旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/12(月)
今年(2009年)のNHK大河ドラマ「天地人」。
その主人公、直江兼続(なおえかねつぐ)の生誕地、新潟は魚沼のお酒。

ラベルの銘柄「天地人」の左右には、「」の文字と直江家の「竹に雀」の家紋。
(兼続は「義の知将」と言われ、家紋は他に「三つ盛亀甲に三枚葉」を使っていた形跡もあるそうですが、ここでは「竹に雀」を採用。遠くからだと徳川の「三つ葉葵」に見えますが。)
天地人 純米吟醸 愛 天地人 愛 アップ
さらに肩ラベルには、兜の前立てに用いた事で有名な「」の文字。↑

完璧に観光客向けのお酒だね・・・と思いきや、精米歩合58%の純米吟醸ではないか。
呑んでみよう。

吟醸香は感じられませんが、含むと、意外とふくよかな印象です。
酸味は弱く、切れるのではなく、ふくよかな余韻がじわーっと続きます。
58%という微妙な精米歩合ですが、雑味もなく上品でなかなか美味しいです。

旨いはずだ。有名な地酒「巻機(まきはた)」を醸している蔵の酒だったのか・・・。
親爺、気づくのが遅かったです。

今度はぬる燗にしてみようっと。

ちなみに、こんな↓↓カートンBOXに入ってます。
天地人 カートン天地人」の揮毫は、原作者の火坂雅志氏。
バックの山城「坂戸城」の絵は、地元の郷土史愛好家「上田史談会」の大西要三氏。

このお酒、(魚沼出身の青年と結婚した)姪っ子からの頂きもの。
正月に旦那の実家に行った時のお土産。ありがとね、結(ゆい)。← 姪っ子の名前ね。


【天地人 純米吟醸 20BY】
・原料米:五百万石(らしいが、記載なし)、精米歩合:58%
・日本酒度:+4~+5(らしいが、記載なし)、酸度:記載なし
・アルコール分:15.0度以上16.0度未満
・製造年月:2008年12月
・価格:頂きものにつき不明

【高千代酒造株式会社】 HPはこちら --> 高千代酒造株式会社
・新潟県南魚沼市長崎328-1
・代表者:高橋雄三氏(杜氏は阿部杜氏?)
・創業明治初年。
・仕込み水は、日本百名山「巻機(まきはた)山」の湧水「巻機伏流水」。極軟水だとか。


ブログランキングに参加しています。
↓↓ぜひ、ポチっ ポチっ と↓↓ 、ご協力お願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
コメント
この記事へのコメント
巻機ですか~
 いいお酒ですよね♪
 でも、このお酒は初めて見ました。
 大河ドラマの影響で手に入りにくいんでしょうね
2009/01/12(月) 09:16 | URL | toto #-[ 編集]
toto様
 お久しぶりです。
 亀の井酒造の「亀甲マーク」の酒ぶたでご指導いただいて以来でしょうか。
 頂きものなのでよくわかりませんが、そんなに入手困難なお酒ではなさそうです。

 またいろいろ教えて下さい。
 よろしくお願いします!

 酒呑親爺
2009/01/12(月) 15:42 | URL | 酒呑親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshiyukita.blog32.fc2.com/tb.php/97-d0e381cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。