香りはあまりよろしくないが、
口の中でピチピチはじける感じは、いかにも、しぼりたて生。

ただ、甘みはあるのだが、
それとピチピチ感とが口の中で喧嘩して、甘みが消されちゃうようなイメージ。

ちょっと点数厳しいか?親爺の醸造アルコールに対する偏見が入ってるかな?

===============================================

【千代の光 しぼりたて 無ろ過生酒 20BY】
・原料米:五百万石(らしい。)
・精米歩合:55%(らしい。)
・アルコール分:18度以上19度未満
・日本酒度:-2(らしい。)、酸度:1.6(らしい。)、アミノ酸:1.6(らしい。)
・製造年月:平成20年11月
・価格:2,380円(税込)/1.8L

【千代の光酒造株式会社】 HPはこちら ---> 千代の光酒造
・新潟県妙高市窪松原656
・契約栽培と永田(ながた)農法による米作りが、この蔵のこだわりみたい。
・杜氏:片桐 氏

【購入したお店】
こちらのお店です。 --> 酒と米 かねせ


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/88-08dad563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。