旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/07(木)
このお店をご存知か?

商売家の1階、左半分が「牛豚内臓卸・小売 島田商店」。
1.外観
中央、お持ち帰り用の出窓。(お土産を買う若者。) 右の開けっ放しが、天国への入り口。

見あげれば、「もつやき 煮込み 島田屋」 の看板。
2.外観 が、赤提灯も暖簾もない。
明るいうちから、入りきれないお客が店横の路地に溢れ出し、キャンプのBBQのよう。

店内に足を踏み入れれば、煙にむせたモンローとヘップバーンがお出迎え。
3.店内
左手に8人ほどのL字カウンター&右手に4人テーブル×3卓。通路は狭い。

噂には聞いていたが、とにかく安い。
4.メニュー
もつ焼き(レバ、シロ、かしら、タン、ハツ、なんこつ、こぶくろ)、すべて 60円の激安価格。
夕方6時半だというのに、こぶくろは売り切れ。・・・で、それ以外(6種)は、全部たのむ。
 
 店の人 「飲み物はー?」
 親爺達 「び、ビール・・で、いいかな。」
 店の人 「瓶ねー!」
 親爺達 「?? (瓶ビール以外に、生とかってあるの? 心でつぶやく)」

 店の人 「焼き物は、少し時間かかるよー!」
 親爺達 「じゃ、煮込み、下さい。」

出されたビールは、スーパードライ。
(その後、常連とおぼしき客には、キリン?アサヒ?どっち? と聞くサービスあり。)
5.煮込み
でも、どんぶりの煮込みが、150円。 
煮込みは、みそ味なれどドロドロしてない、さっぱり目のやや甘めの味噌。

お肉屋さんがやってる店だから、刺しも新鮮だ・・ということで、
 
 親爺達 「ガツ刺し~ 頂戴。」      
 店の人 「ガツ刺し、終わっちゃった。」
 親爺達 「じゃ、ミミ刺し。」 
 店の人 「ミミ、まだあるのー? ある? あるよー。」
6.ミミ刺し
で、このミミ刺しが、150円。

 親爺達 「あと、豚足も。」
 店の人 「はいよー。」
7.豚足
で、この豚足が、300円。
ミミ刺しと豚足のタレ(味噌)も、しつこくない。サッパリめの甘味です。

お~、来た来た。
8.串焼き1
普通サイズよりも、大ぶりな方でしょう。
9.串焼き2
これが、1串:60円というのだから、恐れ入る。

何とはなしに、常連さんのやり取りを聞いていると、(メニューにはないが)生ビールもある。
しかも、「○刺し、ニンニク!」。「こっちも、○刺し、ニンニク!」と符牒が飛び交う。

 我がもつクラブ部長 「(恐る恐る)○刺し、あるんですか?」
 お店の人、堂々と  「あるよー。」
 我がもつクラブ部長 「じゃ、、○刺し、ニンニクで!!」
10.○刺し
秘密の○刺し、150円。 メニュー(看板)は裏返ってますが、しっかりあります。

そして、これが抜群に旨かったなー。
11.なんこつ
なんこつ、1串:60円。 いや~、まいった。まいった。
正直60円って、どんなもつ焼きが出てくるの? と思ったけど、これは凄いCPです。

ビールのグラスは、いちげんさんの親爺には意味が分からない、七沢荘。
12.グラス

店主とおぼしき、旦那さんと
13.店主
焼き場を担当するお姉さん、ホール(接客メイン)のお姉さん の3人だけの店。

昭和レトロを満喫すれば、帰りも、モンローとヘップバーンがお見送り。
14.お見送り
お忘れ物 ございませんか?


== 親爺、独断のおすすめ度 == ★★★★☆ 
・立ち飲み いこい(赤羽)と並ぶ最強の「せんべろ(千円でべろべろに酔える店)」か。
・常連率高く(&女性率低く)、最初は少しだけ敷居が高いか? ということで4つ。

== この日の呑み喰い == もつクラブ3人(部長、東大君、親爺)で、勇躍乱入。
・瓶ビール×3本、ウィスキー×2杯。
・煮込み×3、もつ焼き6種×3本=計18本。ミミ刺し・○刺し・豚足×各1。
・1時間ちょっと滞在し、これだけ喰って合計4,320円ひとり1,440円)。

== この店の流儀 ==
・メニューにはなくても、生ビールあり!
・メニューにはなくても、瓶ビールは、キリンとアサヒと選択可能。
・メニューにはなくても、○刺し あり!

【島田屋(川崎)】
・最寄駅:JR川崎駅(徒歩だと20分くらい)
     東口(ヨドバシカメラ前)のバス停から、臨港バスに乗り、6~7分。
     4つ目のバス停「さつき橋」下車。歩道橋を進行方向に渡り、
     最初の角(セブンイレブン)を左折した右側。⇒ 島田屋の地図
・所在地:神奈川県川崎市川崎区境町11-3、TEL:044-233-6998
・営業時間:15:00~21:00(月~土)
・定休日:日曜・祝日

== 「もつやき 煮込み 島田屋」が載ってる本 ==
たぶん、まだ無い。隠れた名店だと思います。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/05/30(水)
久々にやって来ました。
思い出横丁看板 思い出横丁

だいぶ大人(変人)になりました。乾杯ビール、口をつける前に撮れるようになりました。
ビール
こちらは「ダブル晩酌セット」。
串焼きトレイ
好きな飲物×2杯+枝豆・煮込み・串焼き(5本)がついて、1,350円というお得セット。
結構、お腹きつくなりますよ。

で、2杯め。
爆弾サワー 写り込む背後霊。
左)稲妻サワー。電気ブランのサワー割り。 右)爆弾サワー。焼酎サワーのワイン入り。

このお店は、居酒屋(着席スタイル)と 立ち飲み の両方があって、2店舗並んでます。
店内ポスター

鳥園(新宿西口 思い出横丁)
・最寄駅:新宿駅(西口 徒歩数分)⇒ 鳥園の地図
・所在地:東京都新宿区西新宿1-2-4、TEL:03-3342-2011
・営業時間:12:00~23:40(L/O 23:00)、月曜定休。


ここで皆(diansさん、OIRAnさん、namesan56さん、サントス君、sendai_hatsudaiさん)と
0次会をやったこと・・モカドンさんには、内緒です。

・・と言いたいところですが、既に、バレバレなので、親爺も正直にゲロっておきます。
どうか、我らゲロリストの事、お助けくだせ~まし。モカドン様。



 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/05/25(金)
(第2弾)
赤羽の超有名店「鯉とうなぎの まるます家」。
まるます屋
昭和25年創業。 赤羽の商店街の角で、朝9時から営業。

1階は、凹字カウンター×2連 に テーブル×3席 があるらしいが、いつも満員・・とか。
2階座敷12階座敷2
2階の座敷だけは、3人以上のグループのみ、2時間一本勝負で予約可能。

鰻かしら 鰻のかしら
馬刺しげそ天
馬刺し                       げそ天
鯉のあらい 鯉のあらい
鯰のから揚げ鯨ベーコン
鯰のから揚げ                   鯨ベーコン

呑むの、忘れた。。 ウソです。
「ジャンチュウ(ジャンボ酎ハイ)」950円/1リットル をグビリンコ呑みました。
梅 梅。
これは食べたのか?酎ハイに入れたのか? 忘れた。。 ホントです。

こちらの名物は、客をあしらうお店のお姉さん達。
全員が、姉妹や従姉妹、板さんの嫁さん・・・etc. という血縁だそう。

今度は1Fのカウンターで、お姉さんたちの独特の抑揚のオーダー通しを聞きたいものだ。


== この店の流儀 ==
・酔っぱらいお断り。
・オーダーが通らないほど大声で騒ぐ人、退場。
・お酒(日本酒?)は、ひとり3本まで・・という噂あり。

【鯉とうなぎの まるます家 (赤羽)】
・最寄駅:JR赤羽駅 東口改札を出て、左手に見える商店街を直進。徒歩2~3分。
・所在地:東京都北区赤羽1-17-7、TEL(2F予約):03-3901-1405
・営業時間:9:00~21:30(LO21:00) 
・定休日:月曜(月曜が祭日の場合は、火曜)

== 「まるます家が」が載ってる本 ==
・『さかなマニア』 (メディアパル)
・浜田信郎 他『東京 居酒屋名店三昧』 (東京書籍)
・『東京 銘酒肴酒場』 (三栄書房)
・その他多数。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/05/03(木)
朝の11時。
カウンター
既にカウンターには、取り付く島がない。

東京は赤羽の「立ち飲み いこい」。
戦後の闇市跡で賑わうこの街で、アサヌマ酒店が角打ちをさせたのが始まり。
店 外観
休日にゆっくり起きて、軽く一杯やるか・・・なんていう優雅な昼酒ではない。
朝起きたら、一目散に自転車で駆けつける・・・そんな気合の入った昼酒。

値段も、気合が入ってる。
舌代
サワー類210円。黒ホッピー320円。

酎ハイ180円。
サワー
もつ焼き(1皿2本)220円。天ぷら110円。煮込み110円。

コブクロ刺し110円+ガツ刺し110円。
ガツ刺し
ツマミは、ほとんどが110円か130円。

キャッシュ・オン・デリバリー。千円札1枚あればガッツリ呑める。

11月11日を「立ち飲みの日」として広めた功績は大きく。
今年初めに新店舗をオープン。オープン日時が、1月11日11時だったというこだわり?


== 親爺、独断のおすすめ度 == ★★★★☆ 
・まさに「せんべろ(千円でべろべろに酔える店)」の代表。
・いや、最強の「せんべろ」か??
・でも、この店に馴染むにはそれなりの修業が要りますよ(笑)。ということで★4つ。

== この日の呑み喰い ==
・おっさん5人(nameさん、diansさん、OIRAnさん、たがみつさん)で、朝から酔人。
・生ビール×5、酎ハイ×5(いや、10?お代りしたか?? 朝から酔って候なのである。)
・煮込み×3、もつ焼き×4皿、天ぷら×2皿、ガツ刺しとコブクロ刺し×各1、あとは何??
40分ほど滞在し、5人で合計3,800円ほど。

== この店の流儀 ==
・灰皿はないけど、禁煙じゃない。(吸殻は床に捨てても構わない。)
・酔ってる方は、入店禁止。
・暴言はいたり、騒いだりしたら、二度と入店まかりならず。

立ち飲み いこい (赤羽)
・最寄駅:JR赤羽駅(徒歩3分くらい)→ いこいの地図
・所在地:東京都北区赤羽1-5-7、
・営業時間:7:00~22:00(月~金)、7:00~16:00(日)、7:00~21:30(祝) 
・定休日:不定休

== 「立ち飲み いこい」が載ってる本 ==
・『TOKIO 古典酒場 闇市・横丁編』 (サンエイムック)
・『東京 朝呑み散歩』 (三才ブックス)
・吉田類 『東京 立ち飲み案内 百花繚乱おすすめ72軒』 (メディア総合研究所)
・その他たくさん。超有名店。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/03/07(水)
4月から勤務先が変わるので、しばらく行けなくなるなぁ・・・。

ということで、ご挨拶に行って来ました。
1.外観
酒豪の集い 水月 MITSU」。 すごい名前のお店でしょ。(笑

店内はいたって、こじんまり。
2.店内
玄関を入れば、右手に厨房と8席の一本カウンター。奥に4人のソファー席。

さらに奥に、5人の半個室ソファー席。
4.半個室
テーブルと“椅子”ではなくて、テーブルと“ソファー”なのですよ。

奥から撮れば、こんな感じ。小さいでしょ。
3.店内
撮影で明るく感じますが、天井照明はぐっと絞ってあり、ほの暗く。

カウンターの灯りが雰囲気を醸し、実際はこんな感じの明るさです。
6.卓上の灯り

足元は、こんな。
5.足元
としちゃん&みっちゃんのご夫婦だけの、大人の隠れ家。

日本酒は、常時40~50酒以上。
7.蕎麦猪口 基本は、蕎麦猪口で9杓(160ml)です。
ほとんど、600円~900円くらいかな。

8.煮こごり お通し。この日は煮こごり。
値段は知らない(笑)。でも、お通しは、みっちゃんが作ってるね。

この日は、日本酒好きの3人が、親爺の壮行会をやってくれるそうで。
12.舞美人9.カネゴン10.古城の錦11.ささ一
14.常温熟成舞美人 いきなり常温熟成 舞美人 2004を呑むツワモノ。

13.つくね
自家製 鶏と鴨のつくね(3ケ)650円

16.龍神17.百楽門21.福祝22.作

15.だし巻き18.暁19.奥
だし巻き玉子(550円)

20.大和芋23.スペシャル
大和芋の特製醤油漬け(450円)       としちゃんスペシャル(お値段不明)

24.屋守25.村祐26.丈径27.笑四季

こんなスペシャルなものも、振舞ってくれました。
王禄2001BY 純米大吟醸
王禄2001BY 純米大吟醸 王禄 舟掛35

28.旨口焼飯29.五穀麺焼きそば
**の焼飯(???円)            黒ごま&桜えびの五穀麺焼きそば(650円)

みっちゃんの笑顔(無料)
2.みっちゃん
いいお店でした。3年半にわたり、お世話になりました。

暫しの別れです。 酒豪の集い 水月 MITSU。 皆、親爺の分まで行ってくれ。

三鷹の会社の三人様、ごちそうさまでした。親爺はまた、川崎で酔い店を探すとしよう。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。